人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

障害者の虐待の86%が家族ら擁護者からのもの。

 2013年11月11日(月)
                                     c0133422_0521093.jpg
 障害者への虐待が、昨年10月から今年3月までの半年間で1524件、被害者は1699人に上るそうです。

 ①家族ら擁護者からの虐待、②福祉施設の職員などからの虐待、③雇用主からの虐待の3つに分類すると、最も多かったのは①の擁護者からの虐待で1311件(全体の86%)被害者は1329人、そのうち3人は死亡に至ったとのこと。

 加害者は、父親が全体の23%、母親が21%、兄弟姉妹20%…。被害者の8割は加害者と同居していたそうです。障害の種類で見ると、知的障害が49%と約半数を占め、次いで精神障害36%、身体障害28%。

 擁護者からの虐待の6割が暴力などの身体的虐待。暴言などの心理的虐待が35%。障害年金を取り上げるといった「経済的虐待」は27%。食事の世話をしないといった「放棄・放置」が21%と目立っています。

 施設職員からの虐待も80件(被害者は176人)あります。雇用主などからの虐待は133件(被害者は194人)。

 半年間で自治体に寄せられた障害者虐待の通報・相談は合計4502件。内738件は虐待の有無の判断がつかなかったそうですから、実際にはもっと多いかもしれません。

 親も自分の子どもが障害だと認めたくない、親自身が成長しきれずどうして良いのかわからない、経済状態が悪い、などいろんな理由があるのでしょうが、子どもが言うことを聞かなければすぐ手をあげるという親が増えている様です。

 子どもとともに親も育つと言いますが、健常児でさえ虐待を受ける時代ですから、子どもの障害を受け入れられず、子育て出来ない親が暴力に走るのでしょう。子どもの様子をしっかり受け止め、専門家の力を借りていくことが求められます。

 明日、明後日と厚生委員会で視察に行きます。明日は、日野市にお邪魔し発達障害の取り組み、18歳までの切れ目のない取組を学びます。虐待問題の対応も聞いてまいりましょう。2日目は町田市の20年限定の保育所づくりについて尋ねます。日野市のみなさん、立川市のみなさんよろしくお願い致します。
by michiko_fujiwara | 2013-11-12 00:53

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara