人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

消費税増税のときには非課税世帯に1万円給付?

 2013年9月20日(木)
                                   c0133422_10593.jpg
 中秋の名月。煌々と輝いていました。足元では虫の声。昼間はまだまだ暑いですが、秋ですね~。

 さて、自民、公明両党は、来年4月に消費税を引き上げたら、景気の悪化を懸念したのか、批判の高まりを恐れたのか、低所得者対策を行うとのこと。

 住民税非課税世帯、約2400万人に一人当たり1万円を支給するというもの。そのうち年金や児童扶養手当の受給者など1200万人には5000円を加算し、1万5000円とする方向で調整中だそうです。その根拠は、食料品にかかる増税負担が年間約6000円と試算し、10%に引き上げる2015年10月まで1年半あるため1万円にするとのことです。

 年収100万円としてそのほとんどを消費に使うとしたら、5%から8%への3%のUP分は3万円税金に持っていかれることになります。食料品だけが生活費ではなく、光熱費も消耗品も衣料も必要です。1万円貰っても3万円の消費税が余分に持っていかれることになります。やっとの思いで生活している人に差し引き2万円をどこで捻出せよと言うのでしょう。

 驚いたことに法人の復興増税は3年間の約束が1年前倒しをして1年早く打ち切るらしい。庶民は25年間所得税に上乗せして払い続けるのに(住民税は10年)。

 よくもこれだけ堂々と大企業優先、庶民無視の政治をすすめられるものだとあきれ返ります。
by michiko_fujiwara | 2013-09-20 01:03

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara