人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

インフルエンザの備蓄薬、期限切れで1800万人分も廃棄?

 2013年6月24日(月)

 新型インフルエンザの備蓄薬1800万人分が使用期限が来るため廃棄処分をしなければならないというニュースを見ました。金額にすると300億円を超えるようです。約9割がタミフル(1740人分)とのこと。残りはリレンザ。

 備蓄方法を定めた政府のガイドラインは、国と都道府県で半数ずつ蓄えることになっているのだそうな。ちなみに2012年4月現在、6310万人分の備蓄があるとか。昨年は260万人分処分焼却したそうですから、今年はその7倍近いタミフルやリレンザを処分することになります。

 不測の流行に備えるわけですから、処分をした分は新たに購入することになり今後も、購入と廃棄が繰り返されるとか。09年の新型インフル流行時でも43,000人分の放出にとどまったとのこと。しかし中国では、いろんな種類の新型インフルが発生しておりつい先日もヒトヒト感染が見られるとの報道を見たばかり。もしパンデミックになればとても足りないのかもしれません。難しいところです。

 使わずに済むことは良いことですが、もったいない話です。使い道を新型インフルエンザだけに限っているそうですが、期限が近くなれば通常のインフルエンザように使えないものか、海外では使えないのだろうかと思います。

 私は国境なき医師団にほんのわずかのカンパをしましたが、世界には薬もなく小さな子どもたちが命を落としているというのに、一方では廃棄しなければならないなんて…。

 使用期限の延長について調査中とありますが、そんなことが出来るのでしょうか。1日2日のことではないのですから期限だけ延長することが出来るのか疑問です。

 池田の備蓄はどうなっているのでしょうか

 
by michiko_fujiwara | 2013-06-25 00:35 | 新型インフルエンザ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara