人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

今の日本に政党らしい政党はひとつしか存在しない

 2013年4月19日(金)
                                      c0133422_2332414.jpg
 志位委員長を迎えての大演説会。難波府立体育館で2階席までいっぱいの参加者の中開催されました。

 最初は思想調査裁判を闘っている組合代表からの報告。現在59名の原告団(そのうち48名は女性とのこと)が闘っている。府労委が不当労働行為だと裁決を下してもそれに従わない市長は、命令どおりに職員いじめの先頭に立つ職員づくりを行っている。公務員バッシングは市民いじめの露払い、引き続き胸を張って闘うと決意を述べました。

 山下よしき参院議員は同時刻に加古川での演説会に書記局長代行として参加するため、ビデオレターでご挨拶。たつみコータロー候補がこの間の生活相談やパパママネットカフェで子育て世代の生活実態を紹介しながら日本共産党の躍進をと元気いっぱいの訴え。

 志位委員長はアベノミクスの暴走・5本の毒矢と日本共産党の政策を対比させながら、経済、原発、外交問題について縦横無尽に語りました。どんな問題でも、国民と共同で政治を動かす党・日本共産党の躍進を、大阪が変われば日本が変わると訴えられたその詳細は、赤旗新聞や大阪民主新報に掲載されるでしょう。

 最後に、あるジャーナリストの「今日本に政党と呼べる政党はひとつしか存在しない。自民党は単なる政権組織、民主党は綱領を持たず会派的なもの、公明党は創価学会がなければ存在しない、日本では政党と呼べるのは日本共産党だけ、政治理念・綱領をもち、党員がいる。独立した政治資金を持っている筋を通して頑張ってほしい」と新聞に投稿された記事を読み上げ、演説を締めくくられました。


 演説会には、堺市長、八尾市長、和泉市長、泉大津市長、貝塚市長、能勢町長、熊取町長から祝電が寄せられました。
by michiko_fujiwara | 2013-04-20 02:32 | 演説会、つどい、市政報告会

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara