人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

アメリカ穀倉地帯の干ばつで日本の肉は…?

 2012年10月11日(木)

 議員団に届いた「農民」新聞を見ると、アメリカの穀倉地帯がこの夏70年に一度ともいわれる大干ばつに見舞われているとのこと。この干ばつの影響で、トウモロコシと大豆が24年ぶりの不作。7月以降の穀物価格は史上最高値の更新が続いているとか。

 日本は世界一のトウモロコシ輸入国で、大部分が畜産飼料として利用されており、価格高騰は畜産農家の経営を直撃する事態となっています。農水省も価格補てんの拡充(どの程度かはわかりません)を図るようですが、輸入穀物に依存してきたツケが出始めているようです。価格補てんが不十分であれば、肉の値上げも避けられなくなります。

 日本は高品質の輸入飼料を与えて高品質な肉をつくる技術で成り立ってきたそうですが、最近は日本より高値で買う中国に買い占められ、アメリカ中西部の穀倉地帯は地下水のくみ上げすぎで地盤沈下を起こしているなど、不安定な市場の中で、輸入依存のあり方そのものが問われています。

 当面の価格補てんに加え、国内での畜産資源や飼料資源を開発しなおす農業政策が求められます。畜産農家だけでなく、輸入依存で食料自給率がこれ以上下がれば、アメリカのくしゃみひとつで日本は食料不足に陥るわけですから、TPP参加など絶対許してはなりませんね。
by michiko_fujiwara | 2012-10-11 17:49

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara