人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

赤旗新聞を読めば尖閣問題の解決の道がわかる

 2012年10月7日(日)…その2

 毎日新聞10月1日号の「風知草」で、「尖閣諸島」問題について、共産党の志位和夫委員長が藤村官房長官に「提言」を渡し、「日本が立場を改めて紛争の存在を認め、外交交渉で領有の正当性を主張せよ」と迫ったことを紹介しています。

 今日の赤旗新聞では、この尖閣問題について、志位委員長が外国特派員協会に呼ばれ講演をした内容を掲載。~~必見ですよ。

 志位委員長は、日本の領有の正当性について3つの中心点があると講演。…①1895年1月の領有の宣言は、無主の地の先占と言う国際法上の正当な行為であること。②中国が895年から1970年まで75年間一度も日本の領有に対し異議も抗議も行っていないこと。③日清戦争による日本が不当に奪取した中国の領域(台湾と付属島嶼)には入っていないこと。

 また、この問題に対する歴代政府の態度がどうだったのか。1972年の日中国交正常化交渉で、さらには1978年の日中平和友好条約の際にもこの問題を棚上げにしてきたこと、また、政府は「領土問題は存在しない」という立場に拘束され自縄自縛に陥っていることが日本の正当性を堂々と主張できない問題点だと…。

 問題解決ができない背景には、過去の侵略戦争への根本的反省が欠如していることを挙げ、解決に当たっては、日中双方が物理的対応、軍事的対応論を厳しく自制せよと述べています。

 特派員の方たちの鋭い質問にも過去の条約を紐解きてきぱきと明快に答え、領有の正当性をより明らかにし、安保条約との関係やいまこの問題を利用して軍事強化への危険性があることなどを訴えられています。

 日本共産党の提言能力の素晴らしさ、赤旗新聞ならではの記事に嬉しくなりました。
 この機会にぜひ赤旗新聞をお読み下さい。
by michiko_fujiwara | 2012-10-07 22:19 | 平和へ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara