人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

社会人落語日本一決定戦は今年で4回目

 2012年9月8日(土)
                                   c0133422_1203625.jpg
 議会の準備をしなければならないところですが、「第4回社会人落語日本一決定戦」の決勝だけ観にいきました。

 今年は場所が取れなかったとのことで、予選も決勝も1日で済ませ、決勝は池田小学校の体育館でした。大学生などの「落ち研」は各地でも聞かれますが、社会人落語日本一を決めるのは池田だけです。
                                   

c0133422_1211097.jpg 6代目・桂文枝(ついこの間まで三枝)師匠が池田市五月丘在住ということで、「落語のまち池田」で町おこしをしてはどうかと提案したのは日本共産党です(「卓球のまち池田」もそうですが)。落語ミュージアムができ、市制70周年を記念して第1回日本一決定戦が行われました。「池田でしかない社会人のための大会を1年で終わらせるのはもったいない」と多くの方から声が上がり、継続されて今年で4回目となりました。
                                    

c0133422_121423.jpg 今年の応募は332通、北は北海道から南は沖縄まで全国から、年齢も20代から80代まで幅広い応募だったそうです。ちなみに最高齢は池田の方で86歳。事前審査を通過した165名の方たちが市内8会場に分かれて予選会が開かれ10名が決勝に進みました。

 開会宣言は、大会総括の6代目・桂文枝師匠。「プロに近いのではなく、社会人として落語をどうとらえているかを見たい」と仰っておられました。c0133422_1234432.jpg

 トップバッターは、広島から児童館の館長補佐をしておられる、やまのきのこさん。2番手は埼玉県の鹿鳴家春木(かなりやはるき)さん・会社員。3人目は愛知県の微笑亭さん太さん・ラーメン屋さんとのこと。4人目は新潟県の三流亭楽々さん・防犯アドバイザー。5番目は三重県津から内科医の南遊亭栄歌さん。6番、大阪・京橋から主婦の五月家月光さん。7番、千葉県の麹家りんりんさん・25歳のOLさん。8番目は長崎の主婦・こそだ亭舞扇さん。9番目も長崎の長楽亭凡太さん・会社員。ラストが東京の金河岸亭(かねかしてい)とも助さん・銀行員。                         

 ハイレベルの戦い。創作落語、古典、何れも芸達者な噺家たちです。
                                        

c0133422_1225970.jpg 4代目名人の座を射止めたのは、新潟からこられた三流亭楽々さんでした。元警察官という自らの体験を創作落語にして「空き巣に入られた」と相談に来るおばあちゃんとのやり取りを演じました。このおばあちゃん、ツイッターはやるはフェイスブックやるはで、応対がまずいとすぐツイッターでつぶやき、何人も警察官が地方に飛ばされているというつわもの…という設定です。昨年も日中の交差点での出来事をネタにして2位でした。テンポの良い語りと、日常ありそうな話の中の面白さで今年の名人となりました。おめでとうございます。

 2位は僅差で、東京の金河岸亭とも助さん。古典落語だと思いますが、ところどころに銀行マンらしいアドリブが入りとても面白いと思いました。文枝師匠は、今年の名人は銀行員と警察官の戦いでほんとうに僅差だった評されましたが、そのとおりでした。
                                     

c0133422_12217100.jpg 3位は、長崎の長楽亭凡太さんの「紙入れ」。市長賞に同じ長崎の同好会にはいっているという、こそだ亭舞扇さん。名のとおり小学3年生と幼稚園に通う2人の女の子の母親で「桃太郎」の話をして子どもを寝かしつけようとする話です。とても表情豊かで上手でした。この人に賞をあげたいなと思いながら見ていると、市長賞という特別賞を受賞。一緒に参加された子どもさんとともに表彰を受けました。

 審査の間に前年度チャンピオンの二松亭ちゃん平さんが一席。現役の高校教師で、昨年は「学校へ行こう」という創作落語で笑わせましたが、今回は古典落語でしっかり笑わせていただきました。上手な人は古典でも創作落語でも笑わせてくれますね。名人だけあります。

 初代の五月亭ちろりさんも2代目の芸乃虎や志さんもこられていました。
by michiko_fujiwara | 2012-09-09 01:29

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara