人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

終戦67周年

 2012年8月15日(水)

 今日は67年目の終戦記念日。

 「満州」への侵略に始まり、中国との全面戦争、さらに東南アジアや太平洋地域へと戦争を拡大し、大戦は15年にもわたりました。その間、2000万人を越えるアジアの人々の命を奪い、日本では300万人を超える人々が命を失いました。犠牲となられた人々に心から哀悼の意を表します。

 犠牲にあったのは、軍人だけでなく、空襲や原爆など無差別で非人道的な襲撃により多くの一般市民も含まれます。戦争末期に政府筋からも「終結」の声があがったのに、天皇自身が「もう一戦果挙げてから」と発言したことで降伏が遅れ、東京大空襲や沖縄での地上戦、広島、長崎の原爆投下など、失われなくてもよかった多くの命が犠牲となりました。戦争を推進した指導者の責任は重大です。

 戦死者約230万人のうちの6割が餓死であったといわれています。食糧補給の手立ても講じないまま、軍隊を前線に送り出していたんですね。艦船や輸送船の沈没による溺死者は約40万人。航空特攻隊の死は約4000人、圧倒的な戦力の差、弾薬の欠乏、飢餓の絶望的な状況の下でも、「生きて虜囚の辱めを受けず」と教育されていたため死ぬまで戦うことを強いられました。

 二度と再び戦争を行ってはなりません。

 1946年に公布された日本国憲法の前文には、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにする」と不戦を誓い、「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」と国民が主人公であることをはっきり謳ったわけです。

 しかし、消費税増税法案も、危険なオスプレイ配備も、原発再稼動も国民の声に耳を傾けない強硬姿勢で押し切っています。今こそ、戦後政治の原点に立ち、主権在民で誰もが平和で豊かに暮らせる社会をめざすべきです。
by michiko_fujiwara | 2012-08-16 00:56 | 平和へ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara