人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

創立90周年

 2012年7月15日(日)

 今日は日本共産党が1922年(大正11年)7月15日に誕生して90年になります。

 「国民の苦難あるところ日本共産党あり」が立党の精神です。戦前、戦中、戦後と幾多の困難にも、弾圧にも屈せず、命がけで歴史を切り開いてきました。その伝統は、阪神大震災でも、東日本大震災でも発揮され苦難打開のために力をつくしてきました。

 創立当時、日本共産党が掲げた要求の中には、「8時間労働制」や累進所得税など税制の民主化も掲げており、消費税増税に頼らず無駄をなくし応能負担の原則で力あるものが負担をする税制を確立し、社会保障の財源を確保することを求める今日の主張にも貫かれています。

 90周年にあたり、日本共産党は新しい時代への希望を切り開くため全力をつくします。

 さて、昨日も今日も生活相談。どちらも高齢の方で病気と生活困難の状態です。昨日の方はそれなりの年金はありますが夫婦で病気入院を繰り返し、カードローンに頼ったことが今の困難を招きました。まずは弁護士さんと相談をし、任意整理をするよう勧めました。

 今日の相談は、生活保護を受けている方ですが、息子さんが家賃分の援助をしていますが、自分の家のローンと母親の家賃を支払うことが困難になり、ケースワーカーに相談をすると池田市内には入れる施設がなく、豊中も空いていないため、大阪市内の高齢者住宅をすすめられたとか。しかし住み慣れた池田を離れたくないと相談がありました。

 かつて、高齢世帯でご主人が倒れ病院に入院したあと自宅に戻っても奥さんが面倒を見ることが出来ず、大阪市内の高齢者住宅に入居されました。しかし、寝たきり状態で回復しかかっていた病状は悪化し、数ヵ月後に亡くなられました。

 高齢者住宅は在宅介護と同じで、介護ヘルパーさんの巡回はあっても24時間見てもらえる施設とは違います。利用料も在宅で施設と同様の介護を受けるならとても高くなり、介護度内の利用では限界があります。この方が住み慣れた池田を離れ誰も知人のいない場所の住宅に入れられたら、一気に病状が悪化することも考えられます。

 息子さんや娘さんも住み慣れた池田市で何とかならないかと考えておられます。ご本人にとって一番良い方法をともに考えたいと思います。

 いずれにしても、特別養護老人ホームが少なく待機者が増え続けていることや介護型療養病床の削減などが高齢者やその家族を不安に追いやっていることは間違いありません。
by michiko_fujiwara | 2012-07-15 23:20

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara