人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

騙されやすい人?

 2012年6月4日(月)

 騙されやすい人ってあるのでしょうか。

 かつて大阪市内で飲食店を開いておられた方が最初の相談に来られたのは昨年の8月。儲からない店を引き継ぎ頑張ったけれど結局営業が成り立たず、仕入れにもこと欠き売り上げの中から最小限の仕入れをするしかなく生活費も取れませんでした。辞めるにも店舗を元通りに戻さなければならず身動きが取れない状況です。

 弁護士さんを紹介し店舗の明け渡しの相談をし、仕事を必死で探し、ようやく知人の紹介で働き始めました。歩合制だといわれ最初はオーナーといわれる人が、売り上げを回収し計算をして一定の金額を貰っていたそうですが、売り上げは上がらず利益が出せる状態ではなかったとか。そのうち貰ったお金から仕入れをし、収支計算も押し付けられ、家賃まで督促を受ける始末。

 数ヶ月たっても給料は貰えず、労働基準監督署にも相談に行かれたそうですが、契約書を交わしていなかったらしく、雇用内容の確認が出来ないといわれたとのこと。結局退職したいと告げると、家賃の滞納分など精算をしなければならないといわれてまたまたビックリ。

 いつの間にか自営業者にされていたようです。しかし、これは逆に契約書がなかったために相手も出方を考えている様です。

 地域労組や弁護士の無料相談日を紹介しましたが、生活も大変で、ハローワークに通っても正規雇用の仕事はほとんどなく、昼間と夜のダブルワークで出来る仕事を見つけては応募しているそうです。年齢で断られることが多く、それも中々決まらないとのこと。

 困っている時って考える余裕もなく仕事に飛びつき、また騙されてしまうという悪循環になってしまうものですね。この方の場合住宅ローン(1年以上支払猶予を受けている)や事業用資金の借入金が残っており、一応持ち家(処分も検討しましたが…)ということもあって生活保護は受けられません。

 日本の場合、他にセーフティネットはなく、失業するとたちまち生存権が危ぶまれます。雇用対策やその間の生活保障についてもっと安心できる制度を確立することが急がれます。

 食べていけない人に手を差し延べることをせず、大企業の減税を優先する日本の国はおかしい!!
by michiko_fujiwara | 2012-06-05 00:23 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara