人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

恒例の新春宣伝をしました

 2012年1月2日(月)

 2日は日本共産党池田市会議員団恒例の新春宣伝。約2時間池田市内を走りながら新年のごあいさつ。

 朝のうち雨でどうなることかと思いましたが、スタートする頃には何とか晴れてよかったです。伏尾台から五月丘、緑丘と回って旭丘、渋谷、畑、井口堂、石橋、北豊島、住吉、そして私の担当地域へ。各地域約25分間程度ですので、中々細かく全域には回れませんでしたが、初詣や買い物に来られている方たちに手を振っていただきました。

 今年は、総選挙が予測されます。消費税増税とセットで医療や介護、年金、保育など社会保障の改悪も行おうとしている民主党政権にノーの審判を下す時です。政権交代で期待を持った方たちの失望は計り知れません。政治の大元を変える年にしましょう。

 こども手当ては、2分の1からのスタートで結局マニフェスト通りの26000円にはならないまま、1年でさらに減額となりました。
 昨年末、「こども手当てを貰ったら扶養家族には入れられないのですか」と問い合わせがありました。おそらく、年末調整で年少扶養控除がなくなり扶養控除が取れなくなったからでしょう。

 「こども手当て」と引き換えに税制上は扶養控除が取れなくなりました。手当は先に貰っていますが税金は2011年度の収入が確定してから計算しますので、今行われている年末調整や3月15日までの確定申告で初めて扶養控除が取れない計算をすることになります。今になってようやく増税を体感することになります。一体こども手当てはなんだったのか、逆に増税になる方も少なからずあります。課税になることで国保料や保育料などへの影響も避けられません。
 
 住民税は今年の確定申告を反映し、6月からの納付通知書から増税となります。
 ただし住民税に限っては、税金がかかる人には実際の控除はありませんが、非課税限度額の計算をする際に、15歳以下の子どもたちを扶養に入れた計算をします。ですから年末調整などでは子どもたちの氏名を書く欄があるはずですので課税ラインギリギリの方などは必ず記入が必要です。ご注意下さい。

 こども手当てはその一例ですが、政権交代で掲げたマニフェストはことごとく見直し。増税だけは自民党政治以上の強引さがあります。結局政治の流れは変わるどころか加速されてきたといえるでしょう。選挙は住民が直接意思表示できる最大のチャンスです。このチャンスをものにするためには、自民党や民主党を飛び出した人たちでも考え方を180度変えるわけではないので期待できません。ここは思い切って「日本共産党」を選択するというのはいかがでしょうか。
by michiko_fujiwara | 2012-01-03 01:00 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara