人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

学資保険差し押さえにビックリ!

 2011年10月24日(月)晴れ
                                    c0133422_1825770.jpg
 今日は文教病院委員会が行われましたが、同時に午前中、民商婦人部の対市交渉(懇談)が行われ、私が立ち会いました。

 毎年、北摂の民商婦人部が各自治体とキャラバン交渉をしていますが、例年より早く実施されました。要望内容は業者婦人の実態調査、所得税法56条廃止、国保、検診、後期高齢者医療、子どもの医療費助成、中学校給食、学校施設再編整備計画、住宅リフォーム助成、ごみ指定袋を無料に、といった幅広い項目で、担当課長の出席で質疑・要望が行われました。

 業者婦人の実態調査は、以前私が、民商で働いていたときに実施されて以来行われていません。中小業者の実態、それを支えて働く業者婦人の実態を直接調査し、どんな施策が必要かを把握して欲しいとの要望に対しては当面予定がないとの返事。しかし、女性の労働条件などの調査はあっても中小零細業者の営業状況と休みの取れない業者婦人の実態は把握されていない。そこをしっかり調査して欲しいんだと訴えられました。

 国保料が高いことは充分認識しているとの答弁がありましたが、一般会計からの繰り入れが低いことについては担当課だけで判断できないため答えられないとの答えに、しっかり予算を勝ち取って欲しいとの要望。

 驚いたのは、保険料の滞納に対し学資保険を差し押さえていることです。先日の決算委員会で7件の差し押さえをし、預金や不動産、保険と答弁がありましたが、学資保険であったことは初耳で、学資保険を払っていることが裕福だとみなすのかと質しました。

 私たちも、支払い能力が充分ある人には払ってもらう努力は必要だと思っていますが、生命保険ならまだしも、子どもにだけは他の子と同様に学校に行かせてやりたいと、他を削ってでも払っているという状況もあり、何をもって充分な支払い能力とみなすのかが問題です。現に、生命保険でなく学資保険を抑えたということは、生命保険がなかったと思われます。子どもの未来を差し押さえたことになったかもしれません。実態が分かりませんので本当に払える人だったのかどうかは分かりませんが、債権回収センターが実施しているのでそのあたりは分からないとのことでした。債権回収センターがどのような調査をされたのかが気になるところです。

 国保の一部負担金(窓口負担)免除について、池田では最長1年間の活用が出来ますが、吹田や摂津、大阪市などは何度でも活用できるようにしているとの報告がありました。期限を持っていたときより利用回数は増えているが免除金額はそんなに変わっていないという結果も出ているようです。

 制限を加えて重症化したときに使われるより、軽症のうちに治療をすることで医療費そのものが安く済んでいることが分かります。池田も早期発見早期治療の精神で、健康診断に力を注いでいますが、これに通じる内容です。一部負担金免除は国保法44条に基づいていますが、天災などの場合のみだったものを失業・廃業など生活困難な場合でも使えるように改善したのは全国的にも池田が最初で先進的な取り組みでした。ところが生涯で1年間のみと区切られてしまうと、費用がたくさんかかりそうなときにと、辛抱している間に重症化するというのは充分考えられることです。改善が求められます。

 北摂だけとはいえ各自治体の婦人部が7市を廻るわけですから、それぞれの取り組みが交流され参考になることが沢山あります。私たちも、他市の良いところを池田にも生かせるように頑張りたいと思った交渉でした。
by michiko_fujiwara | 2011-10-24 18:16 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara