人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

閑静な住宅地にワンルームマンション計画

 2011年7月27日(水)晴れ
                                    c0133422_12471556.jpg
 昨夜は、荘園地域で住宅の中にワンルームマンションが建設される予定だと情報が入り、近隣の方からの申し出で急遽説明会が開かれました。

 施主側は建設を請け負う奥村組を中心に、設計業者、総合企画で建設後の管理を請け負う学生情報センターの社員とズラリ並んでいます。参加者は隣接する住民の方たちと自治会長さんも参加。

 住宅と住宅の間にある一戸建て住宅(100坪強)を解体し、敷地いっぱいを使って2階建て12戸の学生向けワンルームマンションを立てる計画。前(北側)の道理は4メートル弱の狭い道路で、車2台、単車、駐輪場を敷地内北側に予定しています。東側住宅とは65センチしか隙間がありません。

 突然降って沸いた話に、ご近所の方々は、施主である土地の持ち主に対し、「何故近所にこんなものを建てたいと相談をしてくれなかったのか」「閑静な住宅地にワンルームマンションは馴染まない」「入れ替わりの激しい学生がハメをはずして夜中でも騒がれると困る」「ごみが散乱するのではないか」などなど心配の声が次々とあがりました。

 「建設計画の説明など要らない、施主さんがどんな思いでワンルームを立てる気になったのかまず聞きたい」「一戸建て住宅など住み続けられる住宅なら反対しないが、ワンルームマンション建設は絶対反対だ」と強い怒りが集中し、考え直すよう求めました。

 このまま押し切りたいと思っていた施主側は、憮然とした顔で聞いていましたが、話は、出来ればこのまま建てたいという施主側とワンルームはやめてという近隣との意見が大きく乖離しているため、施主側は検討する旨約束をし、配った資料を全部回収して帰りました。

 法律のギリギリの範囲で計画をしていますが、ご近所の方たちにとっては、住環境、生活環境がガラッと変わることに大きな危惧を感じておられ、簡単には引き下がらないぞの思いが伝わってきました。

 強攻策に出ないかどうか、今後の動向を注意する必要があります。
by michiko_fujiwara | 2011-07-27 09:47 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara