人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

意見書採択

 2011年6月29日(水)晴れ

 意見書について、我が党は今回

1、被災者が希望をもてる第二次補正予算の成立を求める意見書(案)
2、原発からのすみやかな撤退と自然エネルギーの本格的導入を求める意見書(案)
3、社会保障の財源を名目にした消費税増税に反対する意見書(案)
4、東日本大震災の被災者救援、復旧・復興の抜本的な改善・強化を求めるとともに、復興を妨げる「復興税」を導入しないよう求める意見書(案)

の4本を提出していましたが、1番の被災者が希望をもてる第二次補正予算の成立を求める意見書(案)が全会一致で採択されました。本当は2番の原発からの撤退を決めたいところでしたが、自民党議員の中には原発賛成という人もおり採択に至りませんでした。

 採択された意見書の内容は下記のとおりです。

          被災者が希望をもてる第二次補正予算の成立を求める意見書(案)

 東日本大震災の発生から三カ月が経過したが、依然8万8千人以上の人々が避難所生活を余儀なくされ、生活再建や生業の再開に展望が見えない状態が続いている。日本経済を立て直すうえでも被災地の一刻も早い復興が望まれる。
 被災地復興にあたっては、被災者が今なにを必要としているかをしっかり見極め、その要求に応えることが重要である。
 具体的には、従来の制度の枠を超えた住宅再建策やがれき処理策、二重ローンの解消などで、個人の生活、雇用を保障すること、債務凍結・減免、漁船や養殖業者に対する100%の公費負担などで中小企業や漁業、農業を再建すること、原発事故収束を図ること、放射能汚染への対応と災害補償金の仮払いをすすめることなどの諸点で、震災復興対策を前進させることが求められる。
 そのためには、これらの点を盛り込んだ第二次補正予算を成立させることが不可欠である。
 よって本市議会は、政府に対し、被災者支援、被災地復興への実効ある第二次補正予算の速やかな成立に努めるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

2011年 6月 29日                        
                                                   池田市議会 

by michiko_fujiwara | 2011-06-29 16:54 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara