人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

啓蟄の日に前原大臣が辞任!

 2011年3月6日(日)曇り時々雨

 今日は啓蟄。二十四節気の一つで、春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出すころを言いますが、6日頃ということで、5日の年もあったようです。まだ今日は少し寒かったですが、いよいよ春ですね。

 前原外務大臣が辞任というニュースが流れました。在日外国人からの献金が原因で、クリーンな政治をと言いながら、政治とカネの問題で不信を与えてしまったと記者会見で辞任の理由を述べていました。

 予算審議中の国会運営を考えてのことだろうとのことですが、民主党の今の状況はもはや自民党の末期症状に似ています。こんなに早く求心力を無くすとは思いませんでしたが、民主党の政策を見ればさもありなんです。国民は自民党政治を変えたいと思って政権交代をしたのに、同じ路線では支持を失うのは当たり前です。

 ところで、話は変わりますが、能勢町は6小学校と2中学校を小中各1校に統廃合し、府民牧場の跡地に新校舎を建設する予算案を計上したそうです。

 少子化や校舎の老朽化のためとのことですが、今でも子どもたちは学校に通うのに朝6時ごろ家を出るそうです。それがさらに遠くなればバスで運ぶにしろもっと早く家を出なければならなくなります。

 学校を中心に地域のコミュニティは作られています。学校が無くなれば町を出て行くという子育て世代もあり統廃合がすすめば、町もコミュニティも崩壊します。

 「統廃合は慎重に検討すべきだ」と住民たちはいま、住民投票のための署名を集めているそうです。すでに、直接請求に必要な有権者数の50分の1の約200人を大幅に上回る2000人分を集めたそうです。

 池田でも、小中一貫教育の方針が出されていますが、一体型・連携型を研究しています。一体型となると間違いなく学校統廃合になります。受け入れる学校はまだしも、廃校になる生徒の通学はどうなるのか、学校を中心とした地域のコミュニティはどうなるのか心配は数多くあります。

 住民の納得と理解が得られない間は少なくとも進めるべきではないと思います。
by michiko_fujiwara | 2011-03-06 22:33

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara