人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

24時間365日相談できます。「救急安心センターおおさか」…12月より

 2010年10月5日(火)晴れのち曇り
 
 「救急安心センターおおさか」の利用が拡大され、12月1日より大阪府内全域が対象となったことを知らせる通知がありました。

 「救急安心センター」は国のモデル事業として、愛知県と奈良県、大阪市の3カ所で平成21年10月から実施されました。

 消防機関が医療機関と連携し、救急相談サービスの提供や救急患者の医療機関へのスムースな受け入れを推進すること目的としており、24時間365日、医師や看護師、相談員が相談を受け付けます。

 病院に行ったほうが良いのか、救急車を呼んだほうが良いのか、応急手当はどうすればよいのかなど、身近に相談する人がいない人には朗報です。

 携帯電話・固定電話(プッシュ回線)から #7119 、もしくは 06-6582-7119 にかけて下さい(大阪市消防局)。ただし、緊急の場合は迷わず 119番へ かける様にとのことです。

 取りあえず、年末年始を含む冬の期間、12月から3月までの4ヶ月間は国の予算で実施されます。ただし通知文書によりますと、その後、平成23年4月以降は池田市が予算計上する予定とのことですから、継続されるようです。

 平成21年10月から半年間は大阪市で実施され、今年4月から府内15市(吹田市をはじめ、堺市、高石市、東大阪市、枚方市、寝屋川市、守口市、門真市、茨木市、摂津市、大東市、松原市、四條畷市、交野市、大阪狭山市)が加わり16市で実施されていました。(この15市がどんな基準で先行実施となったのかはわかりません)それが今回は大阪府内全域に拡大されることになったわけです。

 これは、軽症患者が手術や入院が必要な2次救急に集中しないよう、診療所に振り分ける考えも背景にあるようです。

 第6次総合計画の審議の際、消防署でトリアージの実施が計画の中にありましたが、この制度を利用する意味合いだったのかもしれません。そのときは池田市単独で消防隊員がトリアージするのかと思っていましたが(いやこれも実施されるのかな?)大阪単位であれば24時間対応も可能かもしれませんね。

 しかし、大阪市で実施した際1日平均420件もの相談件数だったそうですが、府全域となるとどれだけの相談を処理することになるのでしょう。相当数の相談員が必要となりそうですが、スタッフは足りるのでしょうか。

 これを機会に経験者を沢山採用して欲しいですね。
by michiko_fujiwara | 2010-10-05 23:45 | 医療・検診

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara