人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

ヒブ、子宮頸がんワクチンへの公費助成、請願の主旨を認め(?)ておきながら反対した自・公・民

 2010年9月14日(火)曇り時々雨

 今日は厚生常任委員会。

 「ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部改正」(児童扶養手当の対象に母子だけでなく父子も加えられたことによる規定の整備でこれまでと変化なし)と国保、老健、介護、後期高齢者それぞれの特別会計補正予算、一般会計の補正予算が審議され、最後に請願2件の審議がされました。

 新日本婦人の会から出された請願は、子宮頸がんワクチンの早期定期接種化と公費助成を求めるものと細菌性髄膜炎の主な原因であるヒブと肺炎球菌のワクチンも同様に定期接種化と公費助成を求めるものでした。

 各会派ともに必要性を発言しながら、請願の採択には我が党の垣田議員が賛成討論を行ったほかは、自民、公明、民主ともに討論もせず反対しました。反対の理由も一言も述べずにです。市民の願いを否決するにはそれなりの説明をすべきだと思いますが、ちょっと驚きました。

 市長が来年度から一部助成することを約束しているから来年の選挙でまた市長になって欲しいなどと発言する議員もいました。市民は議会に請願しているのですから採択を委ねられた議員として自分の意見を述べるべきなのに…。

 「ワクチンを打てば救えることが解っているのだから必要だ」と言っておきながら請願採択に反対した議員もいました。言うこととすることが違うというのはこのことです。
by michiko_fujiwara | 2010-09-14 23:23 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara