人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

池田市の財政は9年連続の黒字でレッドカードでもイエローカードでもありません

2010年9月8日(水)

 9月会議には、報告案件1件、条例改正6件、条例の廃止1件、協議案件1件、人事案件2件、補正予算5件、休会中(10月)の審議に9件の決算認定が上程されました。

 また、市民からの請願が4件出され、「小中学校の教室にクーラーの設置を求める請願」は2団体から出され文教・病院委員会に審査付託されました。
 「子宮頸がんワクチンの公費での定期接種化を求める請願」と「細菌性髄膜炎を予防するヒブ・肺炎球菌ワクチンの公費定期接種化を求める請願」については厚生委員会に審査付託されました。

 報告案件は、平成21年度決算に基づく健全化判断比率と公営企業(病院・水道・公共下水道)の資金不足比率についての報告でした。

健全化判断比率については、実質赤字比率は一般会計が9年連続の黒字であること、連結実質赤字比率は特別会計と企業会計も含めた財政全体についての比率となりますが、国保と病院が赤字であっても全体では黒字となるため数字ではなく「-」表示でした。

 実質公債費比率は、借金の割合についての健全度を見ますが、イエローカードといわれる早期健全化基準25.0、レッドカードとされる財政再生基準35.0を下回る7.5でした。

 将来負担比率は、借金の将来にわたる負担割合を見て、財政の健全度を判断する基準となりますが、早期健全化比率ラインの350.0に対し、116.4といずれも下回っており、よく言う「夕張のようになる」心配は今のところ全くありません。

公営企業の資金不足比率については、病院事業会計が経営健全化基準の20.0に対し、5.7にとどまっています。水道事業、公共下水道事業については黒字のため資金不足は算定されていません。

 ということで、池田の財政は9年連続の黒字決算となっています。その内容については10月の決算委員会で審議されます。
by michiko_fujiwara | 2010-09-08 23:33 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara