人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

子宮頸がんワクチンの公費助成、11年度概算要求に盛り込む

 2010年8月30日(月)晴れ

 猛暑日は14日続いていることになりますか。夕立も無い夏というのも珍しいですね。しかし確実に日照時間が短くなっており季節は移りつつあるのだなと実感します。

 さて、長妻昭厚労相は、11年度予算概算要求の特別枠で、20~30代に増えている子宮頸がんを予防するワクチンの公費助成を盛り込む方針を明らかにしました。4日の参院予算委員会で「(ワクチン政策を検討する)予防接種部会に小委員会を作り、がん検診と一体的な対応を研究する必要がある」と述べています。

 必要額について厚労省は精査中とのことですが、民間団体などの試算では、中学1年生の女子全員に接種した場合の経費は約200億円必要とのこと。国と地方の費用分担については今後、検討するとしていますが約150億円盛りこむとの情報もあります。

 子宮頸がんはワクチン接種による予防効果が期待されていますが、健康保険がきかないため、予防に必要な3回の接種にかかる約5万円は全額自己負担になります。国の対応が遅いため独自に補助をする自治体が増えており、すでに160を超えています。

 池田市も6月議会の一般質問に対し、11年度よりヒブワクチンと子宮頸がんワクチンに対する助成をおこなう予定であるとの答弁がありました。 助成額は明言しませんでしたが新聞記事を見ると3割程度の助成だったように思います。

 国が3分の2以上の補助となれば、全額補助が実現しますので、接種を受けやすくなり予防効果は大きく前進することでしょう。

 長妻大臣が重要だといっていたヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンも、早く国の責任で定期接種化されることを望みたいですね。


 
by michiko_fujiwara | 2010-08-30 23:51 | 医療・検診

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara