人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

9年前の衝撃

 2010年6月8日(火)曇り一時雨

 朝の駅頭宣伝の帰り、池田駅から線路沿いに黒い服装の人たちが何人も歩いておられました。

 9年前の今日、池田の街に衝撃が走りました。上空には何機ものヘリコプターが旋回していました。職場のご近所の方が「テレビを見て!学校で何かあったらしい」と飛び込んでこられ急いでテレビをつけると、「池田小学校で児童殺傷事件!」とのニュースでした。池田小学校は市役所のすぐそばですがどうも様子が違います。よく見ると、池田小学校は池田小学校でも大阪教育大学付属池田小学校でした。

 しかも犯人は職場近くの刃物屋さんで包丁を買っていったと言うではないですか。知人はその犯人に駐車場に止めていた車のタイヤを何本もパンクさせられ、警察に訴えたけれど現行犯でなかったため放置され、その後にあの事件がおきたと怒っておられました。

 早いものであれから9年。当時の1年生が中学校を卒業する年になってしましました。朝見かけた黒い服装の人たちは追悼式に参加される方たちだったようです。

 亡くなられた子どもたちはもとより、心身ともに傷を負った子どもたち、教師、救出にあたった消防隊の方々、多くの方たちがPTSDに悩まされたと聞いています。

 こんな事件がおきないようにと大阪府は学校警備員の予算をつけましたが、橋下知事はこの予算を2010年度で廃止してしまいます。池田市はそれに先立ち、毎日学校にいる警備員さんに代わりスクールガードリーダーが、学校だけでなく地域を巡回されることになりました。PTAや地域の協力で子どもたちの登下校を見守る活動など、予算削減分を地域ぐるみでカバーすることになりました。

 危険から身を挺して子どもたちを守る警備員とは異なります。もしも付属小学校のような事件がおきたときには警備員のような役割は果たせません。橋下知事は「子どもが笑う大阪を」と言いましたが、それなら何故子どもの安全を守る予算を削るのかと言いたいですね。知事になられてからの言動を見ると、子どもより財界が笑う大阪が目的だったのでしょうか。
by michiko_fujiwara | 2010-06-08 23:10 | 徒然なるままに・雑感

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara