人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

沖縄に基地はいらない! 9万人の大集会

 2010年4月25日(日)晴れ

 沖縄県民大会は9万人の参加で「米軍普天間基地の県内移設」絶対反対!と怒り沸騰の集会となりました。徳之島に続く県民の大きな意思表示です。全国からも集会に沢山駆けつけました。渋滞で会場にたどり着かない人たちも多くおられたようです。
 
 政党の党首としては日本共産党の志位委員長だけが参加です。社民党も政権に入ると主張がトーンダウンしてしまい自信を持って参加できなくなったんでしょうか…基地撤去ではなく県外移設先を探している様ですから…。

 池田からも、寄せ書きやカンパを持って代表が集会に参加しました。

 参加者は、政府への「イエローカード」の意味を込めて、黄色のシャツや鉢巻きを身につけて怒りのシュプレヒコール。仕事などで参加できない人は胸に黄色いリボンをつけて意思表示しているとのことです。

 県民の怒りにおされてか、名護市への県内移設を容認してきた自民党県連、公明党県本部も参加。代理を含め県内全41市町村長も出席するという、文字通り県挙げての大決起集会となりました。

 基地容認派の仲井真知事も出席し、鳩山首相に対し「公約通りの解決策」を示すよう要求したようです。知事は大会で、一日も早い普天間飛行場の危険性除去と沖縄の過剰な基地負担の大幅な軽減-を政府に要求。「公約に沿ってネバーギブアップでやってもらいたい」と強調したそうですがキッパリ基地撤去をいえない歯切れの悪さ。

 参加者からは、「父は沖縄戦で亡くなり顔も知らない。基地は抑止力でなく、敵のターゲットになるだけ。悲惨な体験をした沖縄に、なぜ基地を押しつけるのか」 「戦後65年も経過し、やっと変わるかと期待していたのに、首相や閣僚の発言と行動がいつまでもちぐはぐのまま。本当に許せない。沖縄県民よりも米国を優先するのはバカにしている」と怒りの声があがりました。

 昨日のニュースでは、アメリカのワシントン・ポストが基地移転問題で、岡田外相が「辺野古案に一部変更を加えた案で受け入れる考えがある」とアメリカ側に伝えたことを報じていました。

 夜には鳩山首相がそんなことは言っていないと否定していましたが、核密約の問題など過去にも日本国民には内緒でアメリカと話が進められてきた事実がありますから、今度もアメリカに伝えたとの報はあながちウソではないと思いますね。

 どちらにしても政府は正念場に立たされていることは間違いなく、国民の願いをきちんとアメリカに伝えられるかどうかが試されます。

 この問題は民主党政権も試されますが、だからといって自民党もあらゆる新党も立場は同じですけれど…。どう県民の声を受け止める?
by michiko_fujiwara | 2010-04-26 00:42

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara