人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

経済講演会・懇談会に出席

 2010年4月10日(土)晴れ
                                    c0133422_23525443.jpg
 ホテル阪神で志位和夫委員長の「経済講演会」と懇談会がありました。

 経済界の方をはじめ470人が出席。能勢町長、八尾市副市長も参加されていました。

 志位委員長は、「経済危機から国民の暮らしを守るために政治は何をなすべきか」と題して日本共産党の5つの提言についてグラフなどを使い話をされました。

 主要7ヵ国の中で、この10年間にGDPが伸びていないのは日本だけであり「成長の止まっている国」になっていること、その根底には日本経済の異常なゆがみ…大企業の経常利益は15兆円から32兆円に増えているのに労働者の雇用者報酬は279兆円から253兆円まで大幅に減少、結局大企業の内部留保金が142兆円から229兆円に急増している。しかもそれは国内の有形固定資産(機械・工場・土地など)にまわされず、ほとんどが海外での子会社や買収した企業などの株保有にまわされているそうです。

 つまり、日本国内で労働者や中小企業から搾り上げたお金が、国民の所得にまわらず海外での儲けにまわされ、内需・家計をやせ細らせたことが、日本を「成長の止まった国」にしてしまったということです。

 日本共産党はルールある経済社会をつくろうと「5つの提言」を発表しました。

 その第1は、「人間らしい雇用」のルールをつくること。非正規から正規へ雇用の転換などで働くものに利益を還元させること。

 第2は、大企業と中小企業との公正な取引のルールをつくること。下請けいじめなどの結果大企業と中小企業との賃金格差が広がっており、第2の「働く貧困層」が大量に作り出されています。今ある下請け2法も守られていないし、それをチェックする公正取引委員会が機能していないことも是正が必要です。

 第3には、社会保障を削減路線から拡充に転換すること。税金と社会保障の本来の役割は、所得の再配分により貧富の差を無くすことにあります。ところがこれもOECD17ヵ国の比較でこの格差是正が最も少ないのが日本だという情けない結果になっています。

 特に医療崩壊を立て直すことが重要であること  などなど約1時間に渡って講演されました。

 今日は3つに絞っておられましたが、農林水産業の再生、財源問題を加え5つの提言をしています。来週中には中小企業対策について政策を発表するとのことでした。 


 休憩の後は、工業団地の方や千代田短大の副学長、損保代理店の社長さん電気商業組合の方などなど時間一杯12名の方から質問や意見が出されました。

 自助努力もするが、国からの元気の出る施策もお願いしたい、最低賃金1,000円は中小業者にとっては厳しい。国の援助無しには出来ない、中国共産党の経済についてどう考えるかなど多種多様な発言がありました。

 一生懸命働きたいのに仕事がないというこの国のあり方を変えなければなりません。
by michiko_fujiwara | 2010-04-10 23:52

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara