人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

保育所給食 異物混入の実態は…

 2009年12月22日(火)晴れ

 12月議会が終わりました。今日は一般質問2日目で、日本共産党議員団5人を含め7人の議員が質問しました。私と難波議員が午前中、山元議員、白石議員、垣田議員が午後の質問です。

 昨日の保育所給食・異物混入問題を白石議員が事実関係について追求しました。

 なんとなんと、ある保育所で5月の中旬、3日間連続で調理中に「たわしの毛」や「鍋の取っ手」「ネジ」などが入っていたそうです。これは間違って入るようなものではなく、犯罪行為だとの説明でした。議場は騒然です。
 市長も副市長も昨日の質問で初めて聞いたと急遽調査をしたそうですが、子どもたちの口に入る前に気がつき事なきを得たそうです。

 「調理委託業者も被害者であり、民間委託とは別の問題として考えなければならない」との答弁でしたが、今までこの問題を隠していたことも問題であり、直営であればすぐにキャッチ出来たはずです。民間に任せていたことが隠蔽につながっているのですから、別問題とはいえません。

 また、政府は保育所の待機児童を無くすことを口実に、設置基準の規制緩和を行おうとしていますが、池田は、希望の保育所には入れなくても駅前の保育ステーションで子どもを預かり、定員に達していない保育所にバスで運んで待機児童をなくしています。近くの保育所に預けたいのに預けられないのは潜在的待機児童と言えるかも知れません。

 ところが、自分の希望でなくバスで遠くの保育所に行かなければならないのに、そのバスの利用料金を取っているという話を聞きました。この問題も取り上げて質しますと、2000円~2500円もバス代を取っているというではないですか。歩いて通える保育所をつくることが求められますが、財政上難しいとの答弁でした。ならば少なくとも、バス代は徴収すべきでないと思いますが、これに対する答弁は得られませんでした。

 3回・20分しか質問できないため、続きは次の機会までお預けです。

 

 
by michiko_fujiwara | 2009-12-23 00:50 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara