人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

新型インフルでコンサート中止

 2009年12月18日(金)曇り

 NHKのうたのお兄さん・横山だいすけさんとお姉さんの三谷たくみさんが新型インフルエンザに感染し、NHK大阪ホールで19日から21日まで予定されていた「おかあさんといっしょファミリーコンサート」を中止するとのニュースを見ました。 感染のピークが過ぎたのではないかといわれていますが、まだまだいろんなところに影響を与えている様です。楽しみにしていた子どもたちにとっては残念でしたね。

 厚生労働省は、塩野義製薬が申請していたインフルエンザ治療薬「ラピアクタ(一般名ペラミビル)」の承認について、可否を審議する薬事分科会を来年1月中にも開くことを明らかにしました。これが承認されれば初の国産治療薬となるそうです。

 厚労省などによると、ラピアクタは点滴タイプの注射薬で、薬を飲み込むことができないような高齢者にも投与が可能とのこと。1回の接種で回復するまで効果が持続する特徴があるということは、いま使われているタミフルやリレンザがいずれも海外製品で、1日2回を計5日間接種しなければならないことを考えれば、患者にとっては負担の軽いものとなりそうですね。副作用はどうなんでしょうか?

 うまくすれば、医療現場で薬の選択肢が増えるとともに、国産のため、世界的に治療薬が不足する事態となっても薬の確保がしやすくなると書いてありましたが、ワクチン製造のように追いつかないということはないのでしょうか。

 12月議会で、保育所や幼稚園にダイキンの空気清浄機を設置する議案が出されましたが、ストリーマ技術でウイルスを強力に分解・除去するというものでした。東芝のエアコンにしてもウイルスを除去するといっていましたから、いろんなところで日本の優れた技術が生かされ研究が進んでいる様です。

 しかし、強毒性の鳥インフル対策が他国で進んでいる時に日本は随分遅れた対応でした。今回の新型が弱毒性だったことが幸いしましたが、発生してから今回のように対策を考えていたのでは間に合わなくなります。今回の教訓を活かし、強毒性対策も今のうちに準備しておくことが大切ですね。
by michiko_fujiwara | 2009-12-18 23:49 | 新型インフルエンザ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara