人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

自公も民主も労働者の給与カット競争?

 2009年8月27日(木)晴れ

 政府は25日の閣議で、国家公務員の月給と一時金の引き下げを求めた人事院勧告の完全実施を求めたとのニュースを見ました。民主党も勧告の完全実施を求めています。

 勧告の内容は、月給を0、22%、一時金を0、35ヶ月削減。年収で15万4000円の減収と過去最大規模になるそうです。

 この夏の一時金も0、2ヶ月カットでしたが、公務員の給与は民間給与のベースにもなります。民間にあわせて給与を下げ、公務員に合わせて民間が下げる、と負の連鎖を生みます。

 昔、高度成長時代には、民間の給与のほうが高く、安い公務員のなり手が少なかったという記憶があります。それがいつからでしょう逆転したのは。今では公務員の給与が高いものだと思われている節があります。取りも直さず民間の給与が下げられてきたと言えます。

 結果、長時間労働で低賃金へ、さらには正規社員を非正規労働者に置き換え、その水準へと公務員給与も引き下げるという悪循環に陥っているのではないでしょうか。

 これ以上の賃金カットは、公務労働者の生活だけではなく、民間労働者の賃金にも悪影響を及ぼし、消費はどんどん冷え込む、景気は悪化の一途をたどることになります。一方大企業はこの間空前の利益を上げ内部留保金を溜め込んできました。

 アメリカ発の金融危機、経済悪化の波が来ると、労働者を利益の調整弁にして非正規労働者をばっさり切り捨て、今度は正社員へ、そして公務員も民間労働者はこんなに低い賃金で頑張っている、あなたたちは給与を取りすぎだといわんばかりに勧告を出す。とても国民の暮らしを守るという発想ではありません。

 ともあれ今回、公務員給与を削減すれば民意が得られるとばかりに、労組ともまともな協議も行わず、勧告から2週間という異例のスピード決定に疑問を感じます。これが政治的利用であればなおさらです。
by michiko_fujiwara | 2009-08-28 01:38

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara