人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

市民アンケートは「国保料が高い」「介護保険料が高い」「市民税が高い」です。

 2009年8月14日(金)晴れ

 日本共産党池田市議団は6月議会報告に市民アンケートをつけて配布しましたが、配布後約1週間で120通を超えるアンケートハガキが返ってきました。

 日本共産党への励ましもあれば批判もありますが、もっとも多かったのは、国保料が高い、介護保険料が高い、何故か池田市の市民税は高い(市によって違うと思っておられるようです…おそらく税源移譲で所得税を下げ住民税が高くなったことが原因でしょう)でした。

 国の社会保障費削減が原因で、国保料への補助金も介護保険料への補助金も減らされてきたことが大元にあります。

 自公政治の10年間、医療や年金、税金はどうなったでしょうか。

◆1997年…サラリーマンの健康保険本人負担が1割から2割に引き上げ。
◆2000年…老人医療費を定額制から定率性に。
◆2001年…国保証の取り上げ(資格証明書発行)はじまる。
◆2002年…診療報酬引き下げ。70歳以上の医療費窓口負担を1割に、
        現役並み所得は2割に。児童扶養手当削減
◆2003年…介護保険料引き上げ。健康保険、サラリーマン・家族の窓口
        負担3割に。年金給付の物価スライドによる引き下げ。
        雇用保険の失業給付削減。
◆2004年…診療報酬引き下げ。生活保護老齢加算廃止。年金給付引き
        下げ。所得税配偶者特別控除廃止。
◆2005年…介護保険の食費・居住費負担。住民税配偶者特別控除廃止。
        国民年金保険料引き上げ。年金給付引き下げ。生活保護母子
        加算削減。公的年金控除削減。老年者控除廃止。
◆2006年…高齢者現役並み所得者窓口負担3割に。長期入院者の食費・
        居住費負担増。リハビリ期間制限。介護保険料引き上げ。
        障害者の自己負担引き上げ。定率減税半減。
        高齢者の住民税増税。
◆2007年…生活保護母子加算削減。定率減税廃止。
        雇用保険国庫負担削減。
◆2008年…後期高齢者医療制度開始。
        2012年までに介護型療養病床廃止に。

等々数え上げればキリがないほど国民への負担増が押し付けられました。社会保障費は10年間で13兆円も削減されました。証券優遇税制は軽減したまま。

 法人税率は43、3%から30%に引き下げたため大企業の利益は2倍に増えているのに税負担は変わらない状態です。消費税導入時、5%への引き上げ時に引き下げています。庶民から消費税で吸い上げた税金は大企業減税に取って代わられました。

 米兵への思いやり予算は1年間で米兵一人当たり811万円になるとか。年収200万円以下のワーキングプアが1000万人を超えるといわれているのに、米兵に日本の税金から給料を800万円も渡しているのと同じです。日本国民より米兵のほうが大事なのが自公政治です。そんな余裕はないはずですが…。

 ここを是正させなければなりません。総選挙はチェンジへの第一歩にしましょう。

 
by michiko_fujiwara | 2009-08-14 23:37

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara