人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

「もう死ぬしかない」…仕事でだまされた!

 2009年4月24日(金)晴れ

 このところインターネットのランが調子悪く接続できない日がちょくちょく出てきました。今日は無事つながっている様です。

 26日投票の能勢町議選支援に連日駆りだされていますが、昨日は赤旗新聞配布のため池田で相談活動を行いました。夜9時ごろ家に帰り、留守番電話を聞くと急ぎの用事のようなので、「遅い時間ですが・・・」と電話すると、「仕事でまた騙されてしまった、もう死ぬしかない」と切羽詰った声に、すぐ駆けつけました。

 これまでにも、仕事を請け負っては代金がもらえず、借金が膨らみ、どこからも借り入れが出来ず、返済もできない状態となり、弁護士さんを通じ、自己破産を申し立てていました。

 自分で材料を仕入れることが出来なくなったけれど、下請けの協力を得て、一から出直すつもりで請け負った仕事がまた、代金を貰えず逃げられてしまったというのです。

 元請責任は問えないのかと聞きますと、その元請会社とも連絡がつかなくなっているとの事。計画的だったのかもしれません。「同様に仕事を請け負った他の業者さんと一緒に対策を相談したが、相手にお金がないととるに取れないとみんな途方に暮れている、共同で刑事告訴しないかとも言われているがその分担金も無い、もう気力も萎えてしまった」とすっかり落ち込んでいました。

 まずは内容証明を送り、請求の権利を有していることを伝えつつ、下請けさんには事情を伝え、誠意を持って今後少しずつ支払っていくことを了承してもらうしかないこと、そしてもう事業はあきらめ、どんな仕事でも良いから勤めを見つけ働くようにと話しました。さらに、「たとえ死んで本人は楽になったとしても誰も喜ばない、死ぬ気で働いて返済していくことが迷惑をかけた人への恩返しではないか」と伝えたところです。

 仕事を貰った先がどんな会社なのか分かりませんが、相手も深刻な不況で資金繰りがつかなくなたのかもしれません。そして何より下請けさんも悲劇です。体力が無ければ共倒れとなってしまいますから…。
 仕事が無いとつい、どんな仕事にも手を出してしまいがちですが、そんな時こそ、始めての取引には注意を払う必要があるのでしょうね。

 厳しい経済情勢のもとでこんな話があちこちで起こっていることでしょう。

 追加経済対策はこういった業者や庶民を助けなければならないはずですが、相変わらずの大企業・大金持ちへの対策がほとんどです。借金のツケだけ消費税という形で庶民に押し付けるのでは今後さらに倒産・廃業がつづき、ワーキングプアを増やすばかりではないでしょうか。

 やっぱり政治の流れを変えなければなりません。一度共産党に任せてみたらどうでしょう?
by michiko_fujiwara | 2009-04-24 22:53 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara