人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

3月までに非正規労働者12万人失職

 2009年1月30日(金)曇りのち雨

 昨日に続いて暖かい一日でしたが、午後から予報どおりの雨になりました。

 厚労省は、今年3月までの半年間に失業する非正規労働者数が約12万4800人に上ることを公表しました。12月の調査では8万5000人と言っていましたから約4万人増えたことになります(業界団体の調査では40万人という数字も出ています)。

 そのうち、関西では大阪・1643人、兵庫・2738人、京都・1925人、滋賀・3304人、なら・777人、和歌山・400人、と10787人。愛知県の2万113人が最も多くなっています。

 夕刊では、ダイハツ工業の1000人いる期間工や派遣労働者を500~600人雇い止めする記事が載っていました。池田工場でも100人以上といわれています。

 市内の寮は神田にありますが、期間工の家賃は無料だけれど派遣労働者は有料だそうです。3月以降に期限が来る労働者にも雇い止めの通告が出されているとか。「期限後は寮をすぐに出るよう言われているが行くあてはない」「九州の実家に帰っても仕事があるか分からない」と不安だらけです。

 いま求められるのは安定した雇用の確保です。生活の安定です。政府は責任ある施策を早急におこなうべきです。

 昨日も紹介しましたが、2月13日(金)と14日(土)池田駅前公園で相談会を行う予定です。

 
 「関雪桜」c0133422_23545967.jpg 
 全く話は変わりますが、京都の「哲学の道」の桜並木が老齢のため今倒壊の危機にあるそうです。みんなが歩いて土が踏みしめられ桜の根っ子も傷んでいる様です。

 そういえば、花見もあまり木の根っ子でシートを敷いたり、お酒をかけたりすると良くないと聞いたことがあります。傷んだ桜を植え替えれば良いというわけにもいかないようです。

 哲学の道の桜は「関雪桜」と呼ばれるソメイヨシノで、後世に残すため、いまクローン桜をつくるために、小枝を切って接ぎ木するようです。

 「関雪桜」とは、大正時代の京都の日本画家・橋本関雪と妻のヨネが、大正11年に京都市に寄贈した450本の桜の苗木を京都市が哲学の道沿いに植えたことからそう呼ばれているそうです。

 小枝は、森林総合研究所の岡山県内の育種場に運ばれ、オオシマザクラの根元部分で作った台木に接ぎ木。台木部分から上は関雪桜と全く同じ遺伝子を持ったクローンとして育てる。2-3年後に哲学の道に植樹する予定とか。

 
by michiko_fujiwara | 2009-01-30 23:57

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara