人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

擬制世帯主変更

 2008年12月17日(水)曇り

 先週末、訪問先で、夫がリハビリを兼ねた散歩中に転倒し骨折したため、共済の請求をしたいと相談がありました。請求手続きは簡単に済みましたが、話をしていると、奥さんも目の手術で、入院先のベッド待ち状態でした。治療費が数十万円かかると言われ、不安を抱えておられました。

 ご主人は後期高齢者に移行し、71歳の奥さんだけが国保に加入している状態ですが、ご主人が世帯主のため、現行では奥さんの保険料をご主人が納付する仕組みとなっています(擬制世帯主)。しかも、ご主人の年金が少し住民税がかかる程度にあるため、奥さんの保険料は所得が無いのに軽減されずにありました。家父長制度の名残があちこちに残っています。

 奥さんには、所得にはならない程度に年金収入があったため、国保上の世帯主をご主人から奥さんに変更することで(収入が全く無ければ出来ない)、国保料が7割軽減されること、入院の際には高額療養費の限度額が24000円まで下がることを伝え、本会議が終わる来週に手続きに同行することを約束していました。

 ところが、突然入院日が決まったと連絡があり、早速今日手続きに行きました。世帯主の交代で、1月からの保険料はうんと下がりましたが、負担限度額については、今日手続きをしても、来月からしか限度額が下がらないことが分かり、入院が来月だったらとか先月手続きしておけばなどと、悔やまれました。老人医療が適用されているので、44,400円で済むことが分かり安心されましたが…。

 ただ、社会保険や国保の移動の場合は月末在籍する所で保険料を納めることになりますが、後期高齢者は誕生日で移行、限度額の場合は月初めが基準と、ちょっと整合性がないですね。
by michiko_fujiwara | 2008-12-17 20:19

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara