人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

今日は総務委員会

 2008年10月29日(水)晴れ

 決算委員会最終日は、総務常任委員会でした。これで19年度決算の審査が終わり、12月議会冒頭で賛成討論、反対討論が行われます。

 総務委員会では、財産区特別会計と一般会計の関係部門を審査します。市内各地に残っている財産区財産の管理について、井口堂会館の耐震状況や、財産区解消に向けてどう考えているのかなど意見が交わされました。

 一般会計は、議会費や税の問題、人事関係、保育、人権、消防など質疑が交わされましたが、ここでも民主党は、税収がこの先厳しいのであれば増税(固定資産税)をしてはどうかと質問をして私たちを驚かせました。増税をしても国からの交付金が減らされるため変わらないとの答弁だったようですが、この間の保険料の取立て強化の発言といい、どの分野でも庶民への負担増を求める発言には、この党にとても政権を任せることは出来ないとの思いを強くしたところです。

 また、徴収に関しては、市長が「税金は支払うのが当然なのだから、第3者を交えて断固徴収強化をやりぬく」と言い切りました。生活費にまで税金がかけられる税制の仕組みで、食べていけなくても税金を払わなくてはならない人も沢山います。払えるのに払わない人がいることを強調して、徴税強化を図ろうとしていますが、滞納者の多くは、払いたくても払えない人だということを忘れてはなりません。

 大企業や高額所得者には減税の大盤振る舞いをし(この間三井住友、三菱東京UFJなど空前の利益を上げている銀行は10年間も法人税を納めていないんです)、金融危機だといって税金をつぎ込み補填をする一方、圧倒的多くの国民は仕事が奪われようと、負担増になろうとほうったらかし。選挙目当ての1年限りの定額減税では、とても景気回復など望めません。
 税の仕組みそのものを見直さなければ、地方自治体だけでは解決できないところに来ているのではないでしょうか。

 解散総選挙は大変流動的になってきましたが、国民生活は悪化の一途で怒りは高まるばかりです。国民的大運動で、税のとり方使い方をはじめ政治の中身を大本から変えさせましょう。
by michiko_fujiwara | 2008-10-30 01:34

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara