人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

文教・病院委員会の決算審査

 2008年10月28日(火)晴れ

 今日の決算委員会は、文教・病院常任委員会でした。午前中は病院事業会計の審査です。

 このところ、各地で市民病院の存続が危ぶまれています。千葉県の銚子市民病院は閉鎖、兵庫の県立塚口病院は尼崎病院との統合により廃止など、医師・看護師不足や赤字解消のため、身近な病院が潰されようとしています。合わせてたらい回しで患者が死亡する例がつい最近も東京という大都会で起き、不安はつのります。一方兵庫県立柏原病院では「小児科を守る会」がつくられ地域ぐるみで病院を守る運動が行われるという例もあります。
 
 池田市はどうなのか、難波議員が質問しました。
 池田市民病院では現在、産婦人科、、整形外科、循環器で各1名、神経内科2名、計5名の医師が不足しており、外来受診抑制しているとのこと。大学病院や医師の紹介業者などに募集を出しているそうです。
 府的に地方再編ネットワークの考えがありますが、池田市民病院は原状のまま行きたいとの答弁でした。大阪府が再編を具体化した場合は抵抗できるのか、一抹の不安が残りますが…。

 午後は教育関連の一般会計。学校耐震化については、どの学校も老朽化が進んでおり建替えや改築工事が伴うと1校ずつしか予算が組めず、10年も掛けているうちに大きな地震が来ると持たないのではないか、当面各校に耐震化工事を行いその後改築を進める方法を取ってはどうかと質すと、その方向で検討をするとのことでした。

 また、厚生委員会関連でも気になっていましたが、昨年には無かった部署にも「賃金」(アルバイト)が発生しています。アルバイトの身分保障についての質問には、厚生年金・健康保険・雇用保険に加入しており、非常勤職員と同様の保障をしているとのこと。ならばアルバイトではなく非常勤職員にしてはどうかとの問いには、前向きに検討するとの答弁がありました。

 自然学舎や臨海学校などの取り組みは、他の行政区ではもう実施していないそうですが、池田では今も続けています。ところが、橋下知事が教員の旅費を認めないと言い出しましたので、引率の先生方の交通費をどうするかで、今頭を悩ませているといったことも明らかとなりました。橋下知事は一部の優秀な子どもをつくることには力を注いでも、「どの子にも豊かな教育を」という考えはないようです。経費削減の一辺倒で大阪府民の暮らしや教育をズタズタにしようとしている様です。先の高校生たちのやり取りを聞いていると、まるで独裁者です。
by michiko_fujiwara | 2008-10-29 00:04

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara