藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ
2018年8月15日(水)

 今日は73回目の終戦記念日。
 310万人の日本国民と、2000万人以上のアジアの人々を犠牲にした、アジア・太平洋戦争が終結した日です。

 以前、特攻隊が出撃した知覧に行ったことがありますが、記念館に置かれていた兵士たちの手紙を観ましたが、ほとんどが15歳前後の若者たち。「父上様、母上様・・・」と書きながらどんな気持ちで片道切符の小さな飛行機で飛び立つ決意をしたのか…涙が出ました。

 地上戦でもほとんどがまともな武器も食料もなく飢えで無くなったと言われます。

 だれが何のために戦争を起こしたのか。15年にわたる戦争のきっかけは、当時の満州(中国東北部)で日本軍が仕掛けた謀略が始まりとか。自らの利益と領土拡大のための戦争で、その後日中全面戦争への拡大、アメリカに対する攻撃も自衛のための戦争だと偽り(他国に攻め入って何が自存自衛なのか)、今でもこの侵略戦争を聖戦だといって歴史を偽ろうとする人がいることが怖い。

 この戦争で誰が得をしたのでしょう。戦争反対の声をあげれば「非国民」と呼んで弾圧を加え、男性は子どもと言えるくらいの年齢から兵隊になるのが当たり前とされ、赤紙1枚で出征させられる。ぜいたくは敵だと、食べ物も衣類もろくに無い暮らしを余儀なくされる。情報はウソで固められ、負けていても勝っているかのように国民を奮い立たせ、お国のためにと戦場へ駆り出される。男性は戦場で、老人や女性・子どもたちは空襲で命を失い、住む家も焼かれ、原爆でいまも命が奪われている…こんな戦争はもう二度と起こしてはなりません。

 この侵略戦争の教訓から武器を持たず、交戦権を持たず、主権は国民にありと謳ったのが日本国憲法です。一人ひとりの人権を認め、差別なく、歴史・文化・教育を豊かに花ひらかせる、何よりも平和を希求する憲法を今また変えようとの動きが出ていること、政府が数の暴力で国民を支配するなど決してあってはなりません。だからこそ多くの著名人の方たちが声をあげ、憲法を守り憲法に沿った政治こそ行うべきだと3000万人署名運動が行われているのです。

 武器を持たない国に攻め入ることは出来ません。逆に武器を持って他国に攻め入ることになれば、反撃やテロの危険が生まれます。安倍政権は社会保障費を削っても軍事費を年々増やしています。本当にこうした税金の使い方でいいのか、一人ひとりが考え行動する時です。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-15 23:57 | 平和へ
2018年8月13日(月)

c0133422_123478.jpg しばらくストップしていましたが、政府交渉の続きです。

 文部科学省に対する要望は、緊急要望として全小中学校へのエアコン設置を、地方自治体任せにせず国の責任で実施することを要望しました(前述)。

 緊急要望の後は、以下8項目の内容で要望を行いました。

 1、義務教育での35人学級を全学年で実施し、小学校全学年では直ちに実施すること
 2、学校給食の改善について
 3、特別支援学校・学級について、「教育に穴が開く」ことの無いよう教員標準法に基づく教員採用は段階的にすべて正規雇用に切り替えること
 4、就学援助の算定基準単価を引き上げ
 5、全自治体でクラブ活動費や中学校給食費を対象にすること
 6、朝鮮学校への就学支援金を復活すること
 7、歯科検診の未治療の追跡を教育委員会で行えるようにすること
 8、学校における医療的ケアの必要な障害児の受け入れ実態を把握し必要な対策を行うこと

 について実現を求めました。

 少人数学級は、子どもの悩みやトラブルへの対応にとっても、学力向上にとっても効果があることが、文科省や大阪府教委の調査で明らかになっています。国会は、2011年に小中学校全学年での35人学級実施を全会一致で決議したにもかかわらず、いまだに小学校1年と2年でしか実施されていません。大阪府が3年生、池田市では独自に4年生まで実施していますが、国が小学校全学年での実施に踏み切れば地方自治体との協力で中学、高校での35人以下学級実施も可能になります。

 同時に教員の長時間労働を解消するためにも、教職員の定数を大幅に増やすことを求めました。

 文科省は、国基準は1年生35人、2~3年生40人となっているが、現在小学校は平均27.3人、中学校で32.6人となっていると言って、必要ないと思っているのか同課は分かりませんが、国会で決めた全学年実施の具体化には言及なし。

 学校給食については、学校給食法で設備と人件費は学校が負担するが食材費は保護者負担となっている。食材費を無償にするなら、公立小中学校の平均額で試算すると4400億円必要となる。要保護や準用保護の児童については教育扶助や就学援助金で援助している…これは池田市教委に私が質問した時と同じ答えで、国がこれだから市でも単独ではなかなか実現しないんだと思います。いずれにしても文科省は「まずは小中学校の給食実施率を調査したい」との答弁にとどまりました。

 学校給食調理施設の改修や機械設備の更新については、池田市の給食センターも国の補正予算がつかず1年遅れという残念な事態になっていますので、何としても予算をつけて欲しいと要望していますが、文科省は「自治体の希望が多い時、財政力や今の施設がどれだけ年数が経っているのか、用地の取得がどれだけ進んでいるかで予算を決定している」との答弁がありました。

 この答弁に、思わず私も手をあげて発言。「池田はその条件すべて満たしているのに何故予算がつけられなかったのか、1年遅れとなり子どもたちの期待を裏切ってしまった」ときくと、「前年度はエアコンの設置が遅れているところへ学校施設改善交付金を優先した」との答弁でした。今年こそは予算をつけてくれるでしょうか。  (つづく)
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-13 23:58 | 議員活動
2018年8月11日(土)

c0133422_14254524.jpg 数日経ってようやく、ドラマ ゛夕凪の街「桜の国」2018″ を観ました。

 原作者は、広島県出身の漫画家でイラストレーターのこうの史代さん。昨年映画化された『この世界の片隅に』(今テレビでもドラマ化され放映中)も書かれた方だったですね。

 よくある戦争ものと違って、戦争の直接的な悲惨な場面はあまりc0133422_14265798.jpgありませんが、平成の現在から、被爆して数年後に亡くなった父親の姉の当時の状況をたどる広島の旅で原爆の悲惨さ、戦争とはなにかをかを考えさせられる…そんなドラマでした。
 
 物語は、実際に被爆した広島の女性、平野皆実(ひらの みなみ)さんのその後の人生を、「桜の国」では皆実の姪(弟の娘)にあたる東京育ちの石川七波(いしかわ ななみ)がその姪と一緒に自分のルーツを知り、理解していくというもの。
c0133422_14285921.jpg
 常盤貴子さんが七波役・認知症を疑われた父親(皆実の弟)を橋爪功が演じています。その父親の後を、姪(七波の弟の娘)風子と一緒に後をつけると、広島まで行ってしまい、原爆ドームや慰霊塔を通り、お墓に手を合わす父親。そこには8月6日に無くなったお墓が沢山、父は皆実と彫られているお墓に手を合わせていたことを知ります。父はその足で数件のうちを訪問。それは姉・皆実の恋人であり、友人でした。
c0133422_14311584.jpg
 ドラマの中で風子が、(原爆が)「本当にあったんだね」「自分の将来を自分で決めることはぜいたくな事なんだ、8月2日に夢も命も断ち切られた人達があんなに沢山」と衝撃を受けるシーンが印象的でした。

 七波は、「自分のおばあちゃんもおばさんも被爆者だったそのことをお父さんもおばあちゃんも話してくれなかった」とつぶやきます。被害者c0133422_1432027.jpgなのにそれを口にすると差別をされる、自分が被爆者だと公表することはとても勇気のいることです。

 父は「いつか話そうと思っていた、生きる時間が足りなくなったとしても」「幸せになれよ七波、お前は皆実ねーちゃんと似ている気がする、お前が幸せにならなかったらねーちゃんも悲しがる」この言葉に結婚を決意する七海…という、最後は戦争の悲惨さを伝えた中にもほのぼのとしたラストシーン。現代を生きる私たちはどう生きて行くのかを問いかけているような気がしました。

 静かに感動を与えてくれる、とてもいいドラマでした。
 原作は3部作だそうですが、機会があれば読んでみたいですね。 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-11 14:36 | ドラマあれこれ
2018年8月7日(火)

 「生活保護による保護の実施要領の取り扱いについて」の一部改正について、という厚生労働省の通知が出され、一定の条件を満たす場合にクーラーの購入費(5万円)の支給をみとめることになったようです。平成30年7月1日から適用…7月1日現在クーラーがない人が対象です。

 具体的には次の5つのいずれかに該当し、かつ世帯内に「熱中症予防が特に必要とされるもの」がいる場合…となっています。

(ア)2018年4月以降に保護開始された人でクーラーの持ち合わせがない。
(イ)単身者で長期入院、入所後の退院・退所時にクーラーの持ち合わせがない。
(ウ)災害にあい、災害救助法の支援ではクーラー等を賄えない。
(ェ)転居の場合で、新旧住居の設備の相違により新たにクーラー等を補てんしなければならない。
(ォ)犯罪等により被害を受け、同一世帯に属するものから暴力を受けて転居する場合にクーラー等の持ち合わせがない。

 世帯内に「熱中症予防が特に必要とされるもの」がいる場合…とは、「体温の調節機能への配慮が必要となるものとして、高齢者、障がい(児)者、小児及び難病患者並びに被保護者の健康状態や住環境等を総合的に勘案の上、保護の実施機関が必要と認めたものが該当するとのこと。

 2018年4月以降で対象となるかどうかを分けている点は気になります。今年度ということなのでしょうが、3月以前に保護を開始された人は、これまで同様「日常生活に必要な生活用品…をやりくりでまかなうこと」となっていますが、2月・3月に開始された人とどう違うのか、これまでクーラーを持たないまま辛抱しておられる人とはどう違うのか…?

 本来の、熱中症を防ぐためという考え方は4月で区切るものなのか、何のためにこの通達が出されたのか、本質的な部分が欠けているような気がします。さらに言うなら生活保護利用者だけでなく、保護基準を下回っている低所得者は必要ないのか…となります。こうした人たちを含め必要な人に補助すべきだと思うんですが…でもようやくエアコンが「最低生活維持」のために必要とされる家具什器であることが明確になりました。大きな一歩です。
 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-07 23:58 | 福祉・社会保障
2018年8月5日(日)

c0133422_245810.jpg この土・日はお祭りづくし。
 台風以来雨のかけらもない酷暑の日々ですが、安心してお祭りの準備ができたのかもしれません。「暑いですね」が口癖になるほど、地面から熱気が湧き上がってくる感じです。

 4日(土)は、亀之森住吉神社の夏越祭。本殿で神主さんの祝詞や、お神楽を見、榊を奉納。神事の後子どもたちの担ぐお神輿も出c0133422_262458.jpgました。

 ここを皮切りに、ジャズピクニック㏌猪名川(と言いつつ集中豪雨でグラウンドが完遂したため今年は文化会館・アゼリアホールで開催されました)、鉢塚盆踊り大会(水月公園)、神田小校区盆踊り大会(神田小学校・ひかり幼稚園と呉服保育所のこども園化のための工事が始まりフェンスが立てられていました)、c0133422_210560.jpg北豊島盆踊り大会(北豊島小校庭)へとはしごです。

 5日(日)は、朝、卓球のまち池田 卓球講習会の開会式に出席のため五月山体育館へ。元世界チャンピオンの小山ちれさん(全日本選手権は8回優勝)、元全中国チャンピオンの門垣佳音さん、近畿大学の卓球部員15名という豪華な講師陣。午前中は一般の部、午後は中学生の部です。一般の部はもともとはレディス卓c0133422_2105437.jpg球講習会でしたが、最近は男性も参加できるように一般の部として開催されています。でもレディスの名残か、参加される男性は少ないです。ちれさんと佳音さんの模範演技の後、何年ぶりでしょうかラケットを握らせてもらいました。最初は当たらん!(笑)

 知人のお葬式(96歳)に出席の後、夕方から再び盆踊り大会c0133422_2422631.jpgへ。

 宇保・八王寺自治会盆踊り大会は宇保第2公園に櫓が組まれていました。ここでは愛媛県出身で旧姓が私と同じ梶原さんという方がおられ、田舎が豪雨災害で大きな被害が出ている事を思い出しました。池田は大きな被害に至らず、無事盆踊り大会が出来ることを喜びたいと思います。

c0133422_2362540.jpg 姫室町の盆踊り大会は、雨が降っても大丈夫なように呉服小学校の体育館で開催されていますが、運動場の倍ほど暑い! 来賓席で隣に座られた原田衆院議員・総務副大臣に「体育館にもエアコンをつけて下さい」というと、学校施設は文科省だけれど避難所対策は総務省が担当なので、避難所としての体育館に対するクーラーの設置予算は確保したとの答え。早速市長に伝えると池田で実施するときは呉服小からつけましょうとみんなの前でご挨拶されました。しっかり聞きましたよ市長!(*^^)v

c0133422_2174541.jpg 最後は西畑納涼盆踊り大会。踊り人口は一番多い。(これしか踊れない)炭坑節を来賓に混ざって踊りました。河内音頭も習ったはずなのにもう忘れています(笑)これで半分ぐらい回ったでしょうか。月末まで各地訪問が続きそうです。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-05 23:45 | 議員活動
2018年8月3日(金)

c0133422_0354938.jpg 今日は市役所前の広場で10年目となる「打ち水大作戦」が行われ、小さな子ども達がお父さん・お母さんと一緒にバケツとひしゃくで水撒きをしました(^^)

 下水処理場で高度処理をした水が使われています。池田の水道事業として送水を始めて80周年になるそうです。来年が市政80周年ですから池c0133422_038779.jpg田町の時代に送水が始まったんですね。
 みんなで撒き始めると37℃の気温が35℃に下がっていました。(ほどなく元に戻りますが ??)

 ふくまるくんも出動しましたが、夏らしくハッピを着せても炎天下は暑かったでしょうね。


c0133422_0443713.jpg それに先立ち、新たにウォンバットのぬいぐるみが出来たため、議長応接室に御披露目にこられました。着ぐるみのまま来られるのかと思いきや、大きな荷物を抱えてこられました。着るところから実演です。
 モーターで空気を送り込むため、中に隙間があり汗を拭くことも出来るようです。肌触りよし。議長も挑戦しました。少し前かがみになるようで、あまり身長の高い方はムリみたいです。まだ名前はありません(^^)

 ゆるキャラとなっているふくまるくんと違って、ウオンバットそのものの着ぐるみ。2頭身のスタイルが意外と可愛いですよ。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-04 00:48 | 議員活動
2018年8月1日(水)

c0133422_1575475.jpg 8月24日地蔵盆の日は池田ではがんがら火祭りの日。愛宕神社からもらった火を松明に点火し市中を曳き回す伝統の火祭りです。大阪府の無形文化財に指定されています。

 1か月前に作業所開きがありご挨拶に伺いましたが、今日は近くまで行ったついでに作業を見せてもらいに寄りました。昼間は暑いので夕方からの作業だそうです。

c0133422_1584375.jpg 作っているところが見れると思っていましたが、付け替えも含め8本の大松明はもうほとんど出来上がっていました。1本約100キロの重さ。竹を軸に小さく切った「こえ松」を逆円錐形に巻き付け燃え盛る松明を昔の大工姿(昔の火事場装束かと思っていました)で松の油混じりの火の粉を素肌に受けながら曳き回す勇壮な祭りです。松明の上方・色の変わる辺りまで燃えるそうです。燃えすぎないように水をかけるようで、実際にはもっと太く重くなるようです、
 
c0133422_241634.jpg 今年で374回を数える伝統の祭りですが、今では地元では材料が調達できず、三重県の鈴鹿の松を買っているとか。材料だけでなく松明の担ぎ手も少なくなり継続させることも大変です。伝統の祭りを絶やさないためには、地域だけではなく池田市全体で支える祭りにしていくことが求められています。観光客も担げる体験型もありかも…。(去年のお祭りの写真)

 当日は城山町が五月山の中腹にある愛宕神社から神事の後松明に火をもらい、山の西側に大一の文字を点灯(大文字焼き)、その日を大松明の移して、がんがらがんがらと鳴らす半鐘の音を鳴らしながら市中を回ります。火の神様のお祭りとして、家内安全を願い、こぼれ落ちた消し炭を持ち帰る人たちも多い、珍しいお祭りです。

 その日は建石町でも、星の宮に子どもたちが集まり、こちらは京都の愛宕神社からもらった火を竹の松明に灯し大人たちの先導で、五月山の正面に大の文字を点灯してきます。山には大文字焼き、街中ではがんがら火祭りが夜空を焦がします。
 
 さくら通りを抜け市役所前で松明の付け替えをし、城山町に戻ります。ケーブルTVでも中継されますが、機会がありましたら是非勇壮な火祭りを直接観てみませんか(*^^)v
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-08-01 23:59
2018年7月30日(月)

c0133422_041286.jpg 台風12号は愛知県から西日本を逆走し、被災地を不安に陥れました。

 池田でも台風直撃かと、各地のお祭りも中止し、雨戸を閉め、土のうを積むところもあったようですが、それぞれが備えをしながら暴風の夜を過ごしました。

 幸いにも雨量は総量で50ミリ強程度にとどまり浸水被害は免れましたが、3つの中学校で倉庫の屋根が吹き飛ぶ(フェンスに引っかかって、道路をふさいだり、民家や建物への被害なし)、別の学校ではフェンスの支えが浮き上がりフェンスが傾き、もう一か所は倒木で通路を塞ぐなどの被害がありましたが、それぞれ手早く処理されました。屋根のなくなった倉庫や傾いたフェンスは処分を検討中。

c0133422_045193.jpg チキンラーメン館の銅像の前の花水木は倒れ掛かっていたようで、すぐに撤去されました。台風の直後ですがラーメン館には見学客の列が続き、普通の休日の様相。

 地震、豪雨、台風とあまりにも続く災害に、なすすべもない状況を見ると、自然との共存の難しさを感じます。必要以上に自然を壊してきた人間への警告でしょうか。

c0133422_165931.jpg 今日ある教室に行くといつも10人ほどの方たちが、今日は4人。クーラーを低くしすぎて足を痛めた方、クーラーをつけないで体調を壊す方様々です。男性用の日傘が流行っているようですが、炎天下の時間帯はできるだけ涼しい場所で過ごされるのがよろしいかと…(*^^)v
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-07-30 23:41 | 大震災・災害対策
2018年7月28日(土)

c0133422_1161820.jpg 台風12号の近畿への接近時間帯に入りました。時折吹く風に台風の気配はありますが今のところまだ静かです。

 でも暴風警報や大雨注意報は出ていますからご注意ください。3か所の会館に自主避難されている方もあります。土のうを積んで浸水予防されているところもあります。五月山ドライブウエイも午後8時で通行を止めました。午前3時~6時ごろがピークとのこと、くれぐれもご注意ください。

 さて、昨日アップし損ねた政府交渉について(アップ寸前に原稿を消してしまった)、防災対策は別の日に集中して復興支援や防災対策を求めていますが25日にも、体育館教室などの公立小中学校の避難所、避難施設に、国の責任でエアコンを設置して欲しいと緊急要望をを行いました。

 西日本を襲った集中豪雨以降の猛暑は避難を余儀なくされている人たちにも容赦なく襲い掛かっています。熱中症の救急搬送は池田でも昨年の7月と比べて3倍の人数を搬送していますが、エアコン抜きでは耐えられない日々が続いています。

 小中学校のエアコン設置率は大阪では77.3%だそうですが、市町村別でみると低いところはゼロという自治体があるそうです。避難されている体育館にはエアコンがないので、校長先生がエアコンのある教室を提供されたりしているようですが、普通教室にもエアコンが設置されていない学校はどうやっていのちの安全を確保すればいいのか、特別教室にエアコンがない自治体はまだまだ多く、クラブ活動にも命の危険が潜んでいることになります。池田でも学校の体育館はエアコン設置率ゼロ%。特別教室もまだ設置されていないところが多くあります。

 せっかく避難して助かった命を、避難所で命を落とすことになるなど決してあってはなりません。

 文科省は、学校施設は子どもの安全性、機能性を図る必要性がある。避難所にもなる大事な施設であり、空調設備は重要だと考えている。学校施設改善交付金によって対応しているが、関係省庁と連携しつつ引き続き予算の確保に努めたいと答弁でした。確保できなかったら放置すると言うことなのか、前向きと受け止めるべきか、通り一遍の答えなのか、今後の文科省の努力を見ていきたいと思います。

 また生活保護受給者にエアコンの買い替え・修理に貸し付けではなく一時扶助の家具住基費により設置に必要な費用を国の責任で保証して欲しいとの質問に対し、保護費の範囲内で購入して欲しいとの冷たい答弁でした。

 ところが最近厚労省が、6月27日付で一定の条件を満たせばクーラー設置費用に5万円の補助をするという通達が出されたようです。もう決まっていたのであれば検討している位の事を言えばいいのにと思いました。まだまだ不十分な内容ですがそれでも一歩前進です。 (つづく)


 

  
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-07-28 23:58 | 議員活動
2018年7月25日(水)

c0133422_1564726.jpg 朝から丸1日政府交渉。

 衆議院第2会館で、災害対策を皮切りに財務省、総務省、厚労省、文科省、国交省、内閣府に対し、大阪の地方議員団から実態を伝え強く要望して来ました。

 交渉に先立ち、市田副委員長から大阪選出議員の活躍ぶりについて報告があり、山下よしき副委員長、穀田恵二衆院議員、大門みきし参院議員、宮本たけし衆院議員、辰巳コータロー参院議員や清水ただし前衆院議員、わたなべ結国政対策委員長も同席。
c0133422_1575183.jpg
 災害対策については、先日それに特化した政府交渉が行われたところですが、今日は緊急要望として体育館、教室などの公立小中学校の避難所、避難施設に、国の責任でエアコンを設置すること。水道の耐震化のため地方自治体への財政的援助を強めること。下水の耐震化促進、長周期地震対策、個人の水道管(鉛管)取り換えに助成をなど要望。

 別途、屋根瓦の破損について、被災が原因で処分する場合は自治体が処分する費用の9割を国が補助することも決まったとの報告がありました。

c0133422_20377.jpg みなし寡婦控除については、池田市は4年前から子育て支援に適用されていますが、税法そのものの改正を含め国によるみなし寡婦の適用ができるよう求めました。厚労省は6月の政令改正で保育料等「みなし」適用を実施しますが、財務省は30年度税制改正大綱で、子どもの貧困に対応した改正を検討している様子でした。

 公立保育所の設置運営に係る補助の一般財源化・交付税措置によって民間事業者へのシフトがどこでも行われていますが、公立であっても2分の1の交付税措置をしている事、子育てあんしんプランに則り、32万人分の受け皿整備であれば補助率は3分の2に増やしているし運営費についても交付税措置されているとの答弁がありました。
 これについては、交付税として補助があっても色分けされていないため、財政力の弱い自治体では他に優先する事業に使っても分からないため、きちんと事業に対する特別措置をすべきであることを申し添えました。

 池田から申し入れた児童扶養手当の毎月支給については来年11月支給から2か月ごとの支給に改善すること、毎月支給については効果を検証しつつ進めたいとのこと。

 子どもの医療費助成を国の制度にすること、地方自治体が独自に助成していることに対するペナルティについては平成30年度から未就学児までの子どもたちについてペナルティを無くしたがが、それ以上については医療費が伸びるためペナルティは辞めないという冷たい答弁。

 医療費が伸びると言いますが、助成することで子どもがサロンのように病院に行く事はなく(逆に嫌がる)、早期治療で重症化を防ぐことになれば最終的に医療費は安くなることを申し上げました、(続く)
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-07-25 23:58 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara