藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

農業都市交流イベント

 2007年10月8日(月)
      c0133422_21151948.jpg
 市民文化会館の隣、豊島野公園で「農業都市交流イベント」が開かれていました。綾部市から農協の方たちでしょうか?小父さんも、小母さんも、若者も少し…。生憎の雨で思ったほどの人出ではなかったかもしれません。新米・味噌・野菜などの販売に加え、紙梳きの実演や竹とんぼ作りもありました。廃校になった校舎をリニューアルして、宿泊施設にしているというパンフも戴きました。1泊3,000円だそうです。歩いていると、ぜんざいとポン菓子をいただきました(無料サービス)。ちょっと得した気分です。
 
 フォーラム参加のために来られた、綾部の共産党市会議員のかたと短時間ですが交流しました。人口約37,000人で議員は18人中4人が共産党とのこと。市内から30Kmほど離れた農村部を担当していると仰っていました。池田は南北10Kmそこそこ、さしずめ能勢あたりまで行くことになるのでしょうか?相談活動もご苦労があることと思います。

 家に帰る途中、荘園会館にお神輿がありました。町内を練り歩いて帰ってきたところのようでした。雨は大丈夫だったでしょうか。そういえば、あちこちに五社神社ののぼりが立っていました。いつの間にか秋祭りのシーズンになっていたんですね。季節の移り変わりの速さに驚いています。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-08 21:22

市政報告会

 2007年10月6日
c0133422_065819.jpg
 9月議会の報告会をしました。せっかく議会に送っていただいたわけですから、議会が終わった後はその内容をみなさんにお返ししなくては、と7月に続いて2度目の報告会を開きました。
 参加者からは、指定袋以外のゴミが持ち込まれる、袋代を安くすればみんな指定袋に入れて出せるのではないか。猪名川など見えないところに不法投棄が多い等、ゴミの話題や地域分権の話題など意見が出されました。
 終了後に、マスコミで騒がれている年金横領問題で、どうして告発しないのかとの声が寄せられました。社会保険庁の指示を仰いだとはいえ、何故退職金が出るのだ・・・とも。市民は行革で我慢を強いられているだけに、この成り行きに高い関心が集まるのも無理はありません。
 しかしこの問題を、社会保険庁の批判逸らしに利用させてもなりません。消えた年金問題の解決を急ぐこともしっかり取り組んでもらいたいものです。

 ニュースで生活保護世帯が39年ぶりに150万人を超えたと報道していました。格差の広がりで貧困層が増え続けているとのコメント。もちろん池田市でも増加傾向にあります。働く場を奪われ、病気になり収入が途絶える。このおおもとを正さなければ今後も増え続けるのではないでしょうか。 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-07 00:20
 2007年10月4日(木)

c0133422_22554958.jpg雨で延期になっていた小学校の運動会、今日は秋晴れのとても良いお天気でした。
 
 我が家の子どもたちが昔お世話になった呉服小学校にまずお邪魔しました。
 
 先日の中学校と違って、1年生の小さいこと。6年生との対比がおもしろい。1年生の団演「まつりだ わっしょい」はおそろいの赤いTシャツを着て、かっこよく太鼓をたたくのですが、ちょっと乱れ打ち?c0133422_22564667.jpgでもとても可愛いから○です。 

 徒競走は出走者の名前をひとりづつ呼んで
4人づつ「よーいどん」です。男女入り乱れて走れるのも、小学校ならではですね。

 神田小学校では赤・青・黄の3チームが競い合い、生徒が競技の案内をすると、英語教師(外人)が続いて英語で案内しておられました。こちらでは4年生の団演「ソイヤ!」よさこいソーランの演技をやっていました。 
 c0133422_22573558.jpg
 みんな一生懸命演技、競技をしていて微笑ましく見せていただきました。熱中症も心配されるほど暑い中の練習だったと思います。その成果はちゃんと子どもたちが見せてくれました。
 
 どちらの学校でも、うまくいくだろうかと心配そうに、また、一人ひとりに拍手を送る校長先生の姿が印象的でした。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-04 23:35
 2007年10月2日(火)

 来年4月より国民健康保険証が一人ひとりの個人カードになるそうです。
 2001年国民健康保険法施行規則改正でカード化がすすみ始めました。私も4月までは社会保険でしたので、被保険者毎のカードで私も母も別々のカードを持っていました。カードは小さくて失くしそうな心配もありますが、同時に病院に行くことができ、大変便利でした。
 
 10月1日付で文書が届きましたので、9月の最終本会議でカード化について質問した議員がいましたが、すでに決まっていた事だったのですね。
c0133422_082729.jpg

 9月議会が終わりましたので、早速議会報告をと、駅頭宣伝に立ちました。環境基金条例、エンゼル祝い金、社会福祉総合センターの入札、消防の高機能指令システムなどなど、議会での審議内容をお伝えしました。
 詳しくは10月6日(土)PM.2 池田駅前南会館での報告会にお越しください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-03 00:10
 2007年10月1日(月)

 郵政民営化に続き、10月から変わることがまだありました。
   
 ◎厚生年金保険料が上がります。…また給料が目減りします。
 ◎雇用保険(失業手当)の受給資格が6ヶ月から12ヶ月に改悪。…1年以上働かな
  いと雇用保険がもらえません。
 ◎季節労働者への特例一時金削減。
 ◎食用油、冷凍食品、電気、ガス料金値上げ…輸入小麦値上げでパンや麺類、菓子
  類も値上?
 ◎地震保険料改定…都道府県によって値上(最大30%)もあれば値下げもあるようで
  す。

 「緊急地震速報」一般向け開始するも、強い揺れが充分感知出来ず実際より低くなって報道ならず、という事態が起こったとのこと。(震度5以上で気象庁が速報を出す)
 
 「郵政民営化」で早速システム障害発生! 長崎では集配業務廃止!400もの簡易郵便局が閉鎖、とのこと。
 「サービスは低下させない」と言った小泉さん、どうしてくれます?


 沖縄では「教科書検定意見撤回を求める県民集会」で11万人の県民が参加したとか。1995年に米兵による少女暴行事件に抗議したときの8万5000人を大きく上回る集会となりました。
 沖縄戦での「集団自決」が日本軍と無関係かのように書き換えさせたことへの怒りがいかに大きなものか、沖縄の人たちは身をもって示しました。
 登壇した高校生代表は「嘘を真実と言わないで下さい。私たちは真実を学び、子どもたちに伝えたい」と訴えました。

 歴史の真実を変えてまで、侵略戦争が「正しい戦争」としようとした政府に、この怒りが届いたでしょうか? 
 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-01 23:19
2007年9月30日(日)

 昨夜からの雨が降り続き、今日の小学校の運動会は10月4日(木)に延期となったようです。応援を楽しみにしておられたご家族の方には肩透かしで残念でしたね。昨年も雨だったのでは・・・?私には久しぶりの休養日となりました。

 昨日の体育祭で、郵便局長さんに遇いました。10月からの民営化の話題になりましたが、「これまでとどう変わりますか?」と聞きますと、「4つの会社から委託され手数料をもらって郵便局の窓口の仕事、預金事業、保険事業を行います」とのこと。早速ATMも手数料がかかるようになるそうです。手紙やハガキはこれまで通り全国一律料金のようですが、小包などはその義務付けがなくなり、過疎地などでは値上げもあり得ます。
 「民営化で郵便局の利用者を狙っているのが日本とアメリカの金融・保険業界ですよね」といいますと、「そうなんですよ、だから出来るだけお呼びいただけるところには顔を出して行きたいんです」と仰っておられたのが印象的でした。

 サービス低下や、場所によっては郵便局の存続をめぐって利用者・住民の不安が渦巻く中でスタートをする郵政分割・民営化。「官から民へ」大号令のもと、推進したのは自民・公明政権でした。私たち国民に利益をもたらさないことは、今後明らかになるでしょう。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-01 00:28

中学校の体育祭でした。

 2007年9月29日(土)               
 c0133422_22344874.jpg
 今日は市内中学校の体育祭でした。昨日までの暑さがウソのように涼しい1日で、走る生徒たちにはちょうど良かったかもしれません。午前中は北豊島中学校にお邪魔しました。久しぶりに一緒にラジオ体操をしましたが、意外に憶えているものですね。
 私たちの時代と違って、運営は生徒主体(もちろん、先生方のサポートはありますが)で行われ、スターターもゴールテープも生徒同士で行われていました。

 午後は、池田中学校を覘かせていただきました。クラブ対抗リレーでバトン代わりに柔道をしたり剣道をしながら走る姿を見て、15~6年前我が家の子どもたちがお世話になっていた時と同じだな~と思いながら楽しく見学させていただきました。全員リレーなど結構順位が入れ替わり、目前で見ると迫力ありました。雨もたいしたことなくて良かったですね。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-09-29 22:44

9月議会終了!

 2007年9月28日(金)

 9月議会も最終日。議員1年生の質問は昨日で終わり、少し気楽に先輩議員たちの質疑を聞きました。皆さんよく調べているなと感心して見ていると、質問に対しての答弁をメモるわけでもなく準備している再質問の原稿を読んでおられる…。私なんか答弁を予測して再質問を準備していても、答弁内容によって足したり引いたりしながら質問するのに必死なのに…。あらかじめ答えが分かっているかのようでした。

 昨日・今日と16名の議員がそれぞれ一般質問を終え、予想通り自民・木下議員と公明・吉本議員連名で「専決処分の拡大」について議員提案が出されました。私たちは「乳幼児医療費の助成拡大」について、委員会審議も出来るように最初に提出しましたが、彼らは委員会審議を避け、本会議での討論のみの即決としました。大変強引なやり方です。

 以前にも少し紹介しましたが、「専決」とは、議会にかけずとも市長が処理できる権限です。
提案の理由は、市営住宅の家賃の滞納や、払えるのに給食費を払わない、保育料を払わない、貸付金を返さないなど悪質な滞納者に対する処分をスムーズに行えるようするためだ、との事。これに対し、日本共産党は、垣田千恵子議員が代表で反対討論を行いました。
 悪質な滞納などへの処理は、何も専決にしなくても、年4回ある議会にかければよいことで、間に合わないはずはありません。また議会で市政をチェックする役割・議会の権能を自ら投げ出すことでもあります。たとえ今は無茶はしないといっても、一旦法を通してしまえば将来それが一人歩きをすることもあります。今格差と貧困が広がり、払いたくても払えない人たちが増えています。本来、救済をしなければならない人たちを切り捨て、無慈悲な取立てをしないとも限りません。
 自分たちがするべき仕事を投げ出し、市長に権限を与えるなんて、これで市民の代表といえるでしょうか?

 反対は日本共産党の5人と無所属のN議員のみでした。結局6月から揺れていた朋友会は、市長の与党だからと賛成、自民・公明とともにO議員も含め賛成多数で可決されました。
 市民の代表である議員が、市民を守るより、市長を選んだと言われても仕方ありません。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-09-29 00:41

最終本会議

 2007年9月27日(木)

 今日、明日と2日間にわたっての最終本会議が始まりました。各委員会に付託された案件について、それぞれ委員長報告があり、一つひとつ議案ごとに可決されました。
 日本共産党が議員提案した「乳幼児医療費助成の拡充」については、厚生委員会で否決されましたので、討論となりました。私が委員長報告に反対、原案に賛成(ややこしい)という立場で討論に立ちました。自民同友会の小林議員が原案に反対の討論をし、採決は共産党5人と無所属議員1名の賛成、他の議員は自民同友会、朋友会、公明党、無所属議員1名ともに反対し否決しました。市民の願いに背を向けたことになります。

 それぞれの議案が終わると、一般質問です。6月に代表質問をしたとはいえ、1番で質問するというのはやっぱり緊張します。質問時間は20分ちょうど。なかなか時間どおり質問をするというのは難しいものです。2度目の質問で時間いっぱいとなってしまいました。

 呉服小学校音楽堂の改修については、アスベスト除去工事を含めた保護者への説明会がまだ実施されていないこと、音響は多少パワーアップするものの、古い器材を使うこと、屋根が大雨で激しい音がするということは認識していなかったことなどがわかりました。
 原則、平日は学校が使い、土曜、日曜は一般が利用出来る様になるそうです。

 八王寺のアルビス池田に、借り上げ市営住宅を、と提案しましたが、戸借りは公平性を保てないとし、市営住宅に活用する予定はないとの答弁でした。

 国保料について、来年から本算定だけにし、9回で1年分の保険料を納めるという予想通りの答弁でした。市民の負担感をこれ以上大きくしない様、従来どうり12回納付を考えて欲しいものです。

 住民税についても質問しました。定率減税や税源移譲で最初の1年分が2重取りとなることについて、なかなかかみ合った討論になりませんでした。質問の意図が理解されなかったのか、分かっていてはぐらかされたのか…?

 全体に、質問への答が充分でなかったり、かみ合わずに時間切れとなり、ちょっと消化不良。 

<乳幼児医療に関する賛成討論> 下記の通り
 
 私は日本共産党を代表して、委員長報告に反対し、議員提出議案第4号「池田市乳幼児医療費に関する条例の一部改正」に賛成の立場で討論いたします。
 
 年々増大する医療費の負担を軽減するため、子どもの医療費助成制度の拡充は、父母と市民の強い願いです。しかし、現行の国の制度では、3歳未満の乳幼児の患者負担を2割に軽減するにとどまり、来年度から「就学前児童」に拡大するものの、あくまで2割の負担を強いています。
 そのため全国のすべての都道府県、市区町村では、子育て世帯の負担を軽減するために、独自にさまざまな上乗せの助成をおこなっています。子どもの対象年齢を当初の「乳幼児」から拡大する自治体も増え、京都府南丹市では高校卒業まで助成が行われています。東京都では10月から対象を中学卒業まで拡大することを決めています。兵庫県も小学3年まで拡大しました。
 子どもの医療費助成は、子育てや孫育て中の人々への支援であるだけでなく、少子化対策としても重要です。内閣府の「子育て女性の意識調査」では、少子化対策として望ましい支援措置として、保育料などの軽減とともに、子どもの医療費助成があげられています。
 長野県下條村では中学卒業まで医療費を無料にし、保育料を1割下げ、格安の村営住宅を提供し、子育て環境を整えることに力を注いだ結果、出生率は全国平均1、29%に対し、2、12%と上昇し、現実に人口が増えるという効果が表れています。
 大阪では府内43市町村のうち、17自治体が就学前まで助成しており、さらに枚方市が今年10月より4歳未満から就学前まで引き上げることを決めています。大東市、摂津市が4歳未満から5歳未満に引き上げ、池田市を含む、わずか7自治体となっていた3歳未満も、岸和田市、阪南市共に、今年7月より4歳未満へと引き上げましたので、いよいよ5自治体のみという、府内でも取り残された状態となってしまいました。
 所得制限の撤廃も多くの自治体が実施しています。もちろん本市でもエンゼル医療助成がおこなわれており、3子目、4子目に対しては大いに評価するものでありますが、児童福祉法は、国と地方自治体に対して、「児童を心身ともに健やかに育成する責任」を明記しています。また、本条例第1条では、「乳幼児にかかる医療費の一部を助成することにより、保護者の医療費負担を軽減するとともに、乳幼児の保健の向上と健全な育成に寄与し、もって児童福祉の増進をはかる」ことを目的に掲げています。さらに第2条に、乳幼児の定義として「満6歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者」とされているように、就学前の子どもはすべて助成の対象とすべきであると考えます。
 少子化対策の重要な施策の一つとして、安心して子育てできる条件の整備、特に本市では、第1子への手厚い支援を拡充する意義は大きいものがあります。
 今こそ、子育て支援のまちを標榜する池田市として、計画的に就学前まで助成対象年齢を拡充すべきであると考えます。
 また、この条例改正案は、財源についても、2008年4月からの国の制度改正によって、就学前までの一部負担金が3割から2割に引き下げられることでの費用効果や、同和事業など予算の見直し、そして何よりも一般会計での大幅な黒字があることなど、無理のない提案であり、子育て世代への経済的支援となるものであります。反対する理由は全くありません。
 よって、「池田市乳幼児医療費に関する条例の一部改正」を実施すべきであることを表明し討論といたします。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-09-28 01:36

時津風部屋で力士死亡!?

 2007年9月26日(水)
 
 ニュースを見てビックリ!!  相撲の時津風部屋で、親方を始めとする集団暴行により、入門わずか3ヶ月の斉藤俊さんが急死したとのこと。まだ17歳という前途ある若者が、命を絶たれるとは…ご両親の悲しみ、悔しさは如何ばかりかと思います。相撲部屋という特殊な世界で、一つ間違えば稽古がリンチと化す。相撲道とは何なのか?他のスポーツも含め、スポーツマンシップについて考える必要がありそうです。
 政治が貧しいと、世の中が荒れてくると言いますが、毎日殺人事件のニュースが流れる昨今、まさにその通りだと思う日々ですね。

 明日はいよいよ最終本会議、今度は一般質問に挑戦です。この原稿をつくるまでが大仕事でした。5月、6月9月と3度目の議会ですが、毎回新しい体験です。
 皆さんの願いを市政に反映させられるよう、頑張ります!
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-09-27 00:50

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara