2007年10月22日(月)
                  c0133422_033529.jpg
 元の職場、池田民商の婦人部総会に出席しました。前回までは運営する側でしたが今回は来賓として、垣田千恵子議員、白石啓子議員と3人で参加させていただきました。懐かしい顔ぶれの前で、議会活動の報告を兼ねて挨拶させていただきました。

 長引く不況のもとで、「本業の営業だけで生活できるよう」、「社会保障の充実を」、家父長制度の名残である「所得税法56条の撤廃を」などの活動方針を決め、新しい役員体制が決まりました。 これまで頑張ってこられた大塚さんから小谷さんへ部長さんも交代されました。
 人前でしゃべるのは苦手といいながら、しっかりご挨拶されていました。
 大塚さんも長い間お疲れ様でした。
                 c0133422_0343852.jpg
 第2部は「後期高齢者医療制度」の学習会。講師は我が議員団長の垣田千恵子議員です。議員団の新兵器、パワーポイントを使ってプロジェクターで投影。目で見ていただきながら、医療制度の問題点などを簡単に説明。聞きっぱなしではないので分かり易いのではないかと思いましたが、感想はどうだったでしょうか?

 午後は決算委員会最終となった総務委員会の傍聴を、と思いましたが生活相談が入りました。
 
 3年前の水害がきっかけで、お店の立て直しから病気や親の介護も加わって家庭崩壊となり、娘さんを頼って池田に引越しをしてきた。難病で治療中のため仕事にも就けないし、娘さんの収入では生活できない・・・との相談でした。
 家は見つかったようですので、居住開始を待って生活保護の申請をすることになりそうです。

 映画「シッコ」の中で、フランスでは治療費はもちろん無料ですが、病院は治療が終わっても心身ともに回復するまで本人の希望通り何ヶ月でも「休業証明」を発行し、その間、国が生活保障をするんです。社会保障の考え方が根づいている、と思いました。
 日本の場合は、最後の手段の生活保護も受けられない人が沢山いるんです。憲法25条は何処へ…。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-23 00:55

 2007年10月20日(土)
                     c0133422_0574865.jpg
 マイケル・ムーア監督の映画「シッコ(sicko)」を観ました。sickoとは病気を意味するsickから派生したアメリカの俗語で「いかれた奴」という意味とのこと。
 先進国で唯一国民健康保険制度のないアメリカ。6人に1人が無保険で、毎年1.8万人が治療を受けられずに死んでいく。でもこの映画はそういった人たちの映画ではなく、ちゃんと保険に入っている人々の映画です。
 
 アメリカの医療保険は、HMOという民間の保険会社が医師に給料を払って管理するシステムになっています。治療を不要とした医師には報奨金を与え、加入者には、過去の既往症を見つけ出し、告知違反として保険金を払わない。
 事故で意識を失い救急車で病院に運ばれた女性は、HMOの了解なく救急車を使ったとして保険金が支払われない。白人でない夫はガンの治療を受けられずに死に至ってしまった。仕事中に指を2本切断した男性は、治療費が払えず中指を諦め、夢を求めて薬指だけつないでもらった…こんな映像が次々と映し出されます。
 治療費が払えない人は、病院が貧民街の病院の前に捨てに行くんです。
 これが今のアメリカの実態です。

 ムーア監督は自らのウエブサイトで体験談を呼びかけたところ、最初の1週間だけで2万5千通ものメールが寄せられたそうです。
 国民皆保険制度をと訴えたヒラリー・クリントンも、圧力につぶされました。保険会社から献金を受けとってしまって、今だに制度は実現していない。アメリカでは皆保険制度は社会主義の考えだとしています。自由のない統制社会になると宣伝し、保険会社は政治家に大金を注ぎ込んで都合のいい法律を通させている。その結果、先進国では最も病人の多い国になってしまっていることが紹介されていました。
 
 一歩アメリカから足を踏み出し、カナダへ行くと医療費は無料。アメリカでは子どもに治療も受けさせられないとカナダで偽装結婚をして治療を受けているシングルマザーもいました。
 ヨーロッパにも取材に行くと、イギリスでもフランスでも医療費は無料、保育所も大学も無料と聞いたムーアは「嘘だろ!ここは社会主義ではないのに」と驚きます。「あなたは社会主義者か?」と聞くと「私は保守党員だ、医療費が無料なのは助け合いの精神で当たり前のこと」と答える。…日本の政治家にも聞かせたい。
 9.11で救助活動をし、病気になった救命員ですら高い治療費が払えず我慢を強いられています。ムーアは3名の救命員をキューバにつれて行き、グアンタナモ海軍米基地で収監されているアルカイダの一味は無料で治療が受けられているのだから、9.11の英雄にせめて同じ治療を受けさせるよう、と訴えますが返事はなく、「敵国・悪魔の国」キューバに連れて行きます。ここでは悪魔の国どころか、医者たちが無償で彼らの治療をするんです。
 何故アメリカでは実現できないのか、こんな国でいいのか?とムーアは問いかけます。

 字幕スーパーのドキュメンタリー映画で、決して「楽しい」映画ではありません。でも是非皆さんにも観て欲しいと思います。だって日本はこのアメリカのように医療制度を変えつつあるのですから、決して他所事ではありません。
 来年から始まる、後期高齢者医療制度も医療抑制が目的ですし、混合診療の導入も、お金のあるひとは高度医療が受けられるけれど、お金の無い人は辛抱しなさいといわんばかりの「医療格差」の導入にほかなりません。療養病床は23万床も減らすという。こうした医療改悪を強行したのが自民党・公明党です。(昨年6月)
 何でもグローバルといえばアメリカがお手本かのようにいいますが、何故ヨーロッパの優れた施策を学ぼうとしないのでしょうか。
 
 私たちはムーア監督が告発しようとしているように、企業が政治を買収した結果が、国民の生命を奪っているアメリカの実態を、反面教師にする必要があるのではないでしょうか。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-21 01:20

決算委員会でした

 2007年10月17日(水)

 昨日から決算委員会が始まりました。土木委員会に続いて今日は厚生委員会。
 平成18年度の国民健康保険特別会計、老人医療特別会計、介護保険特別会計、そして一般会計のうち厚生委員会に関係する部分の決算について審議しました。

 国保会計は赤字で、予定した保険料収入が上がらず、給付費等、歳出の増大が原因とのこと。全体の82、5%まで所得200万円以下という低所得者が多いにもかかわらず高い保険料が、滞納額を増やす結果となっています。
 
 再任用された元職員が訪問をし、回収に昼となく夜となく回っているそうで、徴収効果が上がってきているとのこと。行き過ぎにならないことを望みます
 払いたくても払えないという高い保険料が問題で、その大本は国が補助金を減らしてきたことにあります。6年連続黒字といわれる一般会計からの繰り入れをもっと増やしてはどうかと質しましたが、まだそこまでの余裕はないとのこと。
 
 収納率の高い他市は、保険料も池田より安くなっています。そのあたりを参考にする必要がありそうです(特に繰り入れ状況も)。
また、国保も後期高齢者のように、広域化の方向に向かっています。これは要注意です。
 
 「シッコ」という映画を引き合いに出し、アメリカは保険制度がないから大変だが、日本は皆保険制度だから安心だと言った議員がいました(朋友会と公明党)。そのアメリカ型を目指し医療改悪してきているのが自民・公明政治なのによく言うよなー…と思いました。
 
 介護保険は1億3千万円もの黒字で、税制改悪や介護保険法の改悪による増収が原因だそうです。市民への還元をと質問しましたら、次期保険料改訂時に反映させたいとの答弁でした。
 
 懸案の年金着服問題については、市民の皆さんからの声を届けながら質問しました。
 市長は、組合の対応にもふれ、「処分は甘いと言われればその批判は自分が甘んじて受ける。市長への市民の審判は選挙であり、これまで2度の選挙があったわけであり、今が問題というなら次の市長選挙で示されればよい」と答えました。

 また、審議の中で、市民に喜ばれている市営葬祭場の民営化につながる発言や、ゴミ指定袋制の検討・見直しも、(その方向が問題ですが)示唆する発言がありました。要注意です。

 明日は文教・病院委員会、22日は総務委員会です・
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-18 00:24

獅子舞

 2007年10月13日(土)
                 c0133422_23513775.jpg
 会議で集まった事務所に太鼓の音が聞こえてきました。神社からにしては近くから聞こえるように思い、外に出てみると、駐車場で「獅子」が舞っているではありませんか。聞けば近所のお店の奥さんが呼んだんだとか。
 喜んで獅子の背中に乗せてもらう子もあれば、追いかけられて泣く子もあり、大人たちは笑顔で見守っていました。ちょっとした秋祭り気分を味わいました。

 私は愛媛県宇和の出身ですが、「牛鬼」というもう少し大きめで首が長く複数の人間が中に入っていたように思うのですが、街を練り歩いていたような記憶があります。少しおっかなびっくりで追いかけたものです。
 「牛鬼」の由来は、豊臣秀吉に命じられ、加藤清正が朝鮮半島を攻めた際に亀甲車に兵士を乗せて晋州城に迫ったらしいのですが、この武勇伝を藤堂高虎が宇和島に伝えたらしく、それが南予地方に広がったのではないかといわれています。今でも続いているかどうか分かりませんが、宇和島では夏の牛鬼祭りで有名です。

 「獅子舞」はお正月を思わせますが、田舎の「牛鬼」は秋祭りの記憶が…。ともあれ、伝統芸を残す人たちがいて、なんだか嬉しいものですね。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-13 23:57

今日も楽しい運動会!

 2007年10月13日(土)
                c0133422_11431079.gif
 スポーツの秋、運動会も中学校・小学校と続いて、今日は幼稚園の運動会。神田小学校の校庭と共用の園庭で行なわれた「ひかり幼稚園」の運動会に伺いました。
 
 小さな園児たちが楽しみながら、かけっこや玉入れをしていてとても微笑ましかったですよ。
 年長さんになると気合も入ってくるのか、なかなかスタートが合いません。c0133422_11433374.gif一人づつ名前を呼ばれて、大きな声で返事をする子、恥ずかしそうに手を上げる子、保護者が気になるのかよそ見しながら走る子などいろいろでしたが、一生懸命走っていました。
 玉入れは子どもたちに合わせた高さのゴールポスト(籠)で、結構入るものですね。年少さんも年長さんも、ともに白組の勝ちでした。
 最後まで見ることができなかったのが、心残りでした。
 
 さあ、私たちも委員会に向けて頑張らなくっちゃ!
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-13 11:53

 2007年10月12日(金)

 議会閉会中のこの10月に、平成18年度の決算委員会が開かれます。
 16日土木委員会、17日厚生委員会、18日文教・病院委員会、22日総務委員会とそれぞれ関連する分野の決算を審議することになります。
 
 とにかく小さな数字がびっしり詰まった分厚い決算書。その説明資料、監査委員会の報告文書、17年度の決算書、18年度の予算案等々、4~5冊の資料を見比べるだけで目が疲れます。数字が億単位で並ぶと数えるだけでも大変です。
 池田市の一般会計は6年連続の黒字だそうですが、その原因は何なのか、予算は市民にとってどの様に使われているのか、などなど委員会で質問をするために毎日格闘中です。
 
 一般企業とは違ったスケールと考え方に、新人議員としては戸惑うことばかりです(先輩議員は涼しい顔をしていますが…)。もっと時間が欲しい…が正直な心境の今日この頃です。
 まずは新人は新人らしく、市民の目線で、分からないことはどんどん質問してみましょう。
 私は厚生委員会です。時間がありましたら是非傍聴にお越しください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-13 00:51

農業都市交流イベント

 2007年10月8日(月)
      c0133422_21151948.jpg
 市民文化会館の隣、豊島野公園で「農業都市交流イベント」が開かれていました。綾部市から農協の方たちでしょうか?小父さんも、小母さんも、若者も少し…。生憎の雨で思ったほどの人出ではなかったかもしれません。新米・味噌・野菜などの販売に加え、紙梳きの実演や竹とんぼ作りもありました。廃校になった校舎をリニューアルして、宿泊施設にしているというパンフも戴きました。1泊3,000円だそうです。歩いていると、ぜんざいとポン菓子をいただきました(無料サービス)。ちょっと得した気分です。
 
 フォーラム参加のために来られた、綾部の共産党市会議員のかたと短時間ですが交流しました。人口約37,000人で議員は18人中4人が共産党とのこと。市内から30Kmほど離れた農村部を担当していると仰っていました。池田は南北10Kmそこそこ、さしずめ能勢あたりまで行くことになるのでしょうか?相談活動もご苦労があることと思います。

 家に帰る途中、荘園会館にお神輿がありました。町内を練り歩いて帰ってきたところのようでした。雨は大丈夫だったでしょうか。そういえば、あちこちに五社神社ののぼりが立っていました。いつの間にか秋祭りのシーズンになっていたんですね。季節の移り変わりの速さに驚いています。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-08 21:22

市政報告会

 2007年10月6日
c0133422_065819.jpg
 9月議会の報告会をしました。せっかく議会に送っていただいたわけですから、議会が終わった後はその内容をみなさんにお返ししなくては、と7月に続いて2度目の報告会を開きました。
 参加者からは、指定袋以外のゴミが持ち込まれる、袋代を安くすればみんな指定袋に入れて出せるのではないか。猪名川など見えないところに不法投棄が多い等、ゴミの話題や地域分権の話題など意見が出されました。
 終了後に、マスコミで騒がれている年金横領問題で、どうして告発しないのかとの声が寄せられました。社会保険庁の指示を仰いだとはいえ、何故退職金が出るのだ・・・とも。市民は行革で我慢を強いられているだけに、この成り行きに高い関心が集まるのも無理はありません。
 しかしこの問題を、社会保険庁の批判逸らしに利用させてもなりません。消えた年金問題の解決を急ぐこともしっかり取り組んでもらいたいものです。

 ニュースで生活保護世帯が39年ぶりに150万人を超えたと報道していました。格差の広がりで貧困層が増え続けているとのコメント。もちろん池田市でも増加傾向にあります。働く場を奪われ、病気になり収入が途絶える。このおおもとを正さなければ今後も増え続けるのではないでしょうか。 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-07 00:20

 2007年10月4日(木)

c0133422_22554958.jpg雨で延期になっていた小学校の運動会、今日は秋晴れのとても良いお天気でした。
 
 我が家の子どもたちが昔お世話になった呉服小学校にまずお邪魔しました。
 
 先日の中学校と違って、1年生の小さいこと。6年生との対比がおもしろい。1年生の団演「まつりだ わっしょい」はおそろいの赤いTシャツを着て、かっこよく太鼓をたたくのですが、ちょっと乱れ打ち?c0133422_22564667.jpgでもとても可愛いから○です。 

 徒競走は出走者の名前をひとりづつ呼んで
4人づつ「よーいどん」です。男女入り乱れて走れるのも、小学校ならではですね。

 神田小学校では赤・青・黄の3チームが競い合い、生徒が競技の案内をすると、英語教師(外人)が続いて英語で案内しておられました。こちらでは4年生の団演「ソイヤ!」よさこいソーランの演技をやっていました。 
 c0133422_22573558.jpg
 みんな一生懸命演技、競技をしていて微笑ましく見せていただきました。熱中症も心配されるほど暑い中の練習だったと思います。その成果はちゃんと子どもたちが見せてくれました。
 
 どちらの学校でも、うまくいくだろうかと心配そうに、また、一人ひとりに拍手を送る校長先生の姿が印象的でした。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-04 23:35

 2007年10月2日(火)

 来年4月より国民健康保険証が一人ひとりの個人カードになるそうです。
 2001年国民健康保険法施行規則改正でカード化がすすみ始めました。私も4月までは社会保険でしたので、被保険者毎のカードで私も母も別々のカードを持っていました。カードは小さくて失くしそうな心配もありますが、同時に病院に行くことができ、大変便利でした。
 
 10月1日付で文書が届きましたので、9月の最終本会議でカード化について質問した議員がいましたが、すでに決まっていた事だったのですね。
c0133422_082729.jpg

 9月議会が終わりましたので、早速議会報告をと、駅頭宣伝に立ちました。環境基金条例、エンゼル祝い金、社会福祉総合センターの入札、消防の高機能指令システムなどなど、議会での審議内容をお伝えしました。
 詳しくは10月6日(土)PM.2 池田駅前南会館での報告会にお越しください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2007-10-03 00:10