藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

個人演説会でした

 2008年1月15日(火)寒い朝でした。晴れ
                              c0133422_001539.jpg
 今日は、梅田章二さんの個人演説会。昨日の決起集会に続いて今日も用意した椅子が足りなくなりました。細身弁護士、客室乗務員の尾崎さん、イベントプロデューサーの友成さん、府会議員の堀田さんと多彩な応援弁士でした。
 
 梅田さんは7つの緊急200億円プランを掲げ、「これは2万2千通を超える府民のみなさんの声が元になったプランです」と、まさしく府民が主人公の政策を一つひとつ具体的に話されました。  昨年の一斉学力テストの結果は大阪45位と最低ランク。成績上位の県と比べると少人数学校の実施率の高さと比例していると述べられました。少人数学級で一人ひとりに行き届いた教育が進められていることが理解力、成績につながっているのでしょう。
 
 国保・介護保険の保険料・利用料の補助は一刻も早く実施して欲しい政策です。今日、白石議員に相談のあった方は、夫婦2人の年金8万円で生活をしているが、介護利用料の負担が重い、病院に行くため介護タクシーを呼べば片道2,000円もかかる、生活保護は親戚に問い合わせをされると、居場所がなくなってしまうので受けられない、生活は困窮を極めているとのことでした。

 介護保険利用料の減免制度がないため、負担を減らすすべがない現状です。国が利用料減免を認めないことが大きな問題ですが、大阪府がそれを補助してくれたら助かります。

 青年を正社員として雇った中小業者への補助制度はいい内容じゃないですか。是非実施して欲しいと思います。

 大阪を変える変えると、他候補も言っていますが、そんな大阪にした自民・民主・公明に推薦・支持をしてもらって本当に変えれるのでしょうか。はなはだ疑問です。
 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-16 00:06
 2008年1月14日(月)晴れたり曇ったり
                           c0133422_0315640.jpg                             
 成人の日、文化会館ははさすがに晴れ着・着物姿のお嬢さんたちがほとんどでした。ときには羽織袴の青年も、子どもを連れた新成人もいました。カラフルで華やかですね。車で送ってきたお父さんやお母さんも、子どもさんの晴れ姿をデジカメでパチリ。

 約40人の明るい会・池田連絡会メンバーで、「初めての選挙権の行使を知事選で」と新成人への宣伝を行いました。              c0133422_0322673.jpg

 10時からは、来賓として初めて「成人のつどい」に参加しました。
 今年の新成人は、男性646人女性542人合わせて1,188人だそうです。めずらしく男性が100人も多いのですね。                    
                                                              つどいは実行委員のみなさんが企画されたようで、前日の沖縄での騒動とは違い、和やかに進められました。c0133422_033968.jpg
 最初のベンチャーズキッズのミニライブは、「朝日のあたる家」「ダイヤモンドヘッド」など私たち世代の曲も演奏されました。吉本の漫才は撮影禁止。肖像権でしょうか。「青空」「ロザン」の漫才でした。市内にある企業からのプレゼントは3度に分けた抽選会で10人の新成人に当たりました。                                          
 実行委員のメンバーの挨拶は、「これから飲みまーす」。みんなで同窓会かも知れませんが、c0133422_0335677.jpg飲みすぎに注意してください。これからは、社会的責任も自分にかかります。選挙権の行使もしっかり自分で考え、政治参加しましょう。 


午後は後援会の新春決起集会。会場いっぱいの参加者で、知事選勝利を、来るべき解散総選挙で日本共産党の躍進をと誓い合いました。                             
 c0133422_0343884.jpg 垣田議員の市議会報告と選挙戦への決意、藤木弁護士は2人の弁護士知事候補の違いを語られました。大阪9区国政対策委員長の村上弘充さんはユーモアを交え憲法前文をそらんじ、宮本たけしさんは今度は名前でなく「日本共産党」をと訴えられました。新テロ特措法を強行し、米軍に給油するよりも、灯油が高くて寒さに震える国民に油をまわせ…と。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-15 00:48
 2008年1月13日(日)曇り

 昨夜に続いてNHKスペシャル、「新型インフルエンザの恐怖」が放映されました。
 パンデミック(感染爆発)の恐怖がすぐそこまで近づいていることを示す現実があることを伝えていました。

 2億2千万人の人口といわれるインドネシアで、H5N1鳥インフルエンザが猛威を振るっています。呼吸困難を訴え運ばれてきた23歳の男性が感染し、重い肺炎から全身に広がり、直後に死亡。肝臓・腎臓脳にダメージを与え、死に至る。犠牲者は今も増え続けているそうです。
 
 2005年4月、スマトラ島の人口1300人・クブシンブラン村で病気の鳥を触った1人の女性が突然高熱を出して死亡。看病していた4家族6人に感染し5人まで死亡。最初の女性以外は病気の鳥に触っていず、ついに鳥から人、人から人さらに人へと3世代に広がり、6人はみんなH5N1に感染していました。
 
 鳥インフルエンザの変異が起きたのではないか、パンデミックの脅威が迫っているのではないかとWHOの調査が始まりました。
 治療にあたった看護師の1人が高熱を発したため、封鎖のスイッチが押されるかと思われましたが、H5N1ではなくAソ連型インフルエンザでした。Aソ連型は毒性は強くないが伝染力が強く、2つが一緒になるとパンデミック発生となりかねないという状況でしたが、7人のうち6人死亡で終結。親族で血のつながりのある人だけが罹っており、一般に広がらなかったために終結したようです。

 アジア・中東で348人感染し216人死亡、致死率60%以上にのぼっているとのこと。これが新型インフルエンザに変異するのではないかとみられ、感染爆発が確実におきる、残された時間は後どのくらいか分からないといわれています。

 航空機によって短期間で日本に入ることが想定されます。国内死者64万人と推定され、最悪数百万人にも及ぶこともあり得るそうです。社会機能の崩壊も起こり得ます。
 日本の備えはできているのか?

 アメリカでは最重要課題、国家の問題としてとらえているようです。
 ワクチンをパンデミック対策として位置づけ、発生すれば近隣住民に、ドライブスルー方式でワクチンを次々と接種するという訓練をしています。ワクチンは発生してから造られる物なので、一般のインフルエンザワクチン・タミフルを貯めています。
 ニューヨーク大学病院では具体低医療体制の整備も行い、いざとなれば眼科・皮膚科・さらに歯科医師の協力も得て治療にあたります。人工呼吸器は毎年800台購入して備蓄。呼吸器を使う順番、命の優先順位についての議論まで進められているそうです。

 日本の備えはどうか、タミフルは25,000人分インドネシアのプレパンデミックワクチンを造っているそうですが、医療従事者や警察官のみといわれ一般国民用までに至っていません。ベッドの確保、呼吸器の確保、医師・看護師の確保など遅れているといわざるを得ない状態です。

 昨年11月品川区で独自の訓練をしたそうですが、課題は多く残されています。池田市でも研修、訓練、議論が必要です。

 先月10日、インドネシア・ジャカルタでまたH5N1が発生し47歳の男性が死亡。H5N1は今も世界各地で人に感染し続けています。新型は一歩一歩近づいています。残される時間は僅かかも知れません。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-14 00:48
 2008年1月12日(土) 雨のち曇り

 NHKスペシャル、「シリーズ最強ウイルス」をみました。新型インフルエンザ(H5N1型)を想定したドラマです。ワーキングプアや医療制度の改悪内容も盛込まれていました。在宅医療という名の患者の放り出し。そうしないと、病院も成り立たない。
 そんな中でヒト・ヒト感染の新型インフルエンザが小さな島から発生する。島を封鎖しようとするけれど、アルバイトで産業廃棄物を処分するため島に来ていたワーキングプアの青年が感染して、東京に持ち帰り一気に広がるというものです。
 
 鳥インフルエンザは、渡り鳥が媒介し他の動物で増殖するそうです。それが突然変異で鳥から人へ、そのうち人から人へと感染していく。感染すると3日から2週間で発症。飛沫感染、空気感染で爆発的に広がります。
 
 厚労省は指示が下せず、タミフルも効かない。誰も免疫がなく、ワクチンもない。致死率はひどければ50%にもなるといわれます。医師も過労死、逃げ出す医師もある。受け入れを拒否する病院も多い。学校も閉鎖、店も閉まり町から物がなくなる。
 最後の感染から約20日間で沈静するまで、なすすべもなく対処療法のみ。

 明日は現実に鳥インフルエンザにかかったアジアの調査報告が第2弾として放映されます。WHOの医師は、一気に広がるパンデミックは目前だと言っていました。

 12月議会で、我が党の垣田千恵子議員がこの問題についての質問をしましたが、池田市で発生した場合、病院に行くのではなく市民文化会館を避難所とする事、タミフルの備蓄を始めていることなどの答弁がありました。
 
 20日間家から一歩も出られないことも想定をし、それぞれが備えをしておくことも重要です。市民への周知、研修も必要でしょう。食べ物、飲み物、ゴーグルにマスク、いざとなったら機能が麻痺するわけですから、今のうちに準備をしておくべきなのでしょうね。大変なことです。
 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-13 01:32
 2008年1月11日(金) 曇りのち雨

 民商の元会員さんが1月2日に倒れ、阪大病院に緊急入院したとの連絡がありました。搬送中に2度心停止をおこし、今は意識不明との事。78歳、普段は病院にも行かず、時々「救心」を飲んでおられたとか。年末にお逢いした時は、家が立ち退きにあい転居の準備をしておられ、お元気そうでしたのに…。
 年に1度は健康診断を受けておくことがホント大事ですね。

 何時までも呼吸用の管を入れておくわけにはいかず、気管切開をすることになったそうです。ご家族もどうしていいかわからない。治療費がどうなるのか、病院からは気管切開が済めば転院をしなければならないと言われ、路頭に迷っているというところでした。

 とりあえず、病院には療養型病院を探してもらうこと、治療費は、医療限度額の軽減手続きをし、様子を見ることにしました。

 年末年始と、医療相談が続いています。高齢者が病気になったとき、行き場がないというのが現状です。ここに政治の光が必要なのではないでしょうか。


「薬害肝炎救済法成立」のニュースは、原告団の粘り強い闘いの成果です。救済洩れの患者が出ないよう、また同様の被害が繰り返されないことを願うばかりです。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-11 23:29

恵比寿さんはどちら?

 2008年1月10日(木)晴れ

 今日は10日戎、大阪の商売繁盛、府民のくらし守り向上を願って、大阪府知事選挙が始まりました。圧倒的多くの庶民のふところを豊かにするのか、ひとにぎりの大企業の商売繁盛か、恵比寿さんはどちらを応援するのでしょう。
 藤原事務所には、呉服神社の笹飾りが届きました。福がおりて来ると良いですね。
 
 朝8時半を過ぎても、まだ第1報が入らないなと思いながら、明るい会・池田連絡会の事務所で知事選の届出を待っていました。来ました来ました、「公営掲示板ナンバーは1番」。幸先良しです。

 実は、明るい会の池田連絡会事務所は、昨年4月の市会議員選挙で私が借りていた場所でした。しかも、掲示板ナンバーは1番。初めての一般質問も1番くじ。
 加えて言うなら市議会便り新年号の議員団の挨拶も一番始め(これは山元議員がくじを引いたコーナー)、山元議員の報告によると、「天神の掲示板は1番に貼りましたよ」…あちこちで1番でしたね。
 ちょっとゲン担ぎですが、このままゴールも1番でありたいものです。

 5人の候補者のうち有力3候補と言われていますが、暮らしを守るための具体的政策を掲げて開発優先の府政を変えようと言っているのは、一人しかいないように思います。
 後の2人は、与党がウンと言わないと変えられない、とか太田知事の施策は良かったと言うのですから大阪を変えるつもりのないことを示しています。

 今のままでホントに良いのでしょうか。
 
 私は70年代の「黒田革新府政」が、暮らしを変えていったことを知っています。
 8年間で、65歳以上の老人医療費を無料にしました。15の春は泣かせないと、府立高校を沢山建設しました。妊婦健診無料の日がつくられました。大気汚染のひどかった大阪の空がきれいになりました。魚も棲めなかった淀川の魚が戻りました。

 知事が変われば、本当に暮らしが変わったんです。あのときの合言葉は「憲法知事さんこんにちは、公害知事さんさようなら」でした。 今度は?
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-10 23:21

早朝駅頭宣伝での出来事

 2008年1月9日(水)晴れ

 知事選告示はいよいよ明日。音の宣伝は、告示以降になると候補者カーと明るい会カーしか使えない、と選挙法で定められているため、ハンドマイクでの最後の早朝駅頭宣伝を行いました。

 「太田府政のムダと浪費を辞め暮らし守る緊急200億円プランの実現を」と訴えていると、若い女性が、「散歩をしていたら声が聞こえたので」と、聞きに来られました。
 
 「箕面の山を削って、滝の水まで枯らしてしまった水と緑の健康都市開発は、たとえ住宅が全部売れても750億円の赤字、こんなムダ使いを続けて良いですか?」と話していると、「良くない」と答え、「府立高校の授業料は全国一高い、子どもの医療費助成は全国一低い、こんな府政を続けていいですか」問うと、「ダメ」と合いの手を入れられます。

 「タレント弁護士は『働かないヤツは生きる資格がない』とひどい事を言っていますが、まかせられますか」と聞くと、「まかせられない」といいながら、「TVに一番出ているからあの人がいい」とも言うんですね。「核をもって何故悪いのか、アメリカも中国も持っているし、核で守られているではないか」と、問いかけてきます。「核兵器は世界からなくすべきで、ヒロシマ・ナガサキの悲劇を生んだ日本だからこそ、核をつくらず、持たず、持ち込ませない運動をすべきです。
 核兵器を始め武力を持つからこそ、相手側は危険だと攻めてくる。武力で武力は抑えられない、エスカレートするばかり」と応えかけると、「何故ですか」とまた問いかけてこられ、訴えが中断しかけました。
 後援会の方が話し相手になっていただきましたが、この間マイクで話している目の前に立たれたのには参りました。「後でね」と言いましたが、途中で帰られたようです。

 しかし、一つひとつの内容には納得していながら、「TVに一番出ているからあの人」という思考回路に驚きました。「選挙」が暮らしと直結していないんですね。
 視聴率のためには公平さは後回し、のような報道もあり、TVの影響は大きいものがあります。
 その人がこれまでどんな活動をしてこられたのか、考え方の拠りどころはどこにあるのか、ここをしっかり見極めていただきたいものです。


 昼間は、社会福祉協議会の賀会に出席しました。介護保険制度や、障害者自立支援法が、生活を圧迫しているとのお話もありました。幸福であるための福祉施策が充実されることを望みます。昨日とは変わり、乾杯の音頭は女性でした。今日はさすがに女性の参加者も数多くお見かけしました。また久しぶりに知人の薬剤師さんも来られていました。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-10 00:07

商工会議所 新年賀会

 2008年1月8日(火)晴れ

 今日は商工会議所の新年賀会に出席しました。女性お二人が奏でられる琴の音に迎えられました。
 企業人にとっては2007年は厳しい経済状況であったこと、少しでも明るい話題はないかと探してみたが見つからなかった、とのご挨拶がありましたが、今の世相を反映したお話でした。
 国民のふところを豊かにしないと、中小業者の営業も厳しくなって当たり前です。空前の利益を上げている大企業に支援する予算を、中小業者や国民の生活支援にまわして欲しいものです。

 賀会には沢山の方が参加されていましたが、女性の参加がとても少ないようでした。女性事業主や事業を支えている女性は沢山おられると思いますが、ちょっと残念でした。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-08 23:24
 2008年1月7日(月) 朝から雨、夕方上がりました。

 1月3日に入院された方の医療費相談を受けました。91歳のお母さんの年金と67歳の娘さんのパート収入で、ぎりぎりの生活をしているため、新たな医療費の支払いはとても大変です。
 
 お話を聞くと、住民税非課税世帯でしたので、老人医療費の負担限度額44,400円を
15,000円にする手続きをしました。同時に入院中の食事代も100円に軽減されることになり、少しは支払いを減らすことが出来たのではないでしょうか。
 
 これは申請主義なので、自分で申請しなければ適用されません。病院で教えてくれるところもありますが、大抵はご存じない方が多いようです。

 しかし問題は、容態が安定すれば退院をしなければならないことです。娘さんの体力にも限界があるため自宅療養は出来ません。
 
 市民病院は急性期の病院のため、長期入院が出来ないので、ヘルパーさんが比較的低料金の老健施設を探して下さっています。池田ではすぐに入れそうなところがなく、豊中まで探してもらっています。こんなときの受け皿が本当に少ないんですよね
 お金のある人は1日1万円の個室料を出せばすぐにでも入れるそうですが、年金暮らしではとても無理。日本の社会保障の貧しさをひしひしと感じる毎日です。
 
 政治を変えよう! 知事選で! 解散総選挙で!
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-08 00:05

出初式

 2008年1月6日(日)晴れ
                              c0133422_21342373.jpg
 冷たい朝でした。今日は消防出初式に参加しました。プログラムとカイロが配られました。テントの中にはストーブがいくつか置かれていましたが、何せ猪名川の川原ですから少し離れるとあまり役に立たなくて、足元から冷えが上がって来るようでした。

 消防隊員・団員のパレード、各消防車・救急車のパレード、隊員の表彰、小学生の書いた防災に関する書や絵の表彰などが行われ、c0133422_21345218.jpg訓練が披露されました。 
 はしご車で救出、消防活動、被害者の手当など、災害時さながらに行われました。
 最後は一斉放水。七色の水が出るのかと少し期待しましたが、普通の水でした。

 自治消防団が出来て60周年と挨拶されていましたが、私たち市民の命綱として無くてはならない存在ですね。消防隊、救急隊、レスキュー隊、c0133422_2135296.jpgみんな生命を救う訓練を日々研鑽されています。 人を殺す訓練をする自衛隊より、人を救うこの人たちをもっと、充実させるべきだと思うのですが・・・。                                         
                                    
 今日は全国的に出初式が行われているようで、東京湾、大阪湾での訓練の様子がTVで映し出されていました。
 船上からの放水はもちろん、赤・青・黄色と色とりどり。金沢の「加賀とび」は、梯子の上から、昔ながらのc0133422_2136844.jpgねじり鉢巻・法被姿で伝統の技を披露。 
 はだか姿での訓練もあり思わず、さむっ!
                         
 午後は昨日に続き、池田で宣伝デー。栄町商店街やダイエー前で明るい民主府政をつくる池田連絡会の宣伝行動に参加しました。

 宣伝をしているところへ、「相談したいのですが・・・」と近寄ってこられる方がありました。息子さんが、特定疾患で入院をしてしまったが、 c0133422_21365049.jpg
サラ金業者から督促状が来ているようだとの内容でした。 利息制限法が変わったはずなのに、まだ28%の利息を取っているようで、そのまま支払う必要は無いことを伝えました。本人が入院の上、対処することが出来ないようですので、弁護士さんに代行してもらうことを勧め、紹介しました。

 新年早々入院の話が続いています。皆さんもお身体をご自愛下さい。               c0133422_21371060.jpg
c0133422_21391758.jpg
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2008-01-06 21:55

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara