藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2017年5月30日(火)

c0133422_272727.jpg 29日は6月議会の告示。議案書が届きました。

 報告案件5件、付属機関条例の一部改正、市営石橋住宅建替工事請負契約の締結、消防自動車の取得、人事案件4件、平成29年度一般会計補正予算と、昨年に比べずいぶん少ない13件。もともと3月予算を審議した後はそんなに早い段階で条例変更や補正予算はあまり出てこないのが一般的で、昨年が異常と言える多さだったわけですが…。

 報告案件のうち専決処分として、平成29年度の国保特別会計補正予算(第1号)は、平成28年度の決算見込みで生じた赤字相当分3億9400万円を平成29年度予算から充当して処理をする繰上充用の処分報告です。昨年も同様の処理をして平成28年度予算から平成27年度に繰上充用していますが、その金額よりもはるかに少ない金額、通常の増減(年度によって流行性の疾病などにより増減がある)よりも大幅な減額となっています。つまり単年度の収支は結構な黒字だったといえます。保険料を引き上げすぎたのではないか? などと考えてしまいます。

 水道事業予算は、配水管の敷設工事の繰越報告、公共下水道事業は雨水・汚水合流管を分流にするための汚水管敷設工事、下水処理場の設備更新工事の翌年度への繰越報告。

 一般会計でクリーンセンター改良事業の平成28年度の予算のうち480円を次年度へ繰り越す継続費と府市合同庁舎非常用発電機等更新事業、旧伏尾台小学校改修事業、社会保障・税番号制度事務事業、国道423号関連道路整備事業、小中学校トイレ改修事業、石橋中学校と幼稚園3園の空調機器整備事業、防災情報システム構築事業の翌年度への繰越明許費の報告。

 付属機関条例は、障害者計画、障害者福祉計画の策定委員会が担当すべき事務に障害児福祉計画の策定・見直しについての調査審議に関する事務も加えるというもの。

 市営石橋住宅は3分の1の敷地に5階建住宅.44戸分を建設し、3分の1を都市計画公園に、残りの3分の1を民間に売却の予定ですが、建替建設工事は(株)昭和工務店が、住宅建設、設計、公園設計、公園建設、用地活用も含めグループとして請け負う予定のようです。(続く)

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-31 02:11 | 議会報告
2017年5月28日(日)

c0133422_2501361.jpg 先日監査役として最後の仕事、近畿地区都市監査委員会の総会・研修会に出席しました。会場は箕面市メイプルホール。会員都市122団体中103市8組合、1広域連合、334名が出席しました。

c0133422_251262.jpg 会場では箕面市の障がい者施設で作られたクッキーとお茶でおもてなし。名物の紅葉のてんぷらはあっという間に売り切れで追加で取り寄せ販売されるという盛況ぶり。

c0133422_2521341.jpg 総会後の研修会は、「住民監査請求の動向と監査業務のあり方」と題し、香川大学法学部教授の三野靖先生の講義。元は香川県職員で、㈶地方自治総合研究所研究員を経て現在は国立大学法人香川大学の法学部教授をしておられるとのこと。

 監査の執行状況は市町村1718団体のうち、平成27年度の議会請求監査は47件、行政監査・1156件、長要求監査・61件、財政援助団体監査・5920件。近畿地区110市の実施状況は行政監査・34件(大阪32市では13件)、財政援助団体監査・66件(大阪は13件)と全国に比べ非常に少ないと指摘されました。

 議会請求監査ってどんな場合に形で行われるんだろう? 池田の定期監査は行政監査ではないんだろうか?例月検査、決算監査、定期監査に加え外部監査、財政団体援助団体と結構忙しかったと思いますが、どんなカウントの仕方をしているんだろうなどと思いながら聞いていました。

 そして先生曰く、今民間委託や指定管理が多く、チェックするには委託した段階で他団体だという大きな壁がある。しかし公金を託すのだから財政援助団体こそマメにしっかり監査すべきだと言われました。全くその通りだといたく納得! 池田市も行革の断行で公金の扱いが民間委託・指定管理としてどんどん民間にお任せの事業が増えています。議会でのチェックは決まった委託料のトータル金額が表示されるのみですから、正しく運用されているのか不正はないのか、チェックするにはとても不十分です。少なくとも監査をきちんと行うべきだと思います。

 監査役の仕事は、目立たないところで一般にはその役割が見えにくいですが、とても大事な役割に携わらせていただきました。森友学園や加計学園の口利き疑惑のように財産の評価や補助金の内容が大きくゆがめられている事件が頻発していますが、だからこそリスクマネジメントの考え方からも財政援助団体に対する監査を真剣に考えることが大切だと痛感しました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-29 02:47 | 議員活動
2017年5月24日(水)

 市役所のロビーで、さつき展が開かれています。いずれ劣らぬ丹精込めた芸術作品であり、大きな枝も小さな鉢も盆栽なのに満開の花を咲かせるものだと感心します。

 市役所に御用がなくとも、是非花を愛でにお越しください。
c0133422_14525125.jpgc0133422_14531654.jpgc0133422_14541959.jpgc0133422_14544590.jpgc0133422_14554719.jpgc0133422_1456336.jpgc0133422_14562347.jpgc0133422_1457128.jpgc0133422_14575328.jpgc0133422_14581971.jpg
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-24 15:00
2017年5月23日(火)

c0133422_15331812.jpg
 年金の受給について、これまで25年以上かけてなければ掛け捨て状態になっていましたが、今年の10月から(8月分)10年以上25年未満の方にも受給資格が拡がりました。

 日本年金機構が把握している年金記録にある方には年金機構から期間短縮年金請求書が送付される予定です。

 期間短縮年金請求書の送付は、平成29年2月下旬~平成29年7月上旬にかけて、年齢の高い方から順次送付されるそうです。

①2月下旬~3月下旬・・大正15年4月2日~昭和17年4月1日生まれ
②3月下旬~4月下旬・・昭和17年4月2日~昭和23年4月1日生まれ
③4月下旬~5月下旬・・昭和23年4月2日~昭和26年7月1日生まれ
④5月下旬~6月下旬・・昭和26年7月2日~昭和30年10月1日生まれ(女性)
           昭和26年7月2日~昭和30年8月1日生まれ(男性)
⑤6月下旬~7月上旬・・昭和30年10月2日~昭和32年8月1日生まれ(女性)
           大正15年4月1日以前生まれ

 ただし共済(国・地方・私学)に加給した機関がある方は、生年月日に関係なく⑤の時期に送ることになっているそうです。

 ①と②の時期は過ぎていますが、自分が該当するのにまだ届いていないという人は、加入期間の分かるものをもってお近くの社会保険事務所にお尋ね下さい。

 加入期間も消えた年金状態になっている方もあります。自分の働いていた時期と合っているかも確認しておきましょう。いま働いていて支給停止になる方も、手続きは済ませておきましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-23 15:34 | お知らせ
2017年5月22日(月)

c0133422_8595273.jpg 土曜・日曜は平日より先に予定が埋まってしまいます。20日の土曜日は、午前中定例の会議、午後は女性後援会の総会、夜は議会三役の新旧交代懇親会、日曜日は石橋地域の市政報告会、夜はまた会議とバタバタ走り回る週末でした。

 女性後援会は会場が狭かったので椅子が足りずじかに座り込む人や、階段に座って聞く人もありました。石川たえ府議会議員が、森友問題は何にも明らかになっていないこと、安倍夫妻の意を受けた政府のシナリオと松井知事が二人三脚で認可規定緩和を進めてきたこと、大阪万博の背景にはカジノがあり、ギャンブル依存症をさらに増やす危険と同時に、会場へのアクセス(地下鉄延伸など)の莫大な費用を使おうとしていることなどなど話されました。川本幹子大阪女性後援会事務局長からも女性の要求実現のため、元気に楽しく活動をと訴えられました。c0133422_945365.jpg

 新旧三役交代の懇親会は、日本遺産申請を事始めの町として行う予定の一つ、阪急電車創設の小林一三氏の邸宅をレストランにした雅俗山荘で開かれました。元の逸翁美術館で、昼間は小林一三記念館となっています。昭和12年建築とのことで当時のままのシャンデリアはメンテナンスのため昇降できるようになっているとの説明がありました、150年前、80年前のグラス・食器なども披露。趣のある建物は、昼間にゆっくり訪れてみたい場所ですね。

c0133422_912467.jpg 日曜日は市政報告会。石橋駅前会館の建設はいつごろから行われるのか、市営住宅建設について、共同利用施設はどうなったのか、幼稚園の保育料がなぜ応能負担になるのか、大学・高校だって一律じゃないか、何より教育は無償にすべきといった声や、保育所入所基準がよくわからない、HPは不親切、教師として復職するのに保育所には入れず、担任として待っている職場にも迷惑をかけることになるところだった。ちょっと遠くでもなんとか入れたが、その間の担当課とのやり取りは大変だった、石橋駅のホームドアは早く設置してほしいなどなど、沢山の意見が出されました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-22 08:54 | 議員活動
2017年5月19日(金)

 先日の臨時議会、即決議案3件のうち、平成28年度一般会計(第11号)については私が質問しました。

 この補正は決算見合いで、国からの地方交付税や、府の振興補助、みんなでつくるまちの寄付金等の金額が確定したことによる財源更正や寄付金積み立てなどで一般会計の予算総額から6914万円を減額し、最終的な予算総額を368億323万9千円とする内容でした。

 国から入る地方交付税のうち、特別交付税が1億8754万8千円追加となり、最終的に5億8705万円で前年に対し2.4%増額。普通交付税は23億8789万円(7.8%増)で合わせて地方交付税としては29億7494万1千円、6.7%の増額となるようです。

 普通交付税は、税収の増減など前年度の市の財政状況によって交付され、税収が多いときは翌年減額されますし、少ないときは多く交付されます。特別交付税はどんな要因があって交付額が増減するのか、わかりやすいのは大震災など被害の大きい自治体に多く交付されますが、そんな中近隣たしがマイナスという状況で池田が多かったのは何故かと尋ねると、普通交付税で算定できなかった経費のうち、個人番号によるコンビニ交付や地域分権に要する経費、教育日本一に向けての先進的取り組みに対して交付されたのだそうです。

 大阪府の補助金は、市町村の自立化に向けた事業に対する補助ということですが、どうやら行財政改革に寄与するということらしく、今回はコンビニ交付と山の家撤去費用に対する(事業費の3分の2以内)補助だそうです。コンビニ交付に対しては5354万円のうち3463万円、山の家撤去には853万2千円の事業費に対し543万7千円

 コンビニ交付で交付金や補助金が増えたのであれば、石橋プラザの市民サービスコーナーは廃止しなくても良かったんじゃないのかな~、な~んて思いません?

 「みんなでつくるまちの寄付金」(ふるさと納税)は9495件・1億7981万2千円(昨年は7820件・1億7981万2千円)と年々件数も金額も増えているようです。特に2016年度は熊本城の災害復旧支援に707件・2852万3千円も寄せられました。昨年6月以降取り組みを強化した結果、件数で21.4%、金額で46.7%増となったとのこと。

 先日の市政報告会で、返礼品はどのくらいのものが贈られているのか、他市へのふるさと納税と池田にいただくふるさと納税はどちらが多いのかと聞かれていましたので、質問すると、他の自治体へは約8500万円、池田市に納税していただいたのは約1億1700万円でざっと3200万円の増収となっているそうです。

 しかし、返礼品はゴルフ場のプレー券や呉春の酒など、一人当たりにすると1万2千円円程度の寄付金に対し半分ぐらいの返礼品となっているそうで、単純に6495件に6000円をかけると、5697万円。返礼品合戦でふるさと納税の取り合いをしても、自治体の負担こそ増え、税収増にはつながらないのではないでしょうか。本来の趣旨からどんどん離れていくような気がするのは私だけでしょうか?

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-19 20:10 | 議会報告

今度は首相自身の関与?

2017年5月17日(水)

c0133422_11643100.jpg
 朝から「真子さま」婚約報道が続いていますが、毎日新聞の夕刊・一面トップには、学校法人加計学園の獣医学部新設計画に「総理の意向」文書の存在を明らかにしています。森友学園は昭恵夫人でしたが、いよいよ本丸登場です。

 加計学園(岡山市)が国家戦略特区制度を活用して、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、文科省が特区を担当する内閣府から「総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っている」などと言われたとする記録が存在するというのです。

 毎日新聞が文科省関係者から入手した文書「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」には、「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは官邸の最高レベルが言っていること」と早期の開学を促す記述があったとのこと。

 また、「(文科)大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する文書には、「設置の時期については~~『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」と書かれていたそうです。

 さらに、この文書には「国家戦略特区諮問会議という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。平成30年4月開学に向け、11月上中旬には本件を諮問会議に掛ける必要あり」との記載もあったようです。文科省幹部で共有されていたとのこと。

 事業者の公募に対して、加計学園だけが申請し、文科省の大学設置。学校法人審議会で審査中…とありました。またもや首相は知らぬ存ぜぬで逃げようとしています。ここは徹底して真相を明らかにしてもらいたいものです。特に首相との関与については、これを許すのかどうか、国民の怒りの声をあげ続けましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-18 01:15

専決処分は3件でした。

2017年5月16日(火)

 15日の臨時議会は、新年度の議会体制が決まりましたが、3月議会には間に合わず4月1日から実施しなければならないため、市長が決定し後日承認を得るという処理をする専決議案が3件ありました。

 一つは、平成28年度中に解決した、事故等の損害賠償額のうち1件の金額が300万円以内の処分報告です。今回は自動車事故(対物)3件、道路の陥没や側溝の隙間に自転車のタイヤがはまり転倒するなどの管理瑕疵3件で、合計6件・420113円でした。

 平成28年度中に解決できなかった案件は2件、1件は対人・体物の自動車事故で平成29年3月の事故なので年度内の解決には至らなかったようです。現在和解に向けて手続き中とのこと。もう1件は、以前猪名川で照明柱が倒れたことによる事故で、まだ治療が続いているため完了していないとのこと。

 2つめは、地方税法、航空機燃料譲与税法の一部改正により市税条例の一部を改正するものです。

 市民税関係では、上場株式等に係る配当所得等の課税方式について、総合課税と分離課税を選択することが出来るようですが、税率が下がるような場合、住民税の申告をすることが出来るというもの。分離課税であれば3年間損益通算が認められており、利益が多いときは過去の赤字分を通算することが出来ます。総合課税の税率の方が安くなって、源泉税が還付されることもあり、10%に有利な方を選択することが出来ます。住民税は通常、所得税申告と同じ所得で課税していきますが、分離課税により20%の源泉税を天引きされていても住民税の申告で10%に下がるようなことがあれば、申告しないと損ですね。まあ株に縁のない私にはほとんど関係ありませんが(笑)

 法人市民税の申告納付が何らかの事情で遅れる場合これまで延納期間を1カ月以内から2か月に伸ばすことなどなど、が出てきました(残りは後日紹介します)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-17 00:48
2017年5月15日(月)その2です。

c0133422_131095.jpgc0133422_14985.jpg 役員選挙が主な臨時議会ですが、今年は羽田議員に対する2度目の辞職勧告決議をあげる事態となってしまいました。

 自ら経営する整骨院の不正請求による保険金詐取事件で、起訴事実のほとんどを認めたにもかかわらず、議員は辞めないという異例で、前代未聞の事態に、各会派代表の連名で再度の決議となりました。全文は次の通り。

     羽田達也議員に対する辞職勧告決議(案)

 昨年11月7日、池田市議会は、平成28年第2回臨時会を開き、「羽田達也議員に対する辞職勧告決議」を全会一致で可決した。しかし、それ以降今日まで自ら議員の職を辞することなく、誠に遺憾といわざるを得ない。
 報道によれば、本年4月26日に大阪地裁において公判があり、羽田達也議員は被告として「社長辞任までの刑事事件は認める」と述べ、それまでの無罪の主張から一転して起訴事実の大半を認めたとのことである。
 昨年11月の臨時会から今日まで、池田市議会議員として本来果たすべき説明責任を全く果たしていないことに加え、社長辞任までの刑事責任に係る起訴事実の大半を認めたことを鑑み、以下の理由を申し添えて、再度、羽田達也議員に対し、辞職勧告を行う。
 まず、平成27年4月26日執行の池田市議会議員選挙において、療養費詐欺に関与していながら選挙戦に出馬したことは、池田市民に対して背信行為以外の何ものでもない。
 また、療養費詐欺に関与していながら20ヶ月もの間、議員報酬を受け取っていたことは議会に対しての背信行為であり、市民の納得を決して得られるものではない。
 さらに、昨年4月に開催した各派代表者会議において、羽田達也議員本人が自らの関与を一切否定し、無実であることを明言していたが、今になればその場限りの全くの虚偽の発言であり、そのときの各派代表者会議のみならず、池田市議会の権威をないがしろにする由々しき対応であるとともに、その席上、仮に疑われるような事態になれば、説明責任を果たすとともに、自ら議員を辞する決意を述べていたにもかかわらず、今日までいずれも実行されていない。
 加えて、本人の拘留中に議長が二度にわたり足を運び接見しているにもかかわらず、保釈になった時点で一切連絡をしていない事実から考えても、池田市民が選出した議員によって構成されている市議会を、あまりにも軽視していると判断せざるを得ない。
 よって、本市議会は、再度、羽田達也議員に対し、自ら議員の職を辞することを強く勧告する。
 以上、決議する。

 平成29年5月15日
                                   池田市議会

[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-16 00:56 | 議会報告
2017年5月15日(月)

 今日は臨時議会。新年度の議会役員を決める議会となります。

 新年度の議長は市民クラブの山田正司議員、副議長は日本共産党の白石啓子議員、議会選出の監査委員は自民同友会の小林義典議員。議会運営委員会委員は議長副議長に加え3人以上の会派の幹事長がその任につきます。山田議長、白石副議長、渡邉千芳議員(市民クラブ)、小林義典議員(自民同友会)多田隆一議員(公明党)私・藤原美知子(日本共産党)というメンバーとなります。

 常任委員会は、総務委員会6人、文教病院委員会6人、厚生委員会5人、土木消防委員会5人の4つで22人の議員がいずれかに所属することになります。私は今年総務委員会に所属することになりました。白石議員は昨年同様文教病院委員会、小林議員は私と入れ替えに厚生委員会に所属します。総務委員会は6~7年前に総合計画を議論した頃に所属して以来ですのでほとんど一からの勉強となり緊張しそう(;'∀')

 また、久しぶりに財産区運営審議会議員に所属し、市議会だより編集特別委員会も担当することになりました。小林議員は都市計画審議会委員とまちづくり防災特別委員会に出席します。財産区は、平成26年度以来となりますし、市議会だより編集委員会は初めてですが、議会の審議内容をきちんと市民の皆さんに届けられるようにしたいですね。

 今年度はまた違った目線で議会に臨むことになりそうで、新たな議会情報がお届けできるかも、です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-15 23:45 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara