<   2016年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2016年11月29日(火)

c0133422_111118.jpg 今日は12月議会の告示日。議案の割に分厚い議案書が届きました。12月6日からスタートし、22日までの会期で開かれる予定です。

 選管委員と補充員の選挙2件、教育委員の任命を除くと11件の議案。しかし3月、6月と膨大な数の議案でしたから、早や議案第122号を数えます。

 農業委員会に関する法律の一部改正に伴い、委員の選出方法を選挙制から公募による市長の選任制に移行し、その定数を定める(17人にするようです)ため条例の全部をを改正する議案。

 池田市印鑑条例の一部改正は、マイナンバー(個人番号)カードを持っていればコンビニ等での専用端末機による印鑑証明書のの交付ができるよう規定するものです。来年2月9日から施行予定。

 55ページを占めているのは池田市市税条例等の一部改正。市民税関係、固定資産税・都市計画税関係、軽自動車税関係の改正案。市民税の修正申告に係る延滞金の計算の基礎となる期間の改正にともなうもの、医療費控除の特例を設けるもの、一定の環境性能を有する軽自動車について、性能の程度に応じ税額を減額する軽四輪等について性能程度により税額を減額する制度を1年延長するもの等々。

 墓地条例の一部改正は、葬祭場の横にある市立桃園墓地について、墓地使用料を永代使用料と管理料に変え、料金も値上げとなりそうです。

 その他、保健福祉総合センターの指定管理者の指定、3つのコミュニティセンターの指定管理、落語ミュージアムの指定管理、共同利用施設34館の指定管理、国保の補正、一般会計の補正予算などなどの提案がされています。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-30 01:12 | 議会報告

2016年11月27日(日)

c0133422_2246932.jpg 恒例となった後援会の「みかん狩り」、今年は雨になってしまいました。

 みかん園の前に、花木の苗などを売る国華園で菊花展や名前も知らない沢山の花々を愛で、みかん園でお弁当を食べながら、雨の中でも果敢にみかん狩りを行う子どもたち。泉佐野漁港の青空市場も心なしか少な目でした。閉めているお店もあり改装と書いてあるところはまだしも、居並ぶ店舗のc0133422_22501190.jpg中にポカンと開いていると廃業されたのかと心配します。

 いつもは23日の祝日に行きますが、今年は漁港が水曜・定休日のため、日曜日にしました。その分、国華園では菊花展や品評会が終わり年末に向けた花々の販売スペースが広がっていました。それでも残っていた展示には(私はゆっくり見ていなかったのでどの作品だったのかわたりませんが)園芸高校の作品もあったそうです。

c0133422_22515198.jpg みかん園は、昨年より木の高さを低くし、子どもたちの高さでも取れるよう低い位置に実が沢山なっている感じでしたが、意図的に改良されたのかな? 普段は山の紅葉もとてもきれいですが、雨にもやいうまく撮れません。雨の日にまで行くのは私たちだけかと思っていましたが、入れ替えのように大人グループが来られました。

 行きのバスでは、脳トレで歌を歌ったりゲームをしながらであっとc0133422_22523991.jpgいう間に現地につきましたが、帰りは帰りは爆睡。これまたアッという間に池田に帰ってきました。みなさん、お疲れ様でした。
c0133422_2253592.jpg

 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-27 22:56

2016年11月26日(土)

c0133422_0464997.jpg 安倍政権の暴走はなりふり構わず、もはや開き直り状態。

 戦争法は南スーダンに向かった自衛隊に駆けつけ警護などの新任務付与、TPP批准に固執する一方、国民の暮らしに直結する年金カット法案も衆院厚生労働委員会で自民・公明と維新によって強行採決。今度は介護保険の改悪で年金収入383万円以上の方は利用料を3割負担にするという厚労省案を提案するなど、ハイスピードで進めようとしています。

 年金収入383万円が高所得というのか、何億円も利益を上げている企業や高額所得者には減税をしておきながら、庶民には負担ばかり押し付けていると思いませんか?医療保険は3割だからと言いますが、医療保険は病気になった時だけで、いったん要介護認定されれば毎日のように利用することになる介護保険制度と一緒にはできません。それでなくても高い保険料を納めなければならないのに、認定を受けても保険サービスを減らすなどの介護抑制につながりかねません。十数万人が3割負担になるそうです。

 年金カット法案は、物価がどうなろうと賃金に合わせて年金改定を行い、年金水準を引き下げる。
 年金を物価・賃金以下に抑制する「マクロ経済スライド」の未実施分を翌年度以降に持ち越し実施するなど、際限のない年金削減を押しつけるものです。十分な審議もなく参考人質疑でも抜本的改革を求めているにもかかわらず強行するなど民主主義もない数の横暴です。TPP同様、今国会中に何としても押し切る構えですが、国民の暮らしを左右する改悪は許せません。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-27 00:49 | 福祉・社会保障

2016年11月22日(火)

c0133422_1412912.jpg 昨日は第56回大阪府市議会議員研修会で、府下の市議会議員がホテル阪急エキスポパークに集まりました。

 毎年この時期に行われる研修会ですが、講師の先生にも当たりはずれがあるのか、議員活動にプラスになれる先生の場合もあれば、もう一つという先生もありました。今回は最後までどこで腹に落ちるところに行きつくかと思ったまま終わりました。

c0133422_1421791.jpg 今年の講師は、TVの情報番組でお馴染みの、時事通信社特別解説委員・田崎史郎氏。沢山のTV番組に出ているので講演の依頼も多いとか。

 政治を見る視点、政治は何なのか、政治家の人間性、人格が政治に反映する。信用されているか見極める。一緒に行動する人が多いか、ついていく人が少ないと実現性は薄い。今脚光を浴びている政治家は小池百合子。勝負感は天才的c0133422_1432634.jpgだが一緒に仕事をする人は辟易している。来年は都議会選挙があり夏以降大変厳しくなるだろう。政治家は情と2つのり(利・理)が必要。理にかなっていても言い出した人との人間関係が良くなければだめ。正しいから通るとは限らない国会議員は情と打算が必要…だそうです。

 安倍首相とのつながり、菅官房長官、小泉進次郎議員党とのつながりが自慢のようで、「権力の中枢を改名し何を伝えるかが自分の仕事」とおっしゃるように、自民党の中枢ににどっぷりつかっておられるようで、上記のような政治の見方になっているようです。全く違うとは言わないけれど、とても誠実に国民の声を届けるのが議員の役割だなんて忘れさられている様子。
 政治とはなにかを情と利・理だけで見ていいのか、何よりも国民の命や暮らしをまもり発展させるという視点が抜けている…と私は思います。

 安倍政権は2021年9月まで続くだろう。議院内閣制始まって以来の長期政権となる。解散総選挙は来年中が8割、再来年は2割とみているが、ほぼ再来年はないだろう。しかし来年の1月解散はない。創価学会が選挙態勢を解除したから。定数是正・削減の前か後か、11月解散12月選挙が可能性は高いとみている。
 自民党は29を超える議席を減らし、民進党は勢いは回復しないが議席は増やすだろう。それは共産党が候補者を下ろすから…と足元を見ている。参院選でも民進党は増えたが共産党と組んだからで得票率は伸びなかった。共産党と組んだことがマイナスに働いたとみている。喉から手が出るほど欲しいが近づかない。民進党の内規で①政策協定しない②相互推薦しない③同じ選挙カーには乗らないと決めているらしい。共産党は野党共闘が必要と述べている…供託金を失い小選挙区で戦う力を失ってるからだそうです。しかし民進党自身の党勢回復が先だろう。というのが田崎氏の見方です。

 こんな話をTV番組でもしておられるんでしょうね。国民の安倍暴走政治への怒りや市民運動の高まりなどは気にもかけず、政治家の間の情報をつたえるのが自分の役割だと思っておられるんですね。政治とは誰のためのものなのか、与党の政策が国民にとってどう影響するのかなどの視点は見られませんでした。

 そして市議会議員の研修会なのに市議会議員の果たすべき役割などはほとんど触れることはありませんでした。唯一会場からの地方分権に関する質問に対し、「市町村会議員の果たす役割は大きい。有権者の一番近くにおり、その声を市政に反映させるのは市町村議員しかない。国や府を頼りにしないことだ」と述べたことくらいでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-23 01:48 | 議員活動

2016年11月20日(日)

c0133422_2411553.jpg 今日は、池田母親大会でした。おりしも今日は自衛隊員が内戦状態にある南スーダンに「駆けつけ警護」など新たな任務を付与され出発。
 「生命を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」のスローガンが今輝きを増しているような気がします。

 主催者あいさつは古谷さん。来賓として大阪母親大会実行c0133422_2455232.jpg委員長の松永さんからご挨拶をいただきました。コーラスおさんぽの合唱でスタート。

 今年の記念講演は「診察室から見える子どものこころと体 いま私たちに求められているもの」と題し、班なん医療生協診療所所長で小児科医の真鍋穣先生にお話しいただきました。

c0133422_2521879.jpg アレルギーが増えている原因について、事実が大事…間違いだらけの情報が流されており何が大事かよく見ていかなければならない。NHKで「ピーナッツ早くから食べさせるとピーナッツアレルギーにならない」と報道していたがこれはウソ、元となった論文を読むと意図的な実験が行われていたことが分かったとその実験方法を説明されました。報道をうのみにしてピーナッツを与えるのは危険だときっぱり。

c0133422_2433217.jpg また黄砂やPm2.5の飛ぶ日は花粉症も喘息もひどくなること。そういえば先日市政報告会でお借りした喫茶店のママもPm2.5が飛ぶ日はのどが痛くなり声が出にくくなるとおっしゃっておられました(池田のHPで観測値を見ることが出来ます)。中国から飛んでくる黄砂やPm2.5が原因だと思われていますが、それだけではなくディーゼル排気ガス中微粒子など国内での大気汚染も原因であること。真夜中から濃度が高い日は中国から飛来していることが主な原因であり、昼間にのどの痛みやゼイゼイする場合は国内の汚染が原因だそうです。

c0133422_2552452.jpg 1985年の環境調査によると、0.02を超すと喘息患者が多いそうです。かつて、黒田革新府政の時代に大気汚染物質を排出する企業に厳しい規制を課し、0.022以下にまで下がり空気がきれいになったといわれました。その後政府はデータを無視し環境基準を0.04~0.06に引き上げたそうです。40数年前に比べ喘息の子どもたちが大幅に増えているデータも示されました。

c0133422_247694.jpg 食物アレルギーは、30年前には鶏卵、牛乳、大豆が主なアレルゲンと言われていましたが、今は鶏卵、牛乳、小麦だそうです。小麦が増加しているのは小麦の輸入自由化によって、アメリカやカナダからポストハーベスト(船便で運ぶ間にカビや虫を防ぐため、収穫後にもう一度農薬散布)により高濃度に汚染された小麦が輸入されるからだと考えられます。お米でも残留農薬がアレルゲンになったりするらしい。そうなるとTPPは大変危険です。農産物が大量に輸入され農薬にc0133422_2563027.jpgまみれた食物がどんどん入ってくることになるわけですから…。

 その他、福島原発事故で明らかになったこ、と原爆症訴訟で学んだことなどなど、データを活用し具体的で分かりやすく、楽しく聞かせていただきました。

 TPPも原発再稼働も許せないことを子どもたちのアレルギーという面からも明らかとなりました。さらに反対の声を広げていくことが求められます。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-21 02:59 | 演説会、つどい、市政報告会

2016年11月19日(土)

c0133422_1105864.jpg 久しぶりに、いつもお借りする喫茶店で、市議会報告のつどい開催。
 10人も入ればいっぱいになるお店ですが、ローフードのお店で、こだわりのいっぱい詰まった可愛いお店です。年4回の議会の後は、お店のご近所の方がお茶をしに気軽に集まって下さいます。

 6月議会の後参院選に突入し、8月は箕面市長・市議選支c0133422_113593.jpg援、夏祭りと続き、終われば早9月議会突入。ということで今回は半年ぶりの開催となりました。主催者の私たちにではなく、お店に直接「今度は何日だっけ」と聞かれるそうで、「今度は19日ですよ」と答えていただいているようです。

 9月議会報告と、臨時議会報告を合わせて行いました。

 「安倍首相は平気でうそをつく」「自衛隊もついに新任務付与で命を失うかもしれない。どうして戦争に向かおうとするのか」といった話や、羽田議員が今も議員報酬を受け取っていることに許せないとの声、中学生を持つお母さんはチャレンジテストの話をすると、もう他のレベルの高いと思われる中学校に引っ越しをした人もいるらしいとのこと。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-20 01:18 | 議会報告

2016年11月18日(金)

 議会活動の合間に生活相談が続きます。午前中は、事故の後遺障害の等級が納得いかないので対策をと尋ねて来られました。

 約1年前にバイクで転倒し、自損事故。肩が痛くて整形外科に行かれたそうですが、レントゲンを撮っても異常がないと言われ、ブロック注射をされたそうですがいつまでも肩は痛く、行きつけの病院でMRIを取ってもらい再度整形外科で見てもらってもやっぱり異常がないと言われたそうです。

 ようやく、とある市民病院に紹介されMRIを見てもらうと肩は断裂症状が見られるので手術が必要といわれ、手術をしたものの痛みは治らず、腕も上がらない状態になってしまった。レントゲンを撮っても原因が分からず痛み止めのみ。リハビリが必要だと、上がらない腕をあげたりされたそうです。何度も頼んでもう一度MRIを取るとやっぱり断裂が見られたとのこと。

 損保会社への提出書類にたいする診断は傷んでいる腕が3分の2は上がるとの診断により後遺障害14級の診断。実際には腕が自力で上げられないのにどうして3分の2まで上がることになるのか納得できないとのことでした。

 別の病院で診断を受けてみるなど考えられますが、いずれにしても損保会社との交渉や場合によっては医師からの聞き取りや資料の提供を受けることもあり得るため、法律事務所を紹介しました。

 心筋梗塞や、脳こうそくの治療も受けているそうで、肩も加わるとトリプル治療が必要です。補償額は等級によって影響するため、適切な対応が求められます。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-19 02:33 | 生活相談

2016年11月17日(木)

c0133422_202717.jpg 北陸・東海・近畿三地区共催の年監査事務研修会に参加。日程は2日間ですが、和歌山市開催ということで、日帰りで初日だけ参加してきました。和歌山市は徳川吉宗将軍就任300年だそうです。北陸地区50市(新潟、富山、石川、福井)、東海地区115市1組合1企業団(長野、静岡、愛知、岐阜、三重)、近畿110市9組合2企業団1広域連合(滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫)から649人の監査委員と事務局が参加登録。

 開会のご挨拶は、和歌山市代表監査委員さん。和歌山電c0133422_215340.jpg鉄貴志駅の名物駅長猫のたまの2代目はニタマもパンフレットで紹介されてました(笑)
 和歌山市長が来賓あいさつ。人口減少で衰退を止めるため、地方創生予算を活用し小中学校の廃校を利用し大学の誘致など5年間で活性化を図りたいとのご挨拶。市議会議長は女性でした。

 講演は「内部統制と監査について」と題して大阪市行政委c0133422_251287.jpg員会事務局(全国年監査事務局でもあるそうです)監査部監査課一般会計監査担当課長代理の重枝克己氏。平成28年8月に改訂された「都市監査基準逐条解説」について説明がありました。

 昼食後の講演ですから、上と下の瞼が仲良くなりそうな中、c0133422_262576.jpg第1条の都市監査基準の目的から、規範性、監査等の目的、監査等の種類といった総則、倫理規範、指導的機能の発揮、監査等の実施、報告の徴取、監査調書の作成及び保存、情報管理、品質管理の一般基準。合理的基礎の形成、監査等の実施方針及び計画、監査等の計画の変更、監査等の手続き、実施すべき監査等の手続きの適用、他者情報の利活用及び調整、弁明、見解等の徴取の実施基準。報告及び意見の提出、監査報告等の内容、監査委員の合議、監査報告等の公表、c0133422_271986.jpg措置状況の報告等といった報告基準について説明されました。

 監査等の目的は都市の行財政運営の健全性と透明性の確保に寄与し、もって住民の福祉の増進と市政への信頼確保に資すること。公正で合理的かつ効率的に実施されているかを住民の視点に立って確認し、監査委員が自ら入手した証拠を基に総合的に検証した結果を監査役及び検査の結果やc0133422_210422.jpg意見として提出し、法の規定に則り公表する…こうしてみると、池田の監査委員が会計の専門家、法律の専門家、そして住民の代表としての議員という体制は目的に沿った配置だと納得。

 今月も月末から12月議会の狭間で監査が行われますが、毎月の監査報告、決算の監査報告、特別監査の報告など続きますが、膨大な量の監査をするにあたっての事務局の役割はかなりハードであることもよくわかります。できることならチェック機能を強化し緊張感を持った市政運営が実施されるためにも監査委員だけでなく事務局の人員増がもう少しあるといいですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-18 02:13 | 議員活動

2016年11月15日(火)

c0133422_1292692.jpg 大阪国際空港航空機事故対策総合訓練を見てきました。訓練会場は空港の最も北側に位置する第6ゲートゲート前から入り、第7エプロン地区で実施。全日空のB777-200型機が私たちを待ち構えていました。その向こうから通常の飛行機が飛び立っていきます。

 訓練は、大阪国際空港で航空機事故が発生した場合どのように対応し、お客さんを救うのか。今日は火災発生で、消c0133422_1301314.jpg火活動、災害医療活動のため関係機関との連携と協力で被災者を救うというシチュエーション。

 機体から白煙発生で、消防自動車、救急車が駆けつけ、一斉放水・消火活動が行われ、機内からお客さんたちが脱出し、救急隊員がトリアージを行います。重症患者は緊急にしつらえられた赤色の医療テントに、中等症状は黄色のテント、軽傷は青空テントに分けられ、医療班が応急処置を行います。c0133422_1341572.jpg毛布や医療材料などの入った車両もありました。ヘリコプターも登場し、救急車同様、緊急患者を運ぶという訓練でした。

 訓練参加機関は52機関。大阪航空局大阪空港事務所をはじめ、大阪管区気象台大阪空港測候所、陸上自衛隊第3師団、大阪府、兵庫県、池田市、豊中市、伊丹市、西日本電信電話、大阪空港交通、航空保安協会の11機関。10市協と言c0133422_135930.jpgわれる近隣10市の消防機関、兵庫と大阪の警察2機関、16の医療関係機関、大阪空港内事業所・12機関。

 参加人員・553名、参加車両・50台、参加航空機1機(B777-200型機)、ヘリコプター4機、大型バス2台。

 飛行機事故だけに、そうそうたる訓練。近寄れませんので遠くのテントからの見学です。最初のうちは、時折小雨がぱc0133422_135494.jpgらつき、風が資料を吹き飛ばしてくれましたが徐々に天気も回復。ヘリコプター4機でも相当な爆音。

 ひっきりなしの米軍機、自衛隊機、オスプレイが飛び交う沖縄はこんな比ではないんだろうなと思いながら訓練を見学させていただきました。

 時あたかも、南スーダンに向かう自衛隊員に武器を持ってc0133422_1362696.jpg戦うことが出来る新任務付与。新任務で自衛隊員の命も、他国の住民の命も失われることの無いよう、戦場と化している南スーダンに自衛隊員を送るのではなく、他国のように撤退させることが求められます。
c0133422_1372266.jpg

[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-16 01:38 | 議員活動

市政報告㏌呉服

2016年11月14日(日)

c0133422_056512.jpg 市政報告会でした。9月議会報告と合わせ11月の臨時議会報告も加えました。この間何だか沢山ありすぎて、9月議会が遠い昔のように感じますが、市議会報告ビラや、このブログから転載して紙ベースに落とした「藤原みち子の活動日記」99号、チャレンジテストのチラシなどを交え、報告させていただきました。

c0133422_0583992.jpg 介護保険から要支援の通所介護、訪問介護を切り離し地域支援事業にする問題、病児・病後児保育室の設置、ごみ焼却場(クリーンセンター)の改修、井口堂財産区の改修、一般会計補正予算の事業、議員団の一般質問、意見書採択、特別決議採択、急きょ開くことになった臨時議会の内容などなど報告。

 参加者から真っ先に出た質問は、元維新の会羽田達也議員c0133422_0593327.jpg逮捕に関して、「仕事もせんで給料だけ払うのは何とかできないのか」「辞職勧告決議をあげたら辞めさせられるのかと思った。(本人が辞職願を出さなければ給与を払い続けなければならないなんて)市民は知らない」「リコールは出来ないのか」など当然ですが厳しい意見が出されました。

 また、「焼却場の熱利用で温水プールなどに活用できないのか。他市では実施しているが…」「下水処理場のc0133422_102496.jpgBダッシュが発電していないといった話を聞いた」などの要望や情報も出されました。ご意見有難うございました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-14 01:02 | 議会報告