<   2016年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2016年10月29日(土)

 ニューヨークで開かれている国連総会第1委員会(軍縮)は27日、核兵器禁止条約に向けた交渉を2017年に開始するよう求める決議案を、賛成多数で採択したとのニュースが飛び込んできました。

 123か国が賛成しましたが、何と唯一の被爆国である日本が、米英仏ロなど核保有国とともに賛成(38か国)するという情けない対応となりました。中国を含む16か国は棄権したようです。韓国、北大西洋条約機構・NATO諸国などは反対や棄権にまわりました。オーストラリアの主導で共同提案国は57か国になったとのこと。本来ならここに日本が入るべきなのに…。

 決議は「核兵器を禁止し、完全廃絶につながるような法的拘束力のある措置」を交渉するために「国連の会議を2017年に招集するよう決定する」とし、すべての国連加盟国に参加を促しています。会議は、2017年3月27日~31日、6月15日~7月7日の2会期、ニューヨークで開くと明記。国際機関や非政府組織(NGO)など市民社会も参加するとしています。

 長崎県の被爆者5団体(県被爆者手帳友愛会、長崎原爆被災者協議会、長崎原爆遺族会、県被爆者手帳友の会、県平和運動センター被爆者連拓協議会)の代表は核兵器廃絶への道筋が見えてきたことと同時に日本の態度を被爆国として許せない怒りの声をあげ、共同で抗議声明を出しています。

 日本共産党の志位委員長も、核兵器を違法化し「核兵器のない世界」へ向けて扉を開く画期的な決議案の採択を心から歓迎するとし、20年来取り組んできた歴史的な成果であると表明、日本政府は米国の圧力に屈したものであり唯一の戦争被爆国の政府のあるまじき、あまりにも情けない態度である、厳しく批判しなければならないと述べました。

 アメリカにはことごとく賛成し、国民の命を守る姿勢などとても見られない日本政府に怒りでいっぱいです。原発再稼働然り、TPP然り、沖縄の基地問題然りです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-29 22:53 | 平和へ
2016年10月28日(金)

 昨日27日は、総務委員会の決算審査でした。

 音声を聞いていると、大阪維新の会の富田議員が池田市の監査役3人が多いのではないか、2人にして浮いた150万円を他の財源に回してはどうかといった質問をしていました。

 現在、池田市の監査役は税理士さんと弁護士さん、議会選出議員(今年度は私)の3人で毎月の月例監査、夏には決算監査、そして定期監査、本監査、特別監査等々結構なスケジュールで行っています。さらに住民監査請求など市民からの請求に対する事案にも対応するなど、予備監査をする監査事務局も大変ですが、財政面からの市政チェックを緩める質問には、さすがに市長も、不要な財源を必要な福祉財源に充てるのは当然だけれど監査役を減らすのは逆だ、その分外部監査に出さなければならなくなれば逆に費用が掛かる、監査の役割をきちんと担保しなければならないと否定しました。議長も自らの経験を話し3名は決して無駄ではないと発言。

 聞くところによると、定年になった元職員と議会代表の2名しかいない自治体もあるそうですが、税理士さんのように税法にもとづいた財政運営が行われているのかを十分にチェックすることができないし、ましてや住民訴訟などに対しては弁護士さんの法的立場で判断することが出来る役割はとても重要です。2人体制の自治体では、とても忙しく上記のような丁寧なチェックができず2~3年に一度といった監査に終わっているところもあるようです。外部監査では例月検査のような監査は出来ないとのこと。

 議員の役割は市政のチェックや市民の代弁者としての役割、市民要求実現のための議案提案などの役割がありますが。議会で承認された予算に沿って正しく財政処理が行われているかをチェックする監査役は、まさに住民の税金がどのように使われているか財政面からチェックする重要な役割です。

 そのチェック機能を緩めることは、不正を見逃すことになったりするなど150万円の財政効果以上に損失につながることになりかねません。市政をチェックすべき議員を減らせということにもつながります。歳費を減らすことは、それだけ住民の声を届ける役割りも減らそうということでしょう.
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-29 02:22
2016年10月27日(木)

 日本共産党の杤原亮大阪府議が、議員として・人間としてあるまじき不正行為を行っていたというニュースに個人的には怒りでいっぱいですが、府民・市民のみなさんに日本共産党議員の一人として心からお詫び申し上げます。

 このことについて大阪府委員会は、以下の通り声明を発表しました。

      
           朽原亮大阪府会議員の議員辞職について
                                  2016年10月26日 
                                日本共産党大阪府常任委員会

 日本共産党の朽原亮大阪府議会議員は26日、議員辞職願を府議会議長あてに届けました。
 朽原府議は、確認できたこの5年間、「府政ニュース印刷代」「書籍代」を東大阪地区委員会に支出したとして、あわせて総額287万7048円にのぼる金額を領収書に自筆し、「政務活動費」からの交付を得ていました。
 しかし、府常任委員会の調査のなかで、実際に東大阪地区委員会に支払われた額より「上乗せ」した金額を自筆で書き込んでいた事実が判明しました。その差額は5年間で220万8525円にのぼり、朽原府議はこれを家計にかかわる出費に流用していました。
 これは党府会議員としてあるまじきことです。
 朽原府議は、その非を認めており、議員辞職するとともに、「自筆領収書」の総額を全額、府に返還することを表明しています。
 わが党所属議員がこうした問題を生んだことについて、日本共産党大阪府常任委員会としての重大な責任を痛感し、府民のみなさんに心からお詫びします。政務活動費について、こうした事態を二度と生み出させないことをはじめ、襟をただし、「政治とカネ」問題についていっそう厳格な態度をつらぬくものです。

 
 国会で小池参院議員が政府閣僚のパーティー券の白紙領収書問題を追及し、富山でも政務活動費の白紙領収諸問題を追及してきていただけにとても残念です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-27 11:15
2016年10月24日(月)

 今日は文教・病院委員会の決算審査。午前中は病院事業会計から質疑が始まりました。私は、風邪の菌をばらまかないよう、控室で音声を聞いておりました。

 昨年秋から導入されたC型肝炎治療薬で治療を受けられた方は315件、97.5%の治癒率だったそうです。大きな成果を上げ収益性も高いようですが、この薬も高い薬ですからきっと研究費も含まれているんでしょうね。それらが高い保険料につながっているのか~などと、小池参議院議員のオプシーボに関する質問を思い出しました。

 看護師不足に対する対策については、就学資金貸付制度など独自の対策も行っていますが、これに関しては自民党議員ですら看護師の給与2%カットについては、池田だけであり見直しを図るべきだと主張しました。いい人材を得るには処遇改善が必要だと、まるで維新議員に効かせるかのような質問。

 市長は平成7年に就任した時は夕張に次ぐワースト2で1000人の職員をどう減らすかと行革を断行した結果、600人になり一応の成果を上げたが断層ができた。特に技術家が公務員を望まなくなった。看護師も同じで給与面についても、国の方針としては給与カットではない。少なくとも人事院勧告の決まり通りアップすべきであり、全体のバランスを見ながら検討したい(担当からは夜勤手当専門職手当など経営委員会で検討しているとの答弁)が池田は地域手当が高いのでバランスを取りながらそろそろ考え直す時期に来ているとの答弁がありました。

 院内保育所は定員20名を30名にすべく改修済みであり、週1回夜間も預かっている。ドクターやナースの確保のためにもすぐにでもあずかれる体制が必要とのことでした。

 終末期医療に対する質問には、地域医療構想の中で急性期が豊能地区で余るのではないかという資料が府から出たことがあるが3月に改められた。不足しているのは慢性期と終末期医療というのは事実。それができればよいこと。急性期を充実させながら在宅可能の方は在宅に返すことも考えている。断らない救急をめざしたい。また、消化器センターとして内科から外科へ、診療から手術まで出来る様にしている。地域医療を担う基幹病院としての役割を果たさなければならない。といった答弁がありました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-25 00:52 | 議会報告
2016年10月23日(日)

c0133422_1946349.jpg 運動会も最後となりますが、今日は市民レクリエーション大会の一つである北豊島住民運動会。曇り空で少し肌寒さを感じつつ、大人も子どもも競技を楽しみました。

 久しぶりにラジオ体操すると、イタタタ腰が…(笑)
 小さな子どもたちの「トンネルくぐれば」は幼児がカラフルなトンネルを潜り抜ける競技。ほんのわずかの年齢差で、楽しそうにに潜り抜ける子と、怖がって入り口で泣き出す子、とてc0133422_1947174.jpgも大人が一緒に入れる大きさではないのでパスしてました。自立への一歩でしょうか、よちよち歩く姿もまたかわいいものです。

 私は玉入れと、防災訓練に参加。玉入れの籠は大人と子どもで高さが違い、なかなか入らないものです。同じような大きさの玉ですが、軽いのは中々飛ばない、硬いのはかろうじて高いところまで届きそうでした。最後の1個が入ったかな? c0133422_1948236.jpg優勝チームは大人の白チーム。なんと100個を超えて籠を倒すとこぼれ落ちそうでした。

 防災訓練は水を入れたバケツや座布団、赤ちゃん人形、チキンラーメンの箱をリレーします。来賓チームは2位でした。運んだチキンラーメンが商品。ま、競技参加者にはみんなもらえるんですけど(笑)

c0133422_19491077.jpg 綱引き、棒引き、ムカデ競争、段ボールのキャタピラ、騎馬戦ならぬ風船割(腰に付けた紙風船を風船バットで割ります)まあいろいろと考えますね。

 最後はなつかしきフォークダンス。今の子は踊ってるんやろか?ミ~ギ、ヒダリ、前、後ろ、チョンちょんちょん…ジェンカでした。ようやく慣れたころに終わりました。ふ~!

 さあ明日は、気持ちを切り替えて、文教委員会の決算審査です。決算審査も、残すところ明日24日の文教委員会と27日の総務委員会で終了となります。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-23 19:50 | 議員活動
2016年10月22日(土)

c0133422_238088.jpg 久しぶりに介護事業所(小規模多機能)の運営委員会に参加させていただきました。この間、天井にはスプリンクラーが設置されていました。

 現在18名の利用者登録があり、要支援1・2の方はそのうち6名。要介護1・2まで加えると12名で3分の2を占めます。要介護1・2の地域支援事業化は今国会では先送りとなりそうですが、もし、介護保険外しが進むと、わずか3分の1の重度の人しか介護保険を利用することが出来なくなるという、制度の在り方そのものが問われる事態となります。

 運営委員会では2か月間の取り組み状況と交流に加え、いつもその時々のテーマで動画を見ながら学習会が行われます。今回は感染症対策(持ち込まない、持ち出さない、拡げない)として、ノロウイルスと新型インフルエンザ。

 ノロウイルスは、12時間~48時間の潜伏期間があり口から感染すること。症状は改善しても1週間から10日、長ければ1か月間は便からウイルスを排出するそうですから、病原体を持ち出さないという観点からは1か月くらい外出は控えるべきなのでしょうね。

 インフルエンザは飛沫感染、接触感染でどんどん広がりますから、外出を控えること。やむを得ず外出する場合はマスクをする、人込みを避ける、手洗いは感染予防の基本で、指の間も爪も手首までも丁寧に洗うこと。

 汚物の処理は、使い捨てマスクとエプロン、ゴム手袋、大きなビニール袋、消毒薬などで体に付着しないように注意をしながら処理をしてアライを入念に行うことが大切です。

 これからがウイルスの活動しやすい時期。マスクの確保、予防接種をするなど予防対策も行いましょう。

 かくいう私も、昨夜から風邪につかまったようで、ティッシュの箱を抱えています。葛根湯の効き目はどうでしょう?皆さんもご注意ください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-22 23:13 | 福祉・社会保障
2016年10月20(木)

 平尾誠二さん死去の報にびっくり!平尾さんは、神戸製鋼ゼネラルマネージャー・元ラグビー日本代表監督として1999年のワールドカップの指揮もとられた方。53歳だったそうです。早すぎますね。

 私は、ラグビーの事はさっぱりわかりませんが、平尾さんは昨年11月の大阪府市議会議員研修会の講師でした。今日は彼の冥福を祈りつつ、昨年のブログを再掲したいと思います。

               キーワードは「理不尽」と「心の目」

c0133422_1304011.jpg 「気づかせて育てる」へ…というテーマで自身の経験を踏まえ、リーダーの条件とはなにか、選手たちのスキルをアップさせる、壁を乗り越えさせるためには何が必要かなどなど約1時間の講演は、びっくりポンの話に笑いっぱなしでした。キーワードは「理不尽」と「心の目」。

 五郎丸選手の活躍で広がったラグビーブームにも触れ、優れた監督・リーダーに共通するのは極めて「理不尽」であるこc0133422_1313284.jpgと。超自己中心的で普通じゃない。まともな人ではリーダーシップを発揮できないとの話に驚きつつも、選手に世界で闘える力をつけさせるには分らなくもないと思いながら話に聞き入りました。また、選手たちが間違ったことをしているときに「やめろ間違っている」と指摘できない(放置する)人は最も秩序を壊すので、リーダーは務まらない…これは至極納得。

 彼が言うには、リーダーの条件は4つある。①専門性の高さ…人を引き付けるのに必要な知識・技術、②人間性がないとダメ…人の痛み・気持ちがわかるヒューマンスキル、③一貫性がないとダメ…人によって態度を変えるようではだめ、④怒ったら怖いだろうと(実際にはほとんど怒らなくても)予想できる人。この4つのバランスをそれぞれ持っている人がいい…とのこと。

 平尾さんは選手時代に顔だけで60ヵ所、全身で100ヵ所以上の傷があるそうですが、昔の傷は酒を飲み赤くなると傷が浮き出てくるとのこと。それを見て監督が涙を浮かべて「お母ちゃんにあやまらな」というそうですが、その傷をおった時、大量な出血をしていたにもかかわらず試合に出続けさせられたという「理不尽」なエピソードや東京の目黒高校の監督の超理不尽さについて練習試合で結果が出ているにもかかわらず、勝つまで再試合を申し入れるという驚くような「理不尽さ」の応酬があったというエピソードを笑いを交えて紹介。最後は「暗くてボールが見えないので試合は無理だ」と相手監督に言われると「心の目があるじゃないか」といったという超理不尽な監督の言葉に唖然!しかし「理不尽さ」の中にも愛情がなければならない、ヒューマンスキルが極めて重要だと話されました。

 会場からいくつかの質問があり、「政治が市民にとって自分のものだと思ってもらえることが大事だと思うが、平尾さんはどう思うか」との問いに、「安保法など、国民の声が届いているのかと思ったが、若い人たちが政治に興味を持ったことがよかったと思う。身近に感じないと気がつかない。そこに臨場感がないと本当の意味でも民主主義はないと思う。メディアの在り方も問題があり、かなり疑ってみること、全部が間違いではないがそれぞれの思惑が働いている。それを読んで、裏には何かあるとみていくことが大事」などと自分の頭で考えることの大切さを伝えておられたようでした。

 また「昔の指導、今の指導の在り方について、お母さん方の感覚をどう見ておられるのか」との問いには、「最近の選手はみんないい子ちゃんばかりで、ひねくれた奴がいない。反発係数・「くそー!」と思うことは壁を乗り越えさせる力になっていたが、これが今は効果がない。今は叱るよりお前ならできると褒める。それで自信を獲得し壁を乗り越え成長する」といった変化についても指摘。

 私たち議員がヒューマンスキルをどのように身につけ、政治の在り方をいかに身近に感じていただくか、今日のお話が生かせるようにするのか…「理不尽さ」と「心の目」は難しい(笑)

 
 と書いておりました。とても病気でこの世を去られるなど思いもしない講演でした。恩師のこと、ライバル校との練習試合の話など、沢山のエピソードを有難うございました。
[PR]
2016年10月17日(月)

 14日の厚生委員会。国保、介護、後期高齢者医療の特別会計と、一般会計の決算審査でした。

 平成27年度の臨時福祉給付金は市民税非課税の方12,459人に6000円支給されました。対象者として16,766人に案内を送付し、毎月広報やHPでも案内をしたそうですが、約4300人が未申請となりました(74.3%の申請率)。天災や後日市民税が非課税に変更となった人など止むを得ない場合は6か月間の延長がありましたが、それでも4300人が受け取っていないことになります。自ら申請しない人もあるでしょうが、期限を過ぎて受給できないかと問い合わせのあった方もありました。

 同様に、平成27年度から池田市が精神障がい者1・2級の方にバス代補助が行われましたが(もともと身体障がい者などはバス会社が補助)これも利用率はそう高くありません。申請主義ですから期限を過ぎれば残念ながら受給できません。市役所からのお手紙は必ず開封して下さいね。

 保育所の待機児童は夏の認可外保育所設置で国の基準でいえばゼロになったとのことですが、希望に合わず実質的に保育所を待っている待機児童(限定待機児童)は131名もいることが分かりました。認可保育所でも希望が少なかったり保育士不足で定員を満たしていない保育所もありました。やっぱり保育士の処遇改善が抜本的に行われる必要があります。国でも議論されておりその動向をみたいとのことでした。

 又、4市2町で運営されている豊能広域子ども急病センターの運営に関連して医師や看護師の確保の問題を問いますと、9月に池田駅前で市民病院の先生が開業されたとのこと。また10月には石橋で小児科医院が出来るそうで、全国的にも少ないとされる小児科医院が2つ増えることは子育て世代の世帯にとっては朗報です。小児科医マップが出来るとさらに嬉しいことです。

 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-18 01:53 | 議会報告
2016年10月16日(日)

c0133422_23421365.jpg 一日遅れですが、昨日は幼稚園の運動会。

 雲一つない秋晴れのもと、ひかり幼稚園に出席しました。「おはようございます」と挨拶をすると大きな声で「おはようございます!」と返ってくるのは幼稚園ならではですね。
「ココ☆ナツ」体操でスタート、先生のフリをみながら一生懸命。とっても可愛いです(*^^*) 
 かけっこ、親子で穴の開いたざるに入れたボールを落とさc0133422_23425277.jpgずにリレーする競技をみて、さくら幼稚園へ移動しました。

 さくら幼稚園では、ちょうど神様降臨。例年池田小学校の先生が神様に扮して登場します。今年はオリンピックの神様だそうです。何度も腕をかざしているなと思ったら腕にコピペが(笑)6年生もボランティアでコーナー担当などお手伝い。「何だかまた会えるように気がするぞ、じゃあまたな」と神様…小学生になればまた会えるぞとの含み。小学校と幼稚園の連c0133422_23435778.jpg携がいいですね。

 5歳児の団演「つかみ取れパワー」は大きなテント布(?)でのバルーンで魅せます。バルーンの中で着替えた子どもたちは、次の演技に入ります。長い演技に先生たちのご苦労が垣間見えます。
リレーは5歳児がちゃんと1周するんです。腰に手を当て輪っかのバトンを待ちます。接戦でしたよ。転ばなければどちらc0133422_23444337.jpgが勝っていたか分かりませんでした。楽しさてんこ盛りの運動会でした。
c0133422_23452461.jpg


c0133422_2346934.jpgc0133422_23465428.jpg
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-16 23:48 | 市関連行事参加
2016年10月15日(土)

 13日の土木委員会は、翌日の厚生委員会の準備で傍聴には行けませんでしたが、音声で耳に入ってきたのは、「浸水シミュレーション」に基づいて行う今後の対策についてでした。

 平成6年の集中豪雨以来、八王寺の雨水増補幹線や石橋第1増補幹線、(現在第2増補幹線も工事中)など大きな貯水幹線が地中に埋め込まれ公園や学校の運動場も一時的貯水プールにするなど、一定の対策がすすみ、市内一円にうけた約3000件もの被害がずいぶん少なくなりました。しかし2年前の時間雨量100ミリを超える豪雨で、少なくなったとはいえ120件もの浸水被害がおきました。更なる対策を求めると、浸水シミュレーションを行った上で今後の対策をすすめたいとのことでした。

 シミュレーションの結果、過去最大の雨量が降ったと想定すると、床上浸水50戸、床下浸水208戸が想定され、被害の対象になると予想される地域はやっぱり、神田地域が地理上も避けられない地域。その神田をはじめ城南、満寿美、八王寺地域や公園、学校の運動場などで一時貯留する対策を、国の予算も活用して進めたいといった答弁がありました。

 今年は幸いにも、大雨は降りましたが集中豪雨とまでは至りませんでしたから、家庭への被害はまだ起きていません。しかし台風シーズンはまだ続きますから、要注意。一日も早い浸水対策が行われることを期待するところです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-15 23:30 | 議会報告