<   2016年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2016年3月29日(火)

 戦争法(安保関連法)がついに午前0時に施行されました。

 日本の自衛隊が、戦後初めて他国の人を殺し殺される危険が現実のものとなったわけです。今後訓練をし、11月頃には武器を持って任務に就くのではないかと言われています。

 自衛隊がすでに派遣されている南スーダンでは、政府軍・反政府軍の内乱状態が続き、2月には国連が設置した避難民保護区域が南スーダン政府軍に襲撃され、破壊されるという事態も発生しています。これまでは憲法9条のもとで、道路整備や医療活動が行われてきましたが、ここで自衛隊が「駆けつけ警護」や「住民保護」のための武器使用を行ったらどうなるでしょうか。政府軍も反政府軍も多くの少年兵が徴用されているといいます。自衛隊が彼らを殺傷することになります。民間人との区別ができず民間人を殺傷する危険も生じます。もちろん自衛隊員の命そのものの危険は言うまでもありません

 何より重大な問題は、立憲主義の破壊です。憲法は時の権力者を縛るもの。それをねじまげ戦後60年以上守ってきた「憲法9条のもとでの集団的自衛権は行使できない」という政府解釈を一片の閣議決定で破ることは守らなければならない憲法そのものに違反することになります。憲法を勝手に解釈で変えるなら、憲法にもとづいて政治を行うという大前提が崩れてしまい、日本の民主主義が無くなってしまうことになります。

 多くの憲法学者をはじめ、国民各界層から憲法違反だと怒りの声が上がると、今度は憲法そのものを変えるという、こんな危険な安倍政権にはどうしても退陣していただく必要があります。怒りの2000万署名を国会に突き付け、夏の参院選挙では戦争法強行に手を貸す政党の数を減らす以外にありません。「野党は共闘」の国民の期待に応えるために真摯に統一候補を送り出す協議が急がれます。

 この日本をテロの脅威から守るためにも戦争法そのものを廃止させましょう。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-30 00:29 | 平和へ
2016年3月27日(日)

c0133422_21222310.jpg 公民館で開かれたドキュメンタリー映画「あい…精神障害と向き合って」を見てきました。

 精神障がい者の方たちが、症状の出現に悩み、苦しみながら「藍工房」という就労継続支援事業所で藍染作品や組み紐、さおり織、陶芸などの作品作りをし、フレンチレストランで世間と接触する部分で働いたりしながら居場所を見つけていく映画です。藍染だけでなく、絵画を描くことで自分たちの心c0133422_212638.jpgと向き合い、中西繁画伯が支援する中でニューヨークの国連でも展示会が開かれるなど、一人ひとりが自信をもっていく姿が素晴らしい。

 「偏見を持って見ないで欲しい」「この時代に、精神を病まない人の方が変だと思う」といった言葉が印象的でした。時折流れる主題歌『めぐりゆくときをこえて」もとても素敵な曲でした。
                        c0133422_212797.jpg
 以前にハローほんまち商店街のラルゴで中西繁さんの絵画展を開いたことが縁で、今日上映会が開かれました。今日は監督の宮崎伸江さん、映画にも出てこられた中西画伯、作曲家の十河陽一さん、ソリストの松浦祥子さん、ピアニストの高瀬佳子さんも出席され主題歌を披露していただきました。ぜひ多くの人に見ていただきたい作品です。

c0133422_21291486.jpg 午後は呉服小学校の吹奏楽部、6年生卒団記念「送別定期演奏会」に参加。

 戦後間もない昭和22年12月に12名で創部したそうです。昨年8月の「関西小学校バンドフェスティバル」で金賞を受賞し、11月の「全日本小学校バンドフェスティバルに2年連続10回目の出場を果たしました。今日は6年生のひとりひとりのソロもあり素敵な送別フェスになりました。
                       c0133422_21301953.jpg
 ゲスト参加、姫室保育園の子どもたちのドラムマーチもとても可愛い。一生懸命タクトを振り、ドラムをたたく姿に笑みがこぼれます。OB・OGや地域の方たちの合同演奏会も花を添えてくれました。音楽っていいですね・
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-27 21:32
2016年3月26日(土)

c0133422_232918.jpg ほくせつ医療生協の池田支部総会に出席してきました。

 議会が終わったばかりなので、議会報告を兼ねてご挨拶をさせていただきました。「保育所落ちた…」ブログも全国的に波及し、早速池田市が緊急対応宣言をしたこと、国保料の値上げ、介護保険の要支援1~2の地域支援事業への1年早い移行、後期高齢者医療保険料は若干の値下げとなった事、教育日本一、子育て日本一への取り組みとは…、石橋c0133422_2330511.jpg夢プラン、細河夢プラン、伏尾台創生プランについて地域で話し合われていることなどなどお話させていただきました。

 誰もが健康であり続けたい、平和であってほしいと願っていますが、検診活動、まちかど健康チェック、健康体操、健康講座などの取り組みに加え、歩こう会や民謡踊りの会、健康マージャン教室、ハーモニカ教室などの班活動や、暮らしの助け合い支えあいの会の取り組みについて報告がありましc0133422_23304431.jpgた。

 「支えあいの会」は子育てのファミリーサポートのように、援助を依頼する利用会員と助け合い活動をする支援会員、趣旨に賛同し財政等の支援をする賛助会員で構成され、通院、おさんぽなどの外出時の同行、話し相手、掃除や洗濯、買い物、庭の草むしりや簡単な植木の手入れ、ペットの世話、子育て中の家事援助などを助け合う活動のようです。ひとり暮らしの高齢者や子育て中のお手伝いまで利用できるようです。ほくせつ医療生協の組合員ならどなたでも会員になれるそうです。ちなみに医療生協は、最初に2000円の出資金を出せば組合員になれます。ぜひご利用ください。

 総会前に組合員さんのウクレレ演奏で懐メロなどのうたごえがあり、総会の第2部では、頭の体操も兼ねたうたごえ兼体操を体験しました。膝と手をたたきながら「幸せなら手をたたこう」、動作を増やして「おもちゃのチャチャチャ」、「紅葉」の輪唱、「スキー」と「富士山」の同時合唱などを楽しみました。

 4月11日(月)から始まる健康体操の体験は手と足を使って「365歩のマーチ」。動作に気を取られると歌が歌えない…と笑いながら楽しませていただきました。

 昨日から風邪気味でしたが、楽しく参加させていただきました。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-26 23:33 | 議員活動
2016年3月23日(水)

 平成28年度は後期高齢者医療事業の2年に一度の事業改訂期。保険料も変わります。

 75歳以上の高齢者を国保から切り離し、後期高齢者医療制度として平成20年度からスタートした制度。これまで2年ごとの改訂のたびに値上げを続けてきましたが、5回目の今回初めて、わずかではありますが、値下げとなりました。

 所得割は、10.41%と前年と同じですが、均等割額が52,607円から51,649円へ958円の値下げとなります。第4期事業の中で生じた剰余金を保険料値下げに充当したためとのこと。前回の第4期事業の時には大幅な値上げになるため、全国の各広域連合では都道府県の財政調整基金を活用して保険料引き下げに充当したそうですが、大阪府はそれを拒否したため、所得割も均等割も値上げ、さらに最高限度額も2万円引き上げ57万円となりました。今回基金を使ってもっと引き下げることは出来ないのかと尋ねますと、剰余金を保険料引き下げに使い、前年度の保険料を下回るときは基金は使えないとのこと。前回基金を活用して引き下げていたら、今回はもう少し低い金額になったのではないかと思うと、冷たい大阪府の姿勢に怒りを覚えます。

 池田市の対象人数は500人増の13,000人、そのうち9240人が所得100万円以下。70.33%となります。さらにそのうちの6,359人が9割~2割の軽減を受けることになりそうです。今年はそのままですが平成29年度には9割軽減と8.5割軽減をなくし本来の7割軽減に戻すことが決められているようです。その対象者は4,716人、軽減総数の74%を占める高齢者が保険料値上げとなります。来年度は今年の値下げを吹き消すような保険料値上げとなりそうです。

 怒りの声をあげましょう! 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-24 01:31 | 議員活動
2016年3月22日(火)

c0133422_0523314.jpg 今日は幼稚園の卒園式。私はひかり幼稚園の修了証書授与式に出席。

 神田小学校の体育館は幼稚園仕様にお花で飾られ、卒園児を迎えました。さすがに幼稚園は保護者もご両親が勢ぞろい。みんな一斉にハンドビデオカメラを構え、修了証書を受け取る姿を、みんなでシャッターオン。1年の違いは大きく、年長さんは長い挨拶も大人しく聞いていましたが、年少さんはじっとしていられない様子。「おめでとう」というと「ありがとう!」と返ってくるのも幼稚園ならではです。

c0133422_0545275.jpg 修了児は男児28名、女児23名の51名。何度も御稽古をしたんでしょう。床に立ち位置を決める足形が貼ってあり、そこに合わせて修了証書を受け取りに…。恥ずかしそうに楽しかった幼稚園での出来事を語り、お別れの歌「ありがとう こころをこめて」を披露。

 いつのまにか ぼくたちは ひとりであるいていたよ
 ろくねんまえに このよにうまれた ちいさなこのいのち
c0133422_0554828.jpg はれたひにも ゆきのひにも げんきなときも びょうきのときも
 かわらないやさしいまなざしが ぼくたちをつつんでくれた
 きがつけば はるのかぜが あんなにうたっているよ
 ありがとう こころをこめて ありがとう そして さよなら

 この曲も可愛いですが、私は式典終了後の次の歌が大好きです。

c0133422_0564124.jpg 1年生になります。心配しないで下さい。だけど、やっぱりちょっとは心配して下さい。エイ!
 1年生になります。しっかり真面目にやります。だけど、ちょっとはふざけるかも知れない。エイ!
 1年生になります。元気に歩いていきます。だから、大きな拍手で応援して下さい。エイ!
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-23 00:58 | 市関連行事参加
2016年3月21日(月)

c0133422_204050.jpg 久しぶりにミュージックバルに参加。年に3度、池田の参加店でお店のバルメニューをいただきながら
池田ゆかりのアーティストが演奏をし、街を盛り上げようという取り組みです。10回目を迎えました。 
 今日は、知人のお店が初参加だったのでそちらに参加してきました。サックスと電子ピアノをバックに昭和歌謡曲をうたうブラックトライアングル。ピンキーとキラーズ、ちあきなおみ、金井克子、山本リンダ、都はるみ、最後はアンコールで美空ひばり。昭和生まれと致しましてはたいへん懐かしゅうございました。

 毎回参加店と参加アーティストが増えているようです。19日の土曜日は石橋地域25店舗で、今日21日は池田地域28店舗で、86組のアーティストが2日間池田のまちを盛り上げました。

 次回は、9月17日(土)と19日(月・祝)の2日間だそうです。う~ん、また議会中だ。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-22 02:01
2016年3月20日(日)

 2016年度予算の中に、「母子家庭等自立支援給付事業」といった新たな事業が加わっていました。

 高校卒業程度の認定試験(かつて大検と言っていたもの?)の合格を支援するというもの。受講費用の2割を受講時に、6割を合格児に支給するとのこと。何らかの理由で高校を卒業できなかった子どものために、その資格を与え、大学受験が出来、就職に就きやすくなれば子どもの自立につながります。早速問い合せが入っているとか。

 数年前から生活保護受給者や児童扶養手当受給者の中で、高校3年生に大学受験のための塾代補助も行っていますが、知人の子どもさんも無事大学に合格したとのTELがありました。貧困家庭の子どもたちは中々その中から抜け出せず、貧困の連鎖が続きがちですが、一人でも2人でも連鎖を断ち切ってほしいものです。

 また、消費税増税に関して低所得者・年金生活者への給付金の予算も計上されています。一昨年1万円(年金者は+5000円)、昨年は6000円だった臨時福祉給付金は今年3000円に、そして年金生活者等支援臨時福祉給付金の3万円です。親族が課税でなく、生活保護受給者ではない65歳以上の年金生活者と非課税の方たちが対象となります。

 毎月市の公報で紹介し、HPにも掲載されますが、ケアマネ連絡会からも勧められるよう、周知を徹底するそうです。準備が整えば、原則としては対象者の案内が届けられることになっています。もれる方もありますので、該当すると思えば市役所へお越しください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-21 00:55 | 議会報告
2016年3月19日(土)

 昨夕、市長が記者会見で「保育所待機児童問題緊急対応宣言」を発しました。4月1日現在95名の待機児童が発生するためです。

 これまで、池田市は4月当初は待機児童ゼロを続けていました。それは認可外保育所に預けている児童はカウントされず、また、公立保育所でも希望者の少ない遠くの保育所に駅前ステーションなどからバスで運んでいたためであり、近くの保育所に移動したいと思う潜在的待機児童はありました。

 ただ今回のように100名近くの待機児童はかつてない事態です。申請時の要件緩和(これから働くという人も対象)によりこんなに沢山の待機児童となりました。しかしこれは本来必要なこと。子どもを抱えて就職活動は出来ませんから…。

 緊急対策として池田、石橋の両駅近くに公設の認可外保育所をそれぞれ30人定員規模で設置するとのこと。聞くところによると、石橋は阪急電車の高架下ブースを借り、今議会で整備のための補正予算を提案、即決で7月開所をめざすとのこと。池田方面は駅近くに場所を確保し5月の臨時議会に補正予算を出し10月開所をめざすようです。いずれも1.2歳を対象にしていますので、1~2年後には認可保育所に移動しなければなりません。また、市立池田病院の院内保育所(ここにも待機児童がいるらしい)を拡充し、定員を30人分増やす予定。

 平成29年度には、今年整備予算が出ている、認定こども園化(亀の森幼稚園で75名分の保育園部分を設置、池田旭丘幼稚園も72名分の保育園設置、姫室保育園が10名分の定員増、さつき保育園)、認可保育所(石橋文化わくわく)設置で199名分の定数増を見込み、平成30年度には、公立のなかよしこども園も認定こども園化、私立の石橋文化幼稚園とはたの保育園が認定こども園として整備されることにより120名分の保育枠を確保する予定となっています。この1年がちょうどスポットとなり、整備が間に合わずに受け皿不足となったようです。

 ここまでは、認可外とはいえ緊急対策としての素早い対応だと拍手を送りたいところです。

 しかし朝日新聞の記事によると、その財源の捻出のために職員の給料カット(すでに追加議案が出ています)をするとありました。以前にも、子どもの医療費拡充の際にこんな言い方をされたことがありますが、とても恩着せがましい発表の仕方です。職員の給料を削って手当てをしたんだと…。

 前市長は財政を確認し、15歳まで子どもの医療費を拡充しました。中学校給食も給食センター移転の際にデリバリーから食缶方式に変えると約束していました。決して職員の給与を削って子育て支援をするという言い方はせず、計画的に拡充してきました。財政調整基金も増やしながら…。

 福祉を拡充させるのは地方自治体の本来の役割。「こんなやりくりをして子育て支援をしてやっているんだ」と言わんばかりの記者発表に思えます。これを言わなきゃカッコいいのに…。

 第一、職員の給与カットの話は待機児童の数が分かる前から進めてきた話ではなかったのか…?本来税制調整基金を使えば給与カットをせずに1年間の穴を埋めることは出来たはず。職員の給与カットを口にすれば、世間が喜ぶ風潮がありますが、それは低賃金に抑えられてきたことに怒りを持つべきで、自分に置き換えてみたらどうでしょう。引き下げ競争をさせて喜ぶのは誰かを考えるべきです。
 
 人事院勧告に従ってようやく世間並みにプラス人勧が実施されるかと言うときに、いったん引き上げといて喜ぶ間もなく同じ議会の中で給与カットとは、びっくりです。安倍内閣でさえ官民問わず給与の引き上げをするよう求めているのではなかったのか。

 ちょっと複雑な記者発表です。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-20 01:10 | 議会報告
2016年3月18日(金)

c0133422_1261323.jpg 大阪中央体育館で開かれた日本共産党演説会は、雨の中の開催となりましたが、参加者は1万人と発表。池田からは思い切ってバス2台で参加しました。午後5時過ぎに出発したのに結構混んでいて到着は7時10分前。会場についてもアリーナに入るまでが長い。すでに平松元大阪市長のお話が始まっていました。座席はいっぱいで、2階席最上段しかも舞台の左端なので遠くから小さく横顔を見る位置。

c0133422_1272732.jpg 「野合だというが、自民・公明こそが野合、あなたに言われたくないと言いたい。今度はこちらが5割の得票で8割の議席を取ろう」と慶応大名誉教授の小林節さん。

 中間選挙の候補者紹介では茨木市長選でお世話になる末武和美さんも登場。そして大阪選挙区で沓脱タケ子さん以来の女性の参議院議員を送り出そうと紹介された「わたなべ結ちゃん」35歳です。1月8日には大阪若者提言を発表。近く大阪c0133422_1282413.jpg女性提言も発表するそうです。

 そして最後に登場したのは志位委員長。今日はとても豪華な顔ぶれです。野党共闘を必ず成功させ、立憲主義を取り戻そう。そのためにも日本共産党の躍進をと訴えられました
[PR]
2016年3月17日(木)

c0133422_0325521.jpg 今日は小学校の卒業式。128回を数える北豊島小学校の卒業式に出席してきました。先日の中学生の約半分、2クラス80名が卒業。5年生のリコーダー演奏の中入場しました。女の子のはかま姿は年々増え今年は5人、男の子の羽織はかま姿も2人。

 小学校は、卒業証書授与の前に、将来何になりたいか、学校生活の中で印象に残ったことを一人ひとり発言します。毎年これが楽しみ。今年は、プログラマー、歌手、タレント、幼稚園の先生、新幹線の運転手、医者、薬剤師、獣医、ゲームクリエーター、図書館司書、アレルギー研究者というのもありました。もちろん、プロサッカー選手、バスケット選手、バスケットコーチも…。

 久しぶりにプロ野球選手が復活。いま社会の中では不足して困っている保育士や看護師になりたいと言ってくれる子どもたち。この子たちの夢が実現できるように期待したいと思います。

 楽しかったことは、ほとんどが臨海学舎で遠泳ができた喜び、自然学者でのキャンプファイヤー運動会の組体操など学習の中にもこうしたさまざまな体験が一番印象に残っているようです。多くの学習が成長につながっていることを実感しました。

 卒業生からの「育ててくれたお父さんお母さん有難う…」もらい泣きしそう(*^^)v
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-03-18 00:36