<   2015年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2015年11月30日(月)

 みんなの会(みんなのための新しい池田市政をつくる会)の市長選挙向けニュースができました。
 山元たけし市長候補出発式のごあいさつと政策が載った全戸配布用ビラとミニビラです。

 ほどなくみなさんのお宅に届けられるでしょう。「もう投票に行って山元さんに入れてきたよ」と嬉しい電話もありました。12月6日が投票日、期日前投票は市役所で毎日できます。

 憲法が暮らしのすみずみにいきる「福祉先進都市」をご一緒につくりましょう。

c0133422_0312490.jpg
c0133422_0324119.jpg

[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-30 23:59 | 選挙関連
2015年11月29日(日)

c0133422_0283792.jpg 池田市長選挙がスタートしました。

 応援弁士に清水ただしさんを迎え、池田駅・ダイエー前で出発式。清水議員は、どうして知事選挙と一緒にできなかったのか、それは前職がやめて知事選挙に出たとき、落ちたらまた出られるように日程を設定したため、この時期の選挙となってしまった、党利党略、自分のために税金を使うような候補者ではなく、清潔で市民のために頑張ることができる山元たけし候補をと訴えられました。

 ママの会のIさんからは自分たちの声が届く市政にしてくださいと訴え、前回の市長候補だった柴田さんからも行革推進の市政を変えようとエール、一緒に議会活動をしてきた私からはその横顔を紹介させていただきました。

 山元たけし候補は、憲法をくらしの隅々に生かした政治を勧めたい、福祉先進都市、少人数学級で行き届いた教育を、地元中小業者を応援する制作を進めたい、土砂災害、水害対策進めたい、何よりも平和でなければならない、戦争法廃止、9条守れと全国に発信して住民の命を守りたいと訴え、元気よく出発しました。

 池田にお住まいの方、お知り合いがおられる方、超短期決戦ですがご支援よろしくお願いいたします。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-29 23:59 | 選挙関連
2015年11月28日(土)

c0133422_23341063.jpg いよいよ明日から、池田市長選挙が始まります。昨日出馬表明をして、12月6日投票まで実質1週間の超短期決戦。

 山元たけしの出発式は明日、11月29日午前9時から、池田駅前・ダイエー前で行います。休日の朝ですが、是非お越しください。清水ただし衆院議員も応援にかけつけていただく予定です。

 憲法が、今ほどないがしろにされているときはありません。

 多くの国民が反対していたにもかかわらず戦争法を強行し、消費税増税、TPP参加、原発再稼働、社会保障制度の改悪、貧困と格差が拡大し国政、市政のあり方が問われます。

 山元たけしさんは私と同時期に市議会議員に当選し、2期8年市民の暮らし最優先の市政をと、頑張ってきたためされずみの政治家です。今回、みんなのための新しい池田市政をつくる会・通称みんなの会と政策協定を結び無所属で立候補します。

 憲法を暮しに生かし、子育て支援、福祉・教育優先の「福祉先進都市」をめざし、会のみなさんと一緒に頑張ります。54歳働き盛り、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-28 23:36 | 選挙関連
2015年11月27日(金)

c0133422_1415522.jpg 11月29日告示、12月6日投票で池田市長選挙が行われます。

 現職市長と前市長が既に立候補を表明していますが、今日「みんなのための新しい池田市政をつくる会」(みんなの会)から山元たけし前市議(54歳)が立候補することになり、豊中の記者クラブで出馬表明の記者会見。出馬に当たっての決意、横顔(素顔)についての質問、写真撮影が行われました。

 超短期決戦となりますが池田にお住まいの方、お知り合いのある方ぜひご支援お願いいたします。

c0133422_1375937.jpg
c0133422_1384843.jpg

[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-28 01:48 | 選挙関連
2015年11月25日(水)

c0133422_111563.jpg 年に一度この時期に開かれる、大阪府市議会議員研修会に出席してきました。

 55回目を数える今年の講師は、神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネージャー・元ラグビー日本代表監督・平尾誠二さん。「気づかせて育てる」へ…というテーマで自身の経験を踏まえ、リーダーの条件とはなにか、選手たちのスキルをアップさせる、壁を乗り越えさせるためには何が必要かなどなど約1c0133422_1125234.jpg時間の講演は、びっくりポンの話に笑いっぱなし。キーワードは「理不尽」と「心の目」。

 昨今の空前のラグビーブームにも触れ、優れた監督・リーダーに共通するのは極めて「理不尽」であること。超自己中心的で普通じゃない。まともな人ではリーダーシップを発揮できないとの話に驚きつつも、選手に世界で闘える力をつけさせるには分らなくもないと思いながら話に聞き入りました。また、選手たちが間違ったことをしているときに「やめろ間違っている」と指摘できない(放置する)人は最も秩序を壊すので、リーダーは務まらない…これは至極納得。

 彼が言うには、リーダーの条件は4つある。①専門性の高さ…人を引き付けるのに必要な知識・技術、②人間性がないとダメ…人の痛み・気持ちがわかるヒューマンスキル、③一貫性がないとダメ…人によって態度を変えるようではだめ、④怒ったら怖いだろうと(実際にはほとんど怒らなくても)予想できる人。この4つのバランスをそれぞれ持っている人がいい…とのこと。

 平尾さんは選手時代に顔だけで60ヵ所、全身で100ヵ所以上の傷があるそうですが、昔の傷は酒を飲み赤くなると傷が浮き出てくるとのこと。それを見て監督が涙を浮かべて「お母ちゃんにあやまらな」というそうですが、その傷をおった時、大量な出血をしていたにもかかわらず試合に出続けさせられたという「理不尽」なエピソードや東京の目黒高校の監督の超理不尽さについて練習試合で結果が出ているにもかかわらず、勝つまで再試合を申し入れるという驚くような「理不尽さ」の応酬があったというエピソードを笑いを交えて紹介。最後は「暗くてボールが見えないので試合は無理だ」と相手監督に言われると「心の目があるじゃないか」といったという超理不尽な監督の言葉に唖然!しかし「理不尽さ」の中にも愛情がなければならない、ヒューマンスキルが極めて重要だと話されました。

 会場からいくつかの質問があり、「政治が市民にとって自分のものだと思ってもらえることが大事だと思うが、平尾さんはどう思うか」との問いに、「安保法など、国民の声が届いているのかと思ったが、若い人たちが政治に興味を持ったことがよかったと思う。身近に感じないと気がつかない。そこに臨場感がないと本当の意味でも民主主義はないと思う。メディアの在り方も問題があり、かなり疑ってみること、全部が間違いではないがそれぞれの思惑が働いている。それを読んで、裏には何かあるとみていくことが大事」などと自分の頭で考えることの大切さを伝えておられたようでした。

 また「昔の指導、今の指導の在り方について、お母さん方の感覚をどう見ておられるのか」との問いには、「最近の選手はみんないい子ちゃんばかりで、ひねくれた奴がいない。反発係数・「くそー!」と思うことは壁を乗り越えさせる力になっていたが、これが今は効果がない。今は叱るよりお前ならできると褒める。それで自信を獲得し壁を乗り越え成長する」といった変化についても指摘。

c0133422_1175512.jpg 私たち議員がヒューマンスキルをどのように身につけ、政治の在り方をいかに身近に感じていただくか、今日のお話が生かせるようにするのか…「理不尽さ」と「心の目」は難しい(笑)

 最後は、我が池田市の議長が今年の大阪府市議会議長会の副議長として閉会挨拶。大変緊張しておられる様子が手に取るように分かり、見ている私たちまでドキドキでした(^^♪

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-26 01:21 | 議員活動
2015年11月23日(月)

c0133422_1343948.jpg 知事選から一夜明け、少々睡眠不足のままに恒例の後援会行事「みかん狩り」へ。

 9時出発ですが、岸和田ですから直接行くには早すぎるため、近くの国華園へ。花や苗木に交じって、菊人形ならぬ菊の絵巻物は見ごたえがあります。別棟には3本だての菊の品評会が最終日を迎えていました。

c0133422_1353041.jpg どれを見てもみんな素晴らしく、総理大臣賞や衆議院議員賞などの札がかかっていましたが、賞のない人の分も立派で、作業に来られていた方に、「違いが分からないんですけど」と訊ねると、「今は時間がたって花も終わりに近いため分かりにくいですが、花の盛りのころ見ていただくと違いがよくわかりますよ」と言われました。花びらの巻きがしっかりしていて違いが分かるんだそうです。なるほど…。

c0133422_11341117.jpg 花や野菜を買い込み、一路みかん園へ。ここでクイズ!みかん園に着く時間を予想していただく「到着時間当てクイズ」です。みかん園の駐車場についてサイドギヤーを引いた時を当てましょう。ジャスト賞はありませんでしたが1分違いが2人2分違い1人の方々に国華園のお花が商品です。

c0133422_11364655.jpg お弁当タイムで大人がお酒に浸っている間に、子どもたちはみかん園に飛び出していきます。かごにてんこ盛りで詰めていました。今年は小粒みかんが鈴なり状態でした。

 みかん山を後にして、泉佐野漁港の青空市場へ。夕方になると値段がダウンすることを知ってか知らずか、市場は人の群れでいっぱい。みんなは、夕食のおかずを買い込んで海を見ながら帰路に。途中で「あれが咲州庁舎の入っている旧WTCビルです」と言いながら…。

 みなさんお疲れ様でした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-24 01:41 | 議員活動
2015年11月21日(土)

c0133422_2311279.jpg いよいよ明日は大阪府知事選挙の投票日、くりはら貴子さんをよろしくと最後の宣伝。

 今日は栄本町の池田民商からスタートをしてハローほんまち商店街を通り、UFJ銀行から国道176号線を渡って駅前へ。サンシティビルの前で少し宣伝。そこからいつものダイエー前へとパレードです。

c0133422_23123283.jpg 今日は愉快な助っ人登場。「維新政治に困っトラ」「オール大阪で府政変えるワン」「民主主義破壊の政治はサル」「トリのように新しい大阪に向かって羽ばたこう」な~んちゃって、あっ!スマートなクマちゃんもいました。5つのぬいぐるみさんたちが子どもたちに大人気。ときには冷めた目で「これって何か意味があるの?」とお母さんに聞く子どもが…。

 
c0133422_2314255.jpg ダイエー前からさらに高架下を練り歩き、観光案内所前でしばらく通りかかる人たちに「くりはら貴子さんをよろしくお願いしま~す!」。引き続きバスターミナルからてるてる広場まで歩きながら訴え、池田駅から石橋駅へ電車移動。トラさんとイヌさんは車で送り迎え。電車に載ったキジさんとおサルさんは電車でどんなまなざしを受けたでしょう(笑)


c0133422_23152266.jpg 練り歩きの最後は石橋商店街。駅東側(箕面線側)で宣伝隊とぬいぐるみが合流し、国道から赤い橋商店街、さらに駅西口からサンロードを通りスーパートーエイでUターンして西口駅前へと歩きます。池田・石橋の通し行進を含め約50人の隊列となりました。



c0133422_2316873.jpg みなさん約2時間のパレード、お疲れ様でした。最後まで「くりはら貴子」さんを訴えつくしましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-21 23:22 | 選挙関連
2015年11月20日(金)

 パリの同時多発テロで妻エレンさんを亡くされたジャーナリストのアントワーヌ・レリスさんがフェイスブックに実行犯へのメッセージを投稿され、世界中の人々の共感呼び、すでに22万回以上も共有されているそうです(私もシェアしましたからこう書いている間にも増えているでしょう)。

 レリスさんはバタクラン劇場でテロリストにエレンさんを射殺されたにもかかわらず、「君たちに憎しみの贈り物をあげない。怒りで憎しみに応えるのは、君たちと同じ無知に屈することになる」と、憎しみに憎しみで返すことはないと表明しています。

 オランド大統領はISによる犯行だとして、シリアでの空爆強化を命じました。米国でも同様です。ISの行為はいかなる理由があろうとも許されることは出来ません。しかし憎しみの連鎖は今後ますます広がる可能性があり、米メディアや専門家からは、こうした動きは「暴力と分断」の拡散を狙うテロリストを利することになるとして懸念する声が出ています。

 また、米空軍の元兵士らは、米国が「テロ対策」と称して世界各地で行う無人機攻撃が罪のない民間人を多数殺害し、憎しみや怒りを広げてISなどのテロ組織を逆に強化する結果となっている、と再考を求める公開書簡をオバマ大統領らに送ったとのこと。

 戦争法を強行しアメリカの空爆に兵たん活動などで協力することにでもなれば日本だってISによるテロの対象となりかねません。憎しみの連鎖がいまのISを生み出してきたのではないでしょうか。

 そんな時に妻を殺害されたレリスさんは、実に感動的なメッセージを投稿されました。戦争法を本当に廃止するために私たちもあきらめるわけにはいきません。廃止のための一歩が国民連合政権です。あらゆる政策の違いを横においてでも戦争法廃止の一点で野党は共同すべきですしその実現を目指したいですね。


 レリスさんのメッセージ全文を紹介します。
 
 金曜の夜、君たちは特別な(素晴らしい)人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だった。でも君たちを憎むつもりはない。君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。君たちは死んだ魂だ。君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは彼の心の傷となっているだろう。

 だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだのだろう。だが君たちの負けだ。私はこれまでと変わらない。

 今朝、ついに妻と再会した。何日も待ち続けた末に。彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。もちろん私は悲しみに打ちのめされている。君たちの小さな勝利を認めよう。でもそれはごくわずかな時間だけだ。妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。

 私と息子は2人になった。でも世界中の軍隊よりも強い。そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければならない。彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。君たちには彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。

Facebookに載った原文以下の通り。

“Vous n’aurez pas ma haine”

Vendredi soir vous avez volé la vie d’un être d’exception, l’amour de ma vie, la mère de mon fils mais vous n’aurez pas ma haine. Je ne sais pas qui vous êtes et je ne veux pas le savoir, vous êtes des âmes mortes. Si ce Dieu pour lequel vous tuez aveuglément nous a fait à son image, chaque balle dans le corps de ma femme aura été une blessure dans son coeur.

Alors non je ne vous ferai pas ce cadeau de vous haïr. Vous l’avez bien cherché pourtant mais répondre à la haine par la colère ce serait céder à la même ignorance qui a fait de vous ce que vous êtes. Vous voulez que j’ai peur, que je regarde mes concitoyens avec un oeil méfiant, que je sacrifie ma liberté pour la sécurité. Perdu. Même joueur joue encore.


Je l’ai vue ce matin. Enfin, après des nuits et des jours d’attente. Elle était aussi belle que lorsqu’elle est partie ce vendredi soir, aussi belle que lorsque j’en suis tombé éperdument amoureux il y a plus de 12 ans. Bien sûr je suis dévasté par le chagrin, je vous concède cette petite victoire, mais elle sera de courte durée. Je sais qu’elle nous accompagnera chaque jour et que nous nous retrouverons dans ce paradis des âmes libres auquel vous n’aurez jamais accès.

Nous sommes deux, mon fils et moi, mais nous sommes plus fort que toutes les armées du monde. Je n’ai d’ailleurs pas plus de temps à vous consacrer, je dois rejoindre Melvil qui se réveille de sa sieste. Il a 17 mois à peine, il va manger son goûter comme tous les jours, puis nous allons jouer comme tous les jours et toute sa vie ce petit garçon vous fera l’affront d’être heureux et libre. Car non, vous n’aurez pas sa haine non plus.
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-20 23:00 | 平和へ
2015年11月19日(木)

c0133422_033309.jpg 今日の池田駅の夕暮宣伝は、いつものダイエー前と、駅2階Nビルとの連絡通路の2ヶ所に分かれて宣伝。プラスターをじ~っと見て反維新を確認されたのか「もう入れててきたよ」と声をかけて下さるなど、何人かの方が投票済みの様子。「お知り合いにひろげてくださいね~!」と言いながら配布。

 明るい民主府政をつくる会は、知事選告示以降連日日刊ニュースを発行(土・日は別)し、今日で11号を数えます。8年間の維新政治がどうだったのか具体的事実を知るにつけそのひどさ、異常さが分かります。自分と意見が合わなければすべて敵とみなし、異常な攻撃をする、およそ民主主義とは相いれない独裁政治に終わりを告げなければなりません。 

 本日の「日刊オール大阪さよなら維新」vol.11は、表面が「オール大阪で前進」、裏面は、対立・混乱、くらし・経済を悪化させる大阪に「後戻りさせる維新」と、維新の会の言う「前進か後退か」に反論する内容です。この間、市民と自民党や共産党が「維新政治ノー」で共同し、勝利した市(堺、貝塚、岸和田、寝屋川など)で、国保料の値下げ、保育料軽減、市民病院の充実、高齢者のお出かけ応援バス拡充など市民サービスが良い方に変化している事実を上げ、一方で嘘とペテンで府民をだましてきた維新政治の実態を紹介しています。何が前進しているのか、後退しているのかがよくわかります。

 選挙戦もあと2日を残すのみ。福祉・医療・教育をつぶすのか充実させるのか、民主主義を破壊するのか守るのか、何を前に進めるべきかを考え選択していただきたいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-20 00:37 | 選挙関連
2015年11月17日(水)

c0133422_1128882.jpg 午前中はママの会の「おしゃべりカフェ」にお呼ばれ。
 幼稚園に子どもを預けているママさんたちと子育て施策について話し合いました。

 こども園になるとどうなるのか、良い面と悪い面を聞きたい、今後もこども園が増えていくのか、小中一貫教育や学校統廃合は今後どうなるのか、小中学校の現状はどうか、先生が不足しているのではないか、事務的な指導になってc0133422_11291797.jpgいないか、学校教育で取り組まれていることは? 中学校給食などなど幅広く子どもたちの環境について盛りだくさんの質問が出されました。

 少子高齢化の中でどの自治体でも子育て支援には力を入れているけれど、一方で規制緩和をして安上がりに済ませる対策もあること、保護者の目線でいろんな声も挙げて欲しい、聞かせて欲しいと交流しました。

 また、学校周辺での不審者情報なども出され、防犯対策についても聞かれるなどママさんたちの危機意識も高まっています。フランスパリのテロの話にも飛び、日本だって危険になってきていること、戦争法はどうしても廃止させなければならないといったところにも話が発展。ママの思いを込めた手書きのタペストリーも披露されました。

 また、誰が市長になるかで、今後子育て支援・医療費助成などに違いがあるのか、近隣自治体や維新府政との違いなど自分たちに係る身近なことをもっと知りたいと、時間の立つのを忘れて約4時間おしゃべりが続きました。知事選の結果によっては維新議員が池田市長選に出るといった話もあるので、まずは知事選で誰が府民の暮らしや子育て支援をしようとしているのか見極め、いい結果をだそう、声をあげていこうと訴えました。

 子育て支援からみても幅広い政治のかかわりが分かっていただけたでしょうか。私も沢山のママたちの関心ごとに多くを学び、宿題も頂きながら午後からの団会議のため席を立ちました。
 ママたちはその後も約1時間、おしゃべりカフェ開店中だったそうです(^^♪
[PR]