<   2015年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2015年8月30日(日)

c0133422_04081.jpg 国会10万・全国100万人行動に呼応して開かれた「おおさか大集会」は、2万5千人が扇町公園に集い立錐の余地なしという状況。開会直前「怒りの渦 国会包囲」の赤旗号外が配られ、国会周辺は12万人が包囲しているとの報告がありました(その後も増え続けているかもしれません)。

 開会あいさつは、ラジオパーソナリティの小山のり子さん(実は高校の先輩)。小山さんは
c0133422_045566.jpg「後悔しないためにここに来た。若者たちに後悔させないために頑張ろう」と挨拶。SADOLとSEALDs関西の若者2人が司会で進められました。

 大阪大学大学院に在籍のリュウさんは「私たちは被害者になるだけでなく加害者になってしまう」と法案の廃案をと訴えました。国会議員は民主党2人、「アベ総理の天敵辻本清美で~す!総理も防衛相も答弁不能なのに答弁強弁する」などとc0133422_062950.jpg会場を笑わせていました。そういえば池田からも民主党の前議員の辻さんも参加されていたようです。

 日本共産党は辰巳孝太郎参院議員が国会で暴露された自衛隊の内部文書の問題、企業から新入社員に2年間自衛隊に入隊させようとするインターンシップ制度の検討問題など国会で追及した内容を紹介しながら、法案は廃案しかないと挨拶。清水ただし衆院議員も登壇されていました。民社党からc0133422_072774.jpgも、又一議員が挨拶。落語家、もと府小学校長会会長、日蓮宗の和尚さん、創価学会の女性からも訴えがありました。久しぶりに梅田弁護士のお話も…(^^♪

 パレードは南天満コース、中崎町コース、西梅田コースの3つに分かれてコールをしながら行進しました。私たち池田組は中崎町コースに参加。3コースに分かれたとはいえ2万5千人ですから、公園を出るまでに1時間以上かかりました。c0133422_0151878.jpg出口では大阪うたごえ協議会のみなさんが「戦争はいやだ♬」と歌声で送り出してくれました。

 すれ違う学生さんから「がんばれ!」と声がかかったり、「戦争はいらない」とポスターを持った小さな子ども連れのご家族がいたりすると、コールにも力が入ります。

 「戦争法案」絶対反対!「戦争する国」絶対反対!「強行採c0133422_0161238.jpg決」絶対反対!民主主義守れ!安倍政権の暴走とめよう!安倍政権は今すぐ退陣!憲法いかして平和を築こう!
c0133422_017412.jpg

[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-31 00:20 | 平和へ
2015年8月29日(土)

c0133422_2463229.jpg 日本共産党後援会・夏まつり実行委員会が主催した「憲法壊し 戦争する国 ノー! 平和・夏まつり」が沢山の市民の参加で成功裏に終わりました。
 午後5時から始まる予定が、1時間も前からゲームや模擬店で遊ぶ親子連れでにぎわいました。

 ステージは予定通り5時からスタート。
 ふれ太鼓で幕を開け、子育てママたちのヒップホップダンc0133422_248168.jpgス、ストリートミュージシャンの歌と演奏、歌声サークルの誘導で会場のみんなと一緒にうたごえタイム。
 
 地元の若手弁護士、佐々木正博さんが戦争法案をめぐる情勢を語り、私たち市議団も「明日の国会10万人・全国100万人大行動に連帯し、大阪の3万人大集会に参加しましょう。池田から、全国津々浦々から声を上げ、戦争法案を廃案に追い込みましょう」とご挨拶。

c0133422_2492168.jpg 共産党参院大阪選挙区予定候補のわたなべ結さんもかけつけ、「私は18歳のときに平和を守りたいと日本共産党に入党しました。憲法を壊し、若者を戦場に送る戦争法案は絶対に許せません。国民のみなさんのたたかいが空前の規模で広がり、私も明日、国会包囲行動に参加します。参院審議でボロボロになった戦争法案を必ず廃案に追い込み、安倍政権を打ち倒しましょう」とあいさつ。
 会場をくまなくまわって参加者と交流しました。

c0133422_2504472.jpg 会場では子どもたちが走り回り、若者とお年よりが語りあう姿も見られます。ところせましと並んだ模擬店はどこも行列ができ早々と売り切れになる店も…。

 今日のエネルギーを力に、明日は少しお天気が心配ですが、大阪・扇町公園の3万人集会に参加します。「戦争法案絶対反対!」「今すぐ廃案!」「憲法守れ!」「9条守ろう!」などと声をあげてきま~す(*^^*)

c0133422_2513350.jpg
c0133422_2522314.jpg
c0133422_2552254.jpg
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-30 02:58
2015年8月28日(金)

c0133422_1254729.jpg
 日本共産党後援会の夏祭りが目前に迫ってきました。

 昨年は市役所前の駅前公園でしたが、今年は池田駅バスターミナル横の「てるてる広場」で開催します。昨年は開催前土砂降りで開会が危ぶまれましたが、スタート時には何とか雨が上がりなんとか楽しく開催することが出来ました。今年は曇りの予報。天の神様どうぞよろしく(笑)

 ★日時・・・8月29日(土)午後5時~8時半の予定
 ★場所・・・池田駅前・てるてる広場

c0133422_1271310.jpg ステージでは、太鼓演奏、子育て中のママさんによるヒップホップダンス、うたごえ、路上ライブなどで活躍中のHEARTさんやMOCOさん、ピアノの弾き語りなど生演奏もお楽しみいただけます。 2度の抽選会もお楽しみに(^^♪

 街中のポスターでお馴染・大阪府委員会の青年学生委員会責任者・わたなべ結さんもご挨拶。私たち議員団も一言づつご挨拶させていただきます。
 弁護士さんからは、戦争法案の内容について訴えがあります。

 模擬店では焼きそば、焼鳥、チジミ、おでんなどの屋台やコリントゲーム、バルーンなど子どもたちの楽しめるコーナー、健康チェック、労働相談コーナー、戦争展などなど多彩な取り組みを準備しています。平和でこそのお祭り。憲法違反の戦争法案NO!へ、楽しくエネルギーを蓄えましょう。

 どなたでもお気軽にお越しください。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-28 08:45 | 平和へ
2015年8月27日(木)

c0133422_15413254.jpg 戦争法案の国会審議は、ますます問題点が明らかになってきています。

 25日の参院安保法制特別委員会では、井上哲士参院議員が沖縄沖に墜落した米軍特殊ヘリに陸上自衛隊特殊作戦群所属隊員が同乗し負傷していた問題を取り上げ、戦争法案先取りのような日米の特殊作戦共同訓練が進められていたことを告発しました。

 この事故機・MH60ブラックホークは、この間パキスタン政府にも通告せずに同国に侵入し、テロ事件容疑者のビンラディン殺害作戦に参加するなど、国際法や国家主権を無視した軍事作戦を行っていたことも明らかにし、無法な米特殊部隊との軍事一体化を進める訓練の中止とともに戦争法案の廃案を求めました。

c0133422_15422411.jpg また、26日の特別委員会では、辰已孝太郎参院議員が、2003年~2009年のイラク派兵時に武器弾薬を含む物資や人員の輸送に民間企業が大きく関与していたことを指摘しその事実を認めさせました。このとき、陸自の内部文書「復興支援活動行動史」に「総輸送力の99%を民間輸送力に依存」と明記されていることも指摘。中谷防衛相は日本航空の利用や、日本通運も関与していたことを明らかにしました。

 中谷防衛相は日本とクウェート間の要員輸送は政府専用機24回に対し、民間航空機で100回、物資の輸送は民間船舶で10隻、民間のアントノフ輸送機でのべ63回などと答弁。

 復興支援でこれだけ民間が関わっており、ましてや集団的自衛権の行使や後方支援となると民間の協力なしではできないことは明らかです。こうした自衛隊に協力する民間企業の「安全確保」もできないことも明らかになりました。

c0133422_15441153.jpg もっと驚いたことは、防衛省が2013年安倍政権のもとで民間企業の新入社員を2年間、自衛隊に実習生として派遣する制度を検討していたことが、防衛省の提出資料から明らかになったことです。資料は「長期 自衛隊インターンシップ・プログラム(企業と提携した人材確保育成プログラム)。企業側の意思で入隊させる形になっているものの、現代版「徴兵制」とも言える重大な内容です。任期の終了まで自衛官として勤務し、一定の資格も取得させた上で、企業に戻ることになっているそうです。

 辰巳議員は「企業を通じて戦地に若者を送るような制度を経営者に提案する。その発想そのものが恐ろしい」と厳しく批判。

 彼らが所属することになる「士」は自衛隊内で最下位の階級で、大きく定員割れする状況が続いているそうです。政府は自衛官の募集で企業や自治体等と連携を強める方針で、実際に池田でも今年は消防職員と自衛官の募集を1枚のポスターにして一緒に募集しており問題です。今後上記の制度が浮上する可能性があり要注意です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-27 15:59 | 平和へ
2015年8月24日(月)

c0133422_026994.jpg 毎年8月24日・地蔵盆の日は池田で「がんがら火祭り」が行われます。昨年は集中豪雨に見舞われ中止になったため2年ぶりの「がんがら火」となりました。

 五月山の中腹にある愛宕神社からもらった火を、1本100キロを超える重さの松明に点火し町内会の若者たちが2基1対で人の字のようにもたれ合いながら市内を曳きまわします。今年で271回目と説明がありました。後ろにがんがらがんがc0133422_027118.jpgらと鳴らす鐘を載せた神輿と子ども松明が続きます。火事場装束の若者たちは火の粉を払っても避けきれず、終わってみれば結構火傷に…。

 松明の燃えた消し炭は、火難安全、無病息災などと便などに取り込んで帰る人もあります。

 同時に、同じ愛宕神社の火を小さな松明に灯し、別の町内c0133422_0275036.jpg会から五月山の大文字焼き、大一文字焼きを点灯するため山に登ります。

 昔は高い建物は建てられないよう高さ制限がありましたから、がんがら火を見ながら大文字焼きを見ることが出来ました。さらに、花火大会も同じ日でしたので猪名川の上空に上がる花火を見ながらがんがらを見、大文字焼きを見ることが出来ましたが、今は大文字焼きがなかなか見えません。電車c0133422_14334974.jpgからは見えるかな?花火は別の日に切り分けたため2度楽しむことが出来ます。

 今年は昨日、今日と2日間にわたり市民カーニバル「いけだ・いらっしゃいフェスティバル」が開かれ、池田小学校の校庭で特設舞台がつくられました。歌や踊り、太鼓演奏など市民夜店ともに大盛況。市役所前ではがんがら火が来るまでチアc0133422_14343616.jpgガールなどいろいろなパフォーマンスが繰り広げられました。

 こんな日に、無粋な会議が入り、最初のチアガールを市役所3階の控室からのぞき見、会議終了後再び市役所前で「がんがら火」を見るという慌しさ。

 白石議員から市役所駐車場で練習中のチアガールの写真をいただきましたのでご紹介します。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-25 00:29 | 市関連行事参加
2015年8月23日(日)…その2

c0133422_0444188.jpg 昨日は、午後、池田茶臼山古墳発掘調査の現地説明会に参加しました。

 近年の風雨により浸食が激しくガタガタになっているため、盛土して復元するための事前調査を実施(6月2日から8月末までの予定)、古墳の保存状況や墳丘範囲が確認されたようで、今日は一般公開で調査員の説明を受けました。教育委員会の担当者と調査協力を依頼した関西大学・文学部考古c0133422_0455198.jpg学研究室の学生さんたちが後円部からくびれ部、前方部へと案内されました。
 
 池田茶臼山古墳は、猪名川流域に点在する古墳時代前期(4世紀)の前方後円墳の一つ。1958年(昭和33年)に発掘調査が行われ全長62m、竪穴式石室を有し、埴輪円筒棺、埴輪列も確認されています。管玉やガラス製の小玉も発掘。結構きれいな青色のガラス玉でした。

c0133422_0485218.jpg 1958年には、古墳一帯の丘陵地が日本住宅公団により住宅開発が計画され、古墳も破壊の対象になっていたそうです。当時、地元の有志の方々により保存運動が展開され、その結果保存が決まったとのこと。運動が起こらなければ池田で最も古いと思われる茶臼山古墳の存在はなくなっていたでしょう。

 今回の発掘調査は、後円部、くびれ部、前方部それぞれの範囲c0133422_0502062.jpgを把握するため、第1トレンチ(南側)から第7トレンチ(北側)を設定し調査が行われました。トレンチとは発掘溝のこと…発掘地域 内に適当な長さと幅をもった帯状の区画を設定し、その部分だけを掘り下げて調査することを意味します。
 この調査で、①前方部からくびれ部の墳丘基底部の葺石は、最下段に人頭台の石材を置き、その上は拳大の小さな石材を積んでいる。一方、後円部は前方部のような石材の用い方をしていない。②基底部から外側に約1mのテラスをc0133422_0541154.jpg設けていたこと。③他の前方後円墳のくびれ部と比べ、本墳は明確な屈曲が見られず、また、前方部部分の平面は、後円部から端に行くと若干細くなる形であること。…が分かったとのこと。

 これらの調査結果をもとに、復元するための予算が組まれることになります。どのくらいの費用がかかるものなのかよくわかりませんが、専門家である山元前議員に聞いてみましょう(笑)。埴輪ってc0133422_051317.jpg人型のものかと思っていましたが、円筒形の土器のようなものでした。技術的なことを考えるなら人型はもっと後世のものなんでしょうね。ともあれ池田の歴史の一コマを垣間見た一日でした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-24 00:54 | 議員活動
2015年8月23日(日)

 昨日は、介護事業所の運営委員会に参加。会議の後半はいつも何らかの学習会をしていますが、今回は熱中症とパニック障害について学びました。

 熱中症は、水分や塩分のバランスが崩れて発症、暑いと体温が上昇し調整機能が働かなくなります。次のような症状があれが熱中症の疑いがあります。

 初期段階は、めまい、立ちくらみ、筋肉が痛む、汗が止まらない。
 次の段階では頭痛、意識が無くなる、体がだるい、頭痛。
 さらに進むと意識が無くなる、歩けない、走れない。

などの症状がある方は早い目にお医者さんにご相談ください。特に救急搬送の約半数が高齢者の熱中症。高齢者の場合温度変化を感じにくくなるため、温度計などを置いて温度変化を確認し、こまめに水分を取ること、エアコンの活用、シャワーや冷たいタオルで体を冷やす、睡眠をしっかりとるなどなど気を付ける様にとのことでした。

 小児・幼児は、背が低く、地面に近いほど温度が高いため、バギーや乳母車に乗せられている子どもたちは要注意です。熱中症になった場合、①よく観察をすること、②服装を選ぶ、水をきめ細かに取る。

 スポーツをしているときは、その環境条件を把握すること。水分補給をこまめに取ることが大事。
応急処置としては、①涼しい場所(風通しの良い場所、クーラーの効いた部屋など)へ避難する。②脱衣と冷却 ③水分補給、状況に応じ塩分補給必要(スポーツドリンクなど)…スポーツをする場合大量の汗と同時に塩分も消失するため…梅干しを食べる人に熱中症はあまりないそうです。

などなど学びました。池田でも連日救急搬送されているとか、みなさんも十分にお気を付け下さいね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-23 23:52
2015年8月21日(金)

 日本共産党大阪府議団と市町村議員団との懇談会に出席。大阪府が府民と市町村を応援すれば府民福祉と大阪経済振興は可能との立場で共に連携し合っていきたいと会議がもたれました。

 府議団として、24項目の内容の予算組み替え動議を出したこと、国保、介護、子どもと教育など大阪府の現状について報告があり、各市町村からも、河川の浚渫、土砂災害、水害対策、国保の共同安定化事業や広域化に関する問題、広域水道事業、子どもの貧困率についてなどなど質問や要望が出されました。

 子どもの医療費助成はこれまで大阪は通院3歳未満と全国最低の水準でしたが、長年の府民の運動が実り、ようやく今年4月から就学前まで引き上げられました。しかしみみっちいことに所得制限を年収860万円から514万円に引き下げ、障害者・ひとり親・子どもの医療など福祉医療を受けている人たちの入院食事療養費を切り捨てるなど、本当に子育て支援、福祉充実など考えているのか疑問です。

 新たに創設された「新子育て交付金」では、成果配分枠…市町村が「府子ども総合計画」に資する事業を実施するものに17億円。優先枠配分枠…府が提示するメニューに沿った事業を実施するものに5億円の予算をつけました。結果、成果配分枠を活用して子どもの医療費助成の拡充をする自治体が増えました。

 通院で中学校卒業年度末まで実施する自治体は昨年度10自治体に対し今年度は21自治体と倍加。さらに寝屋川市と豊能町は高校卒業年次まで一気に引き上げ大きく前進しました。優先配分枠については1件につき500万円までの補助との縛りがあるため、メニューが組めない、使いにくいと不評だとか。

 また高槻市では介護保険制度の改悪により施設入所者の補足給付(減免)を打ち切られた人が29%、利用料の2割負担は14%、とりわけホンのわずかの差で打ち切りや負担増になる人にとってはとても深刻だとの報告もありました。

 これらについては、池田でも実態調査やボーダーライン上にある人たちの負担増対策など検討が必要です。

 朝からハードな一日でしたが、いろいろ参考になりました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-22 01:38 | 議員活動
2015年8月20日(木)

 参院安保法制特別委員会で、11日に小池晃参院議員が自衛隊統合幕僚監部の内部文書の存在を明らかにしたため中断・散会となっていましたが、19日再開。ユーチューブで質疑を見ました。

 中谷防衛大臣は11日の段階では「そういう名称の文書があることは確認したが…」とはぐらかしていましたが結局自分が指示したものであることを認めました。「文書は私が指示した範囲内」であり「内容に問題ない」と開き直りましたが、小池議員は「問題ない」どころか国会にも国民にも何の説明もなく自衛隊が憲法を踏みにじる重大な内容が多く含まれていると指摘し、この日も何度も審議が中断しました。

 内部文書は、日米軍事協力の指針・新ガイドラインで「強化された同盟内の調整」という項目の「最大の焦点」が、「同盟調整メカニズム」と「共同計画策定メカニズム」であると明記。これは自衛隊を米軍の指揮下に組み込む枠組みです。そしてこの中に「軍軍間の調整所」と明記されているとのこと。質問の中で「軍軍間」とは自衛隊と米軍の事であることが確認されました。つまり自衛隊は「軍」として内部文書に記述されているわけです。

 また、内部文書は、国連平和維持活動で「事故の声明を守るためならどのような場面でも武器使用は憲法9条との関係で問題ないとしています。さらに「南シナ海に対する関与の在り方について検討する」との記述もあり、法案審議も始まっていない5月の段階で特定の地域に自衛隊が「関与」することを想定・明記することも問題です。

 小池議員が「法案はおろか、新ガイドラインにも書かれていないことが討幕文書には書かれている。国会で一度でも説明したことがあるのか」と追及しました。

 国会で答弁どころか審議もされていない内容が、自衛隊のもとでどんどん進められていることは重大です。これでは国会審議は通過儀礼にされてしまい、国会を形骸化するという点では与党を含めすべての国会議員が怒るべきでありこの法案はきっぱり廃案にすべきです。

 これらの内容を問題ないとする中谷大臣や安倍首相の責任も問われなければなりません。8月30日は全国100万人の怒りで国会を包囲しましょう。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-20 23:59 | 平和へ
2015年8月19日(水)

 今日は久しぶりに清水ただし衆院議員の国会報告を聞くチャンスに恵まれました。国会審議中ですからすぐに東京にとんぼ返りです。

 清水議員は現在法務委員会。戦争法のように目立ってはいませんが、刑事訴訟法の一部改正案を強行されたことについて報告がありました。

 刑事訴訟法も6つの法案、9つの議案を一括で審議。冤罪をなくすために密室での取調べ可視化は全事件のわずか3%。ところが新たに取り入れたのが司法取引。司法取引は他人の罪を密告することで自分の罪を免じるあるいは減じるもので、これが通れば、自分の罪をなくすためにあらぬ冤罪を作り出す危険があります。

 また、盗聴法についてもこれまで対象を4つに限定し、盗聴の際は通信事業者立会いの下で行う事とされていたものが、窃盗、詐欺、児童ポルノなどありとあらゆるものに拡大されることになるなど問題点が多く、参院でも廃案を貫くとのことでした。

 戦争法案については、8月11日小池晃参院議員が自衛隊の内部文書に8月中の成立を見越し来年4月には施行、PKOや南スーダンなど駆けつけ警護を行えるようにするなど、憲法よりも日米ガイドラインが上にあること、日米共同の司令部をつくる、その司令部のもとに自衛隊を置く、指令部に武器使用の権限を付与するなど問題点が指摘されました。

 日本共産党は1、内部文書問題で集中審議せよ 2、安倍首相や中谷防衛大臣の責任問題を追及すること 3、事の真相を明らかにして統合幕僚長の証人喚問…を求めています。

 また戦争法案の陰に隠れて川内原発の再稼働、TPPへの参加が進められています。労働者派遣法の改悪など進めようとしていることも大きな問題だと指摘されました。
 清水さんいわく「電気は足りているのに原発再稼働、コメが足りているのにTPP参加、本当に足りないものは安倍首相が国民の声を聴く態度」…(笑)  

 久しぶりに清水節を聞きました

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-08-19 23:52