<   2015年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2015年1月30日(金)

 政府は、2015年度の公的年金改定率について、本来なら2.3%の伸び率が必要なところを1.4%マイナスの0.9%にとどめることを決めたとのニュースが飛び込んできました。

 年金改定率は前年の物価に連動させることが原則です。ただし物価上昇率が現役世代の過去3年分の平均賃金改定率を上回った場合は賃金の伸びにそろえることになっているそうです。

 2014年の物価上昇率は2.7%、過去3年分の賃金の伸び率は2.3%ということで、年金改定率は従来なら2.3%になるはずですが、2015年度はマクロ経済スライドが適用されるため、少子高齢化による財政悪化分0.9%を差し引いた数値になるとのこと。しかもその上に、過去の物価下落時に年金を引き下げれれなかったとしてさらに0.5%引き下げるんだそうな。

 そんなわけで年金の伸び率は1.4%引き下げて、前年比0.9%増にとどまるそうです。
 国民年金であれば(満額支給の場合)現在の6万4400円から6万5008円とわずか608円の増額にとどまることになります。標準専業主婦世帯の厚生年金の場合妻の基礎年金も含むと21万9066円から22万1507円となるようです。

 マクロ経済スライドは2007年度から適用する予定でしたが、デフレ時には適用しない決まりがありこれまでは適用なし。今回初めての適用となります。このまま物価上昇が続けばマクロ経済スライドは2043年度まで続け、最終的には厚生年金を今より2割削減、国民年金は3割削減する方針だとか。

 その上、消費税増税、社会保障費の負担増で、いったい国民生活はどうなるのでしょう。高い保険料を40年間支払ってようやくもらえる国民年金は6万5千円。そこからどんどん高くなる、医療・介護保険料が天引きされて手元にどれだけ残るのでしょう。家賃分にも満たない年金額をスライドする前に法人税減税をやめるべきでしょう。国民は霞を食って生きよというのか。大企業の内部留保金をため込むために減税するくらいならただでさえ低い年金を下げるなと言いたい。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-31 01:12 | 福祉・社会保障

2015年1月29日(木)

 連日、インフルエンザによる学級閉鎖の報告が届きますが、今日はついに五月丘小学校が学校閉鎖となりました。閉鎖期間は1月29日から2月1日まで。すでに11学級が学級閉鎖となっており、新たに今日から残りの6クラスも含めて学校全体が休みとなりました。これまで学年閉鎖まではありましたが、学校全部とは…、かなりの猛威をふるっているようです。

 このほかにも呉服小学校2クラス、池田小学校3クラス、北豊島小学校2クラス、神田小学校1クラスが学級閉鎖となっています。

 市内中心部の学校に集中していますが、これからさらに広がるのではないかと心配です。

 私も行かなければと思いつつ、インフルエンザの予防注射を受けそびれてしまいました。これから3月議会や一斉地方選挙で忙しくなる中で、捕まらないようにしなければなりません。

 念のため、今日肩の痛み止めをもらいに行ったついでに聞いてみると、「ワクチンはもうありません。それに注射を打って3週間ぐらいは効果なしだから、マスクとうがいで予防してください。また、おかしいなと思ったらすぐ治療すれば早く治りますよ」と言われました。

 8℃を超える発熱、とてもひどいだるさ、関節の痛みなどの症状が出ればすぐに来なさいとの事。その前に跳ね返せる体力がつけられるかどうか・・・?

 市役所でもマスク姿が多くなりました。人と多く接触する部署では予防のために着けているとか。私もメガネが曇るし、宣伝行動では着用できないけど、頑張ってマスク着けて予防しよう(^^♪

 皆さんご注意ください。

  
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-30 00:37 | 医療・検診

2015年1月29日(木)

 「イスラム国」が毎日のように新たな要求を出してきており、とても深刻な状況が続いています。当初は2億ドルの身代金要求が実現しないとなると湯川さんを殺害したとネットで流し、次はリシャウィ死刑囚の釈放と引き換えで後藤さんを解放するといい、交渉相手が日本だけでなくヨルダンにも委ねられる事態になっています。

 トルコ国境でリシャウィ死刑囚を引き渡さなければヨルダンのパイロットの命が無くなると脅しています。日没まで(日本時間の深夜まで)ということですがあと1時間半余り、事態は重要な局面にあると報道されています。日本政府も、ヨルダン政府も、どんなことがあっても国民の命を守ることが最大の役割。人命救助のため最大限の努力をしていただきたいものです。

 これを機に軍事対応の強化に走るなら、こうした事態はさらにエスカレートし、アメリカの9・11のテロのように日本の国に対してもテロ行為が行われかねません。

 後藤さんのお母さんが、「戦後70年間、憲法9条の下で日本は戦争をしない国として世界に認められている国。だからイスラム国の敵ではないんだ」と訴えられました。だからこそこれまで攻めることも攻められることもありませんでしたが、昨今の安倍内閣の憲法改悪、集団的自衛権行使容認などの動きが、日本は危険な国だといった方向へ見方が変わってきているのではないかと心配されます。

 しっかり平和憲法を守り、世界中に日本の信用を取り戻すことが大切です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-29 22:09 | 平和へ

2015年1月26日(月)
                        c0133422_05961.jpg
 本日午前9時、日本共産党は志位和夫委員長を先頭に衆議院議員団揃って、衆議院事務総長あてに「政党助成法廃止法案」を提出しました。

 昨年末の総選挙で8議席から21議席に躍進させていただいた結果、議案提案権を獲得。早速この力を使って最初の議案提案です。このことで日本共産党以外の政党助成金を受け取っている政党がどのような議論(言い訳)を展開するのc0133422_055923.jpgか国会に注目です。

 政党助成金は、支持しない政党にも税金を渡すという国民の思想信条の自由を侵害する憲法違反の制度です。しかも、労せず手にするという点でも政党を劣化させ、堕落させるものとなっています。

 企業献金をなくすためと言って1995年に導入され、この20c0133422_064334.jpg年間の支払合計は6311億円にも上ります。そして助成金欲しさに政党の基本的理念や政策などそっちのけで離合集散を繰り返し、新たに誕生した政党は60近くにもなるそうです。

 これまで政党助成金を受けた政党は43党、そのうち消滅した政党は33党だそうです。もはやどんな政党ができて何が無くなったのか誰が党首だったのか、名前も覚えられません。そして企業献金も止めずに堂々と受け取り、企業のための政治を行うなど言語道断です。

 日本共産党は、法案の成立のため国民の皆さんと力を合わせて、廃案に追い込みます。そのために署名用紙もつくりました。大いに国民的運動をおこしていきましょう。

 また、雇用問題に関する議案も提出することを検討しており、国民の皆さんに与えられた力をフルに活用して国会に国民の声が届くように奮闘します。送り出していただいた国会議員がどのような論戦を挑むかご注目下さい。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-27 00:07

2015年1月25日(日)

 橋下大阪市長や松井知事は関西財界財界連合会などと設立した「リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会」の第2回総会で、大阪までの開業の前倒しを求める代わりに、地元も応分の負担をする覚悟があると伝えることを合意したそうです。そしてJR東海への支援策として税制や金融面で検討をするんだそうな。

 もともとJR東海は大阪までの延伸は2045年を予定しており、東京ー名古屋間の開業をまず2027年に開通させる予定で進めていますそれを同時開通させるよう18年前倒しさせようというわけです。そのためには府民の税金を使い、JRには至れり尽くせりという事でしょうか。

 府民が、福祉教育切り捨ててまで、リニア新幹線を求めているのでしょうか。いま工事が行われている地域では大規模な環境破壊が行われ採算面でも問題があると言われています。少なくとも私はリニア新幹線の必要性を感じていません。地元負担といってお金使ってまで環境破壊を生み出し、そのことによってさらに災害が増えるような、リニアなど御免こうむりたい。

 「狭い日本、そんなに急いでどこに行く」です。地下ばかりで景色のない旅など楽しくもない。振動が体にどんな影響を与えることになるのかも心配です。いったい誰のためのリニアなんでしょうね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-25 23:54

2015年1月23日(金)

 「イスラム国」と名乗る武装勢力が日本人男性2人を拘束し、2億ドルの身代金を支払わなければ殺害すると警告しました。2人が拘束されている動画の中で、身代金を要求する理由として、日本政府が「イスラム国」対策として2億ドルの資金援助を関係各国に行うことを挙げ、「(安倍首相が)イスラム国から8500㌔離れた場所から、進んで十字軍に参加を約束した」と非難しています。

 今朝は、ジャーナリスト・後藤健二氏のお母さんが「息子の命を助けて」と記者会見をされました。 2週間前に赤ちゃんが生まれたばかりなのに、先に拘束されている知人を救出するために、何が何でもという形で飛んでいってしまったとのこと。

 幼いころから心の優しい子で、いつも「戦地の子どもたちの命を救いたい」いっており、中立な立場で戦争報道をしてきたこと、イスラム国に対しては、「健二はイスラム国の敵ではありません。解放してください」と訴え、日本は戦争をしないと憲法9条に誓った国で、70年間戦争をしていないこと、日本はイスラム教諸国の敵ではなく、友好関係を保ってきたことを伝えようとしておられたようです。

 「不思議でならないことがございます。それは、自分たちの地球を、自分たちの手で壊すということです。原子力、原子爆弾、そういったものを研究して、私どもが感謝しなければいけない地球を壊していく。そして、そこで生活している弱者を悲しみの落とし穴に突っ込んでいく。そのエネルギーがあったら、世界平和のために、それから地球を守っていく、そういった課題になる、将来を抱えた子どもたちのためになるような原子力であり、考え持つべきだと思っております。 私がいまこみ上げてくる涙を隠しておりますが、そのまま語っておりますが、それは、先ほど申しました原子力の問題です。地球を駄目にする、お水も駄目にする、すべてを駄目にする。それを一時の感情でどんぱちやるということ、それをぜひ阻止しなければいけない、そのように思います」

 といった戦争を否定する発言もされていました。

 どんなことがあっても、人命をもてあそぶ卑劣なテロ行為は決して許せません。一日も早い人質の解放を願うばかりです。

 お母さんの発言にあるように、日本はこれまで憲法9条の下で戦争をしない国だと世界に認知されてきましたが、この間の、安倍政権の集団的自衛権行使容認や軍事費増強、憲法改悪に向けての言動が、世界各国の日本に対する見方を変えてきているのではないでしょうか。

 もし、このことを理由に軍事対応を肯定していけば、ますますテロ行為が拡大されるのではないかと危惧されます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-23 23:33 | 平和へ

2015年1月21日(水)

 大阪市の思想調査アンケートについて、職員約30人と5つの労組が市と調査担当の弁護士に約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が大阪地裁でおこなわれ、アンケートの実施は違法とし、計約40万円の支払いを命じたとのニュース。

  アンケートは橋下市長から依頼された野村修也弁護士(当時・大阪市特別顧問)らの第三者調査チームが作り、2012年2月に実施。教職員を除く約3万4千人に22の設問への記入を義務づけました。橋下市長も業務命令だとして「回答しない場合は処分対象になり得る」と職員を脅していましたが、批判の声が高まり中止したものです。

 中垣内裁判長は「懲戒処分という威嚇力を背景に記名式で実施した」「市長の通知は労組活動への参加を萎縮させる効果があった」とし、妥当な方法でなかったと判断。労組活動への参加の有無や活動内容を聞く設問については「職員が『答えると不利益を受けるのではないか』と懸念するのはやむを得ない」とし、労働者の団結権(憲法28条)を侵害したと指摘しています。また、特定政治家を応援する活動への参加の有無に関する設問は、プライバシー(同13条)を侵害したと認定しました。

 この間、大阪市の労組への対応をめぐっては、庁舎内からの労組事務所の立ち退き要求や教育研究集会場として小学校舎を貸さなかったことが問われた訴訟で、いずれも団結権の侵害にあたるとして市が敗訴し、控訴中。橋下市長は判決後、記者団に「当時の市役所の状況からすれば調査の必要性はあったと思っている。控訴して、最高裁の判断を仰いでいきたい」と述べており、憲法違反と指摘された事にはいまだ反省するつもりはなさそうです。

 19日には、保育士さんたちを中心とする59人の「思想調査アンケート」の結審が行われ、3月20日に判決が下されるようですが、ここでも、業務命令と処分で職員を牛耳り、民主主義や働き甲斐を奪ったアンケートが憲法違反であることをきちんと断罪していただきたいですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-22 01:43

2015年1月19日(月)

 文科省が「1学年1学級は統廃合」という公立小中学校の「適正規模・配置に関する手引き案」を公表しました。統廃合の検討の根拠にしようという事のようです。

 公立小中学校は1956年の中教審答申を受けて、1958年にきめた「12~18学級」…小学校では各学年でクラス替えができ、中学校では全教科で教科担任を配置できるという学級数を基準としました。通学は、小学校4キロ以内、中学校6キロ以内の距離をを基準としてきましたが、今回の手引案ではこの基準を維持しつつ、統廃合の場合はバス通学も想定し、通学時間を「おおむね1時間以内」としています。

 特に、6学級以下の小学校、3学年以下の中学校は教育上の課題があるとして「統廃合などの速やかな検討」を求めています。一方、離島や山間部では近隣の学校が遠く統廃合は困難であり、地域の核として学校存続を望む住民が多い、といった理由で存続を決めた場合は、近隣校との合同授業などで課題を解消するよう求めています。

 文科省は「統廃合を進めるのが目的ではなく、自治体が小規模校対策を検討するきっかけにしてほしい」と言っていますが、どうなんでしょう。

 小規模校はクラス替えができず、人間関係が固定化したり、部活動や運動会の集団行事に制約が生じやすいとの声もありますが、なぜこの機会に少人数学級にしようとはならないのか。

 以前、姉妹都市であるオーストラリア・ローンセストン市の方が池田に来られた時、日本が35人~40人学級と聞いて、「クレイジー!」と驚いておられましたが、欧米では20人前後のクラスが当たり前。日本の基地にいる米兵の家族・子どもたちは25人学級だとも聞いています。

 日本でも25人、せめて30人にすればもっと一人一人の生徒の状況を把握した指導援助が出来るのではないでしょうか。必要に応じて近隣校と合同事業や行事を実施している自治体もあるようですが、大事なのは、子どもたちにとって「教育の質の向上」につながるかどうかです。

 行革や財政面ばかりが中心になって、未来を担う子どもたちの教育が、どの子にも行き届いたものになるのかどうかを忘れてはならないと思うのです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-20 00:58 | 教育

2015年1月17日(土)

 阪神淡路大震災から20年。死者6434人、家屋全半壊約47万世帯。死者のうち約8割の方々が倒壊したがれきの下敷きになっていたと言われています。

 20年という歳月が、あの時の危機感を忘れかけていましたが、川向うの兵庫県ほどではなくても池田でも多くの家屋が被害を受け、道路に亀裂が走り、水道管が切れ、全国の皆さんからお見舞いをいただきました。その前年の集中豪雨による水害に続いての災害で、しばらくの間は服を着たまま寝たり、備蓄品を集めたりしたものです。

 当時勤務していた民主商工会でも、婦人部の人たちと炊飯器を持ちより、お結びを握って、単車で兵庫の人たちに届けるために男性事務局が走った事を思い出します。

 NHKの特集ドラマ「20歳と1匹」を見ました。震災で両親を亡くし祖父母に育てられた青年が、災害救助犬・キューと出会い、そのハンドラ―(訓練士)になるドラマです。危険と隣り合わせの救助現場に出かけるため祖父母に反対され、本人も就職のための腰掛のつもりで中途半端な活動をしますが、自分が、訓練場のがれきの中に落ち込み、キューに助けられるところから真剣に訓練士をめざします。

 主人公の名前が「藤原君」ということで、ついつい見てしまいました。NPOのレスキュードッグ協会で訓練士になっていく設定ですが、こういったNPOも貴重な存在です。運営が大変で寄付金を集めながら活動をしていますが、ドラマだけではなく実際にもこうした活動をされている人たちがおられます。

 つい先日安倍政権が発表した予算案の中で、史上最大4兆9800億円の軍事費、しかもオスプレイ5機や水陸両用車30両購入する予算を組んでいますが、これら他国を攻め入るための武器を購入することよりも、この予算があれば公的レスキューを増やし、NPOを支えることが出来るし、阪神淡路の被災者が住んでいる復興住宅を追い出すようなことにはならないのではないかと怒りも感じるところです。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-18 01:35 | 大震災・災害対策

2012年1月15日(木)
                                   c0133422_205165.jpg
 昨年の夏は毎週のように大雨が降り集中豪雨で2度も浸水被害に遭われたお宅もありましたが、私の住む荘園で、以前からちょっと強い雨が降ると玄関先がプール状態になり長靴を履かなければ玄関から出られない(幸い玄関は階段の上に有り床上浸水にまでは至りませんが)という家があり、議員になった時から相談を受けていました。

c0133422_2054366.jpg 下流に畑があり、水利組合が夏場畑に水を引く水路を建設業者(建売住宅)が側溝がわりにしたようで、住宅には雨水用の側溝もありませんでした。畑に水を引くため上流でわざわざ土嚢を積みよそへ流れる水までこの側溝に流していたため、強い雨が降り続くとすぐ溢れてしまいます。

 この間道路の向かい側の側溝にバイパスを通して流れを拡散したり、下流で排水枡を設置したりいろいろ対策を取ってもらいましたが、最近の集中豪雨的な雨はとても対応できず、側溝を深くするには家の基礎を崩しかねないといった問題もありなかなか抜本的対応が取れていない現状にあります。

 そこで、今回は土嚢がわりに上流の枝分かれ部分に取り外しのきく柵を取り付けてもらいました。早速深夜から降り続いた雨で担当課から様子を見に行かれたらしく、今日の雨には効果があったようです。昨年の夏のように4時間も豪雨が続くと降雨量そのものが多いのでまだ心配ですが、少しはマシになるのではないかと期待しています。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-01-15 20:11 | 生活相談