藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp

<   2014年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2014年8月31日(日)

 9月4日の本会議に向けて質問準備のため、控室に行き議案書とにらめっこ。

 児童手当法の改正や子ども子育て関連、中国残留邦人の自立支援、介護の居宅サービス事業者の指定や更新に手数料がかかるようになる問題、国保、介護、後期高齢、一般会計の補正予算などは厚生委員会で審議しますので、本会議では他の議員が質問します。

 私は厚生関連以外の議案について質問することになりますので、今日は市税条例の改正内容についてお勉強。第186通常国会に提出され3月20日に可決・成立した「地方税法等の一部を改正する法案」に基づき、池田市市税条例の一部を改正するものです。市税条例だけで100ページを超える量にうむむ…です。

 市民に直接影響しそうなのが、軽自動車や原付・オートバイなどに係る軽自動車税の大幅値上げです。2015年4月1日施行…来年4月以降に最初の新規検査を受ける新車が新税率の対象です。軽四輪車等小型自動車にかかる標準税率を、自家用乗用車は1.5倍(7200円→10800円)、営業用は5500円→6900円に、その他貨物用は約1.25倍(自家用4000円→5000円、営業用3000円→3800円)。

 原付は50㏄以下が現行の1000円から2000円に倍です。~90㏄は1200円→2000円、~125㏄は1600円→2400円。3輪以上のミニカーは2500円→3700円。125cc超~250㏄の軽二輪は2400円から3600円に値上げ。250㏄超の小型二輪は4000円から6000円に引き上げられます。原付および二輪車については登録制度がなく、新車・中古車の区別が困難だとして軽自動車のように新税率の対象を限定するという措置がないため来年から即値上げとなるのでは…?

 もう一つは重課の導入です。一般的に重課というと罰金のようなイメージがありますが、この場合の重課は、最初の新規検査から13年過ぎた軽四輪車等は標準税率の概ね20%が重課となり、13年経過した時点で一気に1.8倍の増税が科せられることになります。この場合は新税率適用対象外の中古車についても新税率での20%重課が適用されます。乗用自家用車の場合12900円(10800円の20%増し)となるわけです。

 大事に使い節約してこられた人たちに、13年も乗るな早く買い換えろと言わんばかりです。

 一方で、普通の自動車税は自動車業界からの圧力を政府が受け入れ、自動車取得税を軽減(自家用5%から3%へ、営業用は3%から2%へ)しています。今回は税率引き下げですが、消費税を10%に引き上げた時には廃止することが予定されているそうな。また、エコカー減税については環境性能に優れた自動車にかかる税率の軽減割合が、現行75%のものを80%に、50%のものは60%へと拡充されます。

 日本国内の軽自動車の普及状況は新車販売台数で4割近いシェアを占めているそうです。長引く所得低迷の下で、維持費の安い軽自動車が庶民の足となっています。

 今回の軽自動車税引き上げは、自動車業界の要望に応えて自動車取得税を減税・廃止する代替財源確保のための増税に他なりません。エコカー減税の代替が重課の導入です。減税のつけを庶民に回すなどとんでもありません。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-31 23:07 | 議会報告
2014年8月30日(土)
                        c0133422_234517.jpg              文部科学白書2013年度版によると、日本の1学級あたりの児童生徒数は、OECD(経済協力開発機構)の平均を上回り、各国の中で最も多い国の一つとなっています。

 学級編成の基準は、アメリカが24~31人、イギリス30人、ドイツ24~28人となっています。日本では、1980年に40人学級が導入され、2011年にようやく小学1年生に限って35人となりましたが、あとの学年は40人のままです。

 白書は「学級規模の縮小」について「教育環境整備の中心的課題」だとしていますが、政府の2014年度予算では教職員定数を増やすどころか初めて純減させ逆行する姿勢。35人学級は小1に加え、小2のみ単年度予算の措置で教員を配置するだけとなっています。池田では府・市の上乗せで3年生まで35人学級となっていますが、欧米に比べれば日本の遅れは歴然です。

 細河小学校や伏尾台小学校の生徒数が減少して1クラスの学年が出てきたため競争力が低下すると小中一貫校建設が進められていますが、欧米並みに24~30人にすればたちどころに複数学級です。少人数学級ほど先生の一人ひとりに対する目が行き届き、理解力や学力の向上につながります。

 小中一貫校にする理由となった「中1プロブレム」なるものの背景には、授業についていけない子どもたちやいじめにあう子どもたちが不登校になったりしていることがあげられるのではないでしょうか。これらは小中一貫校で改善されるとは思えず少人数学級によって、教師が一人ひとりの子どもたちに目を配り手を差し伸べることの方が効果的ではないでしょうか。

 忙しすぎる教師の解消、競争教育に追いやられ他人を思いやる心を失う子どもたちの解消をするためにも国や自治体は少人数学級の推進が急がれます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-31 02:49 | 教育
2014年8月29日(金)
                                  c0133422_21134110.jpg
 8月24日の記録的短時間集中豪雨による被害状況の確認と、この間市民の方たちから寄せられた要望ご意見をもとに、日本共産党池田市議会議員団は市長に「集中豪雨に対する対応について」の申し入れを行いました。

 上池田の猪名川河川事務所に設置されているテレメーターが計測した雨量は、24日の午後6時までに99ミリ、午後8時には172ミリその後収束しこの日の雨量は177ミリでした。約3時間で170ミリを超ええる雨は広島の180ミリ(2時間)に匹敵し、台風11号を含む8月の雨続きで、大きな被害も予測される豪雨となりました。五月山の土砂災害は畑の天満宮に土砂・落石、渋谷中学は校門前から一部校舎も土砂に見舞われたそうで、予定していた始業式が延期されました。

 今日の話では床上浸水は約10件(五月丘、井口堂、鉢塚あたり)、床下浸水20~30件とのこと。旧市民病院横を走る八王寺川とユニクロ界隈の荒堀川の合流地点(鉢塚1丁目付近)に、20年前と同様浸水被害が出ています。ここでは上流から流れてきた流木が水道管やガス管を傷つけガス漏れ、断水も引き起こしています。合流地点の配管・流木対策など今後改善が求められます。

 しかし、平成7年以来、雨水整備計画に基づき実施されてきた浸水対策が城南、満寿美、神田、石橋地域での大きな浸水被害を防いだことも間違いありません。

 忘れもしない20年前、平成6年6月9日は時間雨量130ミリの雨が5時間も降り続きました。雷が鳴り続けた夜半の被害は、床上浸水624戸、床下1850戸、バイクや車が流され、住宅は2階へ上がる階段の半分位まで浸かった家もたくさんありました。スナックなどもカウンターの上に避難していたとか。平成9年7月13日には時間雨量72ミリを計測する大雨で床上5戸、床下40戸の被害。8月7日にも84ミリ/Hの雨で床上54戸、床下172戸…と3度に渡る集中豪雨が池田市を襲いました。

 当時、日本共産党は被災世帯を訪問し実態を調査した上で、「大雨はなくせなくても水害はなくせるはず」と市民の皆さんとシンポジウムを開き、何ができるか必要か、活発な意見が交わされました。以来、雨水整備計画が順次実行に移され、江原川の改修、八王寺雨水増補幹線(1万2千トンの巨大貯留管埋設)と枝管の接続、石橋第1増補幹線(3千5百トン)などの工事が行われてきました。今回はどちらの増補幹線も満杯状態になり、あのまま降り続いたら路上に溢れていただろうとのことでした。

 開発行為が世界各地で行われ、山の木々が伐採される中、地球温暖化がすすみ、いまではこれが異常気象だと言えない状況にあります。今後、いつどこで集中豪雨が発生するかわかりません。加えて土砂災害の危険から命と財産を守るために何が必要か、知恵を出し合い対策を取ることが急ぎ求められます。

 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-29 21:20
2014年8月28日(木)
                        c0133422_1235024.jpg
 今日は9月議会の告示。これまでの9月議会と比べるとめっちゃ多い議案(決算書並みの分厚さ)。閉会中の8つの会計の決算を除いても21議案あります。そのうち私の所属する厚生常任委員会への審査付託案件は11件もあり、むむむ~!です。

 9月4日(木)の本会議では、自分の所属委員会以外の議案について質問することになっていますから、人事案件を除いて、一人6件ずつ分担すると、厚生委員会以外のほとんどを受け持つことに…。となると後の委員会審議も含めすべてに近い議案について質問の準備が必要です。

 子ども子育て新システム関係を中心に、条例制定6件、条例改正5件、補正予算4件、報告案件(委員会付託なし)2件、そして人事案件3件。

 細河小中一貫校開校に向け、細河小学校、伏尾台小学校、細河中学校の名前が消え、細郷小学校と細郷中学校に変わる条例改正やスクールバス運行費用に関する債務負担行為補正(平成27年度に使う予定の費用)が含まれています。

 とても気になるのは、社会保障・税番号制度推進費としての電算委託料。住民一人ひとりに背番号をつけて一元管理するマイナンバー制度に基づくものと思われます。昨今の政府の動きを見ると、秘密保護法の強行や集団的自衛権の閣議決定強行など、国民の事より別の思惑で進められており個人情報を何に使われるかわからない危険があります。「それは秘密です」と言われたら裁判も起こせない…ということになりかねません。これは総務委員会で審議される内容です。

 ともあれ、これから4日の本会議質問6件、⒑日の厚生委員会で11件の質問準備に追われそうです。「がんばれ俺!」という歌がありますが、まさに「が~んばれ私!」(笑)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-29 01:26
2014年8月27日(水)

 昨夜東京から帰ってくると、池田市災害対策本部からの報告書(速報)が届いていました。

 24日の集中豪雨の避難勧告は、土砂災害対象地域の伏尾台1丁目、伏尾町、五月丘5丁目、畑5丁目、737世帯、1,844人と箕面川周辺地域、井口堂1・3丁目、石橋1・2丁目、住吉1丁目、豊島北1・2丁目、豊島南1丁目、天神1・2丁目の7,819世帯16,450人に対し発令されました。

 被害状況は、床上2件、床下浸水5件、土砂災害現場対応10件、土嚢対応33件、ガス漏れ1件、公共施設2件(渋谷中学校、コミュニティセンター)断水5件(鉢塚1丁目)といった報告。

 避難をされたのは、のべ22世帯77名とのことですが、幸い人的被害はなかったそうです。

 山の土砂、川や水路の水と上からも下からも要注意という事態でした。まだまだ水分をたっぷり含んだ山々ですから今後の雨・台風などにも是非ご注意ください。

 ※なお市役所1階・総合窓口では、罹災証明(自然災害などにより住家などが破損した場合、市町村がその程度を判定し、発行する証明書)の発行手続きを行っています。必要な方は5番窓口までお越し下さい。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-27 23:14
2014年8月26日(火)
                       c0133422_1332013.jpg
 日本共産党茨木・豊能地区委員会と、池田市、箕面市、茨木市、豊能町の議員団が、辰巳孝太郎参議院議員と一緒に政府交渉を行いました。池田市議団からは山元議員と私が参加。

 茨木、箕面の議員団は彩都開発や安威川ダム、新名神高速道路計画など大型開発の中止、見直しを求めて交渉。豊能町は17年にも及ぶ高濃度ダイオキシン汚染物の処理にc0133422_135538.jpgついて国の支援を求めました。

 我が池田市は、先日来の集中豪雨による土砂災害や水害の状況を踏まえ、土砂災害防止法に基づく危険個所の周知や避難対策のみならず、根本的な安全対策を行うための財政出動を求めました。

 土砂災害防止法はソフト面の対策で、住民の命を守るため、危険個所を知らせ逃げる対策を講じるもの。これと住民の財産を守るためのハード事業の両面が必要であること。社会資本整備事業として公金を投じている。大阪府が優先順位の具体的箇所を決め事業を進め、国はそれを支援していく立場であるとの答弁でした。

 ハード事業は対策のための地元の了解や土地の提供を受けるといった問題を含め、一定期間を要するとのこと。ソフト面でも国の補助は3分の1あるそうですから、大阪府へのハード面の対策の申し入れや、ソフト面の避難対策の充実など対策強化にも活用できそうです。

 中国自動車道の騒音対策、大気汚染による呼吸器疾患などへの対策についても申し入れ。3メートルの騒音壁設置と高機能の舗装対策を行ってきたとの答弁がありましたが、大気汚染については初耳とのこと。たしかに8年ほど前に地元の要望を受けて、舗装整備が行われましたが、耐用期間も短いことからいまだ大きな騒音軽減にはなっていない現状を伝えました。一定の対策は必要であり、話があった事は伝えておくとのことでした。

 空港官舎跡地を防災公園に、五月丘の大阪高裁宿舎跡地の活用については保育所や介護施設などに活用できないかとの要望に対し、公的利用の要望があれば時価で売却する。一般公募の場合でも、自治体が地区計画を定めてどのような街づくりにするかが決まれば、まちづくりの条件に沿った処分を行うことになる、との答弁がありました。

 大阪高裁宿舎のほうは3月に財務省に引き継ぎがあり、9月以降公的取得要望を受け付ける。年内までに要望がなければ一般への公募となるとのことでした。また、社会福祉法人であれば、随意契約での処分も可能という事でしたから、保育所や特養、障がい者施設なども可能ということになります。

 財政的には分割や、場合によっては定期借地ということも可能とのことでした。

 池田市が地区計画を定めまちづくり計画を具体化すれば一般への売却にも条件が付けられるということですから、検討する価値はありそうです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-27 01:44 | 議員活動
2014年8月25日(月)

午前中は団会議、午後は財産区審議会。市長挨拶の中で昨日の「がんがら火祭り」断念のいきさつ、猪名川花火大会中止に至る状況、災害状況について報告がありました。

花火大会は、台風11号の後、1100万円投入して河川敷の改修をし観客を入れる予定だったそうですが、その後の豪雨でまた冠水し、河川敷の復旧は難しい事、土手だけでは観客を収容することができず明石のような事故につながりかねないと判断。兵庫県警や池田警察からも中止の申し入れがあったそうです。

370年の節目を迎える伝統行事「がんがら火」は、雨が上がるだろうとギリギリまで決行する予定だったそうですが、雨足が強まる中で主催者が中止を決定したとの事。

今回の集中豪雨は、3時間で170ミリを超える雨量となり、広島の2時間で180ミリに匹敵する豪雨で、五月山で崖崩れの危険がある状況だったが、わずかの被害にとどまったとの事。それでも畑の天満宮で土砂が流れ府道に大きな石が転がり落ちていたそうです。畑3丁目で土砂に埋没したところを雨の中重機で取り除く作業、渋谷中学の校舎にも土砂が流れ込み始業式が延期されたなどの報告がありました。雨による水害は、旭丘2丁目、鉢塚1丁目、神田3丁目、桃園1丁目石橋などなど。五月丘4丁目では崖崩れもあったようです。

詳細はまた報告があるでしょうが、石垣が膨らんでいるところもあり、今後も雨が降り続くとまだまだ危険です。

明日は茨木豊能地域の共産党議員団で政府交渉を行うため、会議終了後上京しました。辰巳コータロー参議院議員と土砂災害対策、中国道の騒音対策、空港官舎や裁判所官舎跡地利用などについて交渉に臨みます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-26 00:09 | 議会報告
2014年8月24日 (その2)

 19時44分、池田市から避難勧告情報が発表されました。土砂災害警戒情報、記録的短時間豪雨予報が発表されています。また、箕面川流域も洪水警戒区域としています。

 対象地区は、伏尾町全域、伏尾台1丁目、吉田町の一部地域、五月丘5丁目、畑5丁目など五月山南斜面山麓ぞいの地域に加え、箕面川沿いの地域です。これらの地域には市の公用車による広報やエリアメールで避難を呼びかけています。

 避難場所は、伏尾台第1コミセン、細河小学校、人権文化センター、池田会館、五月丘会館、南畑会館

土砂災害警戒区域にお住まいの方は避難行動を開始してください。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-24 19:52 | お知らせ
2014年8月24日(日)
                                    c0133422_1922852.jpg
 恐れていたことが起こりました。8月に入り週末になると雨が降って夏の祭りや盆踊りなどことごとく雨にたたられてきました。

 朝のうちは晴れていたので、池田市夏の最後のイベント「がんがら火祭り」はなんとか夏の最後を飾れるかと思っていましたが、午後に入って小雨が降り出し、このくらいだったら大丈夫だろうとc0133422_1923567.jpgタカをくくっていたら、時間が経つにつれ雨粒が大きくなり土砂降りに。誰もが「がんがら火」も諦めたとき、ついに大雨洪水警報。続いて土砂災害警戒情報も出る羽目になってしまいました。
                                     
 いつも水路が溢れる家に行ってみると道路迄溢れていました。すぐ担当に連絡しましたが、その他の水路もみるみる水量が増えており手がまわるかどうか?ついに一庫ダムの放水も決めたc0133422_19245284.jpgそうです。また猪名川グラウンドは冠水するでしょうね。

 例年は8月の地蔵盆であまり雨が降ることはなく、「がんがら火」が中止になったのは私が池田に住んで初めてではないでしょうか。異常気象は今年だけのものではなくなってきました。土砂災害で先日避難勧告が出たばかり。地盤が前よりも緩んでいる可能性があります。緊急車両が走る音が何度も聞こえます。川のそば、山のそばにお住まいの方、これから夜になり雨が降り続くと、要注意です。市役所には対策のため関係者が詰めかけていますが、指示に従って安全にご注意ください。

 池田市から避難準備情報が発令されました。

【伏尾台1丁目、伏尾町、畑5丁目、五月丘5丁目の一部】池田市に土砂災害警戒情報、記録的短時間豪雨予報が発表されました。 土砂災害警戒区域にお住いの方は避難行動を開始してください。 (避難所)伏尾台第1コミセン、細小、人権文化センター、池田会館、五月丘会館、南畑会館
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-24 19:14 | お知らせ
2014年8月22日(金)
                         c0133422_0222541.jpg
 週末になると雨模様になる昨今、地域の盆踊りや猪名川花火大会も中止になり、さんざんの夏ですが、8月24日(日)は池田市最後の夏のイベント「がんがら火祭り」が行われます。本来は「がんがら火」が伝統的名称だそうですがいつの間にか火祭になったらしい。さてお天気は大丈夫でしょうか?

 がんがらがんがら…八丁鉦や半鐘を打ち鳴らす音に導かれた大松明がまちを練り歩く。降りかかる火の粉をものともせず、ひたすら歩む、勇壮な男たち。
そんな池田の夏の夜空を焦がす火の祭典「がんがら火祭り」をご覧下さい。

c0133422_022545.jpg  呼応して23日~24日は池田市民カーニバル いけだ・いらっしゃい祭りも開催されます。池田小学校と市役所正面玄関前が舞台となります。猪名川花火大会が中止になったぶんこの2日間でお楽しみください。

 池田駅前てるてる広場では、「てるてるビアガーデン」開催中。こちらも歌とお食事をお楽しみいただけます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-08-23 00:35

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara