2012年8月31日(金)

 30日、9月議会が告示され、議案書が発送されてきました。そのうちのほとんどは平成23年度の決算書と関連資料ですが、これらは10月の決算委員会で審議しますので、また封筒の中へしまい込み、議案書を開き、議案チェック。

 報告案件1件(平成23年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率)、委員会付託議案13件(内4件は特別会計と一般会計の補正予算)、人事案件4件でしたので、議員団3人で本会議質問の分担をしました。

 健全化判断比率は、イエローカードに相当する早期健全化基準も、レッドカードに当たる財政再生基準も大きく下回っており、資金不足もないため経営健全化基準もクリア、と今のところ心配のない状態であることが報告されています。

 主な議案としては、一般会計補正予算で小中学校の耐震化予算を計上。これにより学校の存続が決まるといえるでしょう。昭和56年以前建築の民間木造建築物の耐震補助の予算も耐震診断、耐震設計、耐震改修に対する補助金が追加されています。

 新たな事業として、独居高齢者や障がい者、生活困窮者など地域で孤立していると考えられる人たちの情報を受けるための専用電話相談窓口を設置し、地域住民や民間業者などから通報を受けたら直ちに現場に駆けつけ安否確認をするという「見守りホットライン」をつくるようです。

 長寿祝い金を受ける基準日を、年1回(9月)から満88歳、満100歳、満101歳以上のそれぞれの誕生日月の初日に変更する長寿祝い金条例の一部改正もでています。これは数年前に地域の方の声を受け日本共産党議員団が議員提案した内容同様ですから喜びたいところですが、一方で満100歳の祝い金額10万円を5万円に減額する内容も含まれており、その対応に悩むところです。

 公民館の建替えに関する請負契約。設計図面も添付されています。畑3丁目の動物霊園予定地だった土地を五月山山麓・山間緑地保全事業用地として購入。

 市税条例の一部改正では、年金所得者の申告手続きの簡素化、東日本大震災からの復興増税、市タバコ税率の引き上げなど気になる内容が含まれています。

 本会議でその概要について質問をし、常任委員会で審議を深めます。

 ぜひ傍聴にお越し下さい。9月6日の本会議から審議スタートです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-31 23:38 | 議会報告

可愛いフラダンス

 2012年8月30日(木)
                                   c0133422_1421797.jpg                                     
 昨日は、「夏の縁日ふく祭」にちょっとだけ参加してきました。洋服の青山・駐車場にテントを張り屋台やゲーム、イベントなど午前11時から午後8時まで1日がかりの夏祭りです。

 私は、午前中相談に来られる方があったため、昼食を兼ねて見学に行こうと井口堂までバイクを走らせました。子どもさんをかかえて若いお父さん、お母さんが次々訪れて最後の縁日を楽しんでおられました。
                                     
c0133422_1404371.jpg 昼食代わりに、ハイカラ焼とたこ焼きを食べ、野菜とおかき(どういう取り合わせ?)を買って、舞台で始まったフラダンス…大人チームのしなやかさも素敵ですが子どもチームの可愛さはマネできませんね…を見て雨が落ちないうちに帰りました。3時ごろとうとう雨が降り始めましたが大丈夫だったでしょうか。実行委員のみなさんご苦労様でした。


 そのころ私は別の方の相談を受けていました。5年前に亡くなられた母親の財産相続についてです。法定相続人は本来その子ども7人(男子4人・女子3人)ですが、男性4人はすでに亡くなっており、子どものいない3男と4男を除き、長男の子3人と次男の子2人、姉妹3人の8人が相続することになっている様です。

 長女が一旦代表で母親の預金の名義を変えて受け取り、その後分ける予定で実印と印鑑証明を集めていましたが、長男の子ども3人がどうしても押印してくれないこと、普通預金は長男の子どもによってほとんど引き降ろされている様子であること、もめていることを知った信用金庫から新たな書類が送られ、相続人代表から相続人一人ひとりに分割できる用紙に変更し、改めて相続人の捺印を求めてきたことなど、手続きが少しも進まず困っておられました。

 「このままでは、誰にも相続財産は手に入らず銀行だけが喜ぶことになる」ということを相手に伝え、分割協議書を示すなど内容を明らかにしてもう一度話し合うこと。それでも応じなければ弁護士に相談することをすすめました。

 自分が作った財産でなく親の財産なのに、何故すんなり捺印しないんでしょうね。家族が多いとそれぞれの家庭の思惑があるようで大変です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-31 01:39 | 生活相談

「他法活用」

 2012年8月29日(水)

 相談活動をしていると、「他法活用」という言葉に出会います。他の法律を優先して活用せよといった意味で使われます。

 例えば、生活保護を受ける場合、年金を受給することが先、児童手当・児童扶養手当を先に貰うこと、給与所得者が失業した場合、雇用保険や「住宅手当」を先に受けること…など等他の制度をまず使いそれでも最低生活の基準に達しない場合その不足分のみ受給する。あるいはそれらを活用した後に保護を申請することになります。

 児童扶養手当の申請についても「他法活用」が原則となっていました。

 約5年前、離婚をして一番下の娘さんを連れ池田の実家に帰ってこられた方がありました。上の子どもさん2人が大学に通っており卒業するまで東京に残ることになりました。しかし結局、東京の子どもさんが心配で、娘さんを実家に預けて母親だけ東京に戻りました。

 このほど実家の父親(子どもにとってはお爺さん)が無くなったこともあり、いろいろ手続きをする中で、養育者(実家の母)が非課税のため児童扶養手当受給に該当するのではないかと相談に行きました。所得要件は満たしていましたが、扶養する側が年金受給者だったため対象とならないことがわかりました。

 「他法活用」ということで、金額の多寡に係らず公的年金受給の場合二つの制度を同時(2重)に使えないということでした。この方は国民年金でしたから、年金額は少額で所得金額だけならOKという状況です。これが給与所得であれば問題なく受給できていたでしょう。

 本来、生活が苦しいため児童扶養手当を申請するわけで、所得によって全部支給であったり部分支給となったりしています。それが年金であれば、金額が低かろうが対象外というのは受給者の立場になると理不尽に思えます。

 「他法活用」…この場合は制度の2重取りはダメよということですが、公的年金まで「他法」に加えるべきではありません。給与などと同様に所得として見るべきではないでしょうか。もちろん制度(児童扶養手当)内容に問題があるため制度そのものを変える必要がありますが…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-30 00:10 | 生活相談

民主党の悪政極まれり

 2012年8月28日(火)

 民主党が悪政強行をどんどんエスカレートさせています。

 消費税増税法案に続いて、衆議院の定数削減法案を、28日の衆院本会議で全野党欠席のもと民主党のみで強行可決しました。

 議会制民主主義の土台であるはずの選挙制度法案を、与党単独で強行採決することは憲政史上例のない暴挙です。

 選挙制度の原則は、主権者である国民の多様な意見が国会の構成に正しく反映されることです。現在の小選挙区比例代表並立制(小選挙区300、比例180は、大政党に有利な小選挙区が中心で、最も民意をゆがめるものとなっています。それを多少なりとも緩和させるために比例代表制度との並立にしたのではなかったでしょうか。

 1票の格差を生む小選挙区こそなくすべきで、この間開かれてきた各党協議会でも、民主党以外のすべての党がこの制度の抜本的改正が必要だということで一致しています。

 ところが民主党は民意をゆがめる小選挙区制度を固定化し、国民の多様な意見を最も反映できる比例定数を更に70議席(もともとは80)削減して、小選挙区の半数以下にしていこうという内容です。、“4割台の得票で7割の議席を獲得できる”という小選挙区制度は国民の投票した半分以上が死票となりこの制度こそ廃止すべきです。

 今国民の過半数が消費税増税に反対し、原発から自然エネルギーへの転換を求めています。これらの意見がほとんど死票とされ国民の意見が国会から締め出されることになります。

 消費税増税で国民に痛みを押し付けるので、身を削らなければならないと言いますが、比例定数削減は身を削るどころか民意を削ることになります。身を削るというなら何故「政党助成金」をやめると言わないのかと言いたいですね。

 今のところすべての野党が反対している中で、衆議院は通過しても参議院では過半数いない民主党だけでは強行できないため法案成立は難しいでしょう。しかし消費税増税で手を貸した自民党、公明党が最後まで踏ん張れるでしょうか。解散のためなら何でもするという党利党略は国民が許しませんよ。キッパリ撤回させましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-29 01:10

雨水対策あれこれ

 2012年8月27日(月)

 最近、インターネットの接続が悪く、昨日はメールもブログもお休みでした。

 この間、沖縄では台風で大変でしたが、池田はピタッと雨が降らなくなりました。少しぐらいは降ってくれたほうが涼しくなるのですが、降る時は手加減無しのどしゃ降り雷雨。困ったものです。
c0133422_23272733.jpg
 雨が降るたびに浸水の不安があった姫室・桃園を流れる水路については、浸水を避けるためサイドを嵩上げすると同時に水量を減らすため、別の水路に流すよう分岐する計画を考えていると報告がありました。ご近所の方もホッとしておられます。一日も早い工事を期待しています。

 神田では、側溝が浅く、両サイドからも道路からも雨水が流れてくるため、一段高くしている店舗の入り口まで雨水が押し寄せてくると相談があり、現地を確認の上何らかの対策を検討して欲しいと訴えました。3年前から悩んでいたそうですが、台風シーズン到来でまだまだ不安が続きます。

 ゴロゴロとなるたびにマンホールの蓋を開けに行かなければならないので大変です。台風までに一定の対策が間に合えば良いのですが…。

 一方、市民病院の裏口、休日急病診療所の入り口のひさしの雨漏りは手直しが終わったようで、「頭上雨漏り注意」の張り紙をした赤いコーンがなくなっていました。これで安心して出入りできます。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-28 00:28 | 生活相談

地蔵まつり

 2012年8月25日(土)
                                  c0133422_23998.jpg
 天神子ども会主催の地蔵祭にご案内いただき、昨日の地蔵盆には参加できませんでしたが、今日の夜店にお邪魔しました。

 昨年は雨で、ブルーシートをはりながらの夜店でしたが、今年は幸い良いお天気で親子連れの参加が多く、ゲームや金魚すくいに興じていました。
                                   c0133422_23103972.jpg
c0133422_23113434.jpg 折り紙を教えておられたのでのぞいてみると、腕時計とハートマークの指輪の折り方を教えておられました。子どもたちは腕時計を選択、お母さんは指輪作り。作り方の工程も置いてありそれを見ながら作ります。私もひとつ作ってみましたが、小さく何度も折り曲げるので指先が器用でないといけません。途中から手助けしていただきました。    c0133422_23123318.jpg               

 晩御飯のおかずにおでんを買って帰りました。

 地蔵盆が終わるといよいよ夏も終りかな~。提灯をぶら下げ盆踊りや夜店、これも夏の風物詩。来週はもう9月です。また議会が始まりますね~。キンチョウ(緊張?)の秋(夏)…ナ~ンてね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-25 23:13

 2012年8月24日(金)
                                   c0133422_2122364.jpg
 がんがら火祭りと大文字焼で、駅前周辺~市役所前は人で一杯。午後6時ごろから市役所前ではもう座り込んで場所取りをしている人たちが沢山。

 私は、例年通り、整骨院の帰りに少し見学。今年は少し遅くなったため諦めかけていましたが、幸いNビル前で市役所に向かう松明に出会いました。消し炭はありませんが、家内安全、火の用心…。

 今日は、金曜日ですので夕方宣伝を行いましたが、人出が多いため短時間でビラも無くなってしまいました。原発再稼動ノーの行動が今週も官邸前や関電前で続けられています。

 22日に首都圏反原発連合メンバー11人と野田佳彦首相が面会したそうですが、平行線で終了したとのこと。面会時間はわずか20分。首相は20日、ロンドン五輪選手団への感謝状授与式と懇親会で約1時間を割いていたそうですから、参加者からは「オリンピック選手なら会うんでしょうが、なめられていると思った」「一種のパフォーマンスに過ぎない」「抗議活動は原発をやめるまで続ける」「首相の対応は型通り」などの声が…。

 今日の官邸前抗議行動では、午後6時になると、野田首相と面会したメンバーが「私たちの主張を説明しても首相は無表情で聞いているだけ。誠意が感じられなかった。私たちは今後も粘り強く脱原発を訴えていきます」との報告に拍手が湧き起こったそうです。首相の行動は、行動参加者に新たに「火」をつけたようです。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-25 02:14 | 原発・平和問題

大阪桐蔭優勝

 2012年8月23日(木)

 高校野球決勝は、大阪桐蔭が3―0で青森の光星学院を下し頂点に立ちました。史上7校目の春夏連覇だそうです。大阪桐蔭は夏は4年ぶり3度目の優勝。光星学院は3季連続準優勝となり、東北勢初の甲子園大会制覇はまた先送りとなったようです。

 一昨日、高知出身の方が明徳義塾の試合を見てきたとと言いつつ、準決勝で大阪桐蔭と当たるので困ったと言っておられました。おそらくどちらを応援すればよいのかということだったのでしょう。大阪勢の優勝も4年ぶりとのことで今日はきっと喜んでおられるでしょう。

 今年はオリンピックで人々の関心が高校野球から遠ざかっていましたが、決勝戦は大阪勢と東北勢との戦いとなりそれぞれの地元は盛り上がったのではないでしょうか。

 29日からはパラリンピックが始まり9月9日まで12日間開催されるそうですが、マスコミの取り上げ方にもオリンピックとの差がありそうです。こちらもしっかり応援したいですね。17競技・135人の日本選手が参加するそうです。

 国会では、衆議院の定数削減法案が全野党欠席のまま審議強行。次回衆院選で、小選挙区0増5減、比例定数40減更に次々回の衆院選までに比例定数35減とする内容です。民意をゆがめる小選挙区はあまり触らず、投票内容に沿った結果をだす比例定数の方は75議席も削減するなど、少数意見を尊重する民主主義の観点から大きく逸脱する削減案です。

 消費税増税法案に続き、今のうちに悪法を通してしまおうというなりふり構わぬ民主党政権。いまや自民党政治との違いは全くなくなってしまいました。ここまできたら一日も早く解散をし、国民の審判を仰ぐべきです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-23 23:45 | 徒然なるままに・雑感

虹を見ました

 2012年8月22日(水)
                                     c0133422_028380.jpg
 昨夕、虹を見ました。珍しく夕立のない日が続いていますが遠くで雨雲らしい雲の上に虹がかかり、思わずバイクを降りてカメラを向けました。

 1人で発見しても楽しくないので、信号待ちの小学生らしき子どもたちに「虹だよ!」と声をかけると、「ホントや!」と歓声を上げてくれました。きれいな虹を見ると、何となく心が浮き浮きしますね。

 虹は基本的に七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)だと思っていましたが、実は虹色=七色というのは世界共通の定義ではないそうです。地域や時代によって内容が違ったりする。例えばスウェーデンでは六色(赤・黄・緑・青・桃・藍)とのこと。橙がないんですね。
 
 また、山頂や上空にてブロッケン現象(太陽を背にして立ったとき、自分の影が前方の雲や霧に映り、その周囲に色のついた光の輪が見える現象)によって円形の虹が見える事があるそうです。また夜間には月の光で虹が見えるというケースもある(月虹)らしい。月虹は太陽光と違い光が弱いので基本的に白色にしか見えないとのこと。一度見てみたいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-23 00:31 | 徒然なるままに・雑感

節電の夏

 2012年8月21日(火)

  家庭や企業の節電が成果をあげているとのニュース。いつも以上に暑い夏になりましたが、関西や九州などで準備した「計画停電」は一度もなく、全国の電力には余裕があるとのこと。このまま節電を続ければ、原発を動かさなくても夏を乗り切れた可能性があるとも…。

 電気事業連合会が7月の販売電力量を20日にまとめたところ、全国10電力のうち東北電力を除く9電力で昨年7月より減ったそうです。

 このうち家庭向け中心の「電灯」は、電力不足のおそれがあると宣伝された関西電力で昨年7月より16.9%減少。節電目標がない東京電力でも14.5%減り、全国の家庭で節電が広がったとのこと。

 新聞の投稿欄を見ても、出来るだけエアコンを使わず節電をしているといった記事が数多く見られます。

 玄葉光一郎外相は21日、福島県石川町で講演し、将来の原発依存度について「2040年に0%」という構想を示しました。政府は8月末の新エネルギー政策決定に向け、30年の原発比率を「0%」「15%」「20~25%」の選択肢を示したばかり。

 原発ゼロへの方向性は出したものの20年後、30年後では話になりません。パフォーマンスではなく計画内容を明らかにし、その実現のために努力することが求められます。ドイツでも10年以内で計画的にゼロにしていくことを明らかにしています。ましてや市民の節電協力で原発が必要なかったとされる関西電力は、もっとも多くの原発を保有しており危険度は一番高いといえます。その関西電力で電力不足の心配がなくなったのであれば率先して脱原発計画を立てるべきです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-08-22 01:12