藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 2012年1月31日(火)

 金融庁は、中小企業金融円滑化法の期限を2013年3月末まで1年延長すると発表しました。

 この円滑化法に基づいて、金融機関には引き続き、中小業者や住宅ローンの借り手に対し金利引き下げなど条件変更等に応じる努力義務が課せられます。…住宅ローンの返済が厳しいと銀行に相談すれば、銀行は金利を下げるなど相談に応じなければならないということです。

 民間の銀行だけでなく、政府系金融機関や信用保証協会にも借り換えや返済猶予など中小業者への経営改善支援をおこなうよう努力義務、実施状況の報告義務を負わせることも決めました。

 昨年(一昨年?)後援会ニュースで「住宅ローンの金利が下げられます」と紹介したところ、ご自分で銀行に掛け合い「金利が下がりました」といった報告が寄せられていました。年末の市長選挙のときに「実は…」と金利が下がったことを教えてくださった方もありました。

 これがもう1年延長ですから、住宅ローンの金利が高いと思っておられる方は一度銀行に掛け合ってみられてはいかがでしょう。中小業者の方も融資の返済に悩んでおられる方は是非挑戦してみてください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-31 23:48 | お知らせ
 2012年1月30日(月)
                                  c0133422_0505244.jpg
 荘園で、半年ほど前に舗装を依頼していた道路の工事が先日完了し、相談を寄せておられた方から「これで安心して歩けます」と喜びの電話がありました。

 道路がフラットでなく、雨が降ると水が溜まり、押し車を押して歩く高齢者にとっては歩行が大変だとのことでした。

 かく言う私も、先日よそ見をしていて転んでしまいました。思わず立ち上がりなんでもないふりをしましたが、足元を見ると、止水栓の周りがへこんでいました。バランスが取れなかった自分にもがっかりですが、これは高齢者にとっては安心できないなと考えさせられました。

 車の出入りが多いところは道路の痛みも激しく、段差や亀裂が走っています。マンホールとアスファルトでは材質も強度も違うわけで、数年立てば段差が出来るのも仕方のないことです。維持管理を計画的に行うのが行政の役割ですが、すみずみまで目が行き届きませんので、気がついたところから手直しということになるのでしょうか。

 狭い道では歩道も取れませんし、私道では行政の手が届かず、一気には進みませんが、高齢者も子どもたちも安心して生活できるバリアフリーのまちづくりが急がれます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-31 00:52 | 生活相談
 2012年1月29日(日)
                                    c0133422_1562040.jpg 
 市教委主催の「池田教育フォーラム」、午後の特別講演とパネルディスカッションに参加しました。

 特別講演は「京都市の教育改革」と題して東山開晴館の初田幸隆校長が、小中一貫校に至った経緯と教育目標などについて約1時間半の講演。
                                    
                                     c0133422_157097.jpg
 東山開晴館は2中学校と5小学校を、開晴小学校と開晴中学校に統合し開校して1年になります。生徒数870人、3~4学級×9学年+育成学級5学級・45人ということですから1学級30人前後でしょうか。教職員は約100人とのことで、一人の教師が10人前後の子どもたちを見るというゆったりした教育環境です。入学式は小学1年生のみ、卒業式は9年生(中学3年)。6年は修了式、7年は進級式になるとか。 

 統合前は一クラス一桁という状況が幾つもあり、6学年で33世帯・47児童数だったそうです。私立に行かせる家庭もあり、子どもたちのために何とかしたいと地域に相談をし、PTAと地域の合意形成のもと統合に踏み切ったとのことでした。

 池田の小中一貫校構想と決定的に違うのは、あまりの少子化に「子どもたちのために」とPTAが立ち上がり地域を動かし統合を決め、その過程で、ならば新設校は小中一貫校に、と決めたところです。
 池田は教育委員会(市)が計画を立て保護者も地域も教職員も納得しないうちに小中一貫校を押し付けようとしており、全くスタートから違います。児童数も東山開晴館は小中全部足しても池田小学校ひとつの人数です。

 2中学校区7校がひとつですから通学も路線バスを利用します。ここには教職員が朝7時半から4つのバス停に2名づつ配置され、集団登校で中学生に小学生を見守るよう自尊心を高めながら通学させているとか。帰りも教職員が子どもを連れ、各バス停に降ろすところまで責任を持っているそうです。
 通学路の危険箇所は事前に調査し、PTAや地域の人たちが見守り体制をとっています。学校挙げて、保護者、地域ぐるみで子どもたちを守っています。

 素晴らしいことですが、大変なことです。教職員の負担は計り知れません。今後は退職教員などの協力も考え、教員本来の仕事ができるようにしたいということでしたが、つまり、今はまだ先生たちの献身的な努力で成り立っているということではないでしょうか。地域の方もそうです。今はまだ1年目ですからみんな一生懸命ですが、長続きするのかとちょっと心配です。

 870人に対し100人の教職員ですから先生方の負担も違うのかもしれませんが、池田の場合一体何人の教職員配置になるのでしょう。

 パネルディスカッションは、東山開晴館の初田校長と、学校運営協議会(保護者)の村岡さん、池田からは細河小学校の西村校長と細河中学校PTA会長の吉岡さん。この人選については意図的?か石橋小、中の代表はなし。1600人もの日本一のマンモス校になる石橋や1200人にもなる計画の北豊島はいませんから、マンモスになる問題は全く話し合われず、会場からの質問タイムもありませんでした。東山開晴館に対し、もっぱら細河側が質問をするといった内容でした。

 確かに、子どもたちを中心に、年齢ごとに教育目標を持ち、大人たちが支えるという素晴らしい話でしたが、子どもたちの意見や教職員の意見も聞いてみたいものです。

 また、同じように池田で出来るかといえば、まだまだ疑問が残されます。東山開晴館のように、保護者も地域も教員も、みんながひとつになるまでは急いですすめるべきではないということが再確認されました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-30 02:01 | 教育

差押の法的根拠は…

2012年1月28日(日)
                                   c0133422_0161077.jpg
 社会保障推進協議会近畿ブロック主催の「近畿国保運動交流集会」に参加しました。大阪、滋賀、京都、兵庫、奈良、和歌山の各地から約120名が大阪市内の会場に集まりました。

 講演は、楠晋一弁護士による「国民健康保険料(税)差し押さえの法的根拠と判例」。

 はじめに、日本政府が国連に対して行った政府報告と、現実とのギャップについて事例を挙げて話されました。

 日本政府は、「すべての国民がいずれかの公的医療保険制度に加入し、いつでも、どこでも、誰でも、適切な医療を受けることができる国民皆保険制度が実現されている」と報告していますが、現実には国保料滞納者に対する差押、短期証・資格証の交付、国保料の高額化による医療抑制などいつでも誰でも適切な医療を受けることが出来ているとは言いがたい実態があると訴えられました。さらに言うなら保険に加入しない無保険者もあり、資格証発行で事実上の無保険者が増えており、皆保険制度が崩れかけています。

 今日は、差押の法的根拠についての話がメイン。
 国保加入者は、国保法(税の場合は地税法)により保険料を支払うことが定められています。支払わなければ、滞納処分を受け、財産が差し押さえられ、お金に換えて滞納している保険料の回収に充てられます。徴収については国税徴収法の規定が準用されます。

 滞納処分を行うためには差し押さえるべき財産がなければなりません。そのために財産調査が行われるのですが、徴収法基本通達では、「質問の内容及び検査の方法は、財産の状況等を明らかにするために必要であると認められる範囲内に限られる」となっており、金融機関などに支店名等の特定をせず、のべつ幕なしで調査をしてはいけないことになっています。実際の調査方法はどうか確認する必要があります。

 徴収法75条~78条には、生活に欠くことが出来ないものなど、差し押さえ禁止財産が規定されています。給与・年金には計算方法があり差し押さえ禁止額が定められます。特別法によって禁止されている主なものには、生活保護金や障害者自立支援給付、児童手当、児童扶養手当、後期高齢医療給付、雇用保険給付、こども手当てなどがあります。

 ところが、各地で滞納していた国保料を生活保護費から払わせたり、こども手当ての振り込まれたその日に預金を差し押さえたりと違法性の高い差押が行われています。池田市の場合でも生活保護費から分納を指示された例があります。

 自発的納付を強要する場合があるそうですが、イヤイヤ払うのは自発的ではなく、厚労省も好ましくないとしています。差し押さえの同意についても強要させてはなりません。

 池田市の場合はどうか、最近、徴収強化や差押件数が増えていますので確認する必要がありそうです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-29 00:16 | 福祉・社会保障

タイルは滑って危険です

 2012年1月27日(金)

 神田小学校に行く用事がありました。玄関に向かうと、タイル敷きのエントランスが小雨で濡れて滑り足に緊張感が走ります。ところどころはがれてコンクリートの部分がありますが、このほうが滑らなくてホッとします。

 以前に校長先生から、このタイルが危ないので透水制のアスファルトに変えて欲しいとの要望がありましたが、確かに子ども達が走ると危険です。早く直してあげて欲しいですね。

 どの小・中学校にも早く直して欲しいというところがありますが、多かったのはトイレの配水管についての要望でした。古いためか、管が狭く詰まりがちで臭いがあがってくるとのこと。呉服小学校のプールは水漏れがひどいようですし、五月丘小学校は阪神大震災以来傾いたままです。

 毎日子ども達が通っている学校ですから、せめて普通に授業できるよう教育環境を整える予算が必要です。

 3月の新年度予算に期待するところです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-27 23:58 | 議員活動
 2012年1月26日(木)

 保険年金課から「医療費について(お知らせ)」がマメに届きます。

 文章を見ますと「皆様の健康に対するご理解の一助としていただくために…」~年6回奇数月に送ると書いてあります。

 健康に対する何をどう理解せよと言うのでしょう。「健康に対する~」と言いながら健康に関するものはなく、医療費に関することのみで文章の意味がわかりません。窓口負担額ではなく医療費総額が書かれ、あなたが使った医療費はこんなにかかっているんだということを理解せよということでしょうか。

 これまでにも不正請求がないかをチェックするための確認というのは労災でもありました。本当に通勤災害なのか、単なる怪我なのかなど、本来は健康保険なのに労災にしているのではないかといった内容の調査でしたが、それも全部ではなく抜き打ち的に一部の案件に対するものでした。

 しかし国保のこれは調査ではなく「お知らせ」せですから、チェックの意味があるとしても医療抑制が本来の目的ではないかと思います。

 1~2年前、この「お知らせ」の手紙がまだ出されていなかった頃、無所属(現・見張り番)の議員が「何故出さないのか」としつこく追求しておられたことを思い出します。「医療給付費抑制のため」がその理由でした。手紙を出さないから給付費が増えるのだと言わんばかりでした。

 医療も介護も予防が大事です。早期発見早期治療で、軽いうちに治すことが本当の意味で医療費抑制になると思います。重症化して病院に行くことのほうが医療費もかさみます。抑制することが果たして給付費の減少になるのでしょうか。それよりも、医療費が心配で、病院に行きたくても行けないことのほうが問題です。

 一般的には、軽いうちは大したことないと辛抱をし、高熱が出てからやむなく病院に行くというケースが多く、この手紙を送る意味がどの程度あるのか疑問を感じます。高齢者の場合は不安で病院に行くという人もいるでしょうが、本人にとっては苦しいのですからお医者さんの言葉を聞くことが薬にもなります。第一、手紙を送ってもその人にとっては重い病気かもしれないと不安をかかえているわけですから抑制されるとも思えません。

 年6回、国保加入者に送るほうが手間も郵送料ももったいないと思いますが…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-27 00:38 | 福祉・社会保障

錦織選手に拍手!

 2012年1月25日(水)

 テニスの全豪オープン、錦織選手が残念ながらベスト4には残れませんでしたが、堂々の試合でした。

 世界ランキング4位のマレー選手はやはり強かったですね。得点は3ゲーム連取されましたが、デュースの連続です。オンライン、前後左右コートいっぱいのたたかいで体力要りますね。

 時速200キロの弾丸サーブも…。審判の判断は絶対かと思っていましたが、チャレンジというのがあることを知りました。チャレンジを主張すれば画像判定で覆すこともありなんですね。正確な判定が出来て納得です。

 負けたとはいえ、互角に戦う力を見せてくれ、今後に楽しみをつなぐ試合でした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-26 01:25
 2012年1月24日(火) 雪がチラつく一日でした。

 先日、雇用に関する相談がありました。掃除の派遣会社に雇われ、診療所で働いておられた方が解雇されたことに納得いかないとの相談でした。

 半年契約の短時間アルバイトですが、継続して3年8ヶ月になるそうです。他の人の代わりに入る日に、自分の転居の準備をしていてうっかり遅刻したことが原因ですが、契約期限までまだ1ヶ月あり、たった一度の遅刻で契約の途中に辞めろといわれるのは受け入れられないと、サインを拒否しているとのことでした。

 自分でいろいろ調べていると、厚生労働省都道府県労働局の「職場のトラブル解決サポートします」というパンフレットを発見。早速、紛争調整委員会に対し、「あっせんの申請」をされました。1週間後には「開始通告」が届きました。ところがその10日後に、「相手があっせんに応じる気が無いため解決の見込みがない」といった内容の「打ち切り通知書」が届き、何の手助けにもならなかったとのことでした。

 厚労省はいろいろ対策をとっているつもりかもしれませんが、1人では解決できないから「あっせんの申請」をしたのに、相手が応じないからダメでしたでは、あまりにも形式的に過ぎず子どものお使いのようです。応じないからこそ「あっせん」ではないのかと、少々怒りを覚えました。この制度で何件の相談をあっせんしているのかデータを見たいものです。

 結局地域労組を紹介し、ひどければ少額訴訟も視野に入れながら交渉してもらうようにしました。

 まだまだ労働のルールが確立されていない職場が沢山あるようです(特に非正規は)。上手く解決されることを期待しています。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-25 00:37 | 生活相談

免許切り替え

 2012年1月23日(月)

 小雨でしたが寒い雨となりました。東京では雪が降ってきたようです。気温が2℃以下になると雨が雪に変わり、0℃以下だと積雪とか。日本海側も大雪。大阪も今夜は雪が混じるかも…。

 さて今日は、忘れていた免許の切り替え手続きをしました。早くにハガキが届いていたのにあとで…と思っているうちにうっかり誕生日も過ぎてしまいました。以前にも門真まで行く羽目になったことがありましたので危ない危ない…。

 公民館の1階にある交通安全協会と池田警察を行ったりきたり。30分のビデオを見て講習は終わりです。免許証もICチップ化するとのことで暗証番号を2種類申請することになりました。いろんなところでカード化が進んでいます。今、社会保障カードの導入が問題になっていますが、日本ではセキュリティも不充分でカードに盛り込まれた個人情報が安全に管理されるのか、国が悪用しないのか気になるところです。

 今日貰った冊子の中に、「大阪の交通事故発生状況」と「池田市での交通事故発生状況」を記したチラシが入っていました。

 平成23年12月末のデータで、大阪府下発生件数は49,573人(前年より1,719人減)、死者197人(-4)、負傷者59,390人(-2,079)。池田署での発生件数は567人(-19)、死者1人(-2)、負傷者665人(-19)と府下的にも池田でも前年より減少していました。

 事故で一番多いのは追突154人・27.2%でした。せっかちな大阪人?車間距離をとって走りましょう。次いで多いのが出合い頭の事故で111人・19.6%、続いて右折時の事故が68人・12%…。

 交番別発生状況は、10交番のうち、石橋104人(前年93人)、池田駅前101人(109人)、北豊島90人(95人)とこの3つで過半数を超えています。交通量の多さでしょうか。

 路線別で見ると国道176号線がトップで102件と他を引き離しています(R173・54件、R171で41件)。違法駐車なども見通しの悪さにつながっています。駐車場が少ないという問題もありますが、法を守ることが事故を減らし命を守ることにつながります。減少したとはいえ全国的に見ても大阪府の数字は悪く、丁寧な運転に勤めましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-23 23:54 | 徒然なるままに・雑感

高校生がチャンピオン

 2012年1月22日(日)

 昨日の、福原愛ちゃんの初めての日本一に続いて、今日は高校生の日本チャンピオンが誕生しました。

 卓球の全日本選手権最終日、東京体育館で行われた、男子シングルス決勝は18歳の吉村真晴(山口・野田学園高)選手が、6連覇を狙った水谷隼(明大)選手を4―3で下したそうです。水谷選手が出てきたときもようやく世界と戦える選手が出てきたかと思ったものですが、その水谷選手に続いての高校生日本一。

 はるか昔は、日本選手も世界一になったことがありますが、最近は中国にはとても勝てないというイメージが定着していました。ヨーロッパの選手も強くなり日本人選手は置いていかれる感じで、日本を代表して活躍するのは中国から帰化した選手ばかり、日本のスポーツ政策の貧しさを象徴しているようでした。

 決して政策を強化しているとは思えませんが、水谷選手が出てきてオーっと思ったものです。新たに裾野が広がっているのなら喜ばしいことですね。

 福原愛ちゃんがようやく日本チャンピオンのタイトルをてにしたのも嬉しいニュースでした。あの小さかった泣き虫愛ちゃんが中国で学び力をつけながらようやく手にした優勝は格別だったと思います。攻める戦い方がよかったとか。

  実は私もあがり症で、サーブをする手がふるえてミスをしたものです。実際は練習が足りないのに上手く打とうと思うからなんですが失敗するのではと思うとまずダメですね。それでもメンタル面を鍛えることも大事です。絶対大丈夫と自分に暗示をかけてリラックスできれば、実力の範囲内での発揮は出来そうです。

 かつては、どのスポーツでも本番に弱いのが日本人選手でしたから、最後までドキドキしながら観ていたものですが、テニスの錦織選手も調子がよさそうで、最近の若い選手は頼もしいです。 

 次の水谷、吉村めざし(?)「卓球のまち池田」らしく、街のどこででも卓球の音が弾むまちになればいいですネ。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-01-23 00:53

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara