藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 2011年9月30日(金)曇りのち雨

 今日は、市議会便りに載せる一般質問の原稿締切日。

 13字×42行で自分の一般質問の内容をまとめなければなりません。42行のうち質問の表題として3行・15文字、答弁の表題に2行・15文字を含みますので、文章はその残り行数で収めることになります。質問のすべてを載せることができませんから、2つか3つが精一杯。

 私の一般質問は、介護保険制度と各種検診、パブリックコメントについてでしたが、3点とも載せようと思うと表題だけで15行もとられますので、質問までは書けても答が書けず、結局、パブリックコメントは諦めました。

 介護保険は3年に一度事業計画をつくり保険料も決まります。来年3月で現在の第4期事業が終了しますので、今第5期事業計画策定中というところです。6月15日に改定介護保険法が成立しており、その内容が第5期事業に盛り込まれるとサービス低下につながるため、池田市としての姿勢を質しました。

 法改定のもとで創設された、介護予防・日常生活支援総合事業は要支援1・2の給付サ-ビスを、要支援までいかない自立とされた高齢者の機能訓練などの地域支援事業に組み入れても良いとするもので、それは市町村が判断するものとしています。

 地域支援事業は介護給付費の3%の枠内の予算で実施される事業。現在要支援1・2の人たちの給付サービスは介護給付費の5、9%(全国平均と同じ)ですから、3%の枠のままの地域支援事業に組み入れられると明らかにこれまでのサービスが受けられなくなります。

 また、「施設より在宅で」と24時間地域巡回型訪問サービスが提唱されていますが、同じ介護度で受けられる給付は施設と在宅では違います。これまでの訪問介護のように1時間単位のサービスは受けられず15分程度の細切れ介護となり、しかも訪問介護との併用は出来ません。

 市が総合事業かこれまでの介護サービスかをを選択するわけですから、問題があると思われるものを急いで実施する必要はないのではないかと問いますと、そのとおりで是々非々で臨みたいとのことでした。

 どちらにしても、まだ国・府からは具体的な指針が出されていないため、今はなんとも答えられないというところでした。

 24時間サービスが出来ても、重度の高齢者は支えきれないため、施設整備が必要でありその計画についても質問しましたが、小規模多機能型で検討したいとの事。しかし小規模では待機者解消にはなりえず、70~80人を収容できる施設がもっと必要ですが、そうすると保険料に跳ね返り被保険者の負担が増えることになります。こうした今のシステムを考える必要があり、国に改善を求めたいとのことでした。

 保険料については、全国的にも月額1500円程度の値上がりが心配されており、国は、介護給付費準備基金だけでなく財政安定化基金(国・府・市が同額積み立てているもの)を取り崩し、1000円程度に収める様にと指導している様です。

 池田市の平均月額4050円は、府内33市中23番目で、基金を活用し、この水準を維持したいとの答弁でした。
                                           … 続きはまた明日…
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-30 22:40 | 議会報告
 2011年9月29日(木)
 
 本会議で改めて5団体から出された「学校再編整備計画の白紙撤回を求める請願書」の継続審議が確認されました。前後して委員会質疑の中で明らかにされた地域説明会の日程表が届きました。

 10月 18日(火)午後 7~8時 北豊島小学校     19日(水)午後 7~8時 神田小学校
     20日(木)午後 7~8時 池田小学校       20日(木)午後 7~8時 呉服小学校
     21日(金)午後 7~8時 五月丘小学校     21日(金)午後 7~8時 秦野小学校
     22日(土)午前10~11時 細河小学校      22日(土)午後 2~3時 伏尾台小学校
     23日(日)午前10~11時 石橋南小学校     25日(火)午後 7~8時 石橋小学校
     28日(金)午後 7~8時 緑丘小学校        ※場所はいずれも各小学校体育館です。


 わずか1時間ですので、充分な質疑が出来るかどうかは疑問ですが、1度きりで終わるのではなく住民の要望があれば、何度でも説明会を行い住民の質問・疑問に答えるべきです。

 本会議では、市長が「PTAや教職員組合(大きいほうとの事)が反対をすれば実施はしない」と今度もはっきり述べておられます。そのためにも地域説明会が一方的説明にとどまらないよう、充分住民の声を聞くことが大事です。

 また、校舎と運動場はどうあるべきかの質問に対し、教育長は、校舎の南側に運動場があること、教員室から子どもの姿が見えることが望ましいと答えました。

 今すすめようとしている石橋中学校区小中一貫校の構想では石橋中学校に小学校を増築し、現在の石橋小学校を運動場にするというものです。校舎から離れた運動場は子どもが見えないだけでなく、生徒はわずかな休憩時間でも外に出て遊びたいものです。教育長が答えた望ましい校舎と運動場のありかたに逆行するのでは…?

 ところで、10月25日に東京都内で開かれた「小中一貫教育と統廃合を考える全国交流集会」では、全国に先駆けて施設一体型の一貫校が多数つくられている品川区の教師からの報告があったそうです。

 品川では、小学校5年生から50分授業や定期テストが導入され、6年生では卒業式がないこと、小学1年生と中学1年生が一緒に長時間の入学式をやるため小学1年生が大変になること、小学生から制服があり保護者に大きな負担になっていることなど語られ、本来なら学校のリーダーとしての経験を経て成長する小学6年生にその機会が奪われていることも指摘されたとの報告があったようです。

 まだまだ実施してよかったという情報はほとんどありません。一度統廃合してしまえば簡単には元に戻せませんから、失敗は許せません。もっと充分な検証が必要ではないでしょうか。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-30 00:58 | 教育

大荒れ議会 やっと終了

 2011年9月29日(木)晴れ

 ようやく9月議会が終わりました。

 いつになく疲れの残る議会。「まちの見張り番」という新しい会派が出来たのはいいですが、6月議会の本会議で署名議員に選ばれていた見張り番の議員が、「市長がちゃんと答弁しなかった」という理由で署名しないといったり、「夢燈火」という市が補助金を出している事業に議員名の入った広告を載せるという公職選挙法に触れる行為をしていたりと、スタートから荒れ模様の議会でした。

 署名議員というのは、本会議での質疑の内容が、改ざんされるような事のない様に正しく記載されているかどうかをチェックする役割だと思うのですが、質問に答えられなかったから署名しないというのは筋違いということが理解されず、議案審議に入る前段階から一騒動。寄付行為については厳重注意と、本人からの謝罪発言をしてから議会本題に入るという状況でした。

 議会運営や、進行に問題があればその議会中に抗議をしたり、異議を申し立てるのが決まりだと私たちは先輩から教わっています。6月議会のことはその会期中に意思表示をするべきで、不満の残る議会進行であっても議事録に間違いがなければ署名をするべきでしょう。

 問題はそれにとどまらず、職員の給与カットの提案に対し、平均給与が約660万円であるにもかかわらず960万円だと言い切ったり、大阪府内でも平均以下だというのに日本一の給与だといったり、平気で嘘をまことのように発言してはばからない「まちの見張り番」。これでは常に私たちが見張っておかなければならない「見張られ番」です。考え方の違いはそれぞれあっても、それを否定するものではありませんが、嘘はいけません。それをまことしやかに市民に伝えておられるとしたら問題です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-29 16:02 | 議会報告
 2011年9月26日(月)晴れ

 民主党・小沢一郎氏の元秘書3人に有罪判決が下されました。

 陸山会が東京世田谷の土地の購入にからむ問題で小沢氏からの借入金を政治資金収支報告書に記載せず、銀行から見せかけのための借入金を土地購入の原資として記載し、土地の登記も時期をずらして登記したというもの。

 小沢氏自身の裁判は10月6日が初公判とのことですが、責任者である小沢氏が何も知らないでは済まされません。

 しかし問題は、岩手県の「胆沢ダム」建設工事の受注をめぐる中堅ゼネコン「水谷建設」からの裏金疑惑を隠すための犯罪だということ。水谷建設側が、石川議員と大久保元秘書に5000万円ずつ手渡したとはっきり証言しており、いくらそうではないと言っても信じられませんね。

 企業団体献金は、明らかに利益誘導のためであり、政治の歪みを生むもとに他なりません。これらは氷山の一角であり、企業団体献金の禁止を行わなければ公正な政治は望めません。キッパリ禁止すべきです。…がみんな献金に頼っている議員ばかりでは禁止するはずがありません。国民が審判を下すしかないと思うのですが…。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-26 23:25

清掃デー 

 2011年9月25日(日)晴れ

 今日は清掃デー。私たちの担当区域は、国道171号線沿いの歩道にある花壇スペース。

 今年は、雨が多かったせいか雑草の量もいつもより多かったようです。この国道沿いは何を植えても枯れてしまい、今年は1か所を除いて全滅。草を引いてしまうと土だけになり、格好の猫のトイレです。

 以前は歩道の約半分を花壇スペースにしていましたが、ご近所の方から猫の糞害と歩道部分が狭くて車椅子も通りにくいといった苦情があり、樹木は枯れるので全部歩道にして欲しいと国道高槻営業所に要望をした経緯があります。

 国は、地花壇スペースは小さくしたものの、球温暖化のために緑地スペースは必要として、「さつき」を植えましたが、1年で枯れてしまいました。結局雑草に覆われる羽目に…。

 今年は3か所のうち2か所は土だけに。実はこの土、50~60cmしかなく、樹木の根が深く張れないため枯れてしまうんです。どうやら地中に電線か何かが埋めてあるようで土の下は鉄板になっています。ですから根の張らないもので、車の排ガスに強い花類を植えなければ雑草のためのスペースと化してしまいます。根本的に対策をとって欲しいものです。

 また、空き地の前に、粗大ごみが放置されていました。聞くところによると随分前からのようです。収集券を貼っていないため、回収されていないのですが、誰が出したかも分からず、引取りにも来ずで、時には缶・ビンも横に置かれ困っているとの事でした。

 来年から家庭ごみの指定袋も全量有料になると、放置ごみが増えるのではないかと懸念されます。パトロールを強化するとの事でしたが、四六時中誰が出したかを見張っているわけにも行かず、指定袋でなければ回収されないとなると、美しい街池田に逆行するのではないでしょうか。

 各戸収集なら自宅前に残されるのでいつまでも放置されることはないでしょうが、集合場所となっているところが心配されます。いっそこの機会に、全部各戸収集に変えてはどうでしょう。

 などと考える清掃デーでした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-25 12:50 | 徒然なるままに・雑感
 2011年9月24日(土)晴れ

 東京電力に対する賠償請求の手続きが始まっているそうです。

 東電から被災者に配られた請求書類は60ページにも及ぶもの。説明書は160ページにのぼり、多数の添付書類を求めています。「読むだけでも大変」「とても書ききれない」との声があがっています。現に、6万通送付されて、返信はわずか1500通にとどまっているとか。

 今回の補償対象は、避難費用、避難に伴って健康を害した場合の医療費、就労不能による経済的損失などで、記入箇所、チェック項目が山ほどあり、それぞれに領収書や証明書の添付が必要です。

 請求額を東電が一方的に決めている項目も多いとのこと。例えば、事故による精神的損害の請求額は、8月末までは避難場所で避難している場合は月額12万円、仮設住宅やホテル、自宅在住の場合10万円と規定。ところが9月からは自宅はゼロ、それ以外は5万円に半減しているそうです。

 半年以上経ったら精神的苦痛が和らぐというのでしょうか、むしろ先の見通しが立たず苦痛は増えるかもしれません。

 被災者は全国的に避難しており、就労証明を貰うだけでも大変です。証明書のない人は東電が決めた低い基準しか請求できません。

 なんだか書類を出したら保障をしてやるというような、上から目線のようで東電は責任を感じているのだろうかと思ってしまいます。60ページも書類を書かせるなど、請求をあきらめさせようというのでしょうか。

 放射能汚染の原因は、危険性を指摘されながら導入を決めた政府と安全神話を振りまき安全対策をおろそかにしてきた東電にあります。被災者を一人ひとり訪ね、謝り、自らが保障手続きに廻って、被災者の生活を保障し、復興に力を注ぐべきではないのでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-24 13:43 | 原発・平和問題

大阪府政を考える

 2011年9月23日(金)晴れ

 日本列島を縦断・台風15号が通り過ぎ、お彼岸の今日は良いお天気ですが空気は随分涼しくなりました。バイクで走ると上着が1枚余分に必要です。こんな時体調を崩しやすくなりますので気をつけましょう。

 昨夜は「大阪府政を語るつどい」。橋下知事率いる維新の会が「教育基本条例」や「職員基本条例」を9月議会に出している問題、大阪府だけでなく知事を任期途中で辞めてまで大阪市を解体しようとしていることなどムチャクチャなやり方に怒りさえ覚えます。

 豊中市選出の堀田府会議員をまねき、3年半の橋下府政の実態を聞きました。

 橋下氏の性分は、権力体質、開発指向、口げんかの王者。この間府の施設や事業を次々と廃止してきました。

・青少年会館廃止 ・障害者団体への補助金廃止 ・私学経常費助成削減 ・高齢者在宅生活支援事業廃止 ・国際児童文学館を独立館として廃止 ・府営水道を市町村広域企業団に移管 ・千里救命救急センター補助事業を廃止 ・学校安全交付金(学校警備員)廃止 ・総合青少年野外活動センター廃止 ・府民牧場廃止予定 などなどまだありますがことごとく廃止。

 一方大型開発は継続
・新名神高速促進 ・彩都開発は中部地区へ拡大 ・箕面森町開発継続 ・関空のために伊丹空港廃港キャンペーン ・WTCビル買取(カジノ構想、ビルに入る企業全く無し、耐震化には莫大な費用がかかる) ・淀川左岸線延伸 ・なにわ筋線、関空リニアなどの交通インフラ整備などなど。

 財政再建したというけれど
・府立高校の理科・家庭科助手補助員等役300名を雇い止め ・人件費を3年間で1245億円削除で現在も継続中ですが借金は今でも5兆4156億円も残っている

 私学授業料助成の拡大や府立高校授業料を無償化したというけれど
・最初に私学助成削減で女子高生をに、「いやだったら公立に行け」といって泣かせたのは橋下知事。民主党政権が高校授業料無償化を打ち出すと180度方向転換。

 大阪市長になってやろうとしていること
・大阪市議会もリコールをして維新の開を多数はにし、大阪都構想の障害を取り除く ・2017年度までに大阪都をつくり、大阪市を8特別区に分解 ・大阪市の税金は39%を大阪都が横取り、市営地下鉄は民間に売却 ・大阪都は強大な権力・財力を使って大阪大改造そ推進 ・住民に身近な市町村で(財源の保障なし)、市町村は人口30万人以上の中核市に ・国保、介護、生活保護は大阪都が行う(市町村が保険料引き下げに負担しているのをやめる) 

 子ども・学校・教員のすべてを競争に駆り立てる教育づくり(学力テストの学校別公表、勤務評定で子どもより上司を気にすることに、3年続いて定員割れの府立高校は廃校にetc)

 府立学校の校長・副校長と府の幹部職員は公募で任期付採用。⇒知事に絶対服従し低賃金で働くように

 などなど、この先橋下氏の政治が広がれば、社会のひずみ、歪み、貧富の差が拡大するのは眼に見えていることが語られました。

 マスメディアを活用し知名度を高めるやり方は抜群ですが、来るべき大阪市長選挙・知事選挙は独裁者のような橋下氏に私たちの暮らしを・大阪を任せて良いのかが問われます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-23 10:55
 2011年9月21日(水)雨のち曇り

 またまた台風で中止になりました。

 内閣府政策統括官の村木厚子さんを招いて、国が進めようとしている「子ども・子育て新システム」をテーマにした職員対象のトワイライト研修は、台風15号のため再び中止になりました。

 というのは、もともと9月2日に予定していた研修でしたが、この日も台風が来ていたんです。と言ってもこの日は、野田新内閣誕生で組閣のため村木さんが東京を離れられないことのほうが大きな理由ではありましたが、どうやら村木さんが池田に来ようとすると台風がやってくるようです。

 池田には縁がないということなのでしょうか。

 ならば、保育制度を根底から変えようとする「新システム」も縁がなかったことにしてくれれば良いのに…な~んてネ。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-21 22:22
 2011年9月20日(火)雨

 台風15号が各地で大雨をもたらし、愛知や岐阜、兵庫、宮崎など9県で避難指示・勧告が出されました。避難の対象者は合計で約142万人と異例の規模に広がっています。「土砂ダム」がある奈良、和歌山両県ではすでに満水状態で、新たな土砂災害の恐れが高まっています。この後、東北・北海道まで激しい雨の予測。

 台風12号や東日本大震災の被災者には、2重3重の災難となりかねません。自然破壊のしっぺ返しでしょうか。大きな被害を受けるのは弱者といわれる人たちに集中しがちです。充分な対策が望まれます。

 先日、「いよいよお金が底をつき生活が出来なくなってきた。一度消費者金融で失敗しているので、借金に走りたくない」との相談がありました。取り急ぎ、社会福祉協議会から現物支給を受けながら活用できる制度に挑戦してみようと担当課と相談していましたが、今日は、現物支給も難しいことがわかり生活保護の申請をすることになったと報告に来られました。

 派遣切り、雇い止めが横行するようになり、国は住宅を失う人には6ヶ月間の離職者住宅手当や、生活福祉資金貸付事業などいくつかの制度をつくってきましたが、中々使いづらく活用できる方はわずかです。
 結局使えないだろうと判っていても、一通り活用できないことを確認できるまでそれぞれの窓口を歩き回らないと生活保護にはたどり着きません。行く先々で該当しないと断られるうちに、自分はダメだと落ち込み、途中であきらめる方もあるのではないかと思います。

 たらい回しをさせず、本当に支援出来る制度に変えることが大切です。ところが、最近生活保護の申請が特に若い層に広がりしかも急増してくると今度は有期制度や医療費の窓口負担を導入ようとする動きがでています。今でも最低生活の水準なのにまだ引き下げようというのでしょうか。

 働きたくても働けない状況に追い込んでいる、その大元を正さなければ、憲法に添った生保急増の打開策は生まれません。大企業に正規雇用を増やさせることや下請け単価を引き上げ、国内業者に仕事発注するなど社会的責任を果たさせることが最も有効な対策となります。

 しかし企業献金を受け取っている政治家では大企業減税はしても規制を加え指導することはできないでしょうね。これでは庶民の明るい未来はとても望めません。一揆が起きるまで…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-21 01:32 | 生活相談
 2011年9月19日(月)曇りのち雨

 台風15号の影響で夕方から雨が降り始めました。奈良県や和歌山県では土砂ダム決壊の危険が高まり避難勧告をしているとか。大きな被害にならなければ良いのですが…。

 さて今日は「敬老の日」。池田で65歳以上は22,682人(3月末現在)。うち100歳以上の高齢者は38人(男性6人、女性32人)いらっしゃるようです。

 敬老の日の始まりは兵庫県のようです。多可郡野間谷村(現在は多可町八千代区とのこと)の村長さんと助役さんが1947年に提唱した「としよりの日」が始まりとのこと。

 「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」と、農閑期で気候も良い9月15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開いていたそうです。これが1950年からは兵庫県全体にひろがり、その後全国に広がったとされています。

 1964年に「老人の日」と改称され、翌年に国民の祝日「敬老の日」に制定されました。野間谷村の人たちが「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと政府に繰り返し働きかけたそうです。このため、「母の日」のように日本国外から輸入されたような記念日と違い、日本以外の国にはないのだそうです。

 国民の祝日にするために小さな村からこんな働きかけがあったなんてすごいですね。「老人を大切にしよう」という原点を忘れたかのような昨今。差別医療の後期高齢者医療制度、保険あって介護無しといわれる介護保険制度…今検討中の税と社会保障の一体改革は、消費税を増税し社会保障制度の改悪をさらにすすめるというもの。これで良いのかと考える必要があります。

 誰もが年を取りいつかは働けなくなります。そんな時安心して暮らせるように社会的に保障することが政治の役割。休日を定めるだけでなく、憲法に即した国の役割を果たして欲しいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-20 00:09 | 徒然なるままに・雑感

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara