<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 2011年5月30日(月)小雨のち曇り

 橋下知事が代表の地域政党「大阪維新の会」が、府議会に「君が代」起立強制条例案を提出しています。日弁連など法の専門家からは、「思想・良心の自由等の基本的人権の保障に加え、教育の内容及び方法に対する公権力の介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反するもの」と強い批判の声があがっています。

 明治憲法下で政府が教育行政まで統括し、戦争へ駆り立てた反省に立ち、いまは、教育が「不当な支配」に屈することが無いよう一般行政と切り離し教育委員会に委ねられています。知事が教育行政に介入することはあってはなりません。

 かつて「日の丸・君が代」は天皇に忠誠を誓う象徴でした。君(天皇)の世が千代に八千代に続くようにと歌わされ天皇のために日の丸を掲げアジア侵略をしてきたのですから、アジアの人々にとっても、戦争に駆り出された日本人にとっても、受け入れられない思いを持っている人は沢山います。国民的議論のないままに「国旗・国歌法」を制定したことが大きな問題です。

 そもそも「国旗・国家法」が導入されるまでは起立とか処分などは問題にされていませんでした。1999年に「国旗・国歌法」が強行された際にも、国民への義務付けや強制はしないことが確認されています。強制は憲法と矛盾するからです。

 橋下知事は、従わなければクビを含めた制裁処分をする発言をしています。とんでもないことです。この問題は教員だけにとどまらず、先生が指導を強要されれば生徒への評価の対象にもなり、児童・生徒に対する思想・良心の自由を侵害する問題に発展しかねません。

 知事の発言こそ憲法違反であり、憲法を守ることを義務付けられている公務員としての知事の資格はないといえます。知事の発言は、憲法ではなく自分の考えに従う人しか公務員に採用しないということです。

 毎朝、NHKの朝ドラ「おひさま」が放映されていますが、戦争一色で自由な生き方が制限される時代が映し出されています。言うことを聞かなければ処罰される…知事はこんな時代にしようと言うのでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-31 01:43
 2011年5月29日(日)雨
                                c0133422_18592222.jpg
 台風が温帯低気圧に変わったそうですが、風や雨脚は逆に強くなったように思います。
                                 
 猪名川の水位がかなり上がっているとの連絡があり見に行ってきました。阪神高速と中国自動車道が交差している辺りに行きますと、猪名川運動公園がスッポリ水につかり下流のほうでは濁流となって水が跳ね上がるように波打っていました。                   
                                 c0133422_190874.jpg
 土手まで5~6メートル位まで水位が上がっていました。私たちが見ている間は小雨状態でしたが、今後の雨の降り方ではちょっと危険かも知れません。職員らしき方がパトロールに来られていましたので適切な措置がとられるでしょうが、降り続くと山手では土砂災害の心配も出てきそうです。

 帰りに江原川や水路も見てきましたが、今のところは大丈夫そうでした。 c0133422_1903634.jpgしかし、池田市の気象状況を見ますと、大雨警報は[継続]され、雷,強風,洪水注意報がでています。土砂災害警戒 浸水注意とありました。それぞれ注意期間は、30日朝までとなっており、風のピークは29日夜遅くで突風にも注意となっていますので今しばらくは注意が必要です。 
                                 
 東日本大震災の時の、津波が川を遡るさまを思い出しました。内陸部だと安心は出来ません。
                                    c0133422_191740.jpg

 それにしても、今後の低気圧の進路は被災地をも襲うようですので更なる被害が出ないことを祈ります。娘も被災地にボランティアで支援に行っていますが、雨の中でどんな支援が出来ているのでしょうか。足手まといにならぬように手助けできていれば幸いです。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-29 19:02
 2011年5月27日(金)雨

 ついこの前5月臨時議会が終わったばかりなのに、今日は早や6月議会の告示でした。

 6月2日の議会運営委員会で詳細が決まりますが、これまでの流れでいくと、6日の本会議で報告案件5件の質疑と、市長の施政方針演説があり、それを受けて、9日に各会派からの代表質問。

 13日の本会議では委員会付託の議案が提案され、16日、20日、21日、22日と常任委員会で審議。29日が最終本会議といった運びでしょうか。

 受け取った議案書を見ますと、いくつか気になる議案が見受けられます。

 その一つが、「学校施設再編整備事業」。条件の整った地域から計画的に施設一体型小中一貫校を整備するとあります。対象は、細河中学校区と石橋中学校区。学校施設の増改築や既存施設の改修に向けて設計業務を委託する内容です。合わせて耐震化に伴う耐震診断委託料も提案されています。

 施設一体型となりますと、当然小学校と中学校が同じ施設になるわけですから、それに伴う問題点が沢山でてきそうですがどのような説明があるのか注目です。

 「子育て一時預かり利用券給付事業」…保護者の育児不安や負担の軽減のために、1歳児・2歳児をもつ家庭に500円券の20枚綴りを給付するという内容。

 大阪府からの権限移譲は、前年度に続き今年度(10月)は19事務を受け入れる予定。これに伴う条例の制定や改正があります。

 防災対策の強化として3000万円。防災倉庫の設置や備蓄品の補充。避難所看板の取替え。ハザードマップの外国語版作成。地域防災リーダー養成事業などが挙げられています。

 処分報告では国保会計が決算見込みで6億6417万円の赤字となるため23年度予算から繰上充用したため補正予算を組むという報告があります。ただし、前年度には7億6526万9千円の繰上充用がありましたので、単年度では黒字だったことになります。それなのに今年度予算でも値上げが行われました。国の補助金が減らされたツケは国保加入者です。これはしんどいですね~。

 議会傍聴、請願行動など市民参加で市民の声が生きる議会にしていきましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-27 23:30 | 議会報告
 2011年5月26日(木)曇りのち雨

 台風が近づいているせいか、雨がよく降ります。カタツムリを今年は多く見かけますが、ほうっておくと植木鉢の花がしおれてしまい自然の営みを愛でてばかりもいられません。

 さて、原発からの撤退を求める署名が出来ました。政府は、一定の時期が過ぎれば再開したい思いがあるようですが、危険が明らかになった今、思い切った政策転換が必要です。国民からエネルギー行政転換の声をあげていきましょう。

 今朝のニュースでは、ソフトバンクの孫社長が2、3カ月以内にメガワットソーラー(大規模太陽光発電所)の運営子会社を設立し、年内にメガワットソーラーの建設に着手する考えを明らかにしたそうです。そのため連結売上高3兆円の数%を再生可能エネルギー事業に社会貢献として投資するとのこと。政府よりうんと早い動きです。孫社長に拍手ですね。。

 全国の耕作放棄地や休耕田の2割に太陽電池を設置すれば原子力発電所50基に相当する5000万キロワットの供給力を得ることができ、天候による発電効率の低下を考慮しても全国の電力需要の20%をまかなえる可能性があるそうです。

 以前、高知県で町をあげてメガワットソーラーを設置し共同発電所をつくっている内容を視察しに行きました。国の補助金がついていたようですが、当時全国で3ヶ所だけ予算がついていたと思います。池田市でも参考に出来ないかと提案もしてみましたが、大きな予算が必要なため国の補助金がつかなければ難しいとのことでした。

 本来なら電力会社がこうした提案を率先してすべきですが、このような社会への還元をソフトバンクだけでなく大企業が数%ずつ行えば、脱原発は早いうちに実現します。そのための雇用も被災者を中心に行えば復興への足がかりになるわけですから、国を挙げてこの提案を支援すべきです。

 ただし、ソフトバンクも企業ですから、これを機に電力会社に参入などといったことを考えているのかもしれませんね。そういう意味では企業任せではなく、エネルギー行政は国自身が責任を持つべきではないでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-27 00:58
 2011年5月25日(水)晴れ

 このところ訃報が続きます。元池田市会議員の西野恒次郎さんが亡くなられました。86歳との事。

 西野さんは池田で初めての日本共産党市会議員でしたが、それだけでなく1950年に生活擁護同盟(民商の前身)を立ち上げ、初代の事務局長として中小業者の権利を守ってたたかってこられた人でもあり、私たちの大先輩です。…民商には大八車にハッピ姿で市会議員選挙に出馬された写真が残っています。

 私は、直接のかかわりはほとんどありませんが、結婚して池田に来て最初のいっせい地方選挙で府会候補として出ておられた記憶があります。

 当時は保育所が少なく、「ポストの数ほど保育所を」と運動をしていた頃で、西野さんの奥さんには、親たちが共同で運営をしていた共同保育所で保母さんとして協力いただき、うちの子どもたちもお世話になっていました。

 泉南に転居されてからは、長い間、農民組合大阪府連の会長をしておられましたが、近年病に倒れられ役職を退き病気療養をしておられると聞いていました。常に戦いの先頭にたっておられた西野さん、長い間本当にお疲れ様でした。 心からご冥福をお祈り申し上げます。
 
[PR]
 2011年5月24日(火)晴れ

 志位委員長の「綱領」の講義をネットで聴きました。月に一度の講義で今日で4回目になります。

 今日は、日米安全保障条約体制について、公表された条約と秘密にされた条約(密約)で半世紀前に形づくられた対米従属の基本構造が今も続いていることを具体的に話されました。

 条約の第5条と第6条を合わせる事によって、国内で武力攻撃を受けるときだけでなく、極東有事の際にも日米共同作戦が行えるようにしていることは、旧安保条約の内容を引き継ぐものであること。

 表向きは、「事前協議」で核持込や日本の基地から戦闘のための出撃は出来ないこと、米軍の基地特権を改めたとしていること、裁判権は米軍の公務中以外は日本側が第一次裁判権を持つことなどを条約に盛り込んだかのように見せていますが、その裏には日本国民を欺く米国との密約が沢山あり、その密約でアメリカに対し無制限の特権を認めています。

 密約では、「事前協議」は核兵器の持込だけで、核を積んだ軍用機や軍艦の立ち寄り、通過は対象外としており、事実上非核三原則はないに等しい状態です。

 沖縄返還時の、ニクソン大統領と佐藤首相との合意議事録によると、アメリカは「極東諸国の防衛のため米国が負っている国際的義務を効果的に遂行するために、重大な緊急事態が生じた際は事前協議の上、核兵器を沖縄に再び持ち込むこと、沖縄を通過する権利が認められること、さらに、沖縄に現存する核兵器の貯蔵地、すなわち嘉手納、那覇、辺野古、並びにナイキ・ハーキュリーズ基地を、いつでも使用できる状態に維持しておくこと」などを日本政府に求め、日本政府は「それらの必要を満たす」と応えています。

 基地を使う特権も自由です。在日米国大使から米国務省宛に送られた報告書では、新しい基地についての要件を決める権利も、現存する基地を保持し続ける権利も米軍の判断に委ねられていること、米軍の部隊も装備も家族も、地元とのいかなる取り決めもなしに日本への出入りを自由に行う権限が与えられており、日本国内では演習が行われ、射撃訓練が実施され、軍用機は飛び、日常的な軍事活動がなされている。米国に与えられた基地県の寛大さは際立っている。…といった内容が書かれていたそうです。

 裁判に関しては米軍の公務中以外の事件は日本が裁くことが出来るかのようになっていますが、密約で日本政府はその権利を行使するつもりはないと答えています。事実、米軍関係者の犯罪は多くの場合凶悪犯でも捕まらないしつかまってもほとんど起訴されていないというデータもあります。

 自衛隊の指揮権もアメリカにあるとされています。このことが日本国民に知られると困るので声明は出さないでくれとの2本の要望で文書にはしないといった証言もあります(アリソン大使)。

 沖縄問題でも、原発導入問題でも、何故政府はアメリカにものが言えないのか不思議の思う方がたくさんおられますが、その背景には歴代自民党政府との密約群があったのです。この間、これらの事実を突きつけ我が党が追求をしても調査の必要はないと逃げてきました。

 民主党政府になってもその姿勢を変えるつもりは無さそうです。国民の願いよりもアメリカのほうが大事なようです。いつまでアメリカの従属国になり続けるつもりでしょうか。これこそ売国奴ではないでしょうか。

 安保条約第10条ではどちらか一方が通告すれば翌年から条約は廃止されます。10条を行使して本当の独立を勝ち取るべきです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-25 01:14
 2011年5月24日(火)晴れ

 自治会から回覧が回ってきました。

 新年度の役員体制や事業計画が綴られていました。しかし今の自治会に加入して12年過ぎましたが、役員選挙が行われた記憶はありません。各組の理事こそ当番制で決められますが、三役・常任理事の選出はいつも報告だけです。総会で確認されるにしても、すべての自治会員を対象にした選挙はありません。自治会員は役員選出規定がどうなっているのかもわからないのが実態です。

 多少の入れ替わりはあるようですが、役員会で個別に頼んで決めているのでしょうか。もちろん、役員のなり手が少なかったりしますから役員さんのご苦労もわかりますが、誰でも平等に役員になれるよう公募が必要でしょうし、信任を含めた選挙を行うことが必要でしょう。

 きちんと委任状を取って選出している自治会もあります。どんな団体でもいろんな意見が反映されるよう民主的に行われるべきだと思いますが…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-24 23:49
 2011年5月23日(月)雨

 控室はこの土日に間仕切り工事が終わり、ついに応接セットや印刷機などを置いていた部屋が切り離され壁が出来てしまいました。となりに続く空間があるだけでも気分はゆったりしていましたが、ついに締め切られました。

 新たな部屋が出来、レイアウトをしていたという「まちの見張り番」議員団の部屋を覗かせてもらいました。同じ広さのはずなのになぜかゆったりとしています。

 新しい机と椅子が3人分置かれ、手前にはテーブル、入り口側右手には応接セットが置かれスッキリしています。

 私たちの部屋に戻って判りました。書棚がない、印刷機などの機器類がない、机の上には書類がまだないなどが広さの原因でした。

 ま、書類の山に囲まれている私たちの机は、逆に整理整頓が出来ていないんですが…。


 さて、福島第一原発は1号機だけでなく2号機、3号機もメルトダウンをしていた事が確認されたと東電が発表しました。海水注入の遅れについては責任のなすりあい。さらに、汚染水をためている施設はあと3~4日で満杯になり容量に達したら一旦中断するそうです。中断したら新たな問題は起きないのでしょうか。

 循環注水冷却の設備の完成は6月中旬の予定1万トンの高濃度処理水を溜められるタンクの設置も7月以降だそうですが、この間はどう対応する予定なのか全く見えてきません。

 TVのニュースを見ていると、アメリカではかつて原発を設置する時、福島と同じ型のマークワンという原発の設備が設置されたあとで、重大な欠陥が見つかったそうですが、今回の日本同様安全だとして何の対策もとらなかったそうです。

 それに納得できなかった技術者のひとりが職を辞して告発し、明るみに出たため設備の強化が実施されたそうです。その欠陥とはまさに今回の事故と同じで、頻繁に衝撃を受けると水漏れを起こし燃料棒を冷却できなくなるというものでした。

 日本では、そうした情報もわかっていたはずですし、我が党が何度も指摘をしてきたのに安全神話を振りまきその対策すらとってこなかったことがとんでもない事故につながりました。アメリカの技術者によると、原発業界は問題があっても隠そうとする体質があると言っていました。政府と電力会社の密接な関係がチェックできない原因とも…。全くそのとおりです。

 いまだに原発行政からの撤退を打ち出せない政府に、国民の命よりも大企業優先の姿勢が見え見えです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-24 00:18
 2011年5月22日(日)雨のち曇りのち晴れ
                                     c0133422_1194117.jpg
 以前、神田4丁目の道路の穴ぼこを直して欲しいと申し出、応急処置で埋めてもらっていましたが、このほどきちんと舗装されました。この道路は狭いながらも車の往来も多く、次々と穴ぼこが出来、少しずつ手直しされていますが、穴が出来やすいというのは劣化しているのでしょうか。また別の場所に穴が開くかもしれませんが、まずは、きれいになって良かったです。
                                     
 神田1丁目では、雨水が生活道路に流れ込まないようc0133422_1265440.jpg
約2センチメートルほどの高さのコンクリートが道路の端に造られていますが、そのために車椅子が乗り越えられず困っているとの相談もありました。健常者にとってはなんでもないことが、大きな障害となっています。私道側には自分たちでキャタピラーのようなものを置き何とか通れるようにしておられますが市道は勝手におくことができませんので、介助者の手がなければ自力で渡れません。

 雨水の流れを止める役割を持ちつつ車椅子が通れるように何らかの手だてをとって貰うよう申し出ています。今年度の予算で何らかの対策をとりたいとのことでしたが、毎日の生活に支障が出ているため急ぎ対策を願うものです。

 市道と私道にかかる場所ですが、バリアフリーのまちづくりは障がいを持つ人だけでなく高齢者や子どもたちにとっても安心の街づくりになります。狭い道ほど歩道もなく危険も多いため舗装や水はけの処理、段差解消などが急がれます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-23 01:20 | 生活相談
 2011年5月22日(日)雨

 映画「アンダンテ~稲の旋律~」を観ました。

 上映実行委員会の方たちの奮闘で21日3回上映で、市民文化会館で観ることができました。

 社会生活が出来ず10年間引きこもっていた主人公・千華(新妻聖子)が、父親が用意した就職先に行くことが出来ず列車に飛び乗ります。行き着いた町に広がる田園の揺れる稲穂に「カノン」の旋律を聴き、田んぼにSOSと書いたペットボトルを投げ入れます。

 それがきっかけで、自然農法で農業を守り頑張っている晋平(筧利夫)との文通が始まり農業の体験、日本の農業のあり方を学び自分の生き方を取り戻していくという映画です。

 貧農出身の母親がピアノに憧れ、その夢を娘に託しますが、親の期待の重さに耐えかね大学を中退し引きこもりピアノを弾くこともやめますが、身体に染み付いた音楽が、トラクターのスピードを見て「アンダンテ」だとつぶやきます。「歩く速度でゆっくりと」 これが立ち止まったり後退しながらもゆっくり歩き始める千華の生き方を象徴しています。

 非効率だと批判する父親の言葉に反し、農業の中に人間らしさを見出していきますが、食料自給率40%、余っているのに輸入する米、添加物のいっぱい入った食料を食べさせられる中でアレルギーの子どもたちが増えている日本の状況をも反映させた映画でした。

 たわわに実る稲の中で、千華のためにコンサートを企画してくれた農家の方たちの中で、「カノン」を弾く千華とそれを見つめる母。千華の新たなスタートを予感させるシーンでした。

 まだ観ておられない方は、6月4日(土)午後2時、豊中のアクア文化ホールで上映されます。ぜひご覧ください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-05-22 13:39