<   2011年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 2011年3月30日(水)晴れ時々曇り

 介護施設の要望を二人の方から受けました。

 ひとりは、ご主人が転倒し救急で入院後、高齢の奥さんには介護が難しいため、大阪市内の高齢者住宅に入所しているとのこと。介護施設ではないため居宅介護と同じで訪問介護・看護の費用がかかる上、食費、家賃となると結構な金額で、年金のほとんどがその費用にかかっています。

 奥さんは圧迫骨折で、ご主人の下に通うにはかなり遠すぎるため、池田周辺の施設を探したいとのことでした。実際には見つからなかったため、大阪市内の介護事業所と連携した高齢者住宅に入らざるを得なかったようです。

 もうひとりも、高齢者世帯。認知症のご主人をかかえ、奥さんは骨粗しょう症で骨折。本来ですと入院しなければならないところ、ご主人をひとりでおいておけなくて自宅で療養しておられました。

 ご主人と二人で入れる介護施設に入りたいとのことでした。

 特別養護老人ホームの待機者は300人以上。しかし、グループホームの計画はあるものの特養の建設計画はありません。国の参酌基準が施設の建設に歯止めをかけており、待機者が増え続けているのに施設が増えない現状をどう打開するのか。

 介護保険制度の見直しで、施設介護から居宅介護にシフトする案が検討されています。ですが今回のお二人のように、実質は高齢者同士の老老介護は体力的にも難しく、共倒れしそうな状況です。

 介護の社会化は、本来家族介護で悩まないよう社会全体で支えようというのが目的だったはずです。参酌基準など取り払い、高齢者が安心して過ごせるよう施設整備が必要です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-03-31 00:51 | 生活相談
 2011年3月29日(火)晴れ夕方一時雨
                                    c0133422_23293723.jpg
 我が家の1才桜が花をつけました。室内が暖かいため一足早く春を連れてきてくれました。昨年の植木鉢は室外に置いてますので今頃になって小さなつぼみを見せています。時間差で楽しめそうです。

 日本共産党の大門実紀史議員が、昨日の参議院予算委員会で、福島第1原発の放射能漏れ事故による深刻な被害について、国による救済・支援を求めるとともに、東京電力の責任を質しました。

 福島県は、地震、津波、原発、風評被害と四重苦に襲われているとして、すべての避難者を支援の対象とするよう求め、農産物の被害補償について「東京電力に責任があると言いながら国民の税金で肩代わりするなど国民は納得できない。東電の内部留保金2兆円をまず払わせるべきではないか」と追求しました。

 「安全神話」のつけは国民の血税からなど、こんなでたらめが許されるのか。ホントにそうです。

 国と電力会社が結ぶ「政府補償契約」というのがあるそうですが、これは、国の税金で1200億円まで損害賠償を肩代わりする仕組みとのこと。国民の大切な税金で払った不足分を東電が払うんだそうですが、東電の責任を何で国民が肩代わりするのか、全く納得できません。

 しかも今日のニュースによると、「国有化もありうる」とは何たることか。丸ごと肩代わりなど許せません。

 過去に何度も我が党の吉井議員が今回の事故を予測し指摘していたにもかかわらず、安全だといって各地に原発をつくり、儲けにもうけてきて内部留保金を溜め込んでいるのですから、国民の税金につけなど回さず東電自ら責任を持って被害者に補償すべきです。

 こんな事態が広がっている時、政府はこの先まだ14基の原発の新増設を計画しています。今日お逢いした方はこのことを話すと信じられないといわれ、「少々不便でもいいから原発はもういい」と話しておられました。

 今こそ、原子力行政を見直し、自然エネルギーを生かしたものに切り替えることが重要です。この日本の原発事故を見て他国が見直しを進めていることは皮肉です。
[PR]
 2011年3月28日(月)晴れ
                                   c0133422_2344063.jpg  
 市長選に出馬表明をし、先日「みんなのための新しい池田市制をつくる会」(通称みんなの会)と政策協定を交わした柴田としあきさんの記者会見に立ち会いました。

 場所は豊中市役所の中にある記者クラブ。
 NHK、朝日、毎日、読売、サンケイ、共同通信など各社それぞれの写真撮影のあと会見が行われました。
                                     c0133422_23423342.jpg

 「何故出馬しようとしたのですか?」「出馬に至る経緯は?」「争点は何だと思われますか?」「職業は?」などなど質問がありました。
                                   
 東日本大震災の惨状を見て、阪神淡路大震災を思い出した。池田の防災対計画について2月のパブリックコメントを見ると、「自分の命は自分で守れ」が基本になっている。当然自分の命は自分で守ることが基本であっても、老老介護などの現状を見るとき、住民の命を守るべき自治体の役割を投げ捨てるようであってはならない。行政挙げて住民の命を守るべきだと考えている。「いのちを守る福祉と防災のまち池田をめざしたい」と自ら決意したことを述べられました。

 福祉の充実といのち・安全を守ることは一体のもの、見直し97に始まる行財政改革が住民に負担増を強いてきた。この流れを変え福祉の充実をはかりたい…とも。

 「みんなの会」には日本共産党も加入しており、党として推薦し、ともに住民の命を守る市政をめざします。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-03-28 23:48
 2011年3月28日(月)晴れ

 昨日は、農民組合北摂支部協議会の総会に出席しました。

 被災地に思いを馳せ、福島原発で汚染されて土は全部入れ替えなければ安全な作物は作れないという大変な状況が広がっている、福島の米、青森のりんごは大丈夫かと心配の声が寄せられていることが紹介されました。

 復興は大変なこと、ところが政府は財政の捻出を理由に消費税の増税を狙い、TPP参加はやりぬくと言っており、国民に更なる苦難を押し付けようとしているとお話がありました。

 TPP参加は日本の農業に壊滅的打撃を与え、いざというときに食べものが手に入る保障が無くなる。大規模化をしても広大なアメリカの規模には追いつかずとても競争できないこと、戸別保障をすると米だけでも1兆7千億円、全体では3兆円を超えるといわれています。

 財源はどうするのか、海外で計画的につくっている農産物から日本の食糧が確保できるのかはなはだ疑問であることが語られました。

 今全国的に、農山村が消滅の危機にあります。日本の田畑は、すべてのダムの3倍の貯水能力を持っており、TPPはこれらを破壊し、ここで働く350万人の雇用も失うことなど訴えられました。

 大震災で日本の安全な食糧の確保こそ今求められているのではないでしょうか。TPPには参加すべきではありません。

 消費税増税ではなく、大企業の減税を止めれば2兆円は復興支援にまわせること、320億円の政党助成金をただちに止めること、米軍への思いやり予算よりも日本人への思いやりが必要です。これらを訴え税のとり方使い方を今こそ国民の命と安全対策にまわさせましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-03-28 09:56
 2011年3月26日(土)晴れたり曇ったり時々雪がちらつく一日。

 被災地にはまだ余震が、震度5、4などの規模で続いています。

 お逢いした方に、「東北地方にご親戚や友人・知人などいらっしゃいませんか?」と聞きますと、池田は少し遠いせいか、「うちは大丈夫」と仰る方が多いですが、「東北はいないけど東京に子どもが…」と言われる方が結構あります。

 「水も安心して飲めないようですね」と言いますと、「そうなんです。ペットボトルの水を買って送っているんです」と、原発の影響がとても心配そうでした。

 ごく普通に飲んでいる水が汚染されているとしたら、考えただけでも恐ろしいことです。

 ところが、ペットボトルのキャップ工場が被災し、生産量が激減したため、ミネラルウォーターの生産が全国で4分の3に落ちているそうです。キャップの色や形が違うことが、増産しようにも、生産ラインを形が変わるたびに止めなければならないなどの理由で生産が追いつかないとのこと。

 メーカーごとの差別化が増産の壁となっている様です。

 ところで、福島第1原発3号機の作業員3人の被爆で、3人が作業に入る前6日前の18日に、1号機のタービン建屋地下で高い放射線量を確認しておきながら、作業員に注意喚起をしていなかったことが明らかになりました。情報がきちんと伝えられていれば被爆は防げたと言います。

 人災に人災を重ねる事態は避けなければなりません。少なくとも危険を顧みず作業をしている人たちに正しい情報を伝えるべきではなかったでしょうか。

 ニューヨーク州の知事も原発の見直しを指示したと言います。原発問題は危険を指摘されていたにもかかわらず、便利さを追求するあまり、安全性をおろそかにしてきたことが大きな問題です。自然エネルギーへの転換が急がれます。

 原発問題に限らず、どんな問題でも一部の人たちだけで物事を決めるのではなく、情報を正しく伝え、時間がかかろうとも住民とともに考え、納得が得られるまで話し合うことが必要です。

 ところでイチロー選手など、スポーツ選手たちからの多額の支援金が寄せられていますが、こんな時こそ大企業の224兆円にも及ぶ内部留保金を取り崩し、被災地の復興などに還元すべきではないでしょうか。 
 米軍への思いやり予算よりも、国民の苦難にこそ大切な税金を使うべきだと思うのですが…。
[PR]
 2011年3月25日(金)晴れのち曇り

 少し高齢の方と震災の話をしました。

 「自分は、共産党を支持してはいないが、原発問題では共産党がすでに問題点を指摘していたんだね」と仰っていました。「そのとおりです。それをなおざりにしてきた結果が事故を生みました。共産党は国会でも市議会でも良いものには賛成しますが、問題点があれば意見を言い反対もする。それが民主主義だと思います」というと「そのとおりだ」と仰っておられました。

 5年前の3月、衆議院予算委員会で吉井英勝議員が、チリ級の津波が来たとき、福島原発は海水からの冷却水が取水できなくなるのではないかと、今回の原発事故と同様の事態がおきることを国会で追及していますし、昨年も吉井議員の質問で電源が失われた場合どういう事態を想定しているかと質問した際、「炉心溶融につながることは論理的に考えられる」と応えています。

 決して「想定外」ではなくすでに想定されていたにもかかわらず放置してきたことが今回の事故につながっていることをご存知だったようです。

 さらに、日本共産党福島県委員会は、2007年に東京電力に対し「福島原発はチリ級津波が発生した際には機器冷却海水の取得が出来なくなることが既に明らかになっている。これは原子炉が停止されても炉心に蓄積された核分裂生成物質による崩壊熱を除去する必要があり、この機器冷却系が働かなければ、最悪の場合、冷却材喪失による過酷事故に至る危険がある。そのため私たちはその対策を講じるよう求めてきたが、東電はこれを拒否してきた。柏崎刈羽原発での深刻な事態から真摯(しんし)に教訓を引き出し、津波による引き潮時の冷却水取水問題に抜本的対策を取るよう強く求める」

 と、ハッキリと地震と津波のとき、冷却水を確保するのに重大な弱点がある。それを繰り返し指摘してきたのに何ら対策を講じていない。ただちに講じるようにと、日本共産党は4年前に真正面から東電に対しても指摘してきました。

 政府も東電も、判っていながらこれらを放置してきた結果が今回の事故につながりました。農作物だけでなく水まで汚染。作業員の被爆も明らかになりました。TVを通じて何度も大丈夫とと発表しながら実際には被害の拡大。一体何を信じたらいいのかわからない状況です。

 一日も早い復興をめざすなら、正しい情報を専門家に結集し必要な対策を打つ必要があります。

 
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-03-26 00:52
 2011年3月24日(木)

 本会議で追加議案の説明に先立ち、市長の挨拶がありました。総額5000万円程度の「災害復興支援費」という費目を起こして、花園住宅を改修整備し、コミュニティを大切にするため集団での受け入れを行いたい。4月に補正を行い専決処分としたいとのことでした。

 避難者の受け入れについては、関西広域連合を通して各市に対し受け入れ住宅の確認がなされるようです。

 すでに、池田市にも、直接親戚を頼って避難してこられた方があるようですが、池田の府営住宅は大阪府の受け入れ対象外のようで、空いていても入れないようです。結局市民の方が空き室を提供してもよいと申し出があり登録されていた住宅を紹介されたとのこと。

 自治体を通じて避難された方は対応しやすいようですが、自主的に避難してこられた方は被災地域によっても対応が違うようです。

 しかし、住宅は何とかなりましたが、生活物資も無くみんなで支援している様です。救援物資もこうした人たちに対しても必要です。

 市民からの支援として住宅の登録だけでなく、ボランティアの申し出も登録されるようです。

 日本共産党には、これまでに全国で2億5千万円以上救援募金が寄せられており、そのうち第一弾として、宮城県、福島県、岩手県に送ったそうです。復興にはまだまだ時間がかかります。引き続き募金活動を続けたいと思います。
[PR]
 2011年3月24日(木)晴れ一時雨

 大阪府、橋下知事は千里救命救急センターへの補助金打ち切りの予算を提案してきました。救命救急センターの役割は池田市の住民にとっても大きなものがあります。ましてや東日本大震災で救命力の不十分さも目の当たりにしている今、救命救急センターの存続に係る補助金の打ち切りは大問題です。

 昨日の池田市議会最終本会議では、日本共産党が提出していた意見書(案)のうち、下記意見書(案)が全会派一致で採択されました。


     済生会千里病院千里救命救急センターへの補助金の継続を求める意見書(案)

 済生会千里病院に併設する千里救命救急センターは、2006年に大阪府から済生会に移管され、豊能医療圏(池田市、豊中市、箕面市、吹田市、豊能町、能勢町)の中で三次救急の医療機関として、府民の命を守る重要な役割を担っている。現に、救急搬送数やドクター・カーの搬送数も年々増加しており、各市の救急隊員が受講する救急講習は毎年1万人以上参加している。豊能医療圏のみならず、JR福知山線列車脱線事故など集団災害事故、四川省の地震を含む国際的支援にも活躍するなど、その役割はますます重要となっている。
 移管に当たり、大阪府は千里救命救急センターに対し5年間は年3億5千万円の補助金を出し、6年目(2011年度)以降の補助金については「運営状況を見ながら済生会と協議して決める」としていた。ところが、府は昨年6月に発表した「財政構造改革プラン」の中で、突如2011年度から千里救命救急センターへの補助金廃止を打ち出した。
 膨大な運営資金が必要となる三次救急医療は将来的に一医療機関だけでは維持運営できなくなることは明らかであり、これ以上機能低下すれば救急医療体制は崩壊の恐れがある。きわめて重篤な救命措置や集中治療が必要な三次救急医療は、本来府の事業であり、府の責任で運営すべきである。にもかかわらず一医療機関に押し付け、補助金まで廃止するなど、府の責任を放棄するものである。
よって本市議会は大阪府に対し、千里救命救急センターへの補助金を継続し、三次救急医療が維持運営できるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

                                                 2011年3月23日
                                                     池田市議会
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-03-24 17:22 | 議会報告
 2011年3月23日(水)晴れ

 4年間の最後の議会が終わりました
 
 各委員会の報告、と討論。議案では、地域分権推進基金条例、国保会計、一般会計について反対をしていましたので、それぞれ討論が行われました。

 私たちは、地域の予算提案権を保証する現条例があれば、わざわざ基金を作らなくとも充分対応でき、地域コミュニティに一定の権限を与え、向こう10年間予算を積み立てが出来る条例は利権にからむ新たな問題を生じる恐れがあり問題があることを指摘しました。

 国保会計は保険料の値上げに加え、最高限度額まで引き上げる内容に反対しました。

 一般会計では、学校の耐震化や空調設備工事、子どもの医療費助成の所得制限撤廃、妊婦検診、大腸がん検診など保険事業の前進、太陽光発電など自然エネルギーを活用する太陽光発電装置や雨水利用設備への補助などは賛成するものですが、障害者への給食宅配事業や紙おむつ給付事業の削減、80歳の長寿祝い品の廃止などこれでもかという削減が予算化されています。

 地域コミュニティへの予算枠は1億円、提案の残りは早速基金に積み立てる内容となっており、予算提案だけでなく、補助金として発注も支払いもコミュ二ティ任せという内容が30%にも広がっていることに、税金の使い方として問題があると反対しました。

 東日本大地震に対し、義援金や市の防災対策強化のため追加議案が出されました。

 被災地に対し、500万円の見舞金を送ること、職員有志の義援金、議員からの義援金を送ることが決まりました。池田市の防災対策の強化として、11小学校区の公園に避難所への案内看板を設置すること、備蓄品についてはすでに大阪府が指定している5品目に加え、市独自で40品目の備蓄をしていますが、それに加え、携帯電話の充電器110台、哺乳瓶160ml、240mlそれぞれ150本、消毒液110個など我が党が要望していた内容の備品の追加が行われることになりました。

 防災用自転車の購入や歯ブラシなどの設置も求めたところです。今後新年度にも追加の提案がされる見通しです。

 人的支援は、発生当初からの消防・救急隊に続き、下水道事業から2名宮城県へ派遣、今後一般行政職員の派遣なども検討されているところです。

 これらはもちろん全会一致で採択されました。

 意見書は我が党が提案した6本のうち、大阪府に対する「済生会千里病院千里救命センターへの補助金の継続を求める意見書(案)」が全会一致で採択されました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-03-24 00:30 | 議会報告
 2011年3月22日(火)曇り

 日本共産党の吉井英勝衆議院議員が、かつて原発の危険性を追求した質問内容がネット上で反響を呼んでいるそうです。赤旗しんぶんでその内容が紹介されていました。

 2006年3月の衆議院予算委員会での質問で、地震による原発のバックアップ電源の破壊や津波による機器冷却系喪失により、最悪の事態には炉心溶融、水蒸気爆発、水素爆発が起こりうることを具体的に追及していたこと。質問のなかで、津波による5メートルの引き波が発生した場合、日本の原発の約8割に当たる43基で、冷却水が一時的に海から取水できなくなることが明らかになったことなどを、ニュースサイト「Ceron」が紹介したことがきっかけのようです。

 この質問を読んだ多くの人がサイトに書き込みをしているそうです。

 「驚いたな。ほぼ完璧な予測だ。緊急停止後の冷却水が原発の泣き所だったんだ」「非常に論理的でぐうの音も出ない」「今回の事態は『想定外』ではない。今回の事態はあらゆる人間が考えをつくして予想したすべてを上回る、とかではない」などと、吉井議員の指摘を顧みず「安全神話」を振りまいてきた政府や東京電力への非難が寄せられているとのこと。

 利便性を求めてきた結果が安全性をおびやかしてきたと言えます。原子力から自然エネルギー利用へと政策転換する必要性がありますね。

 ぜひ吉井議員の質問そのものをお読み下さい。吉井議員のHPから議事録を閲覧できます。
 
[PR]