藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp

<   2011年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 2011年2月26日(土)晴れ

 3月議会に出されている条例の一部改正の中に呉服保育所となかよし子ども園の定員を増やすという提案があります。

 いま全国的に、少子化といわれながら保育所不足が叫ばれています。そこには、ともに働かなければ生活できない雇用形態があります。池田市では待機児童ゼロといわれていますが、定員数を超えての受け入れや、駅前ステーションから遠い保育所への送迎によって待機児をなくしています。

 自分の預けたい保育所に入れないから申し込みをしないといった話も聞いており、潜在的待機児童は池田市にも一定数いると思われます。

 そうした需要に応えるための定員枠増であれば、少し方向が違うように思います。保育所をつくらずに定員枠を増やすだけで詰め込むやり方は自民党政権以来の施策です。

 政権交代して「チルドレンファースト」を掲げた民主党政権も「国、自治体の責任で保育所を増やす」ではなく、規制緩和をして「保育に参入する株式会社を増やす」政策です。

 日本の、保育に関する「国の最低基準」は1948年から同じで世界的にもきわめて低いままに置かれています。規制緩和ということはその最低基準さえなくしていく方向で(日本経団連は保育士の資格も要らないと言っています)保育の質の低下、子どもの命・安全性まで疑われます。既に14年ほどの間に認可保育所で35件、認可外では77件もの死亡事故があったと報告されています。

 質の高い保育所を増やすことこそいま急がなければならない課題です。

 日本共産党は、昨年「待機児童問題を解決し安心して預けられる保育を実現するために」という提言を出しています。

 1年間で10万人分の認可保育所を国の責任でつくる。それも自治体が計画を持ってやるという提案をしています。また、保育条件の改善や、保育資産を増やし労働条件を改善すること、障害児などのための専門職員の配置、保育所を地域の子育て支援センターとしての機能強化をすることなどを提案しています。

 フランスなどヨーロッパでは、子育て支援にお金をかけることが未来の社会の担い手を育てることになり、自分たちに帰ってくるという社会全体の合意があり、政府がそこに予算をしっかり当てています。

 ヨーロッパで子育てのために予算をかけてきたこの間、日本は「構造改革」で福祉を後退させてきました。若者の2人に一人が非正規雇用、長時間労働で家族の団欒もない働き方も子育てしにくい背景にあります。少子化が進むのは日本だけという問題の根本を見直す必要があります。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-27 00:46 | 福祉・社会保障

予算内示会でした

 2011年2月25日(金)曇り

 3月議会に向けて、予算内示会がありました。企業会計(病院・水道・下水道)、特別会計(国保・財産区・介護・後期高齢)、一般会計の2011年度予算の概略が担当部長によって説明されました。メモをしている間に次に進むため中々大変です。全体ではリーマンショックで落ち込んでいた法人税収入が元に戻りつつある一方で個人住民税はいまだ落ち込んだままのマイナス計上となっています。

 それぞれ該当する委員会で審議されることになっています。

 内示会の後、各派代表者会議、議会運営委員会が開かれ3月議会の日程が確定しました。

◆3月2日(水)…本会議(2010年度の補正予算審議の後、市長の施政方針、教育長の教育方針が述べられます)
◆3月7日(月)…本会議(各派代表質問、自民同友会、民主市民連合、公明党、日本共産党の順になります)日本共産党は垣田千恵子議員が代表質問に立ちます。
◆3月8日(火)…本会議(条例提案があり若干の質疑の後委員会に審議付託されます)
◆3月9日(水)…土木消防委員会
◆3月10日(木)…厚生委員会
◆3月11日(金)…文教病院委員会
◆3月15日(火)…総務委員会
◆3月23日(水)…本会議(各委員会の報告と討論が行われます)

 請願や陳情は3月7日(月)午後5時までに提出されたものは該当する委員会で審議されますが、それ以降の提出分は最終日に即決となります。意見書は15日午後5時までに提出。

 4年間の最後は任期終了の議会ですから、2010年度を参考にした骨格予算となります。
 老人保健会計は後期高齢者医療に以降し、清算期間が終了するため新年度からは無くなります。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-26 00:17 | 議会報告
 2011年2月24日(木)晴れのち曇り一時雨

 「チルドレンファースト」(子ども最優先)…これは一昨年の総選挙で民主党がかかげた政策です。良い言葉です。 

 与党になって早速「子ども・子育てビジョン」を発表し、そこには「子どもを大切にする社会をつくりたい…それは私たち人間すべてが子どもである時代を経て、大人へと成長する存在だからです。子どもは社会の希望であり、未来の力です。…子どもの笑顔があふれる社会は個人の希望や夢を大切にする社会」だからこそ社会全体で子どもと子育てを応援したいと書いてあるそうです。

 しかし実際はどうなんでしょう。

 「こども手当て」は親の所得に関係なくすべての子どもたちに給付をするという一見平等のようですが、その一方で扶養控除をカットする増税とセットになっており、結果的には消費税同様、低所得者に負担を強いることになっているのではないでしょうか。

 今国会に提出しようとしている「子ども・子育て新システム」(案)は、幼稚園と保育所を一つにしに、関係省庁を一つにする(文科省と厚労省を子ども庁に)とか、規制緩和をして民間企業が保育事業に参加するなど、基本は予算のスリム化のように思えます。

 幼保一体化の「子ども園」は保育の介護保険化と言わざるを得ません。

 1つは直接契約の問題。いまは児童福祉法に基づいて自治体の責任で「保育に欠ける子」を入所させる仕組みですが、新システムでは親が自分で探して直接保育所(園)と契約を結ぶことになります。

 2つ目は応益負担…保育料は利用時間に応じて支払います。

 3つ目は認定化です。親が働く時間に応じて、利用できる保育時間を認定するシステムです。

 3つとも、介護保険制度の要介護度認定、利用料、事業所との契約などによく似ています。しかし、保育の必要度と親が払える能力とは比例しません。むしろ低賃金でダブルワーク・トリプルワークしなければ生活できない母子家庭などは長時間働いても所得は正規労働者に追いつかないという実態があります。

 すでに介護保険では、認定された7割の人が経済的理由で利用を上限枠より低く抑えています。この制度が導入されたら保育に欠ける子どもたちの保育はどうなるのでしょう。本当に必要な子どもたちから保育を取り上げることになりかねず大変危険です。

 本当の意味での「チルドレンファースト」を実現させましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-24 23:57 | 福祉・社会保障

3月議会の告示です

 2011年2月23日(水)晴れのち曇り一時雨
c0133422_15555333.jpg
 今日は3月議会の告示があり、議案が届きました。1週間後の3月2日(水)が本会議です。

 一般会計、企業会計(病院・水道・下水道)、特別会計(国保・介護・後期高齢)の22年度最後の補正予算の審議の後、市長の予算編成方針、教育長の教育方針演説が行われます。

 それを受けて各派代表質問が行われ、新たに提案される議案と2011年度の予算審議が各委員会で行われる予定です。詳細は議会運営委員会で決定されます。

 議案の中には、子どもの医療費の所得制限を撤廃する前向きのものや地域分権の基金条例をつくるという少し気になる内容のもの、池田駅前広場を利用するタクシー会社には広場の利用料を取るという新たな条例創設といったものもあります。

 議案書を見ると一気に頭の中が議会モードになってきます。本会議や委員会でその内容を明らかにするためにこれから勉強です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-23 23:27 | 議会報告
 2011年2月22日(火)晴れ

 昨日は、難波府立体育館で志位和夫委員長を迎えての演説会でした。

 日航の不当解雇により、現在撤回闘争中の客室乗務員2人が挨拶され、国会で志位委員長や穀田議員が日航問題を取り上げてくれたことで、社長が呼ばれ事情聴取の上、日航に対し立ち入り調査することが決まったことを報告されました。

 ベテランの機長や副操縦士、客室乗務員が解雇されたことで残った操縦士たちは負担が重くなっており、空の安全を守れるのか不安であることが指摘されました。

 志位委員長は、「大相撲の春場所は中止になりましたが日本共産党の春場所は大入り満員です」と口火を切り、日航問題をはじめ、いまの日本の閉塞状況を打ち破るために労働者の賃上げをワンパッケージで行うこと(労働者派遣法の抜本改正、中小業者を支援しつつ時給1,000円以上に、不当解雇をさせないルール作りなど)。TPP参加は日本の農業をつぶす亡国の道であること、税と社会保障のあり方など国会で使ったパネルを示しながら訴えられました。

 大阪府政についても、橋下知事が進めようとしているのは結局大型開発であること。わずか6分の時間短縮のために高速道路や地下鉄の建設をしようとしている。1分あたり(短縮のため)600億円の工事を税金を使って行おうとしていること、維新の会の9割はもともと自民党議員で維新ではなく選挙目当ての「保身の会」のようだ、破綻した大企業呼び込み型をさらに大掛かりに進めようとしているのが大阪都構想など橋下府政の本質についても話され、「府民の声が届く府政に」と訴えられました。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-22 23:53
 2011年2月20日(日)晴れ

 第一生命保険・恒例のサラリーマン川柳、今年は全国から2万6686句の応募があったようですがそのうち100句が選ばれたそうです。インターネットなどで3月15日までに人気投票をし、上位10句選ばれるようです。

 「救助まだ? 不況のトンネル 出口なし」 「月給日 『ゲゲゲ』と女房 肩落とす」 「クレームも 社員じゃわからん パート出せ」 「小学生 夢見る職は 『正社員』」 「マイホーム 持ったがないぞ マイルーム」 「B級も A級知らねば 極上品」 「相撲にも この技無いよね 丸投げは」

 などなど、世相を反映した作品に思わずウンウン。もちろんサラリ-マン川柳ですから奥さんに対するものも多かったですね。 毎年楽しみな川柳。ベストテンはどなたの作品になるでしょうか。発表は5月中旬とか。


 さて、フィギア・4大陸選手権最終日は女子フリー。やりましたね。安藤美姫ちゃんがパーフェクトの演技で昨日に続きフリーも1位で完全優勝。

 浅田真央ちゃんはトリプルアクセルを決めてミス無しと思ったらその他のジャンプで少しづつ回転不足がマイナスされ思ったほどの得点につながらず2位にとどまりました。しかし飛べなかったジャンプが飛べるようになり自信を取り戻した大会だったようです。よかったですね。

 世界選手権はライバルキムヨナが出場するそうで、さらに自信を持って向かって欲しいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-21 00:40
 2011年2月19日(土)晴れ
                                     
 フィギアスケート・4大陸選手権が放映されました。

 今日は女子のショートプログラム。日本の安藤美姫選手がミスのない透明感のある演技でトップ。今シーズン不調で苦しんだ浅田真央選手がトリプルアクセルの着氷ミスはあったものの他は力強くしなやかな演技で2位。鈴木選手のすべりも好きなんですが、少しミスが出たのが残念でした。明日のフリーで良い演技を期待したいものです。
                                     c0133422_23321050.jpg
 男子のフリーは前日ショート首位の高橋大輔選手が4回転こそ転倒しましたが圧巻の魅せる演技・豊かな表現力で会場を沸かせ1位に輝きました。

 ジュニアからデビューした16歳の羽生結弦選手が大健闘の2位。柔軟性のある身体で4回転ジャンプも見事に成功。浅田真央ちゃんがシニアデビューした時のような気負いのないジャンプでした。女子の村上佳奈子選手同様今後楽しみな選手ですね。

 小塚選手はショートの失敗が響きましたがフリーで追い上げ4位と上位に日本選手が並ぶ大会となりました。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-19 23:32

どうする菅内閣

 2011年2月18日(金)晴れ風の強い一日でした。

 昨日は、民主党の小沢一郎元代表を支持する16人の民主党衆議院議員が会派を離脱を求め、菅直人首相の退陣を公然と要求する動きであることが報じられましたが、今日は首相退陣も視野にいれ公明党に打診というニュースを見ました。いよいよ菅内閣も末期的状況です。

 16人の造反で社民党の存在価値もなくなり、予算修正可決という方向も見出せなくなったとの報もあります。小沢氏の党員資格停止処分に反発して予算案に反対もありうるとのことですが、16人は民主党に籍を置いたままの会派離脱というわけのわからない態度をとっています。

 さらに、小沢氏の疑惑解明を求める国民の声に対してはふたをし、ボスである小沢氏をかばっているようです。国会議員は国民の声の代弁者として送り出されているはずなのに、国民の苦難をそっちのけにしてお家騒動をしている場合ではありません。

 これでは国民の信頼を失うはずで、民主党そのものが崩壊状態に陥っている様です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-19 01:06
 2011年2月17日(木)

 先日宮本たけし衆院議員が、35人学級を小学1年生のみ実施することを決めた文化省に対して、当初2年生まで実施すると言っていたのに何故1年生だけになったのかと追求した話を聞きました。

 髙木文科相は、財源を理由に見送ったと説明したそうですが、宮本議員は、米軍基地内の小学校は「思いやり予算」(1858億円も思いやっているそうです)によって「小学1~3年生は18人学級、4年生以降は25人学級である」ことを指摘しています。

 日本の税金で米軍の子どもたちは18人学級が実施されているのに、何故日本の子どもたちは35人学級すら実施しないのか。米軍の子どもたちを思いやるお金があるのなら何故日本の子どもたちに使わないのか…と。教室の広さも基地内の小学校は80㎡に対し18人、日本の教室は65㎡と狭い教室に40人もの子どもたちが詰め込まれていることも紹介されました。私たちが納めている税金の使い方はまず日本人のために使うべきでしょう。

 池田では既に小学校3年生まで35人学級が実施されており、もし政府が1~2年生への予算をつければさらに高学年まで35人学級を拡充することが可能になります。

 しかし、子どもたちの減少を理由に学校統廃合の動きも見られます。子どもたちの減少で1クラスになってしまうからというのですが、それなら少人数学級をアメリカの子ども・基地内の子どもたち並みに18人・20人にするチャンスだととらえれば、より行き届いた授業ができるのではないでしょうか。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-18 02:00

医療費控除

 2011年2月16日(水)晴れ

 申告相談会をしました。仕事を途中で辞めた方、年金生活の方が還付申告をするための相談会です。

 約半数の方が医療費控除。税務署が準備した封筒には入りきらないほどの束になった領収書。1割負担の高齢者ですが、約200万円の年金収入で年間夫婦で30万円も40万円も医療費を払っておられます。当然保険料はじめ他の支払いもありますから厳しい生活を強いられています。

 奥さんを介護施設で見てもらっておられる方、夫が病気の方、老老介護の方、障がいを持つ方など様々ですが、医療費の負担は重そうです。

 医療費控除は所得の5%もしくは10万円のいずれか少ない金額が足きりカットされ、それ以上支払った医療費の分だけ控除の対象となります。10万円も医療費を払っても所得200万円の方は控除0です。本来はもっと低い金額でしたから控除を受けることができる人はもっと多かったことになります。

 一方寄付金控除は今年の申告から2,000円以上寄付をすれば控除の対象となります。昨年までは5,000円でしたから控除額が広がりました。

 寄付できるだけの余裕のある方は同じ10万円を払ってもわずか2000円のカットで税金が戻ってきます。しかし誰もが病気でやむを得ず支払う医療費は10万円までカットされ控除が受けられないため税金は戻らないという理不尽な制度となっています。ここでも弱者救済ではなく金持ち優遇の税制になっています。

 本来税は負担能力に応じて支払う累進課税であり、生活費非課税が原則であったはずです。それが最近では逆行しており、格差が広がるばかりになってきました。

 おかしいと声をあげなければ、さらに消費税増税で庶民は押しつぶされてしまいます。政府には期待できませんから自ら変えようと声をあげ多数派になることが必要です。その第一歩は選挙です。自ら意思表示できる最大のチャンスですからあきらめず立ち上がりましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-02-17 00:54

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara