<   2010年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 2010年12月29日(水)晴れのち曇り
                                      c0133422_23212532.jpg
 市民アンケートが1116通も郵便局で放置されていたためまとめて届き、議会を終えてやっと開封しました。

 自由記述欄には沢山意見が書かれています。その中で69歳の知人が仕事がなく生活できないと市役所に相談に行ったが、荷物をまとめて大阪市に行ったらどうかと言われたので、生きる意欲をなくしたといって帰ってきたとの切羽詰った様子と怒りが混じった文章を発見。

 早速電話をかけ、郵便物が遅れたことを伝え、年明け早々にお逢いすることに。その方曰く、「以前、生活保護を受けたかったら大阪市へ行けと言われたとの内容のTVを見たが、それと同じことを言われるとは池田もかとガッカリした」と…。 本当にこんなことを言っているのであれば残念です。

 苦しいとはいえ、1日2日を争うほどではなかったことが幸いでした。

 4年前の同様のアンケートに比べ今回は3割増しの返信とその内容に、市民のみなさんの市政に対する閉塞感のようなものを感じます。

 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-29 23:36 | 市民アンケート

 2010年12月28日(火)
                                     c0133422_0231733.jpg
 2日連続で忘年会があり、今日はいけだの梅酒「水月」をいただきました。まちづくり会社3Cの作品です。

 水月の名のとおり、池田市の水月公園にある梅からつくられた作品で、限定500本。美味しいお酒でしたよ。

 何故500本しかないのかと聞きますと、水月公園の梅ですから圧倒的に量が少ないこと。他のものを混ぜると「水月」にはならないので…とのことでした。白雪酒造の協力で「摂州いけだの梅酒」ができたそうです。

 水月公園の梅は、私は花を愛でに行きましたが梅の実を取る人もあるようですね。全部収穫したらどの位取れるのでしょう。

 かつては、秦の梅林、呉服の里の桜と言われていましたが、桜はともかく秦の梅林というのはもうなくなったのかしら。銘柄の「水月」にはならないかもしれませんが、池田の梅ではあります。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-29 00:24

 12月28日(火)曇りのち雨
                                    c0133422_2356487.jpg
 12月11日付ブログでご紹介した「住宅ローンの金利下げられます」の記事の内容を、後援会ニュース「根っ子」に載せましたら、「早速交渉したい」とメールが入りました。

 金融円滑化法により、中小業者又は住宅ローンの借り手から申し出があれば、銀行は金融機関は出来るだけ応じなければならないと努力義務を課せられています。金融庁によれば、昨年12月以降金融機関は住宅ローンに関する相談の9割以上について、何らかの負担軽減策に応じているそうです。

 民主商工会なども積極的に取り組んでおり、現状を聞きますと、新規貸付を1、27%で行っている銀行があるようで、そこまでは交渉できそうです。少なくとも、1、6%程度までは下がっている様です。一部冷たい銀行もありますが、粘り強く交渉することが大事です。金融庁に相談する手もありだそうですよ。

 また、変更手数料もいろいろ幅があるようで、5,000円~50,000円とバラつきがあります。「もっと下げて」と交渉すれば下がりそうです。お試しください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-28 23:45

 2010年12月26日(日)曇りのち晴れ
                                     c0133422_23542839.jpg
 今年最後の日曜日は、恒例の餅つき。参議院選挙でお世話になりました清水ただし国民運動本部長(前大阪市議)を迎えて宇保町の事務所前で行いました。

 最初に少しセッティングミスがありスタートに時間がかかりましたので、清水さんには国保や介護保険制度改悪の動きなどお話をしていただきました。ついでにバナナの叩き売りならぬ、c0133422_23551491.jpgそばにあったりんごとみかんの叩き売り、藤原みち子の4年間の議員活動についても天まで(?)持ち上げていただきました。(ありがとうございました)

 通りすがりの方もペッタンペッタンと音がするのでと立ち寄られ、子どもたちの飛び入りもありました。私もへっぴり腰ながら3回ほどつかせてもらいました。 

 ちぎり手も丸め手も、大小さまざま。おろし餅を食べ、c0133422_2356498.jpg
豚汁をいただくうちに朝の寒さは吹っ飛びました。

 雪がちらゆく昨日から、午後には少し寒さが緩み、水の冷たさも和らいだようでした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-26 23:57

 2010年12月25日(土)

 雪がちらつく寒い一日。いよいよ2010年も押し迫ってまいりました。

 昨日、郵便局から新たに届けられた経過報告を議員団のホームページに載せました。少し手直しが必要ですが、この間の流れと、郵便事業会社への申し入れ文書、郵便事業会社からの謝罪文などをアップしました。日本共産党池田市会議員団←検索(http://www.wombat.zaq.ne.jp/ikeda-jcp/menu.htm)

 経過報告は、この間のいきさつが詳しく書かれていましたが、私たちが求めているのは、何故こうした事態がおきたのか、といった部分を詳しく調査の上、改善内容がわかるよう文書回答を求めていたつもりでした。

 窓口の受渡し担当と区分処理をする担当者との連携は日常的にどうだったのか、残留物の管理担当者は常時置いているのか、管理者と受渡し処理者との連絡は、郵便物受け入れ台帳のようなものがあるのかなどなどシステムの実態を調査し報告を貰いたいと思っていたのですが、ことさらに受渡しの経過ばかりが細かく書かれておりました。

 改善点としては、区分棚と保管箱への表示を判りやすくすることや、受け入れ・受渡しを記録する台帳を作ったとの報告があり、改善への手だては進めておられるようです。

 全店に本社から残留物の管理徹底をと通達が出されたようですが、このことが原因かどうかわかりませんが、友人の話によると、2年前のハガキが最近になって届いたと言っており、今回のように1000通を超える物だったから判明したけれど、気がつかないまま、届かないというようなことがあるかもしれません。

 信頼回復のためにはいま徹底して問題点を明らかにし、改善されることしかありません。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-25 22:20 | 市民アンケート

女たちのクリスマス

 2010年12月24日(金)

 午前11時までに、処分する新聞や書類など、控室前に出してくださいとの 通知があり、昨日から控室の整理に追われました。処分してよいもの、まだ保管が必要なものチェックをしていると中々進まず、まだ机の上は片付きませんが、控室前は不用品の山でした。

 午後は、『市議会だより』への原稿締め切りに追われ、赤旗新聞の配達集金もしなくては…と慌ただしい一日でした。師走ですね~。街はクリスマスソングが流れ、イルミネーションが街を彩り、サンタ姿のおねーさんが「クリスマスケーキいかがですか?」 

 世間はクリスマスイブですが、今日は女性3人1年ぶりに集まって忘年会。延々3時間、書いて字のとおり姦しく喋って食べて過ごしました。

 女性は美味しいものを食べることが自分への一番のご褒美。おしゃべりは最大のストレス発散とばかりに、あの人はいまどうしてる?とか定年後の話だとか年金の話などなど、たわいもない話ですが女たちのクリスマスでした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-25 01:07

 2010年12月23日(木)

 昨日の一般質問では、介護保険法改正への動きと国保広域化問題など新たな改悪の動きがあり、市民に対する影響を問いましたが、直前になって政府の方向が変わったりしており、具体的なものが見えにくい中での質問となってしまいました。

 池田南部地域のバス路線減便による市民の足の確保について、公共交通としての考え方、箕面市や豊中市が実施しているコミュニティバス、高知県中村市(四万十市)の中村まちバスや長野県安曇野市など各地で取り組んでいるデマンドバス方式などを研究してみてはどうかと質問しましたが、現在の状況を続けたいとの答弁でした。

 阪急バスの流動調査の結果については来年3月頃に結果が出るようですが、南部地域の昼間の利用状況は10人前後、夕方で20~30人程度の利用状況とのこと。

 昼間の利用が少ないことが路線半減の理由でしたから、安曇野市の様に朝夕は定期路線バスで、昼間はデマンドバスという組み合わせは、いまの南部地域にぴったりの運行方法のように思えるのですが…。

 デマンドバスは過疎地で行われているのが中心で、都市部ではそぐわないといった答弁がありましたが、南部地域の昼間時間帯は交通弱者にとっては過疎地状態に近い現実があるのではないかと思うのです。

 デマンドバスは、利用したい時に予約をして最寄のバス停から目的地のバス停まで直行するというもので、タクシーに近い感覚で利用できるという点では、大変便利です。小型バス・マイクロバスで充分であり活用しやすいと思ったのですが…、そう簡単にはいかないものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-24 00:39 | 議会報告

意見書を全会一致で採択

 2010年12月22日(水)

 12月議会が終わりました。本会議最終で私たちが提出していた意見書のうち、「尖閣諸島と千島列島が日本の領土であることを国際社会に訴え、中ロ両国政府と冷静に交渉することを求める意見書(案)」が全会一致で採択されました。 全文は次のとおり。

 尖閣諸島と千島列島が日本の領土であることを国際社会に訴え、中ロ両国政府と冷静に交渉することを求める意見書(案)」

 中国が尖閣諸島の領有を主張し、ロシアのメドベージェフ大統領が国後島を視察するなど、日本の領土問題が大きな政治問題となっている。
 尖閣諸島が日本領であることは1895年に日本が領有を宣言して以来75年間、中国も含めてどこの国からも抗議を受けなかったこと、尖閣諸島が日本領であることを中国政府自身が認める文書が存在することからも明らかである。
 千島列島は1875年に日ロ両政府が交わした樺太・千島交換条約で日本領であることが確定しており、旧ソ連が第二次世界大戦終結時に自らも認めた「領土不拡大」の大原則をも蹂躙し、千島列島を併合し、北海道の一部である歯舞・色丹まで占領したことは許されない。ロシア政府は旧ソ連時代から続く不法な領有を改め、これらの領土をすみやかに日本に返還すべきである。
 日本政府が、1951年のサンフランシスコ平和条約で千島列島を放棄しておきながら、「国後、択捉は千島にあらず」という国際的に通用しない見解をとっていることが、解決を遅らせる大きな原因となっている。連合国側が戦後処理の大原則としてカイロ宣言で合意した「領土不拡大」をふまえ、日本政府は従来の見解を改めるべきである。
 よって、本市議会は政府に対し、事実と道理に基づいて尖閣諸島と千島列島がわが国の領土であることを国際社会に広く訴え、中ロ両国政府と冷静に交渉することを求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成22年12月22日                                         
                                     池田市議会
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-22 23:41 | 議会報告

日本郵政

 2010年12月22日(水)

 21日~22日と本会議でブログを休みました。

 郵便騒動で、3~4日手をとられ余裕のない議会準備でした。郵便問題はどうやら日本郵政本社まで報告されたようで、今日東京の宮本衆院議員のもとへ日本郵政本社から謝罪に来られたようです。

 その謝罪文には全国の郵便事業各支店に対し、残留物の確認に充分注意をするよう通知をしたとありました。

  マスコミへ謝罪文配信も一部マスコミは取り上げましたが、配信よりも記者会見をしてきちんと国民の前で謝ってほしかったですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-22 23:10 | 市民アンケート

 2010年12月19日(日)晴れ

 先日来の、郵便局放置問題について、今日午後5時、郵便事業㈱近畿支社が報道関係各社宛に謝罪文を配信しました。 以下配信内容です。

    郵便事業株式会社 池田支店における郵便物の引渡し漏れ
 郵便事業株式会社池田支店(大阪府池田市、支店長 堀 認)において、以下のとおり、郵便物の引渡し漏れが発生しました。
 このような事態を発生させ、お客さま並びに関係の皆さまには多大なご迷惑をお掛けすることとなり、誠に申し訳ございません。また、弊社に対する信頼を損なうこととなり、深くお詫び申し上げます。
 郵便物の引渡し等につきましては万全を期するとともに、今後こうした事案が発生しないよう、改めて管内全社員に対し、指導を徹底し、再発防止に努めてまいります。

1、発生支店    支店名 郵便事業株式会社 池田支店
            所在地 大阪府池田市城南2-1-1
2、発生年月日   平成22年9月21日(火)以降
3、発覚年月日   平成22年12月17日(金)
4、郵 便 物    普通郵便物 1,116通

 という内容です。

 これに先立ち、今日も支店長をはじめ3名が、郵便物の消印チェックに来られました。12月16日に受け取った1,146通のうち30通は、その前に受け取った11月4日以降の消印だったため、放置されていたのは1,116通であることを確認しました。

 私たちは、このことで窓口処理に当たった職員の処分を求めているのでは決してないこと、構造的な管理問題の改善が必要であることを改めて伝えました。

 ある局では保管帳簿のようなものがあり、受け入れ郵便物の数と引渡し郵便物の数を記録し0になるまで管理をしているそうですが、そういった処理がどの局でも出来るようにすること、窓口担当と区分処理担当との連携、それを管理する担当者の配置、保管場所の整理整頓などなど、再発防止のために改善を求めるものです。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-12-19 22:53 | 市民アンケート